トップページへ戻る

全世界が原爆反対に賛成すべき
外国人アンケートより
              広島平和公園・街頭「原爆と戦争展」    2012年7月30日付

 広島平和記念公園で大学生たちが運営を担って開催している街頭「原爆と戦争展」には、世界各国から訪れた多くの外国人が参観している。外国人たちも、初めて知る第2次世界大戦の真実に真剣に見入り、衝撃を受けるとともに大学生たちが依頼したアンケートに「全世界が原爆反対に賛成すべき」などと率直な感想を綴っている。その場で学生たちが翻訳したアンケートの一部を紹介する。
 ▼原爆を再び使おうとしていることへ多くの人人が悲しみを感じているでしょう。この展示会はとても教育的でためになり、広島の人人の苦しみを明確に提供している。ここに来て直に知ることができてうれしい。すべての原爆と水爆をとり除くのに、この活動はすべての人類、自然、世界にとって重要なものだと思う。(イギリス・51歳女性・医療秘書)
 ▼この展示会は本当に衝撃的なものだった。第2次世界大戦の恐ろしい時代を思い起こさせつつ、原爆使用の結果を示している。原水爆の生産は世界中で止めさせるべきだ。この原爆展運動に賛成する。(ポーランド・41歳男性・大学教授)
 ▼とても細やかな情報が掲示されてあり、私は心動かされ思わず涙した。この展示会は本当にすばらしい。私たちは絶対に過去を忘れてはいけない。(カナダ・31歳男性・教授)
 ▼私は悲しくて泣きたくなりました。アメリカ人はこのこと(原爆投下について)いい訳をしています。原爆から遠く離れた兵士たちも苦しんでいた(餓死や病死などで)とは知らなかった。日本に来た人人はみなここに来るべきだ。この伝えていく活動は、「人人になにがあろうとも世界中で原爆が使われるべきではない(絶対にいけない)」ことを納得させる活動である。(カナダ・52歳女性・研究科学者)
 ▼戦場の第一線で戦っている兵士の声や、彼らが必ずしも戦いたくて戦っていたわけではないということを聞けて興味深かった。この活動は非常に良いことで感動的なものだ。二度とこのような悲劇をおこしてはいけないし、世界平和に賛成である。(アメリカ・31歳男性)
 ▼原爆投下という出来事の近辺を紹介するとても詳しい展示ですね。個人的なお話や、とても心動かされる文章が興味深かった。過去の戦争についてたくさんの新しい事実を見つけました。原爆反対について全ての国の団結した賛同があるべきですね。(スロバキア・21歳女性・教師)
 ▼とても心を打たれる有益な展示だった。このような出来事が起きたことは本当に痛ましく腹立たしいこと。全世界が過去の歴史の失敗から学ぶべきで、核兵器廃止に賛成するべき、二度と原爆使用がおこなわれてはいけない。(スコットランド・53歳男性)
 ▼展示を見て強い衝撃を受けた。実際に体験した人人の記事を読んでとても悲しくなった。原爆への反対は正しいことである、しかし原子爆弾や水素爆弾に反対するのは「危険な国」が所持している限り難しい。それらの国には平和より大切にしているものがあるから核兵器を捨てられないのであろう。しかし実現させなければならないことである。(フランス・29歳男性・エンジニア)
 ▼この展示は有益で説得力があった。私は今まで知らなかったことをたくさん学んだ。広島の真実は欧米では隠されていた、もしくは捏造されていたようだ。私は全世界でのすべての核兵器の廃止、核兵器が向けられることへ反対を強く支持します。(スコットランド・46歳女性・公務員)
 ▼アメリカの歴史の本で得たことからの知識より、日本人の観点から戦争を見ることは重要だった。これらの兵器は二度と使ってはならないとみんなが確信することが重要だと思う。(アメリカ・18歳男性・学生)
 ▼この展示には、私たちがアメリカの授業で習わなかった、非常に有益でたくさんの知らなかった情報がありました。実際の日本人の観点や話はとても感動しました。私はこの活動を応援します。私はアメリカ出身ですが、原爆を落とすことは反対です。原爆投下については許されないし、アメリカはきちんと謝罪しなければいけない。アメリカが日本にこのようなことをしたのは本当に恥ずかしい。この活動が原爆反対の世論とより多くの支持を得ることを望みます。(アメリカ・22歳女性・学生)
 ▼とても驚いた。私が子どもだったときに学校で勉強したことからは想像できないことばかりだった。とても感銘を受けたのでこの展示で伝えていくことに賛同します。この活動は今後不可欠だ。原爆は世界に必要ない。(スペイン・32歳女性・薬剤師)
 ▼本当に興味深い展示だった。多くの記録や写真、市民からの証言などがあり、画期的なイベントだ。私は原爆は世界から消去されなければならないものだと考える。原爆は最も恐ろしい存在だ。全面的にこの運動をサポートします。ありがとうございました。(フランス・25歳女性・公務員)


トップページへ戻る