井上満文庫について

岩波文庫『日本渡航記』『日本幽囚記』の翻訳者として名高い井上満先生は、ゴンチャロフの主要作品をはじめ多くのロシア・ソヴィエトの文学作品を日本に紹介した文学者でした。 日ソ学院(現東京ロシア語学院)の創立、及びロシア・ソヴィエトを冠した社会活動にも熱心な教育者でもありました。 先生の蔵書の多くは生地である福岡の日本ユーラシア協会に寄贈されておりましたが、このたび著作権等の関係で最後まで東京に残されていた図書が図書館に寄贈されました。

先生の業績に関しては郡司良氏がご紹介いたします。

カタログを見たい方は以下をクリックしてください。

Wordのファイルになっています。Wordをお持ちでない方はご覧になれませんので、図書館までご連絡ください。

井上文庫カタログ

トップへ戻る