今週の「刃牙道 BAKI-DOU」感想

前回 過去 どげせん エクゾスカル零 Gロボ 餓狼伝 疵面 みつどもえ blog 掲示板 Twitter リンク12 TOP

2016年9月21日(43号)
第4部 第126話「守護(しゅご)り」 (1105回)

 刃牙シリーズ25周年をかざる闘争(バトル)は、本部以蔵vs宮本武蔵だッ!
 この戦いは刃牙シリーズ25年の歴史の中でも特異な一戦になるだろう。
 いや、ならないかもしれない。
 とにかく、それぐらい読めない闘争なのだッ!

 本部以蔵はグラップラー刃牙1巻3話から登場している超ベテランキャラである。
 もっとも、あまり出番のない人ですけど。
 第三部にあたる『範馬刃牙』では出番がなかった。
 その本部がいま絶頂期をむかえようとしている。
 死ぬ直前にもっとも輝いた真田幸村のごとく、遅咲きの桜が満開になろうとしているのだッ!

 対するのは、現代によみがえった剣豪・宮本武蔵だ。
 武器アリの実戦を生き抜くことで、極限にまで高められた武の化身である。
 現代に伝わらなかった高度な武術と、野蛮な精神性をもつ戦国の武士(もののふ)だ。
 そして、趣味が斬殺である。
 この勝負、敗北がそのまま死につながるぞッ!

 まずは本部の不意打ちが決まり、武蔵はダメージを受けた、ハズ。
 だが出血していないし、汗も出ていない。
 目潰しの粉を喰らわせたのだが、目は もう回復したようだ。
 回復の間を与えず、たたみかけるべきだったか?

 だが、相手は六十余の勝負をして無敗の武蔵だ。(五輪書・序
 うかつに近づいたら抜き打ちで斬られる危険性がある。
 ここは慎重な行動が正解かも。
 今まで、みんなを守護(まも)ると言いながら本部は動かなかった。
 自分が守護(まも)って欲しい状況にならないよう、動かなかったのだろうか。

 本部は煙草缶から一本とりだし、吸いはじめる。
 前代未聞、試合中に喫煙開始だッ!
 さらに一升瓶をもって、武蔵にちかづく。
 なんという不良中年っぷりだ。
 いや、中年よりは年とっているか。

 つうか、本部さん124話で一升瓶を柵の外に置いていたよね?
 一度、外に出て持ってきたのか?
 それとも、ひそかに闘技場内に持ちこんでいたのか?
 (戦士としての迫力が少ないので)見えなかったけど弟子の花田が渡したのだろうか?
 本部以蔵は、思考も行動も読みにくい。

 観客が見守るなか、本部は無造作に近づき武蔵の前に座りこむ。
 そして、酒と煙草をすすめる。
 立ったままだとケンカするみたいだから座ろうや作戦か?

「匂いから察するに河豚か」
「酒瓶にも塗ってある」
「毒を盛ったか本部」


 なんと、毒かッ!?
 毒酒、毒煙草で武蔵をハメる気だッ!
 一升瓶の中身が酒じゃない説を掲示板やblogコメントでいただきました。
 私はそこまで思いいたらなかったんですが、本部から あやしい気配が出ていたのかも。

 フグ毒のテトロドトキシンは致死量1〜2mgの猛毒だ。
 本部が毒酒の霧を吹いていたら、口中にのこった毒で自滅した可能性がある。
 つまり、柵の前で置いた酒と、いま出した酒は別物か。
 清酒の霧ふきすることで安全性をアピールし、途中で酒をすりかえる。
 先入観を利用した手品のような手腕だ。
 もっとも、武蔵は清酒の霧パフォーマンスを見ていなかっただろうけど。

 イッパツで毒の種類まで見抜いた武蔵に皆は驚愕する。
 毒に対する用心は戦国の世ならばあたりまえなのだろう。
 忍術の初見先生は師匠の高松寿嗣先生に『お茶をふるまわれても、「どこの茶か、わかるか」と質問される。そんな味もわからないようでは、毒が入っていてもわからないぞ、と叱られているのだ。』という修行を受けたそうだ。(達人烈伝
 万が一に備えて用心するのも戦士の心得だな。

 武蔵も毒を知るため、捕らえた敵とかを実験台にして学習していたりして。
 日本は平和な江戸時代で武士の凶暴性がかなり低くなったのだが、こういう手段を選ばない毒の技術も失われていったのかも。
 武狭小説の大家・金庸作品では、毒が重要な要素になっていることが多い。
 毒をくらって治療の旅に出たり、解毒剤が欲しいのなら言う事を聞けと脅されたり、と無くてはならない要素だ。

 中国では権力者に対して武術家たちが地に潜り組織をつくり反社会勢力となる傾向がある。
 武術家でなく、知識人だって現在の政権が気にいらなければ就職しないという行動をとる場合が多い。
 権力側につき世を強化する儒教思想と、自由に生きる老荘思想の違いという事も出来る。
 なので、暗闘も多かっただろうし、日本と違って毒が大活躍だったのかも。
 日本ももっと乱世がつづけば、毒の文化が栄えたかもしれない。

 毒を見抜かれたが本部は動揺しない。
 むしろ、毒を見抜くような好敵手にであえたことを感謝する。
 披露するあてもなく、蓄積し磨いてきた闇の技術(わざ)を、すべてぶつけることができる相手だ。
 現代武器術の達人・本部以蔵が動く!

