2003年下半期の戯言



2003年12月
12月31日(晴れ)
今年も後わずかですね〜。
明日からお正月編成の番組になるのか・・・、憂鬱だな。

30歳を過ぎると御正月特番もいい加減あきるんだよね。
まあ僕が飽きても、正月特番が無いと小中学生が冬休み明けの話題に困るからしかたないか・・・。
(・_・)  エ?
テレビなんか見てないでItaに走りに来いって?
ごもっともですな。(^-^)

しっかし今日の紅白歌合戦の裏番組、ありゃ無いよね。

  • PRIDE男祭り
  • イノキボンバイエ
  • Dynamite
3つも同じ時間にぶつけたら、格闘技ファンは如何したら良いんですか。
これじゃビデオ撮るのも大変だよ。 o><)oモォォォォ〜ッ!!

で、僕は何を見ていたのかと言えばNHK衛星第1の

世界潮流 メディアはどこに向かう イラク報道の真実

を見てました。(^^;

と言うことになってしまいましたよ narikayoさん。
しっかし今年の締めが、こんな話題で良いんだろうか? ( ̄-  ̄ )

12月30日(晴れ)
今日は凄い風でしたね〜。
でも昼間チョコッとItaに行ったら、走り収めに来ている人たちが何人か居ましたね。
ほとんど、と言うか山内さんが片手間にモンスタートラックを走らせている以外はGPだけしかいませんでした。
う〜ん、EPよりGPの人のほうが熱心なのかな。(^^;

話は変わりますが、皆さんは“異星人の存在”って信じてます?
肯定するにしろ、否定するにしろ、実は多くの天文学者がこの問題を真面目に考えているんですよ。
そして、どちらかと言えば“異星人”は存在すると思っている天文学者が多いんです。

なにしろ数え切れない程の恒星系が宇宙には存在する訳ですから、存在する可能性が数兆分の1だったとしても宇宙全体では数十数百の“異星人”がいることになりますからね。

で、“異星人の存在”を方程式であらわした人がいるんです。

1961年にアメリカの天文学者 フランク・ドレイク(Frank Drake)博士によって考案された『ドレイク方程式』(銀河系にどれだけの知的文明があるかを見積もる式)がそれです。

どんな方程式なのかと言うと

N = R* × fp × ne × fl × fi × fc × L

N : この銀河系内に現在存在する文明社会の数

R* : 1年当たりに銀河系で生まれる恒星の数

fp : 恒星系が惑星を持つ確率

ne : 太陽型の惑星系のうち,生命の存在を許す惑星の数

fl : それらの惑星で実際に生命が発生する割合

fi : それらの生命が知的生命体にまで進化する割合

fc : それらの知的生命体が技術文明社会を発展させる確率

L : そのような技術文明社会の寿命(年)

この方程式のそれぞれの値に入る数字が、幾らくらいが妥当なのかは色々な意見があるんだけど、楽観的に計算すると銀河系には文明が50個くらいあるのではないかと推定されるんだそうです。
銀河系に50個なら宇宙全体では相当な数になるよね。
悲観的に計算しても地球以外に文明がある可能性は否定できないんだそうです。

それゆえ今この瞬間も、宇宙から降り注ぐ様々な電波の中から人工的な電波信号がキャッチできないかをチェックするなど、世界各地で大真面目に宇宙人を探しているんですよ。
ロマンチックですね。(^-^)

12月29日(晴れのち雨)
そういえば昨日のシリーズ戦でkent-a-low-884 さんかな、デルタ・インテグラーレのボディを買って来てもらっていたの。

そしたら「説明書がないのでステッカー貼るのが大変なんですよ〜」って隣にいた安部俊幸さんが言ってたんですが下のHPに行ってみるといいですよ。

Foxtail - WRC Wallpaper Website -

うちの相方に教えてもらったHPなんですが、カナリいいです。(^^)

ところで和宏さん、5000Hitをゲットしたなら何かカキコして下さいよ。
水臭いな〜。 o><)oモォォォォ〜ッ!!

12月23日(晴れ)
さっき『平成オタク談義』と言う番組を見ていたら、オタキングこと岡田斗司夫氏が

「フランスでは“グレンダイザー”【注1】が視聴率100%を取る人気番組だったんですよ、だからフランスのそういう(オタクの集まるような)集りがあったとき皆な一緒になってグレンダイザー歌ってね・・・。」

「でもフランス人は個々を尊重する気質が強いから、あまり集団では歌はないんです。ラ・マルセイユーズ【注2】以外で初めて集団で歌っているの見ました。」

ホントにフランス人は集って歌わないのかは知らないですけどね。(^^;
勿論“グレンダイザー”は日本語で歌ってたそうです、「♪大地と 海と 青空と〜」って。

で、岡田斗司夫氏はさらに・・・。

「いや〜、でもフランス人が“ラ・セーヌの星”【注3】を歌ってくれたのは感動した、何しろセリフの部分は本場のフランス語ですから。」

と、言っていた。
ま〜、確かにね。なにせフランス人ですからフランス語は完璧です。(゚-゚*)(。。*)
そして続けて・・・

「でもさらに感動したのは“ベルばら”【注4】歌ってくれたこと。最後に『オスカール!』って叫んでくれてね、フランス語で。」

って言っていた。

さて、別にいまさらフランスに“オタッキー”な人がいる事については驚かないけど、ふと思ったのは「フランス人って自国の歴史を題材にした日本アニメを、どう思って見てるんだろ?」と言うこと。

翻って自らの事を考えると、古いところでは“将軍”、最近では“ラスト・サムライ”あたりを見ても外国人の作った映画(テレビ番組でも)日本の描かれ方ってチョッとズレてるじゃない。
だから僕なんかは日本を題材に外国人が作った映画(特に歴史物)には、“舞台としての日本”が納得の行く描かれ方がされているか懐疑的なんだよね。

その辺フランス人あたり如何なんだろ?
彼らの方が(日本人より)自国の歴史の描かれ方に煩そうに見えるんだけどね。
( ̄-  ̄ ) ???

