≪魔法の扉≫ソフトウェア&インターネットサービス紹介



ホームに戻る


セキュリティ対策ソフト

avast! 4 Home Edition(ウィルス対策ソフト)
Windows Defender(スパイウェア対策ソフト)
AD-AWARE(スパイウェア検出・駆除)
Spybot-Search&Destroy(スパイウェア検出・駆除)
Zone Alarm(ファイアーウォールソフト)
SiteAdvisor(不正サイト検出ソフト−フィッシング対策)
 (注)市販のソフトは除きます


有益な情報満載のホームページを下記に紹介します。なお、市販のセキュリティ
対策ソフトは省いております、御了解下さい。


■無料情報サイト「Enchanting Sky」
http://enchanting.cside.com/

セキュリティ対策について、フリーソフトの使い方等詳しく解説されて
います。ウィルス対策、不正アクセス対策、パスワード対策、スパム
メール対策、スパイウェア対策


■初心者から初級者へ
http://www.geocities.jp/primarystage/index.html

セキュリティ対策のソフトウェアについて最新情報も含め詳しく解説して
います。


■スパイウエア関連情報

スパイウェア対策!無料スパイウェア駆除ツール -スパイボット/ブラスター-
http://dorubako.nishitokyo-city.com/muryo_spyware.html

スパイウェア対策をしよう 無料スパイウェア対策ソフト
「AD-AWARE」「Spybot」(無料情報サイト「Enchanting Sky」)
http://enchanting.cside.com/security/spyware.html

スパイウェア対策(初心者から初級者へ)
http://www.geocities.jp/primarystage/spyware.html

無料のスパイウェア検索(CA eTrust カタログページ トップ)
http://shop.vector.co.jp/service/catalogue/etrust/index.php

■avast! 4 Home Edition(ウィルス対策ソフト)    ▲一覧に戻る


★− オンラインソフトの宝箱 −★

【ソフト名】 avast! 4 Home Edition
【分  野】 ウィルス対策ソフト
【種  類】 フリーソフト  【料  金】 無料
【推薦一言】 海外版でありながら日本語で使用できるフリーのソフト。
       使用方法も簡単で、安心して使え、お薦めソフト。
       他のウィルス対策ソフトと併用して使っても良い。
【入手URL 】

avast! Home Edition(Altech)
http://www.altech-ads.com/product/10000065.htm

以下にインストールから、ユーザ登録、設定まで詳しく解説されてます!
 フリーソフトavast! 4 Home Edition設定方法
 http://www.ipc.miyakyo-u.ac.jp/AV/

<参考>
avast! 4 Home Edition Download - Free antivirus software download
http://www.avast.com/eng/down_home.html

 上記のホームページで、”avast! 4 Home - Japanese version”の
 「Download」ボタンを押してダウンロード

おじいちゃんのメモ(avast!4解説)
http://www.iso-g.com/modules/xfsection/index.php?category=1

【利用環境】 Windos系OS
【利用制限】 特に無し
【注意事項】
 <他のウィルス対策ソフトと併用する場合>
 他のウィルス対策ソフトと共存して使用する場合は、本ソフトがウィルス
 情報を保存する以下のフォルダーをウィルスチェック除外すること。
    C:\WINDOWS\Temp\_avast4_

【説  明】

avast! 4 Home Edition とは、OS 起動後に常駐し、実行されるファイルや
メールを監視するフリーのウイルス対策ソフト。

個人かつ非商用利用のみ、60日以上の利用は無料ユーザー登録が必要。
14か月毎の更新なので、期限がきれたらまた、再度登録が必要。なお、
ユーザ登録は、最小限の情報(メールアドレス、氏名 他)で登録可能。

日本語版がリリースされ、インストールから設定まで全て日本語で行なう
ことができます。

(注)ライセンスキーの入力
ユーザ登録後、ライセンスキーがメールですぐに送付されてきますので、
タスクトレイの”avast!4”のアイコンを右クリックして、”avast!に
ついて”を選択して表示される画面で、ライセンスキーのボタンがある
ので、それを押して、ライセンスキーを入力して下さい。

★− オンラインソフトの宝箱 −★

■Windows Defender(スパイウェア対策ソフト)    ▲一覧に戻る


★− オンラインソフトの宝箱 −★

【ソフト名】 Windows Defender
【分  野】 スパイウェア対策ソフト
【種  類】 フリーソフト  【料  金】 無料
【推薦一言】 マイクロソフトが提供する、スパイウェアを検出して削除する
       無料のソフトウェアです。
【入手URL 】 