 本部はくわえていたタバコを飛ばす。
 だが、相手は飛ぶハエをつまむことができる宮本武蔵だ。(13巻 115話
 ハエに比べれば、飛んでくるタバコなど、蛍のようなものッ!(※ 特に意味はありません
 よゆうでツマみ、一服させてもらう。

 このタバコが立ち合い再開の合図となった。
 武蔵は投げられたダメージが回復したのだろう。
 本部も卑怯技をしつつ、真っ向勝負っぽい戦いを望んでいそうだ。

 武蔵が指先で煙草をはじく。
 タバコは本部の眉間に当たった。
 だが、本部は瞬きもせず そのまま突っ込む。
 武蔵の手が愛刀・金重にかかったとき、本部は一動作はやく、一升瓶で殴りかかっていた!

 中身の入った酒瓶は、人を殺傷しうる鈍器と化す。
 さらに殴って割れたことで、ガラスが刃物にかわる。
 打撃+斬撃の複合ダメージだ。
 さらに本部は、タバコ缶をつかんで武蔵の顔面にメリ込ませる。
 徹底した凶器攻撃だ!

 武蔵がどれぐらい居合術に長けていたのか不明だが、本部に先手を取られた。
 刀は「柄を握る→刀を抜く→斬る」という3アクションなのに対し、酒瓶は「つかむ→殴る」という2アクションだから、一手早く攻撃できたのかも。
 あと、一升瓶もタバコ缶も毒を見破られ、使い物にならないという認識になった。
 使えないものとして認識しちゃったため、武蔵の意識から漏れてしまったのかも。

 これは武蔵が油断しすぎだな。
 それとも、本部の言う「殺すつもりなら君の反応も違っていた」現象であろうか。(8巻 70話
 殺意がないから反応できない!

 武蔵は抜刀もできず、そのまま後ろに昏倒する。
 こりゃ脳震盪が起きてもおかしくない倒れかただ。
 すかさず、本部が追撃に入る。
 右手に煙幕玉、左手にも煙幕玉、二個同時のダブル煙幕だッ!

 って、オイ煙幕玉かよ!?
 ここで使うのは、なんか違くね?
 相手の視界をうばって、スキを作りだすのが煙幕玉だ。
 でも、ダウンしている武蔵はすでにスキだらけだぞ。
 スキにスキを重ねてどーする。

 それとも、これは煙幕玉じゃないのか?
 いや、でもいつも通りに「ちゅどッ どッ」と音がしている。
 思いがけず武蔵をダウンさせることができたので、あわてて投げる物を間違えたのか?

 とにかく、本部のダブル煙幕玉が炸裂だ。
 この煙幕にどんな仕掛けがしてあるのだろう。
 フグ毒の粉末が入っていたりして。
 でも、それだと攻撃した本部も毒死するよな。
 やっぱり本部の行動が読めないまま、次回につづく。


 刃牙シリーズ25周年を飾るのは、本部の煙幕玉だ!
 あきらかに違うタイミングで使っている気がするんですけど。
 煙が出ているスキに、武蔵に土下座して謝るとか考えていたりして。

 今のところ、本部は一方的に武蔵を攻めている。
 つねに先手をとって武蔵にペースをつかませていないのが効いているようだ。
 なにしろ、武蔵は抜刀すらできていない
 このまま 刀を封じてしまえば、本部の勝率もあがるだろう。

 先手をうって煙幕玉を使ったと考える。
 武蔵が視界を失っているスキに、瞬間接着剤で刀と鞘をくっつけてしまう、ってのはどうか?
 必死になって抜刀しようとする武蔵に一撃を喰らわせてやれるぞ。

「ふむ、しゅんかんせっちゃくざい、とな。便利ではあるが、この手の接着剤は衝撃に弱い」
「昔の人なのに、なんで知ってんの!?」
 って感じに対応されそうだけど。
 武蔵は知らないフリをしているだけで、スマホぐらいは扱えるようになっていそう。

 しかし、本部はなんで二個も煙幕玉を投げたんだろう。
 一個じゃダメなんですか?
 通常の二倍にあたる煙幕は視界を完全に奪うだろう。
 武蔵は視界をうばわれて動揺する。
 そして、本部も見えない!
 両者、見えない同士であれば、武蔵が殺気を読めようとまったくの無意味だ!
 この勝負、運が良いほうが勝つ!