【注1】グレンダイザー
UFOロボ・グレンダイザー。マジンガー・シリーズの第3段。故郷フリード星をベガ星人に滅ぼされ、父母も兄弟も殺された“デューク・フリード”が、フリード星の守り神・グレンダイザーを持って地球へ脱出。兜甲児らとともに次々と襲い来る円盤獣と戦う・・・ というストーリーだったと思う。

【注2】ラ・マルセイユーズ
フランス国歌。後述の“ラ・セーヌの星”や“ベルばら”の舞台となったフランス革命で、マルセイユから来た義勇軍の一将校が即興で作った歌が基になっていると言われる。

【注3】ラ・セーヌの星
フランス革命前夜のパリが舞台。花売りの娘シモーヌは民衆のために剣をとり、義賊“ラ・セーヌの星”と名乗って戦う。だがシモーヌは王妃マリー・アントワネットの妹であった! ・・・と言うような話だったと思う。

【注4】“ベルばら”
言わずと知れた 池田理代子 原作の“ベルサイユのバラ”のこと。宝塚歌劇団の舞台でも有名なこの作品は、貴族の家にフランス陸軍高級将校の娘として生まれた“オスカル”を中心に、ブルボン王朝とロベスピエール率いる革命家と民衆達、そして多くの貴族達の生き様をフランス革命前半(王妃マリー・アントワネットの処刑)まで描いている。
ちなみに、世界史の教科書に登場する人物の名前がガンガン出てくるこの作品、僕はズッと“オスカル”にもモデルがあると思っていたが、彼女は全くの架空の人物なんだそうな。

12月14日(晴れ)
冬なのにハルウララの話。

って、聞いたことあるフレーズでしょ。
そう、10月6日の『ざれごと』で紹介した高知競馬の連敗馬“ハルウララ”。
今朝の朝日新聞の天声人語の欄を見ていたら、99連敗中(今朝の時点)の“ハルウララ”が今日100戦目に挑むと言う記事が出ていた。

そっか〜、99連敗してたのね・・・。
なんとか100戦目は奇跡が起こって勝って欲しいなぁ。
でも正直、かなり厳しいと思うけど(7歳と言えば競争馬は引退していてもおかしくない歳なのだ)。

そしてさっき、ニュース見ていたら“ハルウララ”の100戦目の模様が流れていました。

結果は9位。やはり勝てませんでした・・・。(T-T)

でも、今日は100戦目に挑む“ハルウララ”の応援ツアーで来た人、遠く東京からワザワザ応援に来た人もいて、高知競馬は大盛況だったそうです。

12月6日(雨)
雨のせいもあって今日はホント寒かったですね。
寒いといえば今日、ニュースでこんな話題を見ました。

皆さんは『神戸の銀杏』って知ってます?
『神戸の銀杏』は“ごうどのいちょう”って読むんです、“こうべのぎんなん”ではありません。
この『神戸の銀杏』は長野県飯山市の神戸(ごうど)地区にある樹齢1500年と伝承されている(環境庁編「日本の巨樹・巨木林 甲信越・北陸版」による)イチョウの巨木なんだけど、チョッと変わっているんです。

いったい何が変わっているのかと言うと、“落葉”のしかたが凄いんですよ。

このイチョウ、同じ地区の他のイチョウの葉が黄色に染まっている頃になっても葉が緑のまま。
しかし11月中旬くらいまでに“あっ”と言う間に黄葉します。
そして霜が下りた寒い朝、朝日を浴びてから僅か1時間で全ての葉を落としてしまうんです。

その様子を撮影した映像を見ましたが、“ザー”っと音を立てて本当に「雨」の様に落葉するんですよ。
今年は落葉開始から1時間、木全体の半分も葉っぱが落ちない時点で一旦止まってしまいました。
地元の人によると珍しいことなんだそうですが、昼夜の寒暖の差が大きくないと“散り方”が悪いんだそうです。
ちなみに全て落葉したのは、その4日後の事でした。

こんな風に落葉に時間が掛かった年は、雪が少しづつ降っては積もり振っては積もりする年になるそうです。
逆に短時間で一挙に散った年は、ドカっと降って根雪になるんだそうな。

けど『神戸の銀杏』が何故このような落葉の仕方をするのかは謎だそうです。
こんな不思議な木もあるんですねぇ。( ̄-  ̄ )

12月3日(曇り)
♪らせら〜 らせら〜 らせらせらせら〜

皆さんは『STINGRAY』ってオートバイ知ってますか?
これがまさにアニメ映画「AKIRA」に出てきた“金田”の愛車そのままの近未来系なフォルムをしたバイクなんですよ。

有線放送で紹介しているのを見たのですが、その時の話では“バイク”と言うより“大型スクーター”のカテゴリーに入るものになるそうです。
ですがフロントが片持ちモノサスのセンターハブステアリング機構、リアがツインショックを採用し、劇中ほぼそのままのスタイルが再現されています。

放送中に走行している所を流していましたが、特異なフォルムとは裏腹に操縦性は“大型スクーター”と大差ないようでしたね。
ただ着座位置が通常のバイク・スクーターより低いので、乗った感じが独特のものだそうですが。

『STINGRAY』のスペックは以下のとおりです。

エンジン : 4ストロークV型ツイン・水冷・250cc・5速ミッション
ボディー : FRP製フルカウル 8ピース構成 全長250cm
フレーム : スチール製オリジナルパイプフレーム
フロントサスペンション : 片持ちモノサス センターハブステアリング機構
リアサスペンション : R=ツインショック
ブレーキ : F=油圧ディスク R=ドラム
ホイール : F=14インチ R=17インチ
乗車定員 : 1名
標準ボディーカラー : レッド、ホワイト、ブラック、イエローの4色
販売価格 : 180万円

もっと詳しいことを知りたい方、『STINGRAY』が欲しい!、という方は公式ホームページをご覧下さい。
そうでない方も一見の価値はあると思いますよ。(^-^)

『STINGRAY』公式ホームページ

12月2日(晴れ)
台風の影響でしょうか、今日は暖かいですねぇ。

今朝、通勤途中で自転車に乗ったおじさんとすれ違ったんですが、そのおじさんの自転車が如何見ても120%パンクしてるんですよね。
しかも今さっきパンクしたんじゃなくて、パンクしてからカナリ長い時間を無理やり乗っていたようなんだよね。
だからタイヤも、リムにゴムが巻いてあるような状態。
って言うか殆どリムで走っていて、それに滑り止めのゴムが付いている状態だと説明した方が良いかも・・・。
それに荷物イッパイ積んで走ってるんだよ。
あれでよく自転車が壊れんもんだ・・・。( ̄  ̄;)