Windows Defender ホーム
http://www.microsoft.com/japan/athome/security/spyware/software/default.mspx

【利用環境】 

  Windows XP Service Pack 2 以降、または
  Windows Server 2003 Service Pack 1 以降。

【利用制限】特に無し

【注意事項】特に無し

【説  明】

Windows Defenderには、スパイウェアのインストールを防止するリアルタイム
保護機能と、ハードディスク内のスパイウェアを検出するスキャン機能があり
ます。

リアルタイム保護機能では、スパイウェアが実行された段階だけでなく、インタ
ーネットからスパイウェアのファイルをダウンロードした時点でも検出可能。
検出したスパイウェアは危険度が表示され、ユーザーが削除するかどうかを指定
できます。

なお、定義ファイルを自動的に更新する機能も使用できるため、新たに見つかった
脅威も検出して削除できます。以下、マイクロソフトの”Windows Defender”の
概要のページより抜粋して紹介します。


(1) スパイウェアの検出と削除
 
 ・スパイウェアの検出
   スパイウェアやその他の迷惑なプログラムを迅速かつ簡単に発見。
 ・簡単な操作と優れた削除技術
    検出されたスパイウェアは、ユーザーの判断で簡単に削除。 誤って
    必要なプログラムを削除しても、簡単に復元することができます。
 ・スキャンと削除のスケジュール設定
    設定したスケジュールで、都合の良いときに実行。

(2) インターネット閲覧時の安全性の向上

 ・スパイウェアがコンピュータに侵入する前にブロック
    継続的な保護機能により、スパイウェアがコンピュータに侵入する
    可能性のあるすべての経路を塞ぎます。
 ・ユーザーを煩わせない動作
    バックグラウンドで動作し、ユーザーが行った設定に基づいてスパイ
    ウェアを自動的に処理。

(3) 最新の脅威の阻止

 ・自動更新
    更新プログラムをコンピュータに自動的にダウンロードされるように
    選択できます。


★− オンラインソフトの宝箱 −★

■AD-AWARE(スパイウェア検出・駆除)    ▲一覧に戻る


★− オンラインソフトの宝箱 −★

【ソフト名】 AD-AWARE「Personal」
【分  野】 スパイウェア検出・駆除ソフト
【種  類】 フリーソフト  【料  金】 無料
【推薦一言】 「AD-AWARE」はスパイウェア対策ソフトとして有名で無料で
       使えることから利用者の多いソフトです。
【入手URL 】 

 Ad-Aware SE(窓の杜)
 http://www.forest.impress.co.jp/lib/inet/security/antiadspy/adawarese.html

 Ad-Aware SE Personal Edition(アルテック)
 http://www.altech-ads.com/product/10000782.htm

 ソフトの入手方法からインストール、使い方まで下記が参考になります。
  AD-AWAREの使い方
  http://enchanting.cside.com/security/adaware.html

 スパイウェア アドウェア 対策 ソフト Ad-Aware SE
  http://www.asciisolutions.com/products/adaware/index.html

 AD-AWAREを公開しているHP
  Lavasoft
  http://www.lavasoftusa.com/english/default.shtml

【利用環境】 Windos系OS

【利用制限】 特に無し

【注意事項】

ウィルス対策ソフトと同じように、対策ソフト本体や定義ファイルを常に最新
の状態にしておくことが大切です。そうすることで、最近のスパイウエアに対
応することができます。

なお、スパイウエア対策ソフトは、ブラウザのクッキー (Cookie)や、レジスト
リキーも対象にしていますので、慎重な扱いが必要です。

ソフトが検出した不正プログラム等を駆除後にパソコンの動作に不都合が生じた
場合は、スパイウエア対策ソフトの復元機能を活用し、削除前に戻して下さい。


【説  明】

スキャンのモードは4つあります。

(1) Perform Smart System scan:日常行うスキャン。
   高速だが圧縮ファイルは検査しない
(2) Perform Full System scan :フルシステムスキャン。
   圧縮ファイルの内部も検査する。最初に必ず行うこと
(3) Use Custom Scanning Options:カスタム・スキャン
   オプションを指定して行うカスタム・スキャン
(4) Scan valume for ADS
   スキャンするハードディスク、フォルダを選択できます。

インストール直後はFull System Scanを行い、それ以降は、少なくとも毎週
1回はSmart System Scanを行うようにしましょう。


AD-AWAREは新しいスパイウェア等に対応するため度々データを更新しています。
最新のデータをダウンロードして利用下さい。

もしスパイウェアを駆除したことで不具合等などが発生し、スパイウェアを
復元したい場合は、Status画面の「Open quarantine-list」をクリックして
復元して下さい。