 それとも、煙幕で周囲の目をさえぎり、潜ませていた弟子と共に襲いかかるのかも。
 本部が刃牙以上の天才と認める花田や、名前のでてこない「ふしゅる」弟子が襲いかかる。
 観客席にいるガイアは参加できないのが残念だ。
 煙幕が消えた時、観客は山のように折り重なって倒れている本部の弟子たちを見ることになるかもしれない。
 武蔵は素手でも充分強いのだ。

 だが、弟子がつくる死体の山も、本部流の環境利用法は使う。
 山を駆けあがり、通常の二倍の高さから二発の煙幕玉を投げつける。
 煙幕四倍弾だッ!
 ……やっぱり、ここで煙幕使うの間違ってね?




------
・おまけ 新刊情報
刃牙道(13): 少年チャンピオン・コミックス 9/8に刃牙道13巻が発売される!
愛刀・金重を入手した武蔵は斬殺に燃えている。
本部と弟子のガイアはみんなを守護(まも)ることができるのか?
13巻は108話から116話までッ!

バキ外伝疵面 7 (チャンピオンREDコミックス) バキ外伝疵面7巻が発売だ!
ついにグランドマスター編も決着するぞ!
そして非日常な日常にもどる。
46話から53話まで!

真・餓狼伝 6 (少年チャンピオン・コミックス) 真・餓狼伝6巻が発売された!
真なる餓狼の伝記もこれで最後だ。せまる丹水流の闇に、丹波親子は対抗できるのかッ!?
最終巻は47話から!

みつどもえ 14 (少年チャンピオン・コミックス) 月間ペースでみつどもえ14巻が久しぶりに発売だ。
カラー16ページで出血大サービスだ! いろんな意味で。
14巻は251卵性から269卵性まで!

獅子の門 鬼神編 (カッパ・ノベルス) 獅子の門 鬼神編が発売される!
ついに完結!
羽柴彦六と久我重明の死闘があるらしいぞ!
なんか主人公の少年たちの名前があまり出てないけど、完結なのにそれでイイのか?

バキ外伝 拳刃(1) (チャンピオンREDコミックス) バキ外伝拳刃1巻が発売だ!
若き日の愚地独歩がやっちゃイケないような技で暴れる!
基本的に必殺だから敵は再起不能だぞ。教育的に良くないから秘密だ!

バキどもえ(2) (少年チャンピオン・コミックス) 板垣先生公認の刃牙パロ『バキどもえ 2巻』が、発売だ!
梢江いじりは止まらず、漢キャラは萌え化が止まらない!
刃牙は生きのこれるのか!?

謝男(3) (ニチブンコミックス) 土下座・新伝説『謝男(シャーマン)3巻』が発売される。
土下座の男・拝にたいし、謝らない女が登場する! この勝負、どこに転がる!?
3巻は11話から。

ジャイアントロボ(5)~バベルの籠城~ (チャンピオンREDコミックス) ジャイアントロボの最終章「バベルの籠城」5巻が発売だ!
我が身を犠牲にした最終奥義が炸裂しまくる。キャラ消費が激しすぎなんですけど!

エクゾスカル零 5 (チャンピオンREDコミックス) エクゾスカル零 5巻』が発売される。
ついにメデューサ計画の全容が語られる。
長い回想の先に出てくるのは、あの男だ! いや、女?

エクゾスカル零(3) (チャンピオンREDコミックス)
開花のススメ(1) (チャンピオンREDコミックス)
守るべき者のいない未来で正義執行者はいかに生きるべきなのか?『エクゾスカル零 3巻』が、発売される!
新ヒロイン初夜六花の登場により状況が大きくかわっていく。
発売日は8月20日です。収録は第十四歌から。

それと、外伝的作品『開花のススメ 1巻』も同時発売です。

新・餓狼伝 巻ノ二 拳神皇帝編 (FUTABA NOVELS) 原作『新・餓狼伝 巻ノ二 拳神皇帝編』が9/21に発売される。
長田が久しぶりに登場し戦う。
そして丹波文七も驚天動地の大失態プレイから立ち直って(?)リングに帰ってきた。
相手はジャイアント馬場的ポジションのカイザー武藤だ。丹波は勝てるのか?
感想書きました。「新・餓狼伝 巻ノ二 拳神皇帝編」感想


前回 過去 どげせん エクゾスカル零 Gロボ 餓狼伝 疵面 みつどもえ 日記 掲示板 Twitter リンク12 TOP

管理人:とら  連絡先(E-mail):E-Mail
【特定電子メール法に基づく表示】広告メール、迷惑メールの送信はお断りします

和書
コミック

 チャンピオン 
ジャンプ
マガジン
サンデー
RED
 板垣恵介 
夢枕獏
山口貴由

DVD
アニメ
CD
 ゲーム 
DS
PSP
Wii
PS3
360
PS2
PCゲーム
 PCギャルゲー 
フィギュア
パソコン
テレビ
メディア
家電
サプリメント
板垣恵介の激闘達人烈伝 板垣恵介の格闘士烈伝
駿河城御前試合 獅子の門 雲竜編 (カッパ・ノベルス)