朝のドラめもん

2017/06/29

お題「本日も海外の中銀発言空中戦という風情ですなあ(除く日本)」

中銀発言で動くという空中戦ですが日本は無風というのがジャパンクオリティ。

○今度はカーニー総裁とな

http://jp.reuters.com/article/boe-cen-idJPKBN19J229
Business | 2017年 06月 29日 03:00 JST
英利上げ、数カ月以内に討議の公算=中銀総裁

『[シントラ(ポルトガル) 28日 ロイター] - イングランド銀行(英中央銀行)のカーニー総裁は28日、英経済が完全稼動の状態に近づくにつれ中銀は利上げを実施する必要が出てくる可能性があり、金融政策委員会(MPC)はこのことについて「向こう数カ月」以内に討議すると述べた。』(上記URL先より)

・・・・・・・蟹先生この前は利上げ3票を受けて火消し発言してませんでしたっけという所で、別にタカでもハトでも良いのですが、いきなり豹変されるのが一番話をややこしくするのですが、まあどこぞの中央銀行も「追加緩和しない」とか言った直後にバズーカ2というのがありましたように、だいたいこういうのやりだすと後でろくなことにならんのですよねー。

と思いながらBOEのサイトを見に行くと当然ながら講演テキストがありました。
図表が多くて中身自体は正味4ページ半。

単なる紹介でもないページはこちら
http://www.bankofengland.co.uk/publications/Pages/speeches/2017/986.aspx
Policy Panel: Investment and growth in advanced economies - remarks by Mark Carney
28 June 2017

でもって本チャンはこちら
http://www.bankofengland.co.uk/publications/Documents/speeches/2017/speech986.pdf
Policy Panel:Investment and growth in advanced economies
Remarks given by Mark Carney, Governor of the Bank of England
2017 ECB Forum on Central Banking, Sintra
28 June 2017

シントラとかエストリルとかフォーラムついでにリゾートですな。

『The experience of business investment in the UK since the onset of the financial crisis broadly matches that elsewhere in the advanced world - a sharp fall followed by a feeble recovery (Chart 1). Peak to trough, the level of UK business investment fell by 20%, and it was six years before it surpassed its pre-crisis level, putting the recent experience at the bottom of the swathe of past UK cycles (Chart 2). In my brief remarks today, I will offer some possible explanations for this performance before concluding with comments on the outlooks for UK investment and monetary policy.』

ということで話が始まりまして、小見出しが

『I. Investment since the crisis』
『II. The Contribution of Central Banks to Investment』
『III. Conclusion 』

という構成になっていまして、まあ1番目は大体読まなくても話の展開は想定できるので二番目から読めばよかろう(とか言って肝心の所を読みそこなうというトンチキプレイはよくやるのだが)ということで最初の方をちょっと読むと・・・・・・・・

『Recognising that the most important contributions will be from structural policies, how can central banks support that belated investment recovery?』

その前のケツの所で『Although these secular forces may likely persist, many of the conditions for a revival in business investment are now in place.』という話をしていまして、金融危機以降に構造的な問題になっている生産性の低下とかそういう話を前段でやっていまして、金融政策はどこへという感じですが、英国の場合はそもそも論として物価の方は目標行ってるどころか盛大に上振れて推移している(http://www.bankofengland.co.uk/Pages/home.aspxの右側にあるCurrent Inflation 2.9%を見ましょうという事で)ので立場がだいぶ違う。

『First, we must acknowledge that, while the cost and availability of finance matters; internal cash flows, the profit outlook and uncertainty are far more important determinants of investment. Monetary policy affects companies’ profits and cash flows through its effects on domestic demand and, via the exchange rate, external demand.』

しらっと金融政策で為替に影響を与えて外需にも影響とか言っているのがチャーミング。

『Given the importance of internal finance for investment, and the high hurdle rates investment projects must clear, such indirect effects are more important for investment than the direct effects on the cost of capital. The biggest contributions of central banks are therefore improving the demand and profit outlooks and reducing uncertainty.』

金利経由で企業の借入コストや資本コストを軽減できるという話をしておりますな。

『Allow me to use the current situation in the UK to illustrate these points. UK output is now in sight of potential, and the capital overhang looks set to be eliminated over the next few years.』

デットオーバーハングじゃなくてキャピタルオーバーハングなのか。

『In order to expand, companies will increasingly need to invest. A strengthening global economy should tempt UK companies to do so, particularly since UK companies are generally competitive given the recent fall in sterling. Indeed, the broad-based global recovery is creating thepossibility of a self-reinforcing revival in investment.』

