トップページへ戻る

市民の行動意欲格段に強まる
下関市議選後の情勢と方向
             懲りずに暴走する江島市政   2007年3月2日付

 下関市議選は江島市長を批判し市民生活を守ろうという市民世論が圧倒し、自民党の衰退を浮き彫りにした。選挙後、議会は何事もなかったかのように自民党主導のオール与党体制に進み、江島市長はJR梶栗駅舎の強制寄付や老人休養施設・満珠荘の一方的な閉館、さらに文化会館建て替えの再入札、あるかぽーと土地売却の再提案など再び暴走をはじめている。市民のなかでは市議選をへて、行動すれば、市政を変えられるという確信が格段に強まっており、市議会を江島市長を監視する姿勢は強まっている。江島市政をめぐる情勢と、市民運動の方向性などについて記者座談会を持って論議してみた。

 議員のインチキに強い批判
  市議選がおわってから市政をめぐる情勢はどうなっているだろうか。江島批判が圧倒的で、市政を変えていこうとする市民の行動は一段と盛り上がりを見せている。
  唐戸に行くと、議長選をめぐる動きなど見て「亀田はけしからん」「どいつもこいつも、選挙前といったことが違う。詐欺ではないか」とか、みんなから意見が出される。反江島色で当選しながら、自民会派に詫びをいれて入会した異儀田氏や井上氏もボロクソにいわれている。「なぜ亀田と平岡が同じ会派なのか?」という疑問も語られていた。とりわけ反江島を掲げながら江島与党になびいた議員のインチキにたいする非難がごうごうだ。
  自民党は今回の市議選では落選や低得票で1番しびれた。しかし江島市長を批判して当選した連中が議員になったら江島与党の応援体制をつくっていく。そういう仕かけが会派再編や議長選の過程で暴露されていった。市民はみんな興味津津だ。兵頭氏が議会に入ったこともあって、議会の内部がよく見えるようになったことが市民からは歓迎されている。議員連中もこれまでと同じ調子で動いたみたいだが、市民から注目されているという点ではいままでと違っているわけだ。
  「カメレオンばかりじゃないか」と「こいつらの正体を見た」と語り合われている。議員はあてにならないし、市民運動で決着をつけなければならないのだと、逆に吹っ切れている。「兵頭の公約はいつ実現されるのか」という声もある。「早く江島をやめさせろ」というし、「やっつけないといけない」という声が圧倒的に多い。市議選で市民の力を示したこともあって、元気がいいし活発な雰囲気だ。
  ここにきて老人パワーが爆発しはじめたのが、満珠荘(老人休養施設)の閉館問題だ。市議選時期の1月19日に突如として「休館」が発表されるという抜き打ちだった。2月15日には利用者が存続を求める会を立ち上げ、運動をはじめた。2月20日には60人が集まって賛同者会議が持たれた。「これが江島のやり口なんだ」という意見が共通して出されていた。「休館」といって実際は閉館であり、しかも利用者や職員にもなんの説明もなく強行する横暴さなど、すごい怒りだ。
 そこには単に閉館させないというだけではなく、生活全体への思いがある。老人福祉の切り捨てと施設の売り飛ばしを市民の力で覆すんだという意気込みがある。賛同者会議に県議や市議が来たわけだけど、江島市政の代理人みたいで批判は強かった。市担当課による説明会では、「市長の側か、市民の側か!」「市民の要求を実現するのが市政なんだ」と、追及していた。この間の新博物館撤回とか、あるかぽーと開発計画など市民の運動が市政を揺り動かしてきたことへの確信が溢れている。
 利用者といっても老人が多いわけだが、「シーモール前で署名運動しよう」「デモ行進しよう」といった意見がどんどん出される。市内中で署名がとりくまれているが、自治会などでも1軒1軒歩いて集める自治会長がいたり、みんなが積極的だ。行動力がすごいし、年配者の築き上げてきた人脈、知恵はあなどれない威力を発揮している。

