トップページへ戻る

原爆展運動のページへ

原爆展パネル増補改訂版を作成
             礒永秀雄の平和の詩も      2002年4月11日付

 英訳完成し世界で活用
 下関原爆展事務局が製作した原爆展パネル「原爆と峠三吉の詩―原子雲の下よりすべての声は訴える」は、広島、東京をはじめ全国各地で衝撃的な反響を呼び、アメリカの原爆投下への新たな怒りを発揚し、平和への意志を強いものにしている。
 下関原爆展事務局は、いきおいよく発展する原爆展運動をさらに全国、全世界へおし広げ、アメリカの原水爆使用の手足を縛る力強い平和の世論をまき起こすために、このほどこのパネルの増補改訂版(A2判・65枚)を作製。これに対応した教科書サイズのパネル冊子もあわせて改訂した。また、世界中に広げるために「原爆と峠三吉」の英語版の翻訳をすすめてきたが、パネル添付用のA3判セットと、パネル冊子に対応したA5判冊子ができあがり、今後世界各国に広く普及する計画である。
 このたびの増補改訂版は、被爆写真と峠三吉の詩で構成したこれまでのパネルを若干改訂するとともに、戦没学生の手記「きけわだつみのこえ」と「戦後日本人民の魂をうたった詩人・礒永秀雄の世界」のパネル9枚をつけ加えたものである。

   更に合法性増すパネル
   広島市教委と平和資料館の検討へて
 改訂されたのは、昨年末の広島原爆展のさい広島市教育委員会と広島平和記念資料館による監修にそって、部分的に修正補強されたところである。これまでのA2判パネルを活用している人人には、希望に応じて訂正部分を切りはりできる用紙を提供できるようにしている。
 補強された「礒永秀雄の世界」のパネルは、礒永秀雄の代表的な詩やエッセイ、写真で構成したパネルで戦後社会の節目ごとにタイトルをつけて構成、学徒出陣で九死に一生を得て帰国した礒永秀雄の業績がまとめられている。このパネルには戦没学生の手記をまとめた「きけわだつみのこえ」もふくまれており、いまわしい戦争の荒廃のなかから立ち上がり、平和で豊かな美しい郷土の建設のために奮斗してきた日本人民の魂がいきいきと表現され、今日の世相のなかで、多くの人人を励ますものである。
 これまでの原爆展パネルを活用してきた人人のために、「礒永秀雄の世界」のA2判パネル(10枚1組)のみを提供できるようにもしている。
 この増補改訂版パネル、パネル冊子を全国で発展する原爆展運動や学校現場で、積極的に活用されることが期待される。長周新聞社でとりあつかっている。

トップページへ戻る

原爆展運動のページへ