参考情報:
AD-Aware SE (Firewall&Forest)
http://eazyfox.homelinux.org/SecuTool/ADaware/AdAware1.htm

参考情報:
スパイウェア アドウェア 対策 ソフト Ad-Aware SE
(ASCII SOLUTIONS)
http://www.asciisolutions.com/products/adaware/adaware-program.html


★− オンラインソフトの宝箱 −★

■Spybot-Search&Destroy(スパイウェア検出・駆除)    ▲一覧に戻る


★− オンラインソフトの宝箱 −★

【ソフト名】 Spybot-Search&Destroy
【分  野】 スパイウェア検出・駆除ソフト
【種  類】 フリーソフト  【料  金】 無料
【推薦一言】 スパイウェア対策ソフトとして、AD-AWAREと並び利用者の
       多いソフトです。

【入手URL 】 
 
 Spybot - Search & Destroy
 (アルテック−日本語で探せる世界のソフトウェア)
 http://www.altech-ads.com/product/10001045.htm

 SpyBotのインストール方法
  http://enchanting.cside.com/security/spybot1.html

 Spybotダウンロードサイト
  http://www.spybot.info/en/download/index.html

【役立つURL】

 SpyBotの使い方
  http://enchanting.cside.com/security/spybot2.html

 スパイウェア対策
 http://www.geocities.jp/primarystage/spyware.html

【利用環境】 Windos系OS

【利用制限】 特に無し

【注意事項】

ウィルス対策ソフトと同じように、対策ソフト本体や定義ファイルを常に最新
の状態にしておくことが大切です。そうすることで、最近のスパイウエアに対
応することができます。

なお、スパイウエア対策ソフトは、ブラウザのクッキー (Cookie)や、レジスト
リキーも対象にしていますので、慎重な扱いが必要です。

ソフトが検出した不正プログラム等を駆除後にパソコンの動作に不都合が生じた
場合は、スパイウエア対策ソフトの復元機能を活用し、削除前に戻して下さい。


【説  明】

特徴としては、Spybotは標準仕様として日本語がサポートされている点が
あげられます。さらに検索時間が短いという点と、免疫化という機能が
あることが大きな特徴としてあげれます。

Spybotには、削除したすべてのスパイウェアを自動的にバックアップする
機能が装備されています。これは、スパイウェアを削除したことにより、
システムが不安定になったり、使いたいソフトが使えなくなってしまう
事態を防ぐためです。

≪インストール方法と使い方≫

 SpyBotのインストール方法
  http://enchanting.cside.com/security/spybot1.html

 SpyBotの使い方
  http://enchanting.cside.com/security/spybot2.html


上記の「SpyBotのインストール方法」、「SpyBotの使い方」をまず
1回はしっかり読んで下さい。それから、インストールは、「SpyBotの
インストール方法」に書いてある内容を一つずつ確認しながら実行下さい。

インストールが完了したら、「SpyBotの使い方」に書いてある内容を一つ
ずつ確認しながらスパイウェア検出・駆除を実行下さい。焦りは禁物です。

大きな流れは以下です。

1.レジストリのバックアップ

2.最新ファイルを全てダウンロード
   ダウンロードに失敗したら何度か繰り返して下さい

3.スパイウェアの検索&駆除の仕方
   左メニューの「検索&修正/削除」をクリックし、
   右メニューの「スキャン開始」をクリックすると
   スパイウェアのチェックが始まります。


(注1)スパイウェア検出・駆除のソフトで検出されたソフトの中には駆除
するとまずいものもあります。上記の「SpyBotの使い方」の説明の中にも
詳しく説明されていますので、注意して下さい。

(注2)スパイウェア検出後に一覧に表示されるプログラムは良く見て下さい。
特に使い始めの時はよく見て下さい。Microsoftのレジストリキーが表記されて
いる場合もあり、削除しても大丈夫か不安になりますが、心配な方はこれらの
項目にチェックをつけず、削除しない様にしてください。



★− オンラインソフトの宝箱 −★

■Zone Alarm(ファイアーウォールソフト)    ▲一覧に戻る


★− オンラインソフトの宝箱 −★

【ソフト名】 Zone Alarm
【分  野】 ファイアーウォールソフト
【種  類】 フリーソフト  【料  金】 個人使用なら無料
【推薦一言】 ファイアーウォールソフトの定番ソフト。
       海外ソフトですが、日本語で使えます。

