トップページへ戻る

 <狙撃兵>  久間を辞任させた大衆の力    2007年7月4日

 広島、長崎への原爆投下は「しょうがない」といった久間防衛大臣が、あえなく辞任に追い込まれた。これは小泉につづく安倍メチャクチャ政府への大衆的な怒りが、今やいかに大きいものであるかをあらわしている。
 久間氏の「原爆は戦争を終わらせるために仕方がなかった」という主張は、久間氏が特別変わったことをいったわけではなく、敗戦後から占領軍が宣伝したものであり、マスコミでも学校でも教え込まれてきた内容である。ことに長崎では、「召されて妻は天国へ」といった調子で、原爆投下は「神様がお召しになった慈悲深い行為」などといった宣伝が空を覆い、原爆を受けた市民を長いあいだ沈黙に追い込んできた。久間氏はこのような占領軍公認の定説を説教したわけだが、今や市民世論はそれを許さなくなったのである。
 ことに久間氏の地元の長崎で、久間派もいる市議会や県議会が全会一致で、久間発言に抗議決議をし、田上市長が間髪を入れずに東京に出向いて抗議したのは、市民世論の力を示す画期的なことである。長崎では、「闇の勢力」が伊藤一長市長を選挙中に銃殺し、原爆についてものをいわせないという力が働いたが、市民の力が市長選では市政転覆の思惑を覆し、「原爆と戦争展」では「今以上に発言し行動しなければならない」という長崎市民の底力を示した。この市民世論をあなどる久間氏は首を切られ、背後勢力の思惑は裏目となった。久間氏は長崎市とは離れた島原半島の田舎の出で、原爆の実態についてはほとんど無知なくせに、出世したかと思って長崎の人間をバカにした結果、自分が失脚するという半端政治家ぶりを暴露した。
 安倍首相といい、山口県の林芳正参議院議員にしろ、みこしに乗るだけで当選し、権力を振り回すばかりで大衆感覚、日本人感覚がない。ブッシュ政府に見込まれたらなんでもできるというのは勘違いであり、大衆をそれなりに納得させ動かすことができないのは政治のうちに入らない。「なんとか還元水」の農水大臣は首つり、「女性は産む機械」といった厚生労働大臣などヌケた大臣揃いで、自分の閣内すら統率できないのに、「戦後レジームの脱却」とか「憲法改定」などと大きいことばかりをいう。半端政治の暴走列車は今や脱線転覆のすう勢となっている。
                                              那須三八郎

トップページへ戻る