話は変わるけど、DTM(ドイツ・ツーリングカー選手権)は来年からいよいよアウディがワークス参戦してきますね。
車も新DTM開幕時から開発作業を進めてきた『A4』が満を持して投入されるようです。

オペルも来期からは『アストラ』に変わって『ベクトラGTS』を投入するようですね。

今年は開幕戦だけ見たんですが、オペルは厳しそうだったんですよね。
DTMのレギュレーションではシーズン半ばでの大幅改造は難しいので、今年も最終戦まで苦戦したと思いますね。

「思います」って言うのは、それ以後見てないから。
だってESPNのDTM中継は解説が淡々とし過ぎててツマンナイんだもん。(^^;
って、こんなことネットで言っちゃイケナイよね。

でも「WOWOW」で放送していた頃のDTMを見たら、そう思っちゃうんですよ。
解説のレーシング・オン編集部の梅原さんとレーシング・ドライバーの木下隆之さんの爆裂トークがメチャメチャ面白かったんですよね。
また「WOWOW」でDTMを放送して欲しいな〜。
(ー人ー)オネガイ!



2003年11月
11月28日(曇り)
♪上野発の夜行列車降りたときから〜 青森駅は雪のなか〜

23日のレース終了後、その足で青森に行ってきました。
青森駅の近くの宿に泊まったのですが、青森は市内でも雪がチョコッと残っていましたね。
でも朝夕には船の汽笛が聞こえたりして、なかなか港町風情のある街ですよ青森は。(^-^)

ところで前回18日に高速バスで青森に来たとき、帰りの車内で青森の観光案内が流れて面白いことを言っていました。

それによると『青森』の名前の由来はアイヌ語で、アフン・モリ(=内に入りこんでいる・岡)から来ていまるんだそうです。
実際、青森湾の海辺にはアイヌ民族の人たちが住んでいたそうです。

ところが、このことをネットで調べたら「『青森』の名前の由来はアイヌ語では無い」と反論が出ていました。

こちらの意見によると・・・

そもそも『青森』の歴史は、寛永元年(1624年)に津軽藩二代目藩主「津軽信牧(のぶひら)」が奉行の「森山弥七郎」に命じて小さな漁村だった善知鳥(うとう)村に藩港を開発した事より始まっている。
このとき漁師が目印にしていた松が青々と茂る小高い丘の森から由来して「青森村」となったのが名前の由来だとされている。

・・・だそうな。

( ̄-  ̄ ) んー、歴史的事実からすれば後者の方が信憑性が高いような気がするね。
まあ個人的意見からすればアイヌ語が由来だって言う方がロマンチックだけど。(^^)

11月21日(曇りのち晴れ)
昨日インターネット・ニュース見ていたら、こんな記事が出ていた。

ウオツカ早飲み優勝者が即死

( ̄△ ̄;) え? 即死!?
飲みすぎて死亡ってのは別に珍しくないけど、交通事故でも無いのに“即死”ってどういう事!?
いったいどんな呑み方したら即死するのさ。

記事の先を読むと、なになに・・・

ロシア南部のボルガドンスクでウォッカの早飲み競争が行われ、30分で0.5リットルのボトル3本を飲んだ優勝者が死亡、地元の検察当局は競争を組織した酒店店主を過失致死などの罪で逮捕、起訴した。

タス通信

・・・( ̄  ̄;)

おいおい・・・。

しかも先を読むと「優勝した男性は急性アルコール中毒で即死したほか、参加した5人が重体」と書いてある・・・。

いくら酒好きで優勝賞品のウォッカ10リットルが欲しかったからって、死ぬほど呑んじゃいけないよなぁ。
皆さんも注意してくださいね、「酒は呑んでも、呑まれるな」ですよ。

って即死するほど呑まないよね普通・・・。

11月20日(曇りのち雨)
今日、用事があって塩竃の第二管区海上保安本部会に行ってきました。
ロビーで人を待っていたときに、暇をもてあまして周りを見たら入札の一般広告が張り出してあるじゃないですか。

どれどれ〜、海上保安庁はどういうものをお求めなのかな〜。

駒ヶ峯無線中継所ほか1件修繕工事
あ〜、なるほどね。海上保安庁らしいね。

龍飛埼灯台ほか1箇所レーダー波高観測装置整備工事
これなんか、いかにも海上保安庁って感じだ。

小型乗用自動車(ハイブリット)1台購入
ふ〜ん、時代だね。海上保安庁も環境に配慮って訳だ。

浮揚型極軌道衛星利用非常用位置指示無線標識装置10台購入
( ̄-  ̄ ) ???

浮揚型極軌道衛星利用非常用位置指示無線標識装置 って何だ!?

“浮揚型”って事は当然「水に浮く」って事だよね。発注元が元だけに・・・。

“極軌道衛星利用” …( ̄  ̄;)ウーン GPS装置を搭載してる物か?

“非常用位置指示” という事は普段は使わないものか・・・。

“無線標識装置” 水上の標識・・・ ブイの一種か?

水に浮く、GPSを利用した、非常時に、無線で位置を知らせる標識・・・。

…( ̄  ̄;)

ひょっとしてイーパブか!?
インターネットで調べたら、おー、やっぱりそうだ!! “イーパブ”の事だよ。

イーパブ(Emergency Position Indicating Radio Beacon 略して E−PIRB 本当は“イパーブ”と発音するらしい)は事故で船が遭難沈没するときに自動あるいは手動でスイッチをオンにすると救難信号を発信し、瞬時に衛星がキャッチして海上保安庁(あるいは最寄の国の沿岸警備隊など)に緊急事態を通報する装置です。
救難船の正確な位置はもちろんのこと、1台ごとに決められている符号により船名も同時にわかると言うスグレものメカなんですよね。
(誤報が多いなどの問題もあるようですが・・・)

イーパブの日本語での正式名称は「浮揚型極軌道衛星利用非常用位置指示無線標識装置」って言うんだね、初めて知ったよ。(^^;

