トップページへ戻る

<狙撃兵>   安倍応援か足引っ張りか     2007年9月5日付

 議会多数の上に乗って、民意無視、議会審議無視のトップダウン独裁手法で突っ走ってきた安倍首相は、参議院選の民意に打ちのめされてショボンとしてしまった。ところがなおも聞く耳がない安倍型政治手法で暴走をつづけているのが安倍代理の下関江島市政であり、安倍派が牛耳る市議会である。
 9月議会を前に、議会運営委員会が突如として、議員の一般質問の制限を決めた。委員会に関する議案について、その委員は一般質問をしてはいけないというのである。下関市議会は委員会に関する問題で紹介議員になってはならないという決まりもつくってきた。「これが神聖な議会の決まりなのだ」といって新人議員などはバカかアホのようにいわれてきた。これを聞いて驚いたのは山口県のすべての市、さらに北九州や広島などの議会関係者である。今どき全国的に聞いたことのないものであり、「絶滅危惧種に分類されるほどの希少価値があるものだ」とか、「さすがは安倍首相のトップダウン政治手法のルーツだ」と感心されたりで、要するに笑いものになっている。
 江島市長の手法は、一切市民の声に聞く耳がなく、議会の審議もろくにせず、自分が決めたといって突っ走る手法ばかりである。老人休養ホーム満珠荘は突然閉め、川中中の教科教室型校舎も教師や父母の意見に聞く耳がない。角島などの保育園閉鎖も、中学校の宿直員廃止も、そして80億円もかける文化会館建て替えの利権事業も、また国民保護計画による全国先駆けての実動戦時訓練も同じ流儀である。こうした江島流市政運営はまぎれもなく安倍氏の流儀だったということである。
 安倍氏の暴走は議会が自公の与党が圧倒的多数の条件でやったことであった。下関市議会はそれどころではない安倍派絶対多数状態である。下関市議会で安倍派といえば自民党だけではない。相当の昔から、大企業・連合議員が民主党ではなく安倍・林派であり、公明党も安倍派である。そして「確かな野党」と自称する野党部分も対決姿勢を示したことがない。市民の代表だとか、執行部と同格なのだと考えている議員はほとんどいない。安倍、林代議士や江島市長の飼い猫と自覚することが議員なのだと見なしている。全国まれなる下関市政と市議会のさまは、安倍、林派支配によってつくり出されたものである。
 江島市長と安倍派支配の議員が、親分の安倍首相が末期症状になっているなかでなおも暴走をつづけているが、それは安倍氏を応援するつもりなのか、安倍ドロ船内閣を足元から沈没させるつもりなのか、問題山積する9月議会は見ものとなっている。
                                           那須三八郎

トップページへ戻る