▼似顔絵(俳優)高倉健
高倉 健(Ken Takakura)
絵は任侠道まっしぐらの頃のイメージで描きました。とはいえ、そこで華開いた「健さん」ワールドを実はよく分かっていない。僕が最初に健さんの映画を観たのは、東映を退社した後の『八甲田山』。
だから、僕には健さんにヤクザやアウトローというイメージはない。でもあの目で「何か隠してんだろッ」と問いつめられれば、あることないこと全部しゃべってしまうような圧倒的な存在感は最初からヒシヒシと感じた。
健さんで印象的だったのは『幸福の黄色いハンカチ』のあるシーン。スーパーに勤める倍賞千恵子をものにしようと苦心するエピソードで、ある日彼女から色よい返事をもらってスーパーの扉を開けて出てくる時の、あのドスのきいた顔つき、目つきでニヤつく表情がとても健さん的ですばらしかった。
(2000年1月制作、週刊朝日『似顔絵塾』2000年6月2日号入選)