来院者

ヘルニアの動き 立てない歩けない激痛も、えっ!?減圧式矯正で速効解消!
『椎間板ヘルニアを切らずに治す!根本療法!すごい!

現在、ヘルニアの手術をしている内の95%のものは、
びっくり仰天!手術をしなくても減圧式矯正治療で治ります!
手術でなければ治らないものはなんと!なんと! 後の5%だけです!

減圧式矯正治療はメスを使わずに、長期入院も必要としない、 ギャッ!と驚く画期的な治療法です!
再発をしないようにするために手技で背骨の歪みも治す根本療法です。
軽症でも重症でも大丈夫です! OK!

激痛で苦しんでいる椎間板ヘルニアの患者さんがチョットではなく
ぎょぎょぎょ!と治っております。…これは真実です!患者さんの声(体験談)を見てね!

実は、噂を聞いてなんと!年間1万人近くの患者さんが、当院に来院されています!


もう、手術するしか治す方法がないのではないか?と諦めかけていた患者さん、諦めないで下さい!


突然!ヘルニアになり、寝たきりになり、体を少し動かしただけでも激痛が走り、寝返りも打てない、起き上がり、座ることも立つことも出来ない程の重症患者さんが、救急車で来て、一回の治療で、自力で歩けるようになって帰る人がじぇじぇじぇ!といます。

手術やレーザー治療の問題点(椎間板切除の欠点)とは

手術やレーザー治療を行いヘルニアの突出部を切除することにより、一時的に椎間板ヘルニアの症状が改善されたとしても、手術やレーザー治療で椎間板を切除することは、椎体と椎体の間でクッションの役割をしている椎間板軟骨が切り取られてしまうため理想的な対策とはいえないでしょう。

しかし、時には手術をせざるを得ない場合もあるでしょう。
ですが、椎間板軟骨が切り取られてしまうことにより起きる欠点も知っておくべきです。

〈 その椎間板を切除する手術の欠点 〉

  • 脊柱が縦軸の負荷や衝撃を吸収出来にくくなります。

  • 本来、椎体と椎体の間にある椎間板軟骨は左右同じ厚みで水平になっていなければならないのですが、椎間板軟骨が切り取られてしまうことにより、椎間板軟骨が切り取られた側の椎間の厚みが減少し狭くなり、狭くなった側に椎体や脊柱が傾き倒れてしまう。

  • そのため、将来的には下のレントゲン写真のように椎間板軟骨が狭くなった側の上の椎体骨と下の椎体骨が過度に刺激されるようになり、その結果、生体保護反応の働きにより椎体骨が変形して、それが神経根を刺激すれば、常時痛みが出るようになる。

  • 脊柱の動きが制限されるようになる。

  • 脊柱が傾き倒れているのでバランスが悪く、椎間板に片寄った重力負荷が掛かるため、慢性的な腰痛が残ったり、再び、椎間板ヘルニアが再発したりする場合もあります!(当院には手術後再発した患者さんが沢山来ております。下の写真参考)
    よって、手術をしようとする前に、まず当院の減圧式矯正治療で椎間板ヘルニアを治すことを試みてから、どうしても治らないようであるならば、最後の手段として手術をお薦めいたします!
    (手術をした時は、再発防止のため、手術後に根本的な原因を取り除く治療を当院で受けて下さい。)
椎間板ヘルニアの激痛にブロック注射をしても効かない理由

◆『椎間板ヘルニアの激痛に対して、ブロック注射をしても、レーザー治療をしても、
手術をしても効かない理由』◆

それは、ヘルニアの痛みの原因が、2つあるからです。

一つ目は、ヘルニアによる「神経根の痛み」と、

二つ目は、ヘルニアを発症させた「根本原因から来る痛み」、

この2つ原因から椎間板ヘルニアの痛みが起きているからです。


そして、ブロック注射・レーザー治療・手術は、

一つ目のヘルニアによる「神経根の痛み」に対しては効果がありますが、

二つ目のヘルニアを発症させた「根本原因から来る痛み」に関しては、対処出来ない為、

痛みが残ってしまうのです。


二つ目のヘルニアを発症させた根本原因となるところが、「仙腸関節の障害」なのです。


よって、ブロック注射をしても「仙腸関節の障害から来る痛み」が残っているので、

効かないのです。


※当院では、一つ目のヘルニアによる「神経根の痛み」に対しては、痛みの原因部位である腰椎を減圧式矯正法で改善させます。


更に、二つ目のヘルニアを発症させた「根本原因(仙腸関節の障害)から来る痛み」に対しては、痛みの原因部位を超AKA療法(仙骨・後頭骨テクニックと元返し療法)で改善させます。


よつて、椎間板ヘルニアの痛みは、私の施術により“治らない痛み”が“劇的に、劇的に、解消されて行く”のです!!