 市政全般を重ねて怒り 必要な物潰し利権優先
  JR梶栗駅も市政全般とつながった問題として怒りが噴出している。これは江島市政が選挙応援してもらったJRへ利益誘導をしているわけだが、オール与党議会ともども、強力に推進している箱物利権だ。地元では「詐欺だ!」という声が噴出している。昨年、署名が回ってきたときには1言も寄付のことはいわずに記名させて、しかも吉見や勝山まで範囲を拡大して1万6000人(3万目標)の名前をかき集めた。それが「請願駅」という形に化けて、JRは1銭も出さずに税金をぶちこんで箱物をやるという経過だ。みんな呆れていると同時に、「やめさせろ!」と行動的だ。本紙号外は地元の人人の手でまかれている。自治会によっては住民全員が反対で一致して拠出しないことを決定したところもある。
  約20億円を注ぎこむペンギンハウス(三菱重工利権)や12億円ぶちこむ犬猫の安楽死施設、梶栗駅など、市民がつくらなくていいというものは強引につくろうとし、閉館するなと市民がいう満珠荘は強引につぶす。金があるとかないとかではなく、箱物利権に使うために市民の役に立つものはつぶすという政治だ。これらの個個の問題にたいする別別の運動というのではなくて、すべてを束ねて江島市政と市民の生活を守るための対決と見なされている。
  梶栗駅もそれだけの問題とは見られていない。あの地域には新たにコスモスというドラッグストアが出店する計画もある。いますでに岩崎とサンキュードラッグがあるが、そこに殴り込みをかけるというもの。500〜1000坪の敷地に、薬だけでなく生鮮食品以外の食料品をすべて置くようだ。大型店も江島市政が野放しで招き入れ、商売人はやっていけなくなっている。そうした怒りが折り重なっている。
  市民が生活していくうえで経済上の困難がすごい。3月の確定申告なんかもあってすごく悩ましい時期だ。例年に漏れず、江島市長は国民健康保険料も引き上げた。18年度は最高限度額が53万円だったが、来年度は56万になる。
  満珠荘の問題を見ても、利用者の思いは「1回157円で風呂に入れて安いのに」というだけでないし、一方でものすごく貧困が押しつけられていることや、医療問題、介護保険問題などふくめた怒りがぶつけられている。
  税金でも市・県民税が2倍とかに跳ね上がっている。昨年10倍に上がったといって大騒ぎになっていたのが、また上がった。やっていけないという思いは切実だ。年配者は年金をもらいながら警備や旗振りの仕事をしないといけないという。工事現場の旗振りでも、最近老人がやけに増えはじめた。
  ある旗振りの男性は、昔献血をやったときにC型肝炎にかかって、薬代が月に2万円かかるという。そういう体だから正規雇用がない。死ぬまでアメリカ産の高い薬を買い、「やれんですよ」という。お母ちゃんは、朝は市場、帰ってきたら昼から別の職場で働いているような状況だ。
  JRにせよ満珠荘にせよ、直接の利用者だけの問題ではなくて、全市的な怒りになっている。とにかく江島市政のデタラメなやり口にたいする怒りだ。江島市長の暴走をなんとかやめさせたいという思いが乗り移っている。満珠荘の存続署名でも、広がりに勢いがある。