という話の流れからすると、キャピタルオーバーハングってBOEがスラックの事を「経済のspare capacity」って言ってるから資本というか設備とかそっちの過剰が解消してきている、という話なんでしょうな。

『The Bank of England estimates that more than 80% of the world economy is now growing above potential. Global measures of industrial production and capital goods orders, as well as world trade, have strengthened markedly over the past year, suggesting some rotation in the composition of global demand towards investment. With that more favourable outlook, investment intentions are now rising around the world (Chart 11). 』

でもって世界貿易とか海外の資本財支出とかを見ていても海外経済の多くが潜在成長を上回って成長しているという事を示しており、こんごも投資が伸びるとみられる、という説明でして・・・・・・・・・・

『If these intentions are realised, the global equilibrium interest rate could rise somewhat, making a given policy setting more accommodative.』

ドラギ総裁と同じ話キタコレという所で、これらの動きが顕在化すると世界的な均衡金利は若干上昇し、その結果として(同じ政策を継続していれば)金融政策の緩和度合いが一段と強くなるでしょうというのが来ましたな。

『The extent to which it does will depend on other secular factors that have been holding it down, including demographics, debt overhangs and the capital intensity of production.10 In this generally constructive environment, the main issues facing UK companies are uncertainties - about how consumers will adjust to a period of weaker real income growth; about market access post-Brexit; about the potential risks in the transition to new arrangements with the EU and the rest of the world.』

とは申しましても英国の場合は構造問題がまだ残っているし、ブレクジット以降のコンフィデンスがどうなって行くのかとか不透明な面もございます。

『In this context, the best contribution the Bank of England can make is maintaining financial and monetary stability by pursuing the right policies within consistent frameworks. 』

という話で以下続くのですが、途中を飛ばしまして金融政策ど直球部分を。

『The MPC has also clearly set out its reaction function consistent with its remit. Under the exceptional circumstances Brexit entails (with an inflation overshoot driven entirely by an exchange rate depreciation caused a large fundamental shock), the Committee is required by its remit to balance a period of abovetarget inflation with a period of weaker growth. As the primary objective of monetary policy remains inflation control, any overshoot of inflation above the target can only be temporary in nature and limited in scope. As such, the MPC has been clear that its tolerance for above-target inflation is limited.


現状英国の場合は物価がターゲットから思いっきり上振れていますが、これポンド安によるショックであってつまりは一時的、一方で経済が強い訳ではないのですから、政策のバランスとして緩和を継続しとります。という話をしております。

『Since the prospect of Brexit emerged, financial markets, notably sterling, have marked down the UK’s economic prospects. Monetary policy cannot prevent the weaker real income growth likely to accompany the transition to new trading arrangements with the EU. But it can influence how this hit to incomes is distributed between job losses and price rises. And it can support households and businesses as they adjust to such profound change.』

ブレクジット云々に関しては中銀が何かするという訳には参りませんが。

『As spare capacity erodes, the trade-off that the MPC must balance lessens, and, all else equal, its tolerance for above-target inflation falls (Chart 15).』

とはいえ経済のスラックが解消してくれば我々の政策を考えるバランスは変わりますし、同様にインフレが上振れて推移している状況への許容度も変わってきますよ。

『Different members of the MPC will understandably have different views about the outlook and therefore the potential timing of any Bank Rate increase. But all expect that any changes would be limited in scope and gradual in pace.』

だから利上げとか言ってる委員が増えました、つーても利上げ自体は別にドカドカ利上げする訳でもないですよ、とは断っていますな。

『When the MPC last met earlier this month, my view was that given the mixed signals on consumer spending and business investment, it was too early to judge with confidence how large and persistent the slowdown in growth would prove. Moreover, with domestic inflationary pressures, particularly wages and unit labour costs, still subdued, it was appropriate to leave the policy stance unchanged at that time.』

前回の政策委員会ではカーニー総裁のビューとしては消費や企業投資についてはまだミックスであり、海外の成長に関してもまだそこまで確信を持つには時期尚早、更に国内の賃金上昇やユニットレーバーコストの動向も抑制されているので現状維持が適切と判断しました。

と来てこのコーナーの最後。

『Some removal of monetary stimulus is likely to become necessary if the trade-off facing the MPC continues to lessen and the policy decision accordingly becomes more conventional.』

キタコレ!

