トップページへ戻る

三井金属子会社が首切り
2000人が働く下関MCS
               工場閉鎖もほのめかす    2008年11月12日付

 下関市内では、彦島にある三井金属の子会社エム・シー・エスが労働者の首切りを始めたことが、深刻な問題として語られている。2000人をこえる従業員のうち、正社員は500人に満たない程度で、現場のほとんどをワールドインテック(大手派遣会社)MCS事業所の社員や準社員、期間社員が担っている。これまで市内で最大の若者の働く場となってきた会社だけに、これだけの失業者が市内に一斉に吐き出されることは、エム・シー・エス従業員だけでなく、下関市内全体に影響を与えることになる。現在職安は車で一杯になっており、再就職先を行政として責任を持つべきだとの声は強く語られている。
 今回の首切りの対象となっているのは、製造部門の派遣社員と期間社員。対象となった従業員が呼ばれ、面談で「何月何日に解雇」と通知されているという。ワールドインテックの従業員は次の派遣先が提案されるが、県内でも遠方が多いため、結局やめるほかない。期間社員は次の就職先もないまま放り出されることになる。まだ正式な発表はないものの、従業員のあいだでは年末に250人、残った期間社員も来年からは半年ごとの更新がうち切られ、正社員も半分くらいに減らされるのではないかと語られている。最近三井金属の社長が正社員を集め「年内に黒字を出さなければ大牟田の新工場を閉鎖、それでもだめなら下関も閉鎖する」といったとも話されており、従業員のなかには不安とともに、簡単に切って捨てることへの憤りが渦巻いている。
 夫がワールドインテックの派遣社員としてエム・シー・エスで働く夫人は「今回の対象には入っていなかったが、最近は残業がなくなり、手取りが4、5万下がり、生活が大変になっている」と話す。小学校に1人、保育園に2人の子どもを通わせており、小学校は月月約6000円、保育園は2人で2万円かかる。「自分も働こうと思っているがパートに出ても家賃程度。“これでは年が越せない”“来年はどうなるだろう”と話になっている」という。「ワールドインテックは一応次の派遣先を提案するが、遠いところで通うこともできないし、引っ越すほどの力もない。みな自分で仕事を探しているが、一斉に首になれば、ただでさえ少ない職がもっと見つからなくなる」と話す。
 30代の男性は、小倉で建築業をしていたが、エム・シー・エスは給料もいいと聞き、下関に来てワールドインテックの社員になって2年。これまで給料は手取りで約25万円あったが、残業がなくなってからは14万円に下がっていた。「先日1人ずつ呼ばれて解雇通告され、自分も12月31日付で解雇といわれた。一緒に250人くらい解雇されるが、家庭持ちも独身も関係なかった。みんなあきれて言葉にならなかった」と話す。住んでいるワンルームマンションは会社名義で、自己負担は2500円だったが、4月以降残る社員は全額自己負担になるという。「再就職先は知り合いのコネなどで、恥も外聞もなく探したが、まわりの人のことはまったく考えられなくなっている。こんな派遣会社からは撤退する」と憤りを込めて語る。

 欠陥品続出で業績悪化 技術継承もできず
 エム・シー・エスは三井金属の製造子会社で、パソコンや携帯電話などの液晶画面の裏側に使用するTABテープを製造している。TABテープは銅配線されたテープ上フィルムにICチップを連続して実装するもので、パソコンやプラズマテレビなどが普及するなかでエム・シー・エスは急成長を続け、世界の約5割のシェアを持つとされてきた。「ライバル会社が韓国や台湾で正月もなく製造しているため、“負けるな”といわれ、正月は休んでも1日か2日。一番忙しいときには4日続けて夜勤というときもあった」という。
 しかしここ2、3年は業績が悪化し続けてきた。その一因として指摘されているのが、派遣社員や期間社員など、非正規雇用が社員の大半を占め、技術継承ができないまま人が入れかわるため、技術水準が下がり欠陥商品が増え続けてきたことだ。
 エム・シー・エス本体が採用するのは半年ごとに契約を更新する期間社員ばかりだ。入るさいには面接と健康診断だけで簡単に入社でき、1年以上働けば社員試験を受けて正社員になれる可能性があるというシステムだが、正社員の試験を受けられるのはごくわずかで、3年いて試験を受けられなければ永遠に可能性はない。派遣社員は同じ仕事をしながらも給料は5万円の差があり、ボーナスも寸志程度。最近では期間社員も採用せず、派遣社員の比率が高くなっていたといわれる。社内での競争は激しく、「エム・シー・エスとワールドインテックはうつ病が多い」と市内の病院で語られるほどだ。
 長年エム・シー・エスで働いてきた20代の期間社員の男性は、9月で会社をやめた。正社員になるという目標を持って製造工程も全て勉強し、真面目に仕事をしてきた。しかし社員試験を受けられるのは上司にへつらった者ばかり。グループに素人ばかりが配置され、教育に苦労していたが、なにかクレームがくれば現場の個人責任で「再教育」される。ストレスがたまっていたところに、母親の入院が重なり、「自分自身も精神的に参っていた。仕事に行こうとすると体がだるく、イライラする。夜に海などを見ると“死にたい”と思うようになりあわてて病院に行くと、うつ病になりかけているといわれた」という。会社をやめることを決意し、「次の人を教育するから、少しわかる人を回してほしい」と提案したが、「お前がいなくても仕事は回る」といわれた。「仲の良かった期間社員も、3年満期で1カ月の待機期間のはずが3カ月近く放置されていた。俺たちを切っても痛くもかゆくもない、捨てごまだと思っている」と憤りを語っている。
 市内の自営業者のあいだでも「サラリーマンの収入がなければ自分たち商売人のお客もいないという関係だ。失業者が増えることは市内全体にかかわってくる」「これだけ下関が衰退してきたのも、若い者に働く場所がなく、派遣やアルバイトばかりになってきたからだ。派遣法を撤廃させるのが一番の問題だ」と語られている。市民のなかで深刻な問題となっており「下関のために働く場所を確保しろ」の声は強まっている。

トップページへ戻る