トップページへ戻る

    <狙撃兵> 人質解放に腹を立てる小泉     2004年4月20日付

 イラクの武装勢力に拘束されていた3人の日本人が帰国した。大多数の日本国民は胸をなで下ろして喜んだ。しかし3人は飛行機のなかでも、空港に到着したのちも、厳重に囲われて外部との接触を断たれ、うれしい顔どころかむしろ今度は日本政府の人質になったような顔をして護送されてきた。
 小泉首相は、かれらがひきつづき「イラク支援をつづける」と発言したといって、「常識を疑う」などと色をなして腹を立てた。自民党のお偉方も、「自己責任でやれ」「今度はたすけてやらない」とか「救出費用も負担させろ」などと騒いでいる。生きて帰ったことがうれしくないというのは死んだ方が良かったのであろう。
 小泉は自衛隊をイラクに派遣するのに、日本国民に「困っているイラクの人たちへの人道復興支援をしなければならない」といった。3人は、自衛隊員のように、政府から特別な給与をもらうわけでもなく、自分の意志で、自腹を切り、危険をおかして、まさにやってきたことは人道支援であった。それは首相の呼びかけにこたえた日本人の誉れといってほめられるのかといえば、逆にまるで国賊があらわれたかのように腹を立てているのである。
 「コメ百俵」といって教育予算を手厚くするどころか無惨に削減し、憲法前文を唱えて戦争を肯定する。やることはだいたい言うことの逆なのだ、と理解しなければ小泉総理大臣の気に召さないというのが教訓となった。国民が総理大臣のいうことをうかうか信用してその通りのことをやったらひどい目にあうのである。小泉は人道支援なんて一つも思ってはおらず、戦争をやるために自衛隊を出しているのであり、非戦斗地域なんてあるわけがないという信念に立っていると見るなら説明がつく。それならそうとはじめから正直にいえばよいのに、迷惑するのは国民である。
 今回の人質救出問題で、人質にしたのもイラクの武装勢力であったが、解放したのもかれらの判断であった。小泉政府は大騒ぎし、むしろ「撤退しない」とか「テロには屈しない」などといって人質を危険にさらすばかりで、解放のためには一つも役を果たさなかった。それが解放されたので、明らかにメンツを失った。メンツで国民の命をもてあそばれたのではたまったものではないのだ。
 人質解放は、ファルージャをはじめとする米軍の大殺戮、蛮行で殺されているイラクの女、子ども、市民の苦しみに思いをいたし、犯罪をくり返している米軍やその下請をやっている自衛隊の撤退を要求する国内外の世論と運動が結びついたからであることははっきりしている。小泉は腹を立てるなら、国内外の人民をあなどってアメリカの顔色ばかりうかがっているふがいない自分に腹を立てた方が正解である。悪いのは全部他人というのでは、日本の教育も大迷惑である。
                                           那須三八郎

トップページへ戻る