一目千本桜 with コロナの湯
 



洗車していたら、あんまり天気が良かったのでドライブに行きたくなりました。
「ああ、そうだ。お花見の季節なんだから一目千本桜を見に行こう」と思いつきで来て見ました。



船岡
船岡
 と言うわけで、船岡にやって来ました。早速、一目千本桜が見えて来ました。


船岡館山
船岡館山
 正面の山が船岡城です。
 山本周五郎の歴史小説「樅ノ木は残った」の題材になった「伊達騒動」の中心人物、原田甲斐(原田宗輔)の居城であったことでも有名ですね。  現在は城址公園になっています。


さくらまつり
さくらまつり  走っていくと「さくらまつり」の看板。

 わかり難いかもしれませんが、船岡城址公園へは写真の「Mobil」の交差点を左に曲がります。


船岡城址公園
船岡城址公園
 さすがは宮城県内屈指の桜の名所、見事な景観です。
 写真には写ってませんが、平日の昼なのにたくさんの人が見に来ていました。


桜並木
桜並木  船岡城址公園の駐車場に車を置いて、一目千本桜を見るのに白石川に向かいました。

 そんなに歩かなくても正面に見えて来るのですが、手前にJR東北本線の線路があるので船岡駅の跨線橋を利用しなければ向こうへ行けません。


駅前
駅前  駅前まで来ました。

 このあたりも「さくらまつり」一色です。


船岡駅
船岡駅  JR船岡駅です。

 結構、味が有る建物ですね。
 駅舎の右手にも見事な桜の木があります。


←  駅構内の跨線橋を利用して白石川へ。

 跨線橋の階段を上り切ると「さくらまつり」のポスターと一目千本桜への案内板がありました。


跨線橋から
跨線橋から
 跨線橋から上り方面(東京方面)を見ています。
 線路の左に見えるのが船岡城址公園の桜、右に見えるのが白石川堤防の一目千本桜です。


もうすぐ堤防
もうすぐ堤防  もうすぐ堤防、「桜まつり」の提灯が雰囲気を盛り上げます。


桜のトンネル
桜のトンネル
 堤防の上まで来ました。見事な桜のトンネルです。


さくらの下を
さくらの下を
 上の写真と同じ位置から180°逆方向を撮影。 桜の花びらが散る下を歩くと、自分が「日本人だなぁ」とシミジミ感じてしまうのは僕だけでしょうか。 ( ̄-  ̄ )


一目千本桜
一目千本桜
 白石川に架かる歩道橋から東京方面を向いて撮影しました。
 一目千本桜の名に恥じず、視界に入る限り堤防沿いに桜が並んでいます。
 この時期、並行して走るJR東北本線は、乗客が桜を楽しめるよう徐行するサービスを行っているそうです。


もちろん対岸も
もちろん対岸も  上の写真と同じ位置から180°反対を撮影。

 もちろん対岸にも桜があります。


記念写真
記念写真  歩道橋の上は記念写真を撮る人達でいっぱいです。


歩道橋の真ん中
歩道橋の真ん中  歩道橋の真ん中は休憩できるようベンチがあります。

 ここも記念撮影をする人たちの姿が見えます。


白石川から
白石川から
 歩道橋の真ん中から船岡城址公園を撮影してます。
 この位置から見る景色が一番良いかも。 (‐^▽^‐)


さくらさくら
さくらさくら
 東京方面を向いて望遠で撮影。 見える限りズ〜と桜。
 彼方に霞んで見えるのは蔵王連峰です。


遊歩道マップ
遊歩道マップ
 黄色い丸の位置が歩道橋の位置、この看板は歩道橋のすぐ傍にあります。
 船岡駅の東京方の隣駅である大河原駅まで桜並木が続いているのがわかりますか?


シャチホコ!?
シャチホコ!?
 船岡城址公園に帰るため跨線橋の階段を上っていたら・・・、あれ!? 船岡駅の屋根ってシャチホコがあるんだ!
 そう言えば、よくよく見たら最初の船岡駅の写真にもチャンとシャチホコ写ってますね。


コロナの湯
コロナの湯  で、船岡の帰りに「Honda Cars」に寄ってからコロナの湯に来ました。
 やっぱ温泉の研究室ですから、どっか温泉行かないと。 o(〃^▽^〃)o

 って、今日は16日の「トロッコの日」なので最初から来る予定だったんですけどね。
 「トロッコの日」にはお金を払って健美効炉を利用した人に、健美効炉の次回無料招待券をくれるんです。


エアクリーナー
エアクリーナー  ちなみに「Honda Cars」に寄った理由は、これを買いたかったからです。

 午前中、洗車したときにエアクリーナーボックスを開けたら、中に砂入ってきてるわ、エアクリーナーは真っ黒だわでビックリ。

 室長の車も最近、走行距離が40,000kmを超えたので良い機会だから交換することにしました。
 もっとも今日は疲れたので交換は次の休みですけどね。 ヾ(*'-'*)オシマイ





温泉を科学する部屋