11月19日(曇りのち晴れ)
昨日は仕事で青森に行ってきました。
行きも帰りも「高速バス」を使っての旅で、片道5時間、往復10時間もバスに揺られていました。
しかも青森駅前に着いてからも、青森県土整備事務所に行くのに路線バスを使ったので『青森駅前』→『青森県土整備事務所』→『青森市役所前』と、さらに1時間バスに揺られるハメに・・・。
朝から起きている時間の殆どをバスに乗っていたら、さすがに帰りの「高速バス」の中では具合悪くなりましたよ。
マジで“エコノミークラス症候群”になるかと思った。 (((lll;_ _)○【壁

ところで青森はやっぱり寒かったですよ。 {{{{(* ̄д ̄)}}}}サブッ

「寒い」といえば先週の14日に南極観測船“しらせ”が南極に向かって出航しましたね。

で、寒い話題と言うのは『南極の寒さ』の話じゃなくて『日本政府の“ふところ”が寒い』と言う話。
ニュースなどでご存知の方も居るかも知れないけど、建造から21年が経った南極観測船“しらせ”は2007年に退役予定なんだけど、予算不足で後継艦の建造計画が現時点で白紙なんだそうな・・・。 (ーー;

そこで「このままでは、南極観測ができなくなってしまう」と心配した観測隊長経験者の村山雅美・国立極地研究所名誉教授が南極にゆかりのある人に呼びかけて「南極観測の将来を考える会」を結成。
この中には女優で冒険家の和泉雅子さん、宇宙飛行士の毛利衛さん、タレントの小堺一機さんらも、発起人に名を連ねているそうです。

これらの運動が功を奏したのか、南極観測船“しらせ”の後継艦建造費として文部科学省が2004年度予算で55億円を要求している事に対し、谷垣禎一財務相は観測継続に一定の理解を示したそうですが、厳しい財務事情の中でなお予断を許さない状況のようです。

僕としては中期防衛計画に盛り込んだ16DDH(全通甲板をもつ空母型護衛艦、英国海軍の軽空母“インビンシブル”や旧帝国海軍の中型空母“蒼龍”と同等の規模になると言われている)の建造費として契約額1164億円を出すぐらいなら、一隻400億円の南極観測船の建造費を出して欲しいもんです。

せっかくこれまで継続してきた日本が世界に誇れる科学研究分野なのですから、後継艦を建造して南極観測を続けて欲しいですね。(゚-゚*)(。。*)

11月14日(晴れ時々曇り)
そういえば最近『ざれごと』では全然ラジコンの話題に触れませんでしたね〜。
(・_・)  え!? このコーナーにそれは期待していないって?

まあまあそう言わずに、たまには聞いてくださいよ。(^-^)  では業務連絡です。

WRC参加者募集です!
EP第11戦でWRCクラス開催予定。
キミも気持ち良く“ぴよ〜ん”と跳んでみないか?
ラリーストの皆さん奮って参加してね。 (^^)/
Let’s go junp!!

ってな訳で皆様よろしくお願いしますね。 <(*_ _*)>

11月12日(晴れ)
日差しはあるんですが気温はさすがに寒くなってきましたね。
ラジコンをやるにも辛い季節がいよいよ到来ですか・・・。 ε-(ーoー)

ところで今日のお昼のメニューはカップラーメンでした。
(別にメニューなんて洒落込むほどの物でも無いけど)

お湯を注いで待つこと・・・

TEL】<リンリンリ~ン♪...ヾ( ̄  ̄*)≡=3

あら? 1分ほどしたら電話が着ちゃった。

仕事の事で話し込むこと幾分か、ふと気が付くとお湯を注いでから10分も経っているじゃないですか!!
案の定、麺がノビちゃってる・・・。 (ーー;

で、味の方はと言えば・・・ やっぱ少し水っぽいノビた味だ。
でも量的には結構増量されてる、掛け値なしに当社比120%だよ、これは。
しかも水吸って増量されてるから腹持ちもいいんだよね。
こりゃスーパーカップ買うよりもお徳かも。
皆さんも試してみては? (^-^)

って、今回はエライ貧乏っちい話になってしもた。

11月9日(雨のち曇り)
今日は選挙でしたね。皆さんは行きました?
僕は・・・ひ・み・つ。。。(*^-°)

ところで今日、久々うけるCM見ました、「Hot生茶」のCMです。

またまた松島菜々子が登場して今度は不良に『ツッパル事が漢のたった一つの勲章』だと諭して(?)去っていくCMですが、30秒バージョンでは去り際に車に乗ってきたオジサンといきなりロシア語で軽快に会話はじめます。

しかもその後、その場にいた人達みんなで車に乗り ♪ラ〜ララ ラララ〜 ララララ ラッララ〜 とロシア音楽を歌うのは、意味もなく大うけです。
なんとなく、昔買った「レニングラード・カウボーイズ」のアルバムを思い出しましたよ。

え? 随分マニアックな物を聴いていたって?
ほっといてくれ。(^^;

そういえば余談だけど、松島菜々子ってマジ足細・・・。

11月6日(晴れ)
今日は暖かかったですねぇ。

ところで今、職場の前を“石焼き芋屋”さんが通っていったんだけど、その

♪い〜しや〜きいも〜

 の歌声に、えらく『こぶし』が利いていた。

なんか、耳・・・じゃなく頭に残る ♪い〜しや〜きいも〜 だった。

11月5日(晴れのち曇り)
中央実験室の入り口を変えてみました。
前はサーバーにハッキングでもかけないと見れないようになっていましたが、今回はそうでもありません。
でも、入れない人は結局また入れないと思いますが・・・。(^^;

何人かの人に訊かれたLevel2の扉はこの中にあります。
秘密のベールに包まれた実験室ですが、何んかトンでもない映像が掲載されてたり爆弾発言が書いてあるのでは?と期待した方たちもいたようですね。
残念ながらたいした事はやっていません。

まあ、機会があったら見てみてください。(^-^)

11月4日(晴れ)
前回「軌道エレベータ」を設計して欲しいと書きましたが、ネットを見ていたら、なんと現在「軌道エレベータ」は建設準備中だそうですね。

なんでも2018年の完成を目指しているんだとか。
建設予定地は赤道上だそうですが、具体的な場所は決まってないようです。

なんだ〜、誰かがもうやっているんじゃ今更設計しても面白くないですね。
でも2018年完成なら生きている内に「軌道エレベータ」が見られるかもしれないんだ。

ところで話は変わりますが、猫語翻訳機「ミャウリンガル」が発売されたようですね。(=^. .^=)ミャー

やはり、と言うか「バウリンガル」が発売されたときにも随分“猫語翻訳機”を開発して欲しいと言う要望があったそうで、このたび発売となったそうです。
「バウリンガル」の時よりも、さらにハード面が進歩しているという「ミャウリンガル」。
猫好きの方は買ってみては?