※ブロック注射をしても効かなかった9名の患者さんの声 > 詳しくは こちら
レントゲン写真から見た椎間板ヘルニアの原因!!
レントゲン写真から見たヘルニアの原因!! レントゲン写真から見たヘルニアの原因!! レントゲン写真から見たヘルニアの原因!!
椎間板ヘルニアの手術後、多発する再発で来院された52名の患者さん達
※椎間板ヘルニアの手術後、ヘルニアが再発しても施術が受けられます!驚くことに施術を受ければ痛みは改善します。ビックリ!ビックリ!
(その16)前屈後屈制限の症例
治療前(可動域検査) 治療後(4回)
右側屈時約7度、後屈時約-3度 右側屈時約45度、後屈時約30度に改善。
(その15)前屈後屈制限の症例
治療前(可動域検査) 治療後
前屈時約30度、後屈時約5度 前屈約110度、後屈時約40度に改善。
(その14)歩行困難の症例
治療前(可動域検査) 治療後
来院してきた時は立つのもやっとな感じ 治療後は歩けるようになりました。
(その13)後屈制限の症例
治療前(可動域検査) 治療後
前に倒せなく、後ろに反れない
[MRI]腰椎4番と5番の間にヘルニアがつぶれて突出している
動きが良くなる。
(その12)後屈制限の症例
治療前(可動域検査) 1回目の治療後
動きが悪い 動きが良くなる
(その11)前屈制限の症例
治療前(可動域検査) 1回目の治療後
前に倒せない、後に反れない こんなにも前後に倒せるようになった
(その10)歩行困難の症例
治療前(可動域検査) 1回目の治療後
立っているのがやっとで前屈、後屈ができない。 治療後、歩けるようになり前後が出来るようになった
(その9)歩行困難の症例
治療前
腰を曲げたままでしか歩けない。
1回目の治療後
2回の治療ですいすいと歩けるようになり、10日後には完璧です。
(その8)歩行困難の症例
治療前
激痛のため這うようにして来院され、壁につかまりやっとのことで立ち上がる。
1回目の治療後 2回目の治療後
1回の治療ですいすいと歩けるようになる。 2回の治療でこんなにも体を動かせるようになった
(その7)
治療前 1回目の治療後
レントゲンでは異常が無いように見える。
しかし、立てない状態で来院される。
ベットに寝るのも大変な状態です。
1回の治療で歩けるようになる。
(その6)前屈不可の症例
治療前(可動域検査) 1回目の治療後
椎間板ヘルニアで前に倒せない 治療後の写真
痛みのため全く前屈出来ず 前屈可能となる
(その5)骨盤左右不揃いの症例
治療前 1回目の治療後
左右の骨盤の高さが違う 骨盤の高さが同じになる
(その4)強度の彎曲強直の症例
治療前 1回目の治療後
強度の彎曲強直の症例 強度の彎曲強直の症例 強度の彎曲強直の症例 強度の彎曲強直の症例
立位(真直ぐに立てず)/前に倒せず 立位(真直ぐになる)/前屈可能となる
(その3)体幹が傾斜している症例
治療前(可動域検査) 1回目の治療後
立位(真直ぐに立てず)/後屈出来ず 立位(真直ぐになる)/前屈可能となる
(その2)歩行困難の症例
治療前(可動域検査) 1回目の治療後
ヘルニアの為、右坐骨神経痛が出ていて右臀部〜右大腿部に激痛が走り、歩くことも立っていることも出来なかった。 1回の治療で激痛が取れて歩行が可能となり、笑顔で歩いている。
ヘルニア治療の色々な症例(その1)ヘルニアによる両下肢麻痺の症例
治療前(可動域検査) 1回目の治療後
胸から足先までの温感と冷感、痛感が完全に失われ両臀部から両大腿外側部に激痛が走るため松葉杖歩行しかできなかった。 1回目の治療後、痛みが無くなり、松葉杖なしで歩行可能となる。
おことわり・お知らせ
  • 当院での治療により多くの患者さんが上記のように良い治療結果が出ておりますが、中には、一部の患者さんですが、同じような椎間板ヘルニアの症状の方でも、その人の重症度や当院に来院されるまでの経過等が異なりますので、治療の効果が異なることもあります。ご了承下さい。

  • 先日、患者さんから問い合わせがあり、別の整体で治療を受けたら、かえって、ヘルニアが悪くなってしまったと、患者さんから電話がありましたが、それは当然のことですので、ご注意してください。
    一般的に整体やカイロプラクティックという看板を上げて治療をしていても、ヘルニアの治療に関しては大変難しく危険です。

  •  危険な理由(1)、整体やカイロプラクティック院では、レントゲンやMRI撮影を依頼する病院がなく、また、その病状を判断する知識が少ないということです。
     危険な理由(2)、ヘルニアの中にはヘルニアの突出の方向によっては整体やカイロプラクティックの施術をしたら、かえって悪化するものもある。
     危険な理由(3)、整体やカイロプラクティックは国家試験による国家資格がなくても“癒し”ということで日本の法律では施術が行なえるので、十分な教育と同等な教育が施術者全員に行われているとは限らないということである。よって椎間板ヘルニアの治療が誰でも出来ると言うわけではないということを知っておいてください。患者さんとしては国家資格を持った熟練した先生を探さなければなりません。当院では国家資格を持った熟練した先生の治療により、多くの患者さんが上記のように良い治療結果が出ておりますので、ご安心ください。


  •  病院や整形外科では、椎間板ヘルニアの患者さんに『安静にしていて経過を見ましょう』と言って“薬だけによる治療”を行う場合がありますが、それでは、長期間苦痛に耐えなければなりませんし、社会復帰には時間が掛かり過ぎますし、精神的にも経済的にも大変です。椎間板ヘルニアを早く治し、色々な面での苦痛から救われるには安静だけではなく、当院で行なっているヘルニアの治療が必要です。早く治しましょう。 しかし、当院のような椎間板ヘルニアの“特別な治療”を行っている先生は少ないということを知っておいて下さい。

  •  頚椎ヘルニアの治療も行っております。
情報
ヘルニア関連ニュース
来院の際の注意事項

初診時には、薬を飲んで来られると正しい診断が出来ませんので、出来るだけ薬を飲まないで来院下さい。