こわれたカーナビの直し方 長くカーナビとつきあう方法

   
 

 「機械物ですから いつか壊れるのはわかっているのですが..」  
 ここだけの話、2〜3年で故障し修理業者へ修理依頼をすると「2〜3年は
もったほうですよ。」なんてこと言われるときがあるんですよ まったく失礼な
話です。 「数十万円もしたのに2〜3年で壊れてもらっては困るよ」と声を
大にして言いたいと思っているのは、そら豆だけでしょうか?そんなことは
無いはずです 他にも同じ気持ちの人はたくさんいると思うのですが...

 

 



 「ディスクを読込み中です。」「ディスクをお確かめと下さい。」
などの表示をカーナビがするようになったら、そのカーナビはそろそろ寿命が近づいている証拠。またナビのオープニング画面から地図画面への移り変わりに時間がかかるようになったナビも要注意。 DVDナビやCDナビではそのディスクに書き込まれた地図データーをナビ内部のピックアップレンズで読み取っています 左の写真の丸い部分にディスクが載りモーターにより回転される。また魚の面玉みたいな部分がピックアップレンズである ここでディスクにレーザーを照射しディスクのデーターを読み取る容となっています。
ありがちな故障の原因としては「ピックアップの寿命ですね。」とよく耳にするのですが、アナログのレコード盤のようにレコード針が盤の上に常に接しているのでいれば「針先が減っています 寿命ですね。」といわれるのも納得が出来ますが、なぜディスクに直接、接していないのに寿命が来るの? そんな疑問に出てきた答えが「ピックアップレンズの表面はガラスです、メガネの様なものです。 メガネをかけている貴方ならわかると思うのですが、2〜3年
メガネの掃除をしなかったらどうなるかご想像ください だいぶ見えにくいと思いますよ。」
確かに納得のいく回答だ!3年間メガネを清掃しないで、かけ続けたら目の前は多分真っ白だろう 「だったらはじめからピックアップレンズを清掃しやすいところへ取付けて置けよ」
とも訴えたかった。


  「ディスクを確認してください」などのエラーメッセージが現れるようになったら先ずはロムを取り出してみて汚れ具合をチェックしてみましょう。 イジェクトボタンを押せば簡単に取り出すことができるでしょう。
ロムはプラスチック製なのでどうしてもその特性上静電気を帯びやすくほこりや汚れを吸着しやすい性質です。 ロム表面が白く曇ッているよう様子なら清掃してみましょう 水で洗い流すのも可、ティッシュなどでの清掃の場合にはぬらしてやわらかくしてからロムをこするようにしましょう。
結構ロムの清掃で不具合が解決するする場合が多いです。

 それでもまだエラーメッセージが表示するようでしたら思い切ってピックアップレンズを清掃してみましょう レンズに触れるのはあくまでも最後の手段だと思ってください。ピックアップレンズはかなりデリケートなもので傷などが付くとそれでも読み込み不良となりますので慎重な扱いを心がけてください!でもどの道、修理に出せばほとんど交換されてしまうので「修理に出す前の駄目元でトライ!」と言う感覚でチャレンジです。
綿棒に市販のピックアップレンズクリーナーをつけ清掃してみましょう レンズクリーナーはホームオーディオ用のもので大丈夫です。
これで直れば儲け物ですが、分解が厳しそうなナビは余計な出費を増やす前に最初からあきらめましょう。

 それにしても子供らのプレステ等はガンガン使っても故障知らずでうらやましい 彼らのプレステの稼働時間は車で言うとタクシー並みの稼動ですね 学校にいる以外はほとんどプレステをしているのでは? なぜプレステは丈夫なのでしょうか? プレステの使用環境とカーナビの使用環境を比較してみましょう プレステの使用環境に長寿命のヒントが隠れているかもしれません。
プレステもカーナビもいずれも屋内での使用ですが、プレステは使用するときには床に本体を置いて使用します カーナビも同じように車内に設置をするのですが通常シートの下などのスペースに設置されるはずです 同じ様に床に配置されての使用ですが、ここで室内と車内で大きな差が生じています。 室内の床にはさほどホコリなど無いでしょうが 車内の床はホコリや砂だらけでしょう、シート下にナビを設置をする場合には、マットなどをまめに洗うとか掃除機をかけるなどのケアが必要そうですね。
ナビ本体には冷却用のファンがついています 空気を吸い込んで内部を冷却しているので
すがマットやカーペットにホコリや砂が付着していると、それを空気と一緒に吸い込んでしまいます そんなチリやホコリが積もりピックアップの寿命を短くしているのかもしれませんね ナビ本体の設置位置がシート下以外に確保できる様でしたらシート下以外の場所をお勧めいたします。
 左の写真はAVIC-H99とV77MDの取付例ですが、ナビ本体をオーディオスペースに設置 できればオーディオスペースへ設置したほうが床に漂うチリやホコリからの影響は防止できそうです。
 次に使用するソフトですがプレステのゲームソフトの場合、長く使ったとしても半年位で飽きてくるような気がしますが、カーナビのナビソフト(地図ロム)は最低でも一年以上はナビの中に入れっぱなしでしょうね 最初にも述べてありますがCDロムやDVDロムはプラスチック製なので静電気でホコリなどを吸着しやすい性質です 時々はロムを取り出し清掃することがピックアップレンズの寿命を長く保つ秘訣です。
せっかく使い慣れたカーナビ、長く大切に使う為メンテナンスを心がけましょう。

このWEBページの製作年月は2002年12月です