11月1日(晴れ)
そういえば今日の新聞に、ある建設会社がマジンガーZの発進口を設計したとの記事が出てました。
マジンガーZの発進口といえばプールが左右に分かれて中からマジンガーが迫り出してくるという「あれ」です。

なんでも総工費72億円、工期6年5ヶ月が必要なんだとか。

もちろん実際に建設するわけではなくて、洒落で(だけど設計自体は極めて真面目に)設計したんだそうな。

この会社、次回は銀河鉄道999で出てきたテラ(地球)・ステーションから宇宙空間まで続く鉄道橋梁を設計してみるんだとか。
夢があって良いですね〜〜。(^-^)

でも僕は、個人的には「軌道エレベータ」を設計して欲しいですね。

数々のSF小説、まんが、アニメに出てきた「軌道エレベータ」。
実現すれば東京タワーの展望台に行く感覚で、地上から衛星軌道上に行けるようになります。

でも実際、最初に紹介したのとは別の会社で地上1000メートルの高さのビルを東京に建てる研究をしているそうなので、「軌道エレベータ」も全くの夢物語ではないのかもしれませんね。



2003年10月
10月31日(晴れ)
昨日の夜、帰宅途中に後ろから大音響で音楽かけてる車が来た・・・と思ったらエンジン音に負けない大声で熱唱している原チャの兄ちゃんだった・・・。

・・・ ( ̄  ̄;)

ホント昨日は朝からマッチョな外人さんといい、熱唱する原チャの兄ちゃんといい、何か不思議な人たちと遭遇してしまった。

ん、まてよ。 ( ̄-  ̄ )

ひょっとして変わった人と遭遇してる訳じゃなくて、僕が幻を見てるんじゃないよな・・・。
いや、そうかも最近仕事しすぎだし・・・。

10月30日(曇りのち晴れ)
僕は毎朝自転車で通勤しているんだけど、今朝通勤中に信号で止まったら横に自転車に乗ったマッチョな外人さんが止まりました。

GIカットのその外人さん、よく見ると上半身はTシャツいっちょ!!

おいおい・・・、そりゃ今日は極端に寒いわけじゃないけどさ、Tシャツいっちょで居られるほど暖かくはないよ。いったいどう言う皮膚構造してるんだ・・・。

あそこまでマッチョだと基礎代謝で発生する熱だけで寒さを凌げるのか!?
なんか感心してしまった。

10月25日(晴れ)
やられたよ・・・。(^^)

今日noriさんのHP、画像貼り付け掲示板に行ったら“万景峰号”“不審船”のプラモデルのパッケージイラストが載っていて驚きました。

しかもどうやらタ○ヤ模型のウォーター○インシリーズから出ているらしく、是非どのような商品なのか見たくてネット上で検索。

・・・が

実はこれは、画像を加工して作ったナンチャッテ・パッケージだったと判明。
って言うか、よく見れば加工してあるの判るじゃないか・・・。
でもよく出来ているんだよね、この画像。

ひろいもの画像と書いてあったので著作がどうのとかの騒ぎになると嫌だからリンクは張りませんが、興味がある人は見に行ってください。

追伸 “すーさん”の ドム・ゲッツ!(σ ̄▽ ̄)σ も爆笑でした。

10月24日(曇りのち晴れ)
今、職場の道路を挟んで向かい側で、線路脇の土地を駐車場にする工事をしています。
職場で「向かい側は駐車場になるんだね〜。」って話をしていたら、話をしていたうちの一人がこんな事を言ってました。

それによると線路脇の駐車場では電車が通るたびにレールが削れて細かい鉄粉が舞い上がり、電車の通過時に発生する風に乗って車のボディにあたる。
だから高い塀などで駐車場と線路の間が遮られていないと、車の塗装がザラザラになってしまうんだそうな。

彼いわく「線路脇に駐車場を借りるときは、そういうの気をつけたほうが良いよ。」との事。

ほほー、なるほどね。w(゚o゚*)w
ちょっと物知りになった今日でした。

10月23日(曇り)
昨日は青森に行ってきました。
八戸まで新幹線で行って、そこからは函館行の「白鳥71号」で青森に向かいます。

団体旅行のお婆ちゃんたちと一緒の車両に揺られること5分。
ふと車窓の向こうに目をやると池に白鳥がいるじゃないですか。
白鳥もう来てるんだ・・・さすが青森。

さらに電車に揺られて三沢駅を過ぎると車窓の向こうにF16が飛んで行くじゃないですか。
米軍基地近いんだ・・・さすが青森。

ちなみに函館行の「白鳥71号」は途中で“吉岡海底駅”に停まるんだよね。
時間があったら行ってみたかったな。(^^)

10月19日(晴れ)
いいお天気、いま布団ほしてます。(^-^)

ところで放送大学見ていたら地理の話していました。
地球儀の北緯35度と40度に線を引いて、その中にはどんな場所が来るのか見てみようとの事だったんですが、日本ではおおよそ東京〜青森に当たります。

そこからズット西に回っていくと、朝鮮半島はほぼスッポリこのゾーンに入り、中国の山東半島〜北京、ヒマラヤ山脈のカナリ北側を通過。

アフガニスタン北部、ウズベキスタンやカザフスタンなどのニュースでしか知らない国々を通り、カスピ海の南岸イラン北部からイラク北部、シリアと中東を経て、トルコ、ギリシャ、そして北アフリカのチュニジア〜イタリア南端のシチリア島、地中海と大西洋を分けるジブラルタル海峡やポルトガルのリスボンを通ります。

アメリカ東海岸ではノースカロライナ州〜ワシントンDC、中部オクラホマ〜カンザス〜ネブラスカ、そして西海岸カリフォルニアがこのゾーンです。

北京は意外と北にあるのはわかっていたけど、トルコ、チュニジア、イタリアのシチリア島、ジブラルタル海峡なんてもっと南にあると思ってた。カリフォルニアなんてスッゴイ南国だと思ってたし・・・。