【入手URL 】

ZoneAlarm - (Altech)
http://www.altech-ads.com/product/10001049.htm

以下のホームページにインストールから操作まで詳しい説明があります

Zone Alarm(初心者から初級者へ)
http://www.geocities.jp/primarystage/zonealarm.html

<参考>
Zone Labs
http://www.zonelabs.com/store/content/home.jsp


【利用環境】 Windows 98SE/ME/2000 Pro/XP
【利用制限】 特に無し
【注意事項】 

使い始めは、ブラウザ・メールソフト等がインターネットにアクセス
するたびに、許可するかどうかを尋ねてきますので、OKであれば、
”この設定を保存する”をチェックし、許可をクリック。

【説  明】

使いやすいファイアウォールがハッカーその他の脅威をブロックします。

・体系的にハッカーを検知し、ネットワークからの侵入の試みを阻止
・パソコンをインターネットから自動的に見えないように隠します


★− オンラインソフトの宝箱 −★

■SiteAdvisor(不正サイト検出ソフト−フィッシング対策)    ▲一覧に戻る


★− オンラインソフトの宝箱 −★

【ソフト名】 SiteAdvisor
【分  野】 フィッシング対策ソフト
【種  類】 フリーソフト  【料  金】 無料
【推薦一言】 サイト(ホームページ)を見る前に危険なサイトを警告する
       ブラウザプラグイン。スパイウェア攻撃、オンライン詐欺、
       迷惑メールを送信するサイトなどの脅威を検出することが可能。

【入手URL 】

アドウェア、迷惑メール、ウイルス、オンライン詐欺からのプロテクション
(McAfee SiteAdvisor)
http://www.siteadvisor.com/

(注)本ソフトを開発したSiteAdvisor社は06年4月、米McAfee Inc.に買収
された


【利用環境】 Windos系OS
【利用制限】 特に無し
【注意事項】

不正なサイトを完全に検出できるとは限らない。
SiteAdvisorにより危険とされたサイトは危険であるが、「SiteAdvisorにより
安全とされたサイトが安全とは限らない」ことに注意すべきである。

【説  明】

サイトを以下の3つの簡単なカテゴリに分類して評価します。

■レッド(赤)サイト:
ダウンロードすると同時に、アドウェアまたはスパイウェアをインストール
するソフトウェアを提供しているサイト。または、登録フォームで送られて
きたメールアドレスに、大量のスパムメールを送りつけるサイト。

■イエロー(黄)サイト:
疑わしいが、あからさまに悪質なソフトウェアの危険性があると断定できない
サイト。このカテゴリに分類されたサイトは要警戒。個人情報を送られな
ければ、危険はないかもしれないが。

■グリーン(緑)サイト:
SiteAdvisor が“問題なし”信号を出したサイト。ボットはこれらのサイト
に関して、悪質なプログラムや疑わしい活動を発見できなかった。


このプラグインをインストールすると、ブラウザのSiteAdvisorツールバーが
危険なサイトでは赤、疑わしいサイトでは黄、安全なサイトでは緑に変わり
ます。

また、Google、Yahoo!、MSN Searchを利用した場合は、検索結果の横にその
サイトが安全かどうかを同じく色で知らせ、見る前に検索したサイトの危険
性を把握できます。

閲覧中は、McAfee SiteAdvisor による安全性の検査結果に基づいて、ブラウザ
のツールバーに表示されるボタンの色が変わります。

McAfee SiteAdvisor のツールバーのメニューから、McAfee SiteAdvisor の設定
を変更したり、サイトの詳細な検査結果を表示できます。各サイトの詳細な検査
結果をたった 1 回のクリックで表示できます。


危険なホームページを事前に知らせるこのソフトなかなか面白いソフトです。

なお、SiteAdvisorのプラグインは、Internet Explorer(IE)版とFirefox版
があります。

(注)Firefoxの場合
ブラウザの右下 (ステータスバー) に McAfee SiteAdvisor のボタンが追加
されます。インターネットの閲覧中は、ボタンの色により McAfee SiteAdvisor
の検査結果を知ることができます。

McAfee SiteAdvisor のボタンをクリックするとメニューが表示され、McAfee
SiteAdvisor の設定を変更できます。


参考情報:
”見る前に危険なサイトを警告するプラグイン「SiteAdvisor」配布開始”
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2006/03/02/11087.html

Japan.internet.com Webビジネス - Web サイト浄化を目指す SiteAdvisor.com
http://japan.internet.com/busnews/20060224/6.html

★− オンラインソフトの宝箱 −★


ホームに戻る


Last Updated : 2007-5-20

Copyright © 2007 K.Hirayama. All rights reserved.
http://www.h5.dion.ne.jp/~heisan