朝のドラめもん

2017/01/20

お題「市場備忘メモメモ/ECBですよ」

ひふみん・・・・・・・・
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170119/k10010845891000.html
史上最年長のプロ棋士 加藤一二三さんの引退決まる
1月19日 23時29分

神武以来の天才ですよ。神武以来。

○市場メモメモ

・5年国入札ェ・・・・・・・・・・・・

http://www.mof.go.jp/jgbs/auction/calendar/nyusatsu/resul20170119.htm

(3)募入最低価格 101円01銭(募入最高利回り)(-0.104%)
(4)募入最低価格における案分比率 84.3636%
(5)募入平均価格 101円07銭(募入平均利回り)(-0.116%)

平均はこんなもんでしょうがテール6銭ェ・・・・・・・・ということで為替の円高時にはあまり反応しなかったのに円高修正入るとちゃっかり弱くなる債券市場という結果でワロタというかワロエナイ。まあこれをもって相場があばばばばーとかそういう話でもないとは思うのですが、そらまあ冷静に考えてみたら(債券インデックス対比でどうのこうのという人はさておきますと)5年で超過準備チャージレートよりも平気で低い水準の国債にどういうニーズがあるんですかという話になりますとそらもうという事ではあるのでしょうな。

追加緩和期待が無いという状況の中ですと、2年みたいにまあ大体その期間の短期政策金利の足し算が割と理詰めに読める年限なら兎も角、より長い期間になって参りますとまあ普通はそうはいかないですし、それを止めるのって政策継続期間に対する市場の考えるいわゆる時間軸になる訳ですから、そらまあマイナスチャージよりも低い所でのニーズってマージナルなものになってしまいますなあっつーことなんでしょうかね、よー知らんけど(なお追加緩和観測が高まると鬼のようにニーズ(仮需要みたいなもんだが)が発生しますので話がいきなり変わる)

でまあその辺を値持ちさせているのがマイナス金利下における日銀買入であって、大体からしてYCCでのカーブの引き方が短い所と10年とのバランスが悪いので(あの時点で現状から計算させるとあの数字になる、というのは分かるけど)、そのバランスの悪さを日銀買入が埋めている感がありますの。しかし追加緩和期待が無いという状況を前提にした場合、マイナス10とゼロというカーブを1年〜10年で引くというのは相当無理があると思います。


・3M短国

http://www.mof.go.jp/jgbs/auction/calendar/tbill/tbill_nyusatsu/resul20170119.htm

(3)募入最低価格 100円07銭0厘0毛(募入最高利回り)(-0.2805%)
(4)募入最低価格における案分比率 89.5676%
(5)募入平均価格 100円07銭1厘4毛(募入平均利回り)(-0.2861%)

今回は特に流れるというようなこともなく、まあ順当な落札結果になりましたが、別にこのあと強くも弱くもなることなく平穏な結果となりました。

なお、毎度おなじみの売買参考統計値
http://market.jsda.or.jp/html/saiken/kehai/downloadInput.php

本日付(昨日の引け)を見ますと・・・・・・・・・・・・

短国659:▲0.288%
短国658:▲0.425%

となっていまして、659は新発なのでWIの前日比と比較しても仕方ないのですが、付近の残存1年近辺の利付国債や短期国債、カレント短国の引値辺りを調べると味わいの深い推移が見られるかも知れません。


○為替振り回しキタコレ

http://jp.reuters.com/article/usa-congress-mnuchin-trade-idJPKBN1532ND
Business | 2017年 01月 20日 02:08 JST
米、強いドル維持へ 通商政策強化=ムニューチン財務長官候補

『[ワシントン 19日 ロイター] - トランプ次期米政権の財務長官に指名されたスティーブン・ムニューチン氏は19日、米国は強いドルの確保に向け通商政策を強化するとの考えを示した。同氏は承認公聴会で「強いドルを維持し、米雇用を創出・保護するような通商政策を実施する」と語った。』(上記URL先より)