サンフランシスコは福島県福島市、ワシントンDCは宮城・岩手の県境、ポルトガルのリスボンが宮城県古川市、チュニジアの首都チュニスやイタリア南端のシチリア島は福島・茨城県境、なんとイランの首都テヘランが東京都と同じ緯度です。
テヘランなんてメチャメチャ暑いのに東京と同じなんだ・・・。(゜ο゜)

逆にスッゴク北で寒いイメージのあるアフガニスタン首都のカブールはこのゾーンよりズット南、香川県高松市と同じ緯度になります。
北部の拠点都市マザリシャリフがチュニスやシチリア、福島・茨城県境と同じ緯度なんです。

こうやって見ると自分の頭の中のイメージと実際の世界地図の位置って言うのは結構ズレているもんですね〜。( ̄-  ̄ )

ちなみに放送大学の講義は、ある地域の気候がどれだけ北にあるか(あるいは南にあるか)によって決まるものでは無いって言うものでした。

10月18日(晴れ)
中国が有人宇宙飛行に成功しましたねぇ。

しっかし“神舟”とは随分と大仰な名前を宇宙船に付けたもんです。
まあ、なんとなくカッコイイ名前だから良いか。
ちなみに有人宇宙飛行に成功したのは“神舟5号”だけど、1〜4号は無人の実験機だったそうな。

ところで朝日新聞の「中国有人宇宙飛行に成功」の記事を最初に見たとき、搭乗していた 楊利偉 中佐の中国語音読みを“ヤン・リーウェイ”と書いてあったんだけど、思わず“ヤン・ウェンリー”と読んだ僕は「銀河英雄伝説」の見すぎだろうか・・・。

いや僕だけじゃなく、“ヤン・ウェンリー”と読み間違えた人が日本全国で少なくとも100人以上はいると思うよ、絶対。( ̄ー ̄) ニヤ

10月15日(雨のち曇り)
「15年以上使う奴はいない」と言うメーカーの販売戦略に打ち勝った我が家のビデオデッキでしたが、先日ついに力尽きてしまいました。
。・゜゜・(T△T)・゜゜・。

そこで別の部屋に置いてあったビデオデッキを急遽招聘。
ところがそのビデオデッキはわりと最近の物だったので、殆どの操作をリモコンで行わなくてはならないタイプなんだけども・・・ リモコン壊れてた。
おかげで時刻も合わせられない。(ーー;
便利さを追求したつもりなんだろうけど、かえって不便だ。
まずリモコンがおかしいのか、本体がおかしいのかも判らん。

まあ、でもナントかカントかして予約録画をセットしたんだけど、仕事から帰って見てみたら「3倍」で撮ったつもりが「標準」になっていて番組が途中で切れてた。
ショック・・・。(ToT)
前のビデオでは本体の切り替えスイッチを「3倍」にすれば、後はいじらなくても録画がずっと「3倍」になってたんだけど、今度のはいちいち選択しなくちゃいけなかったらしい。
めんどくさ〜〜〜!!!

話は変わるけど、この間テレビで「インテグラ・インターシリーズ」(インテグラによるワンメイクレースのシリーズ戦)見てたんだけど、美祢サーキットあたりだと三輪走行バリバリなんだね。
最近のFFは三輪走行しないって聞いてたけど、そうでもないんだ。
でも僕は三輪走行いかにもFFっぽくって好きだけどね。(^^)

10月13日(雨)
秋なのに今度はサクラの話。

森山直太郎の「桜(独唱)」 。すっごく良い曲ですよね。( ̄-  ̄ )
メッチャ難しそうだけど僕もカラオケで歌ってみたいなぁ、なんて思ってる曲です。

ところで昨日NHKでやっていたんだけど、この曲の「桜(合唱)」バージョンって一緒に歌っているのは“三女”の合唱部なんですね。
インターネットで検索したら、あっ! ホントだ。

“さくら(合唱 with 宮城第三女子高等学校音楽部)”って出てる。

昨日のNHKによると“三女”の合唱部には森山直太郎と一緒に撮った記念写真があるんだそうな。

実は“三女”の合唱部は全国トップクラスの非常に優秀な合唱部で、昨年の第55回全日本合唱コンクール全国大会で金賞を受賞したほど。
昨日も3年生はNHK合唱コンクールに出場するため遠征中だとのことでした。
すごいね。( ̄o ̄*(_ _*( ̄o ̄*(_ _* )

10月6日(晴れのち曇り)
秋なのにハルウララの話。

って、競馬ファンの人は知ってるかもね、高知競馬の95連敗馬(10月6日現在)ハルウララのお話。
ご存知の方も多いと思うけど、競馬の馬は成績が命。良い成績が残せないと処分されてしまう。
成績を残せなかった馬のうち、無事に余生を送れるのが稀な例だと言ってもいいくらい。
ハルウララは95連敗中なんだけど、調教師が「走らないからといって馬を物のように処分できない、走れるうちは走らせます。」と大連敗中なんだけど現役で走っています。
馬が勝てないと厩舎の経営は苦しいんだけど、全国の人の応援で(にんじんの差し入れとかが送られてくる)何とか頑張っているんだとか。

ところがこのハルウララ、一生懸命走る姿が人気を呼んで今や高知競馬の看板娘(7歳メス馬なのだ)として、存続の危ぶまれる高知競馬を影から支えているんだとか。
ハルウララの単勝馬券は交通安全のお守りになっているし(絶対に当たらないかららしい ^^;)、競馬場で売られている“ハルウララTシャツ”も人気商品になっているとのこと。

さて、この後ハルウララの余生はと言うと、しばらく現役として走ったあと、競馬エッセイスト安西美穂子さんが主催するM.A.STABLEに入厩することになっているんだそうな。

殺伐とした世の中で、人々の暖かな善意で走っているサラブレッドのお話でした。



2003年9月
9月30日(晴れ)
9月6日は妹の結婚式でした。その日は親戚と秋保に泊まって翌日の7日に家に帰って来ました。

9月7日の夜、お婆ちゃんが死にました・・・。

って、おいおい(^^;

嘘みたいな本当の話。
この話、髪を切りに行ったときに美容師さんに話したら「ズル休みの言い訳みたいですね。」って言われた。
いや実際、僕もそう思う。
当事者じゃなかったら、「その話作ってるでしょ?」とか思うね。

てな訳で9月の6〜11日まではなんか落ち着かなかった。祭儀場にお任せでお葬式したから別に忙しくは無かったんだけど。

話は変わるけど、この間のビギ・ミーは電動カー9エントリー、エンジンカー9エントリーで結構な数のエントリーだったみたいですね。
エンジンカーでは、なかなかエンジンのかからない人が続出でスタッフがテンテコマイだったみたいだけど、本来のビギ・ミーらしくてよかったんじゃないでしょうか?
エントリー数がそこそこだったのは、模擬レースが復活したからなんでしょうかね?