 暴走で諸問題噴出 江島市政の動き・議会丸見えの中
  江島市政の側はどんな動きになっているだろうか。市議会編成も激変となったわけだが。何をどうしようとしているのか。
  議会の動きが奇妙奇天烈だし、特徴がある。議長選挙で一方は関谷氏を出し、一方は兼田氏。選挙で凋落したはずの自民党同士が争った。兼田議員は関政クラブにいたのが数日で飛び出して無所属になった。そして「あるかぽーと反対」とか「地元業者排除を解決する」などといっていた井上氏、異儀田氏も関政に入会。自民2会派とその他が「議会改革」と称して争った格好だが、要するにただのポスト争いであるし、この過程で「日共」集団を先頭に反江島といった連中はみっともないほど江島与党に組み込まれていった。
  選挙が終わったとたんに江島与党に雪崩をうつ。市民の目から見たら、2人の自民党のうちどっちが議長になるかより、議会全体が自民党応援団になっていく裏切りが問題なのだ。亀田氏にたいする市民の批判は辛らつなものがある。市議選では長周新聞の号外を持って1軒1軒回っていたし、「わしは市民派だ」「江島市長を辞職させる」などといっていたが、選挙がすんだら自民会派にスッともどり、そこを足場に江島市長のパートナーを目指すわけだ。しかし議長になるほど自民会派の支持はなく、それ以上に市民のなかの支持層が「だまされた」と怒る関係となった。
  「市民派がたくさん当選しないといけない」とかいっていたが、そういった連中のほとんどが自民党応援団になっていく。議長選で兵頭氏が白票を入れたのは、市民代表として議会活動をやるというところで筋を通した行動となった。議会のなかに引きずり込まれないで、市民の目と耳、手と足になって、市民の立場で議会活動をしていったら存在感があるわけだ。それは当たり前のことなのだが、当たり前が当たり前でないのが議会だ。
  議会というのは、まことに魑魅魍魎(ちみもうりょう)で市民には理解しがたい世界だ。汚れた仕様もない駆け引き世界の姿が露わになった。「下関市議会は変な所だ」とみんなが首を傾げている。「日共」集団が表のたてまえとはうらはらに、ポストほしさに自民党に票を流すという姿も丸見えとなった。これまでそんな状況はフリーパスでまかり通っていたわけだ。今度はそうはいかない。風穴が開いて市民の目に丸見えとなる。個個の議員にたいする市民・支持者の圧力となって動いていくようにならざるをえない。この辺は、議員もしだいに認識を変えなければならなくなる。

 梶栗駅問題は強制寄付 満珠荘は閉鎖図る
  そんななかでの江島市政のあらわれが、なんといってもハチャメチャの暴走だ。梶栗駅問題も強制寄付だし、詐欺たかり商法だ。金額を割り振って自治会長たちに集めさせるとか、川中地区では自治会長たちが集められて、「目標額に届かなかったら、町内会費の積み立てを崩してもいいから」などといわれて、みんな頭にきている。「3月の引き継ぎで次の人はゼロからはじめるのか」と。梶栗駅は10年くらいまえに、門出、福田の両議員が音頭をとる形ではじまったという。当時は寄付の話を出したら頓挫した。しかし、去年くらいからアッという間に話が進んだ。市や上層の力が働かなければ説明できない動きだ。
  満珠荘を見ても、使用者もいるが、従業員もいる。それを1月にいきなり発表して、3月に閉鎖してしまう。休館というが、実際は閉鎖だ。休館といってだまして閉館する。従業員体制を解体してしまうわけだから再開するつもりなどない。そして来年度の予算もつけてない。さもアスベストが原因のような格好をしているが、2400万円と計算した対策費用もつけてない。存続する気はないし、「年間7000万円の補助金がもったいない」から、どこかに売り飛ばそうという内容だ。以前から海峡ビューが狙っているという話も業界では語られてきた。高給ケアハウスに売り飛ばすという話もある。老人福祉や教育には金を出さず、犬猫安楽死施設やペンギンなどのどうでもよい箱物に金を使う。
 あと、文化会館も入札やり直しをやる。原弘産グループに、謝罪せよとか提訴を取り下げろとか、のめないような条件や難癖をつけて、決裂に持ち込んで、再入札となっている。安倍実兄企業に落札させた官製談合疑惑は払拭されていないが、三菱が問題企業をはずして出てくるのではないか。そしてあるかぽーと市有地の売却議案が、早速、3月議会に上がってきた。
  支持率が低下するばかりの安倍晋三首相は「統率力がない」「リーダーシップがない」といって叩かれるなかで、郵政組落選議員の衛藤氏を復党させる「統率力」を見せたが、地元下関で何をやっても失敗し、「統率力」がないので、江島市長以下の「忠誠心」をテストしているかのような格好だ。統率力といっても統率される側が喜ぶようなものではなく、力で嫌われることばかりやるわけで、統率力どころか反発にしかならない。
  注目されているあるかぽーと開発計画では、建設委員会も門出委員長、平岡副委員長と突っ走り体制なわけだが、単純に強行できるようなものでもない。この2人は選挙では地元でさんざん嫌われ、林事務所と江島市長のテコ入れでかつがつ当選してしびれたわけだ。平岡氏は「唐戸のためにがんばります」と頭を下げて回ったし、唐戸市場では「あるかぽーとに反対します」といったことが確認されている。その辺のプレッシャーはみんな感じながらの委員会になるわけだ。要するに市民の圧力次第だ。

