実現したい夢や目標があるのなら、コーチングを受けませんか?
コーチングはアメリカで生まれ、世界中に広がりました。日本では日産自動車をはじめとして多くの企業や個人が夢や目標を実現させる手段として採用しています。  @コーチ
セミナーや研修に参加して成果を出す(2)
HOME
・コーチングとは何か?
   「心のチキンスープ」より
コーチングはこうやる
・考えていることを一度 外に出す じっくり聞く
・コーチングはコンサルティングより優れているか
・セミナーや研修に参加して成果を出す(1)
・セミナーや研修に参加して成果を出す(2)
無料体験のお申込み
コーチングのお申込み
お問合わせ
相互リンク
 セミナーや研修に参加して成果を出す(2)


セミナーや研修に参加して、しばらくたって効果があらわれなくてもがっかりしたり、自分を責める必要はない。


それは何故か?


セミナー講師や研修講師の教えてくれることは非常に有益だと思う。
ただし、ここで間違えてはいけないことがある。


それは、「だれにでもできるが、だれにもできない」内容なのだ。


矛盾した考え方だが、理由はいくつかある。


学んだ内容は正しい
問題はあなたがどうやるかだ。


詳しく言えば、学んだ内容をあなたのやり方に置き換えた場合、具体的にどうやるか、そのプランはできているかだ。
そして実行に移す段階でだれかがモニタリングするような体制ができているかだ。


だれでも最初から間違いなく実行できるとは限らない。目標があって、途中で検証して、目標との差を確認して、軌道修正をする。こうした一連のプロセスがない限り成功はおぼつかない。なぜなら、セミナーや研修で学ぶ内容は日常の業務や生活ではできていないことをできるようにするために学ぶからだ。


それと一番大事なことは、セミナーで学んだことは、そのやり方の考案者のやり方であって、まだあなたのやり方ではない。考案者が考案した環境とあなたの置かれている環境は違う。


この違いが分かれば、次は学んだことをあなたのやり方にカスタマイズすればよい。


さて、カスタマイズするといってもどうするか?


気がつかれたと思うが、ここでコーチが登場する。
といっても別にコーチでなくても勿論、かまわない。


要はあなたの行動を加速させ、途中で目標実現をあきらめさせない人がいればいい。職場であれば上司であったり、切磋琢磨している同僚であったりである。


不幸なことにそういう人がいない場合にコーチに依頼すればいいと思う。


カスタマイズの方法を、カスタマイズしたプログラムやプロセスを一緒に考えていく。そして、その過程でモニタリングする。ここにコーチの存在意義がある。


こうしてあなたはセミナーや研修で学んだことを我が物にできる。
もう無駄なセミナーには出席する必要は無くなるかもしれない。あるいは、セミナーに出席したあと、セミナーの内容を本当に自分のものにできると思う。





<ページのTOPへ戻る>