『The extent to which the trade-off moves in that direction will depend on the extent to which weaker consumption growth is offset by other components of demand including business investment, whether wages and unit labour costs begin to firm, and more generally, how the economy reacts to both tighter financial conditions and the reality of Brexit negotiations. These are some of the issues that the MPC will debate in the coming months. 』

ということで今後数か月以内に云々というのがここの小見出しの最後に出てくる訳ですが、これは「今後改善すれば」ということで消費だの賃金だのULCだのブレクジットの交渉推移だの色々と留保条件付けまくっていて、別に数か月以内に利上げが適切になると言っている訳ではなくて、今後この辺りを検討して行くことになるでしょう、という話をしているのですけれども、カーニー総裁がこの前時期尚早的な話でしらっとスルーしていたのに今回は真面目(?)にちゃんと話をしている点、そもそも英国の場合は物価がターゲットを上に逸脱しているので誰がどう見ても景気が悪いのであれば文句は出ないでしょうが、そうじゃないとなってきてポンド安で物価が上がって庶民の生活ガー的な批判は思いっきり食らいやすいし説明しないと行けないでしょうから、そんなに放置プレイもできないという点、というのもあって思いっきり反応した、ということのような気はしないでもないです。


○ECB火消し発言来てるようで

http://jp.reuters.com/article/ecb-policy-idJPKBN19J1WW
Business | 2017年 06月 28日 23:13 JST
ECB総裁発言、差し迫った政策引き締め意図せず=関係筋

『[シントラ(ポルトガル) 28日 ロイター] - 複数の関係筋は、今週のユーロ高につながったドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁の発言について、総裁は弱めのインフレ期間への容認を示したものであり、差し迫った政策引き締めを意図していないとの見方を示した。ECBはコメントを差し控えた。27日の欧米金融市場では、ドラギ総裁の発言は金融緩和解除に向けて地ならしとの受け止めが広がり、ユーロが急伸。国債利回りが跳ね上がった経緯がある。』(上記URL先より)

ということで早速火消しは入っているのですが、ドラギ俊彦先生の先達の狸である福井の俊ちゃんの例を見ますとこういうのって「地均し」→「火消し」を繰り返して様子を見るというのが狸又中央銀行総裁の仕様だったりして、そういやこの地均しと火消しの連発で随分昔は悪態ついたなあと遠い目で思うのですけれども、まーこれは市場が真に受けて振り回されるの図というのが見えてきたなあと思うのは考えすぎでしょうかねえ。

ちなみに、アタクシ思いまするに、「弱めのインフレ期間への容認」というのは即ち「インフレが2%に達していなくても経済の状況を重視して正常化路線に着手することもある(さっきの蟹先生の講演でもあった「金融緩和度合いが経済の進展とともに自然と強くなる」という理屈を持ち出す)という事を意味しますので、確かに直ぐに正常化着手になるかというと謎ではありますが、その一方でまだまだ緩和は長々と続くぜという反応をするのはちとどうかと思います。

てかね、昨日も申しあげましたが、この前買入のペースを下げて期間を延ばしすことによって、80×6=480対60×9=540という謎の朝三暮四理論によって緩和の縮小ではないとか言ってたのに、昨日の講演でドラギ俊彦先生は「先般の買入の変更もこの考え(経済が良くなって来たらやってる緩和が同じだと緩和度合いが高まってくる)に基づく」とか思いっきり前に言ってた事と違う説明をおっぱじめている方が密かなポイントじゃネーノと思う訳で、まあ様子見ながら地均しと火消を繰り返しながらという展開になるんじゃないかなーと思うのでした。

というメモを置いておきます。


○なおカナダも正常化ですか(メモだけ)

http://jp.reuters.com/article/canada-cenbank-poloz-idJPKBN19J1XG
Business | 2017年 06月 28日 23:17 JST
カナダ中銀総裁「利下げ、役割成し遂げた」、7月利上げ観測強まる

『[トロント 28日 ロイター] - カナダ銀行(中央銀行)のポロズ総裁は、2015年に実施した利下げがその役割を成し遂げたとし、余剰生産能力が使い果たされる中、カナダ中銀は選択肢を検討する必要があるとの見解を示した。ポロズ総裁はCNBCとのインタビューで「こうした(2015年の)利下げはその役割を成し遂げたようにみえるが、われわれは新たな金利決定に近づきつつあり、先入観は持ちたくない」と語った。同時に「少なくとも、余剰生産能力が着実に使い果たされつつあるという全体的な状況に配慮する必要があることは明白だ」とした。』(上記URL先より)

ほうほうそうですかという事でメモだけ。

#うーむ連日の海外ネタ出稼ぎシリーズでございますな

トップページに戻る