 全体を結び行動へ 根っこは1つ・反市民政治と対決
  議会が進行中のなかで、たくさんの問題がいっぺんに出ている。それぞれの問題で具体的な戦術を持って行動しつつ、それら全体が1つに結びついて江島市政の反市民政治と対決する共同行動にしていくことが必要じゃないかと思う。満珠荘などは急ぐだろう。来年度予算では切っているが、梶栗駅や犬猫安楽死施設、ペンギンハウスなどの不必要な箱物をやめたら予算など簡単に回せる。満珠荘などは何10年も運営できる。予算組み替えなども市長の政治判断でどうにでもなる問題だ。これも市民の圧力次第だ。
  市長選では有権者の19%しか支持をもらえずに、今度の市議選でも江島市政批判が圧倒した。批判が強まった結果なのに、開き直って力で押し通そうとする。懲りない市政というか、病的ではないか。市議会議員を丸めこんだくらいでは屁でもない。もともとがそうだ。郡部議員がオール賛成を決め込んでいた104人議会でも止めたのだから、38人議会が難しいとはならない。「全部推進シフトで固めた」とか、一見強そうな印象をふりまいても、市民の力の方が強いのだ。
  やはり市民の監視と圧力を段違いに強めなければならないし、様相が変わったことを見せつけないといけない。議会の傍聴に市民がどんどん行かないといけないし、委員会審議なども駆けつけて市民の目を否応なしに意識させることが重要だ。地元の支持母体が議員をつかまえてつるし上げるとか、全体を締め上げるような行動がいる。
  3月議会はちょうど県議選の過程になる。江島市政とたたかう市民運動は県議選に直接反映することになる。自民党県議候補とか、市議会で裏切りをやった「日共」候補とか、各党候補が注目されることになる。さらに参議院選だ。あるかぽーとなど林派の暴走が目に余る。ご本尊である林芳正氏が参議院選挙でまな板に上ることになる。これも楽しみなことになる。芳正氏は県東部では人気がないので、下関で票が入らなかったら大恥をかくことになる。江島市長や市会議員の行動は直接に影響することになる。
  江島市長が暴走し、様様な問題が噴出している。それぞれの要求の運動を具体的に戦術や運動形態を持って進めることと、それら全体を1つに結びつけていくようにすることが大事だ。様様な問題が、根っこは1つで、江島市長が市民の生活を食いものにし、利権で売り飛ばす、しかも市民の声を聞く耳はなく一方的な独裁政治で突っ走ることにある。すべてを統一した形の討論会や決起大会、デモ、個別の議員や市長を引っ張り出しての交渉など、直接的行動が求められているのではないか。下関での市民の運動は、安倍総理の地元の代理市政を懲らしめるものとなり、全国的に意味深いものになる。

トップページへ戻る