2003年8月
8月20日(雨)
8月6日は「ハロの日」って知ってた?

うちの職場には今、使わないパソコンが何台かあるんです。
最近そのパソコンをバラして「自作PC作ったら良いんじゃない?」って話になりました。
んじゃ、どういうの作ろうかって話しているうちに「お年より向けに木の筐体に入ったものがいいよ」って意見が出てきたんで、「じゃあ“総けやき造”なんかにすれば和室にあうし、いやし系なんじゃない?」「漆塗りにしたら?」なんて言い始まりました。

結局「美しい木目を活かした和室に良く合う総けやき造り、一流の職人さんが丹念に作った金具をあけるとDVDスロットが・・・」っていう線で落ち着きました。
いや、本気で作るわけじゃないですけど。 ^^;

んで冒頭のハロだけど、その話の中で出てきたのが『ハロPC』、つまりハロの形をしたパソコンです。
なんでもバンダイから発売されている『なんでもハロ』って言う入れ物に、PCの基盤をつめこんで自作したものがネットで紹介されているんだとのこと。

さっそく見に行ったら・・・、おお、良く出来てる・・・。
また盗用疑惑がかかると嫌だから、詳しい内容はここでは述べないけど結構こってるんだよね。
しかも作った人は一人じゃない。

以下にアドレスを載せるので興味のある方は見に行ってください。

自作した人の1人が「赤くて普通のより3倍速いハロPCを作った人いたら連絡ください」って書いてたけど、僕的には『ピンクで起動時に「なんでやねん」って言う』ハロPCなんか良いなぁ。(^-^)
8月17日(雨)
うわ。気付いたら2週間更新していなかったのね。

お盆期間中に更新しようと思ってたんだけど、結局ほとんど休みなしでした。
だから研究室も全然更新してないし・・・。
暇があったら更新したい!!

来週は水曜日から、またまた八戸に拉致られるし。
さらにレースの日曜日も仕事みたいだときた・・・。

( ̄-  ̄ ) んー 疲れる。

ところで、ita のBBSは何かと熱い論争が繰り広げられているみたいですね。
そのなかで目に付いたのが「このHPはサーキットの公式HPなのか?」と言う問いかけですな。
これね結構難しいところあるんだよね。
(゚-゚*)(。。*)(゚-゚*)(。。*) ウンウン

僕のホームページは趣味だから、発言に管理者の主観がバリバリ反映されてても誰も咎めだてしないけど、公式HPではそうも行かないところも有ると思うんだよね。

僕が思うにサーキットとしての公式発言と、運営委員の私見とはハッキリ分けないといけないのかな〜と思った。

そしてサーキットとしての公式発言としては、あくまで事務的な通達事項みたいにアナウンスしないと、妙な誤解を招くのかなぁと思いながらスレッド見てました。

本当はこの話題、ここで発言するのは如何なのかとも思うんだけど、まあコーナータイトルどおり「室長の戯言」と大目に見てください。

ホント僕は個人の趣味でHPやってて良かった。ε-(´▽`) ホッ

8月3日(晴れ)
あっつ〜〜〜〜。
なんて暑いんだ。(ーー;)
まあ、ようやく夏らしくなったと言えばそうなんだけど、僕は根性無しだからやっぱ涼しい方がいいわ。

そう言えば、この間のレースで“とみ”さんが「『バニラ・コーク』は美味いの?」って訊いてたんですよ。
そしたら、その場にいた“渡邊”さんが「“薬”臭くて不味いですよ、バニラとコーラの味が被っているし。」と感想を述べていた。
実は僕の職場の人達の大半も同じ感想を述べていたんだよね。

でも僕は『バニラ・コーク』好きなんです。

映画『パルプ・フィクション』の中で“ジョン・トラボルタ”がツイストを踊る有名な場面の直前に“ユマ・サーマン”(ボスの情婦ミア役)と食事をするシーンがあるんだけど、そこで注文してたのが『バニラ・コーク』なんですよ。
“ジョン・トラボルタ”が結構うまそうに飲んでるんで一度飲んでみたかったんだけど、飲んだらやっぱり美味いと思ったわけ。

別に“薬”臭いとも思わないし、バニラとコークの味が良いマッチングしてると思う。
もっとも、『ドクター・ペッパー』や『ルート・ビア』を平気で飲める僕だからなのかも。

皆さんは『バニラ・コーク』どうでしょう?
是非BBSに「美味しかった」か「不味かったか」感想を書いてください。
一言で良いから、その理由もお願いします。



2003年7月
7月26日(雨)
いやぁ凄い地震でしたね、皆さんのところは大丈夫でした?
実は夜中の地震、僕は全然気がつかなかったんですよ爆睡してて。
なんかあったら死んでるよね。(^^;
でもさすがに朝の地震の時は目が覚めました。

しっかし今日は何回も揺れているのに加えて、この大雨。
よく崖崩れ等で死人が出なかったもんです。不幸中の幸いですね。

話は変わりますが、7月5日付けの朝日新聞に『宝塚記念』で2億円あてた人の話が出てましたね。
ネットの競馬系サイトやスポーツ紙なんかでも取り上げられた話題なので、ご存知の方もいるかもしれませんが。

ことの始まりは6月28日のウィンズ新橋。
受付に来た漢が、6月8日に行われた『安田記念』の的中馬券130万円分を差し出したんだそうだ。
オッズは9.4倍なので払戻金は1220万円。
受付のお姉チャンはビックリして、JRAの担当者を呼びに行ったんだって。
そりゃビックリするよね、なんたって1220万だもの。(゚-゚*)(。。*)ウンウン

そしてその直後、翌日に行われる『宝塚記念』のオッズが急変。
人気薄の「ヒシミラクル」がいきなり一番人気に!
システムの故障かと思ったJRA職員が調べたところ、ウィンズ新橋の自動発券機で「ヒシミラクル」の単勝が1220万円分買われていたのだ!!
そして翌日、その馬券は的中した・・・。
オッズは16.3倍、払戻金1億9918万6千円になったんだそうな・・・。

・・・。

すげえ!カッコイイ!! (o≧∇≦)o

これぞ漢の夢! これこそギャンブラー!!
僕も一生に一度でいいからやってみたい!!!

