▼似顔絵(ロックミュージシャン)F・マーキュリー
F・マーキュリー(Freddie Mercury)
フレディは日本人にとても愛されたロック・スターだった。クィーンがいち早く日本で人気が出はじめたこともあって、彼自身もそれなりに日本のファンには愛着を持っていたことでしょう。
フレディでよく思い出すのは、コンサートやビデオ・クリップで「おや?今日は服を着ているな」と思って観つづけていると、最後のほうでは必ず上半身裸になっていたこと。彼流のナルシシズムは奇抜な衣装やアクションになって表現され、大きな魅力になっていた。ぴちぴちモッコリのタイツ姿や、ボンテージ・ファッションにしびれこそしなかったが、目でもじゅうぶん楽しませてくれました。
1992年4月にロンドンで開かれたフレディの追悼コンサートは感動的だった。とりわけ『愛にすべてを』を歌ったジョージ・マイケルが素晴らしかった。夜の公園でヘンないたずらなんかしていないで、クィーンに加入してツアーで回ってきてほしかった。
(2001年4月制作、週刊朝日『似顔絵塾』2001年10月5日号入選)