▼1967年10月1日『ウルトラセブン』放映開始
   

1967年10月(4歳)、最初に放映があった時にちゃんと観ていたかどうかは自信がない。いずれにしても、後から繰り返し放映された再放送でしっかりと洗脳されました。ドラマ性のあるストーリーや、斬新な演出は多くのひとが語っているので、ここでは先ごろ亡くなられたデザイナーの成田亨さんの偉業が後に僕自身を造形への道へと導いてくれた掛け替えのないものであったということを強調しておきたいと思います。
セブンはもちろん、ウルトラホーク、ポインター、はたまた侵略者の宇宙人にいたるまで、すべてがカッコいい。モダニズムのテイストに溢れていて、彫刻家らしいキレのある洗練された造形は今でもまったく色褪せていないと思います。
絵は『ウルトラセブン』の世界を少しでも表現できたらいいなと思って描きましたが、アンヌ役の菱見百合子(ひし美ゆり子)さんがミョウに大きいのは当時の少年の素直な気持ち、ということで…。