ちなみに競馬ファンの間では、『』と称えられるこの漢が『安田記念』に賭けた130万は、その前に行われた『日本ダービー』の単勝2.6倍に50万を賭けて当てたものと信じられているんだそうな。
( ̄-  ̄ ) オオ

7月21日(雨)
今朝テレビ見てたらバンダイのやっているアミューズメント(期間限定の催しものかな?)の中にオープンしている“ガンダム・カフェ”の話題をやっていた。

そこでは色んなカクテルを出しているらしくて、“坊や”にはチョッと飲めない強めのカクテル「赤い彗星」とか。
セイラさんをイメージした「アルテイシア」。
RX78−2をイメージした「白い悪魔」なんてカクテルを出しているんだそうな。
「白い悪魔」なんて飲んだら必ず撃墜されてしまうんだろうか?
カナリそそられた。

ちなみにアナベル・ガトーのファンの僕は、こんぺいとうの浮かんだ「ソロモンの悪夢」なんてカクテルがあったら是非とも飲んでみたいですな。

追伸
今日はタミ・グラ秋田大会ですな。出場された方々頑張ってください。
(p^-^)p (p^-^)p ファイト

7月20日(雨のち曇り)
あー、休んだ、休んだ。チョッとは体力回復したぞ。

んで、今日は久々に相方のところに「遊ばね〜か?」って電話してみた。
そしたら「ビリヤードやりに行かない?」って誘われたので「んじゃ。」っと行く事に決定。

いつもは“ハン・ゲーム”の“C”(=4ボールの事)で対戦してるんだけど、なんかリアル(=本物、バーチャルに対して言う)をやりたくなったとの事。
詳しく聞いたら、先日彼の奥さんとビリヤードしに行ったら“腕が錆び付いている”のを実感したんだとか。
かく言う僕もカナリ久しぶりなんだけど・・・。f(^_^)

で、なんだかんだと、お店について申し込み。
勿論“C”さ。
でも、あんまり“C”をする人がいないので台にカバーかかってる。(^^;
まあ、相方から聞いていたからあまり驚かんけどね。
やっぱ“C”の人口少ないね。ハンゲの“C”と“H”(=9ボールの事)の競技人口比率とリアルの人口比率はひょっとして同じなんじゃないの?

まあいいや、気にせず開始だ。 と・・・。
うおマジか!? ブリッジ(利き手と逆の手でキューがブレないよう添える手の組み方の事)の組み方を完全に忘れてる・・・。
そういや10年くらいビリヤードしてないかも・・・。
こりゃ前途多難だ。

んでも、慣れてくると結構いい具合に突けてきた。
“C”の試合になってるし、面白い。
結局その後、3時間も愉しんでしまいました。(^-^)

7月19日(雨)
やっと八戸から戻ってきたよ!!
二週間は長かった・・・・。ホント収容所に強制連行されていた気分だよ。
でもとにかく、無事に帰って来れて良かった。(TーT)

そうそう、今月の定例戦には出られそうです。

今日はタミヤ・グランプリ山形の日ですな。
何人かの人は、一応「あかねヶ丘陸上競技場」に行ったのでしょうか?
僕は疲れて、それどころではありません。
また爆睡します。おや・・す・・み・・・。(+.+)(-.-)(_ _) ..zzZZ

7月6日(曇り)
8月6日は「ハロの日」って知ってた?

最近うけたコマーシャルは“上戸 彩”の出てる「ガンダム・プラモ1分間作ッキング」。
最初見たときは「アイドルの出てるつまんね〜パロディCMか・・・。」程度にしか思ってなかったんだけど、実は結構中身のある実践的CMなんだよね。

内容は詳しく説明しないけど、「ガンダム・プラモ墨入れ風味」の料理方法(?)なんかは感心しちゃった。
あの方法は昔ガンプラ作っていた時に“極細油性ペン”でよくやった古典的技法なんだけど、今は便利な“墨入れ・ペン”なんて売ってるんだねぇ。
実際に使った訳じゃないから良くわからないけど、あれで「つや消し」で墨入れされるんだったらカナリ良い物ですな。(^-^)d
“ウェザリング・ペン”もCMでやっているような効果がでるんだったら凄い便利だ。
昔はアクリル系の塗料を買ってきて、ラッカー系塗料との性質の違いを利用してやったもんだけど、あの手軽さで出来るんだったら良いわ。

チョッと説明しただけでも、かなりマニアックな内容なのに“上戸 彩”が妙な語り口で料理番組風に説明するギャップが面白いんだよね。
見た人はわかるだろうけど。(^^)

しっかし、あれヤラセ抜きで“上戸 彩”が作って、あの完成度なら今のガンプラ「マジ」良いね。

追伸
これから18日まで八戸に仕事で出かけますので音信不通になりますが、BBSには気にせず書き込みして下さいませ。 <(_ _)>

7月3日(曇り一時雨)
今、仕事から帰ってくるときフラフラっと白髪頭のお婆ちゃんが、電動アシスト自転車に乗って脇道から目の前に出てきたんですよ。
僕も自転車に乗っていたんだけど、とっさにチョッと減速して邪魔だから追い抜きにかかろうとしたその瞬間・・・。

うお!(゜ο゜)

凄え加速だ・・・。
バンバン離されていく・・・。
夢のようなお婆ちゃんの加速を見ながら「電動アシスト自転車あなどれねぇ!」と感心する夏の夜の出来事だった。


[2003年上半期の戯言] [2004年上半期の戯言]

[研究室長の戯言]

[Front Lobby]