トップページへ戻る

子ども達の魂に響く教育を
下関市・川中中学校問題
              教育者の登場切望する父母・地域   2005年5月17日付

 下関市川中中学校の女子生徒が校内で自殺するという痛ましい事件は、川中校区の父母、子ども、教師や地域のなかで衝撃を持って受けとめられ、なにが問題なのか二度と起こらないようにするためにどうすべきかという切実な思いが渦巻いている。市内全体の教師や母親、PTA関係者のなかでも、どこで起こってもおかしくないという実感を持って深刻に受けとめている。事件が起こってから1カ月が経過したが、事態は解決の方向にはむいておらず、教育委員会の無責任な対応に親や地域が不安を募らせている。生徒の一部分では、「犯人捜し」のような疑心暗鬼にもなっており、正しい解決の方向が求められている。親や地域の戦争体験者、教育関係者、市内の教師たちがどのように受けとめているのか意見を聞いた。

 “犯人捜しでは解決にならぬ”
 川中校区の戦争体験者や被爆者は子どもをどう育てるか、いまの教育問題として関心を持っている。川中地域の被爆者男性は、「今回の事件については地域の子どもから聞いた。うわべだけの対応では解決しない。事件の現象だけを見るのでなく、もっと深いところに事件の真相がある。子どもがなぜそうなるのか教師、親は考えなければいけない。子どもたちがあまりにも命を大事にしない状況について、子どもたちに生き方のしきたりというのを教えないといけない」と教師や親の論議を起こすべきだと訴える。
 また別の戦争体験者の婦人は、「子どもたちは学校で、マニュアルの知識を教えられるだけでは学校が楽しくないのだろう。教師がもっと子どもの意見をしっかり聞かないといけない。いま人間としてなにが大事か世の中がまったく反対になり、金さえあれば命も買える、ボタンを押せば生き返るそのような感覚になっている。お金で買えないものが命なのだ。自分がいくらダメな人間でも、なにかみんなのためにできることはないか、そのようななんのために生きるかという目標がないのだろうか。なぜこうなったのか教師と親がしっかり話しあうことが一番ではないか」とのべる。
 川中中の親のなかでは「これから川中中をどう立てなおしていくのか」を、真実をはっきりさせ教育的に解決していくことを求めている。3年生の母親は、「これから大人になっていく子どもたちのためにも、真実をはっきりさせて解決しなければいけないと思う。時間が解決する問題ではない。親としてはいつ子どもがどちらの側になるかわからないと思っている。子どもたちのなかでなにがいいことか悪いことかはっきり教えないといけない」と語る。
 2年生の父親は、「2回の保護者会が開かれたが、みな建設的なものを望んでいた。あの教育委員会のにらみのきいている場で本音をいうことはむずかしい。子どもとかかわっている教師と親の本音での話しあいが必要なのでは」と感じているという。「“だれかがこういったから…”と犯人捜しでは解決にならない。事件後子ども同士で“感電死した”“○人死んだ”などとすごい内容のメールが回った。それを見ると子どもたちが、人が死ぬということにたいして慣れているような感じがして恐ろしいと感じた。人のことを考えない、人のことがわからないのがいじめにもつながってくる。二度と起きないようにどうするか、いまの川中中にある子どもの問題の芽をどうつみとっていくかではないか」と、教師と親が子どもをどう育てるかと一致していけたらと語った。
 親たちのなかで、子どもたち同士のなかで“死ね”という言葉が無感覚に飛びかったりする現状、陰湿ないじめが存在していること、これを解決していく契機にすることではないかと強く語られた。そして教師が問題解決のために、学校のなかで指導性を発揮していくことも望まれている。

 教師も切実な問題意識
 川中中の教師のなかでは、教育委員会の無責任な対応とマスコミの“犯人捜し”報道のなかで、今後子どもたちをどうしていったらいいのかと頭を悩ませる状況がある。
 市内の教師のなかでは、「川中中は大規模校で小規模校とは違う。子ども集団にたいして教師集団全体であたらないとできない。今回のことは同じ学校現場として人ごとではない。これを契機に生徒自身にも考えさせていくようなことをした方がいいと思う。社会に出たら人間関係でもつらいことはあるし、子どもたちをたくましく育てていくことが必要だ。親と教師が一丸となって子どもたちをどう育てるか考えることがいるのではないか」「川中中は教科教室型校舎の計画も中途半端のままだ。教科教室の計画もふくめてこれを契機に生徒をめぐる環境を一新していく必要があるのではないか」と語った。
 別の教師は「社会が変化しているなかで、子どもに夢がない。子どもたちはほんとうは友だちと仲よくがんばっていきたいと願っているが、それをつぶす社会になっている。そこの根本のところを考えないといけないのではないか」と子どもたちをめぐる根本的な問題を論議すべきだと語った。
 別の教師は「一ついえることは、自分の学校で起こっても不思議ではないということ。自分たちはこれまでの経験だけにしがみついていたら教育はできないなと痛切に感じる。明らかに子どもをめぐる環境は変わっている。自分たち教師は“いま”の時代に生きる子どもたちをどう育てていくか、そのためになにができるか、いまの子どもをしっかり見ないといけない。そして親と教師がしっかり手を組んでやらないと教育などできない」と切実な表情で語った。
 市内の中学校のPTA関係者は、「とにかくこれは下関の身近で起こったということで下関の学校全体の問題だと受けとめている。子どもの命が奪われた、この事実を受けとめ問題をあいまいにせず、原因を明らかにして解決していかないといけない。真実があまりにも明らかにされていない」と教育委員会の無責任な対応についてのべ、「いまの子どもたちを見ていると学校生活のなかに魂に響くものがないと感じる。そういうものにふれさせたい」と強い関心を持っている。
 川中地域の教育関係者は、「この事実を知ったとき“死ななくてもよかったのに…”と思った。子どもがなぜ自分で死のうと思ったのか、その真相ははっきりするべきだが、日本に自殺者が3万人もいるいじめだらけの社会にも問題がある。この教育問題は長期キャンペーンをはってやらないといけないと思う」と地域からもかかわりたいと語っていた。

トップページへ戻る