まあ本番は今晩のトランプの落語でございますのではあそうですかってなもんですが、最近は何せ為替市場のボラがエライ勢いで高くて、何かこう手を出しにくい中でニュースワイヤーのヘッドライン(やトランプおじちゃんのツイッター^^)でバカスカ振らされるという感じでございまして、御愁傷様としか申し上げようがない。


○ECBである

http://www.ecb.europa.eu/press/pressconf/2017/html/is170119.en.html
Introductory statement to the press conference
Mario Draghi, President of the ECB,
Vitor Constancio, Vice-President of the ECB,
Frankfurt am Main, 19 January 2017

・まあ現状維持だが

『Based on our regular economic and monetary analyses, we decided to keep the key ECB interest rates unchanged. We continue to expect them to remain at present or lower levels for an extended period of time, and well past the horizon of our net asset purchases. Regarding non-standard monetary policy measures, we confirm that we will continue to make purchases under the asset purchase programme (APP) at the current monthly pace of ユーロ80 billion until the end of March 2017 and that, from April 2017, our net asset purchases are intended to continue at a monthly pace of ユーロ60 billion until the end of December 2017, or beyond, if necessary, and in any case until the Governing Council sees a sustained adjustment in the path of inflation consistent with its inflation aim. The net purchases will be made alongside reinvestments of the principal payments from maturing securities purchased under the APP.』

従来と同じお話をしらっと行っておりまして買入に関しても現状維持。


・預金ファシリティよりも低い金利での債券購入は国債だよというお話

『The Governing Council today also decided on further details of how the Eurosystem will buy assets with yields below the interest rate on the deposit facility under its public sector purchase programme. These decisions will be published in a separate press release at 15.30 CET.』

というのでディテールが出ているのだがそれがこいつ。

http://www.ecb.europa.eu/press/pr/date/2017/html/pr170119_1.en.html
ECB provides further details on APP purchases of assets with yields below the deposit facility rate

『・Purchases of assets with yields below the DFR will only occur under the PSPP, while no such purchases are foreseen for the CBPP3, ABSPP and CSPP

・For each jurisdiction, priority will be given to PSPP purchases of assets with yields above the DFR』

という見出しがついていまして、DFRってのが預金ファシリティレートの事ですから、国債の買入では預金ファシリティレートを下回る買入は行われるけれどもカバードボンドとか社債とかABSとかの買入では預金ファシリティ金利よりも低いレートでの買入はございませんとか何とか書いてあるようで。

『The Governing Council of the European Central Bank (ECB) today decided on further details of how the Eurosystem will buy assets with yields below the interest rate on the deposit facility (DFR) under the asset purchase programme (APP). At the December monetary policy meeting, the Governing Council decided to allow such purchases, to the extent necessary, and tasked Eurosystem committees with working out the implementation details.』

どういう時に預金ファシリティより低い金利を買うのかの細かいことを決めていなかったのか。

『As a result of that work, the Governing Council today decided that:』

ほうほうそれでそれで??

『No purchases below the DFR will be conducted under the third covered bond purchase programme (CBPP3), the asset-backed securities purchase programme (ABSPP), or the corporate sector purchase programme (CSPP)』

カバードボンドとABSと社債の買入については預金ファシリティーの金利を買入レートの下限とするようですな。

『With regard to the public sector purchase programme (PSPP), for each jurisdiction, priority will be given to purchases of assets with yields above the DFR. This means that the amount of purchases that have to be made at yields below the DFR will vary among jurisdictions. This amount may also change over time, reflecting changes in market interest rates relative to the DFR.』

国債買入プログラムに関しては、基本的には預金ファシリティより高い出来上がり利回りの買入を優先するのですが、札が足りない場合に預金ファシリティよりも低い金利での買入を行う事もありますよ、という事のようですね。


