▼似顔絵(俳優)ビング・クロスビー
B・クロスビー(Bing Crosby)
実をいうと作品はよく観ていない。ビング・クロスビーというと『ホワイト・クリスマス』とか、やはり美しい歌声をメインとしたミュージカル映画に真価を発揮したという評価が適切なんだろうか。
最初に観た『皇帝円舞曲』は共演のジョーン・フォンテインばっかりに気を取られてほとんどビング・クロスビーがどうだったかは覚えていない。次に観た『喝采』は良かった。役柄はかつて売れっ子だったアル中の歌手で、そういう落ちぶれた様がみょうにしっくりしていた。この人生来の「悲し顔」のせいか、ふとしたところで出る翳りとかが実にリアルで、それがこの映画に生きていたのかな。ついでにグレース・ケリーはイメージ一新の髪を振り乱しての熱演だった。
あと本格演技派と認められてアカデミー主演男優賞を獲得した『我が道を往く(アカデミー作品賞受賞)』もハート・ウォーミングないい映画でした。
(2001年7月制作)