▼似顔絵(俳優)ウォーレン・ベイティ
W・ベイティ(Warren Beatty)
以前の表記「ビーティー」のほうが何となくしっくりする。「ベイティ」になってからあまりパッとしないせいだろうか。『草原の輝き』『俺たちに明日はない』ときて『レッズ』あたりがピークだったのかなあ。
絵は『天国から来たチャンピオン』でのイメージ。僕はこの映画が今でも一番好きだ。中学2年生の時にはじめて観て以来、何十回となく観てセリフやらカット割りだとかを全部覚えてしまった。「絵」としての映像はきれいだし、デイブ・グルーシンの音楽も秀逸だし、ちょっと切ないストーリーも心を揺さぶられるし、なかなかいい映画だと思います。公開当時、『ディア・ハンター』にアカデミー賞はじめ、賞という賞を全部かっさらわれたのは今でも悔しいです。
基本的には好きな俳優だけど、ハリウッドきってのプレイボーイ(死語?)の面 目躍如たる女たらしぶりには少しウンザリ。
(2001年10月制作)