・12月の政策の自画自賛

『The monetary policy decisions taken in December 2016 have succeeded in preserving the very favourable financing conditions that are necessary to secure a sustained convergence of inflation rates towards levels below, but close to, 2% over the medium term. Borrowing conditions for firms and households continue to benefit from the pass-through of our measures.』

12月の政策は金融環境を好転させたってまあトランプ効果のような気がしますが、一応これ日欧の金融政策当局が言う場合は「米国が正常化となる中で私の所が緩和継続を強く示しているので金融政策の方向性の違いによってより効果が出ています(キリッ)」という話になる。

『As expected, headline inflation has increased lately, largely owing to base effects in energy prices, but underlying inflation pressures remain subdued. The Governing Council will continue to look through changes in HICP inflation if judged to be transient and to have no implication for the medium-term outlook for price stability.』

インフレに関してもしらっと上昇というのが入っていますが、基調的には上昇は抑制的でつと。

『A very substantial degree of monetary accommodation is needed for euro area inflation pressures to build up and support headline inflation in the medium term. If warranted to achieve its objective, the Governing Council will act by using all the instruments available within its mandate. In particular, if the outlook becomes less favourable, or if financial conditions become inconsistent with further progress towards a sustained adjustment in the path of inflation, we stand ready to increase our asset purchase programme in terms of size and/or duration.』

という説明になっていて、特に見通しが下がったりした場合には追加を行います(キリッ)とはしているのですが、その前の「If warranted to achieve its objective, the Governing Council will act by using all the instruments available within its mandate.」って入れた後に後段の「In particular, 」以下が入っているのは読みようによっちゃあ若干きな臭くて、「特に追加緩和が必要な時にはプログラムの拡大や買入年限の長期化を行う」としていますが、じゃあそうじゃないときに使うのって何なのと穿って読んで読めないことも無いというかちょっと読んでいて引っ掛かったのでメモしておきます。

前回は追加緩和(というかただの緩和継続な上にペース縮小しているのですが)でしたのでその辺の文言は、

『The Governing Council will closely monitor the evolution of the outlook for price stability and, if warranted to achieve its objective, will act by using all the instruments available within its mandate.』(前回の声明文)

となっているので、まあ前半の部分がただの平常運転で、後半に入れた「In particular,」以下を入れてある程度の緩和期待を維持させてタダで金利を低めに維持ようとしている、という風に読むのが多分普通なんでしょうけど・・・・・・・・・・

『Let me now explain our assessment in greater detail, starting with the economic analysis.』

以下の話は大体パスしますが、リスク認識に関しては

『The risks surrounding the euro area growth outlook remain tilted to the downside and relate predominantly to global factors.』

リスクはダウンサイドで、ついでに海外の要因にもふりまわされるでしょうと。

『According to Eurostat, euro area annual HICP inflation increased markedly from 0.6% in November 2016 to 1.1% in December. This reflected mainly a strong increase in annual energy inflation, while there are no signs yet of a convincing upward trend in underlying inflation. Looking ahead, on the basis of current oil futures prices, headline inflation is likely to pick up further in the near term, largely reflecting movements in the annual rate of change of energy prices. However, measures of underlying inflation are expected to rise more gradually over the medium term, supported by our monetary policy measures, the expected economic recovery and the corresponding gradual absorption of slack.』

物価に関しては先行きは徐々に基調的な物価が強くなってくるでしょうとはしているものの、現状の認識は「there are no signs yet of a convincing upward trend in underlying inflation」という身も蓋もない説明になっていますな。

とまあそんな程度で勘弁。


○ちなみに今日は日銀の議事録(議事要旨ではない)が出ます

ちょうどゼロ金利解除の所からスタートする半年分ですね。その前の2006年6月の議事録も面白いですが、議事録ネタは一々全部アタクシが人力手打ちしないといけないので中々ネタにする気力が湧かない。


トップページに戻る