トップページへ戻る

  <論壇> 「ブッシュのポチ」が何の戦没者追悼になるか  2006年8月18日付

 小泉首相は8月15日、内外の非難を押し切って靖国神社参拝を強行した。日本の国民がかつての悲惨な戦争で殺された人人を追悼し、この痛ましい戦争の体験を語り継ぎ、誰が何のために人人をあのような目にあわせたのかを教訓とすることは非常に重要なことである。それはあのような戦争を2度と繰り返させてはならないからである。
 小泉の靖国参拝は戦没者遺族の心情を利用して、その願いとは逆のことをやるものであり、現在再び命知らずの肉弾を仕立てる意図を持っていることが最大の問題である。小泉がいう「戦没者の追悼」「不戦の誓い」とは口の先だけであり、その行動はアメリカの軍事戦略に付き従ったイラクへの自衛隊派遣、米軍再編や自衛隊の米軍への統合や、日本全土の基地化であり、北朝鮮のミサイル実験では「先制攻撃」を騒いで全面戦争をもやりかねないところまできていることである。
 靖国神社は、天皇の軍隊であった陸海軍省が管轄した神社であり、戦死したら神としてまつられ、戦死を誉れとして戦うようにさせる装置であった。A級戦犯を合祀していることだけが問題なのではない。旧帝国軍隊の指導者らA級戦犯に戦争責任があるのは当然であるし、彼らの命令に無条件に従わされ戦争に引き出されて殺された人人と同列におくことができないのは当然である。だがここには戦争責任を軍部だけにかぶせて、戦争を引き起こし否応なしに人人を駆り立てていった、天皇をはじめ財閥・独占資本集団、政治家や官僚上層部、警察、教育やマスコミの責任者どもが平和主義者のような顔をして戦争責任を逃れた問題がある。さらに無辜の非戦斗員100万人近くを大虐殺したアメリカの犯罪も、「勝てば官軍」で問われなかった。戦争の味を占めながらまんまと戦争責任を逃れた連中の後継ぎどもが現在、靖国を使いながら再び人人を戦争に駆り立てようとしているのである。
 第2次大戦は、日本帝国主義による犯罪的な中国・アジアへの侵略戦争が基本であった。そして中国人民の抗日民族解放戦争という、新しい時代の力にうち負かされ、行き詰まったなかで、アジアの植民地市場の奪い合いをめぐる米英仏蘭とのあいだの帝国主義戦争に突き進んだ。この戦争によって、アジア諸国に甚大な被害を与えるとともに、日本国民も320万人が犠牲になった。
 アメリカの対日戦争は、日本の侵略からアジアを解放するというものではなかった。フィリピンなどの植民地を奪い返すだけではなく、中国市場を自分のものにすること、さらに日本をたたきのめして単独占領し自分の属国に変えるという明確な目的をもったものであった。そのために空襲、沖縄戦、原爆などで、日本国内の罪のない非戦斗員が屠殺のごとく殺されたのである。天皇は早くから敗戦が避けられないなかで、自分たちの地位を守ることだけが関心であり、国民を「鬼畜米英」といって絶望的な戦争に駆り立てながら、自分たちは米英が単独占領し支配の地位を守ってくれることを期待していた。そして戦地では、食糧も武器もなく南の島に放り出された100数10万人が餓死と病死で死んでいった。
 アメリカが「平和と民主主義の勢力」というのは、アメリカ占領軍の徹底した検閲、メディア操作などによってつくられたマインドコントロールというべきものであり、第2次大戦の評価と戦後社会をどう見るかにかかわるもっとも大きなペテンである。
 小泉首相の靖国参拝をめぐって、侵略を受けた中国、「韓国」をはじめアジア各国は激しく批判しているが、日米戦争をやったアメリカは容認している。天皇も靖国神社も「鬼畜米英」の牙を抜かれたからであり、それ以上に現在米軍が中国・アジアにたいして戦争をやるのに、靖国をも使って日本の若者を安上がりで命知らずの肉弾にすることを切望しているからである。「ブッシュのポチ」といわれ、プレスリーに狂う神経で、なにが戦没者の追悼であろうか。

トップページへ戻る