研究室長のざれごと
 



10月19日(晴れ)
今日は仕事だったんですが、会社の近くにイチョウの街路樹の下に銀杏が落っこちていましたね。

う〜ん、もうそんな季節なんだ・・・。銀杏が落ちる季節になると、あっと言う間に年末が来るんだよね。
もう今年も終わりかと思うとガックリ来ますね。o><)o

ところで今日、会議の前に小腹がすいたので買い物しようとしたら、レジで清算しようとした時に財布を忘れてきたことに気付きました。
店員さんが商品を袋に詰めた後に気付いたのでメチャクチャ恥ずかしかったです。 (///∇//) テレリコテレリコ
昨日の晩、懇親会で酔って帰ってきて、今日は別なスーツ着て仕事に出かけたので、そのまま昨日のスーツに財布が入れっぱなしでした・・・。

10月16日(晴れ)
昨日は宮城県立図書館へ本を返しにいったんですが、ちょうど直ぐ近くの“Tapio”がオープンする日だったんですね。
“Tapio”って言うのは、新しくオープンするアウトレットモールなんですが、水曜日のお昼にもかかわらずもの凄い人と渋滞でした。

これは今度の土日、混んで大変ですよ、あの辺り。
もっとも僕が買いたいようなブランドは無かったので、しばらく行くことはないでしょうが・・・。 ( ̄-  ̄ ) オカネナイシ

10月8日(雨)
今日は会社に提出する戸籍関係の書類を取るため、市役所に行って来ました。(^^)

久しぶりに来たので、市役所の地下売店で瓶コーヒー牛乳を買おうとしたら…、売店がローソンになってる!! (・_・) エ?
当然、瓶コーヒー牛乳なんか売ってません。なにしろローソンですからね。

そんな〜、誰に断ってローソンにしたんだよ〜!! o><)o
斜め45°の角度で天井を仰ぎ見ながら、腰に手を当てて瓶コーヒー牛乳を豪快に飲むと言う、ささやかな楽しみをどうしてくれるんだ!
しょうがないから雪印コーヒー牛乳(紙パック)でガマンしましたが、やはり紙パックでは風情や侘びサビがありません。
う〜ん、ショック…。(T-T)

9月30日(曇り時々晴れ)
今日ニュースを見ていたら、銚子市立病院が今日で診察を終了すると言う話題が取り上げられていましたね。
なんでも、医師不足による患者減少と人件費の抑制失敗が原因だとか。

来ましたね、ついに資本主義的な弊害が顕著に現れだしたと思います。
別に僕は共産主義者ではないけれど、純粋な資本主義社会を目指せば当然効率と利益を追求することになり、「持たざるもの」が取り残されるのは自明の理です。
このまま行けば、冗談ではなく「銭の無い奴は死ね。」ってなるんじゃないですかね。

おっと、今日の戯言はいつになく社会派だ。 ( ̄-  ̄ ) ハグレデタシャカイハ

9月16日(曇り)
今日、会社の帰りに地下鉄に乗ったら、ぶら下がり広告に仙台市のゴミ有料化の広告が出ていたんだけど、広告に書いてあったマスコットがミントチョコに見えました。
何か心が病んでいるのだろうか・・・。( ̄-  ̄ )

9月5日(曇りのち雨)
8月は結局、体調崩したりしたので1度も“ざれごと”を更新しませんでしたね。
最近は雨が降ることが多くて、何かうっとおしいですね。
そう言えば、僕のところにも「ねんきん特別便」が来てましたよ。
すっかり回答するの忘れてましたが・・・。(^^;

7月31日(曇りのち晴れ)
今日は栃木と埼玉の一の宮に行って、今さっき返ってきました。

こうやって色々な場所の一の宮を回ってみると、一の宮と言っても様々ですね。
岬の山中にひっそりとある神社もあれば、県庁の裏にあって散歩中の親子連れやデート中のカップルが来る神社があったり。
宮司さんも常駐していない神社もあれば、年間何万人の参拝者が来て、宮司さんや巫女さんが十何人もいる神社とホントに様々です。

ところで皆さん、神社の参拝の作法は2拝・2拍手・1拝なのはご存知ですよね。
実は今日、さいたま市にある氷川女體神社(ひかわにょたいじんじゃ)に行ったところ、参拝に当たって参拝詞を渡されました。
これは何かと言うと、室長は一の宮にご朱印を頂きに行くのですが、本来、ご朱印は納経(写経したものを納めること)した証に貰うとの説があり(なのでご朱印帳を納経帳といっているところもある)、実際、納経しないとご朱印が頂けないところもあるそうです。

納経とまでは行かなくとも、本尊・祭神への読経(どきょう:経典を音読すること)・看経(かんきん:経典を黙読すること)するのが正しいとは聞いていたのですが、今日そのやり方が書いてある紙を渡されたので、皆さんも一の宮と言わず神社へ参拝するときに参考にしてみては如何でしょうか。
さて、その作法ですが・・・

@まず、2拝します。

A以下の参拝詞を唱えます。
かけまくもかしこき武蔵野国一宮氷川女體神社の大前(おおまえ)に〔参拝者の住所・氏名を申し上げる〕恐み恐み(かしこみかしこみ)申し上げます。
はからずもご縁あり、日本で初めて全国一ノ宮詣でを成した、江戸時代の国文学者 橘三喜(たちばな みつよし)公の歿(ぼっ)した御当地の神域に触れ、日本の国の貴さと伝統。そして神々の恩恵に浴し、心から感謝申し上げます。
願わくは家内安栄・郷土や国家の弥栄(いやさか)・世界や宇宙の平和を心よりお祈り申し上げ、御朱印を頂戴いたします。

B2拝・2拍手・1拝

如何でしょう。チョッと仰々しい感じもしないではないですが、伊勢に行ったとき月読宮を参拝していた年配の女性がやはり参拝詞を唱えていたので、皆さんもこれをアレンジしてやってみては如何でしょうか。


7月29日(晴れ)
結局、7月の更新は今日が2回目と言うことになってしましたしたね。
中旬頃に1週間も畿内に行っていたので、その間更新できなかったこともありますが、その後も溜まった仕事を片付けるのが大変でした。
しかも最近は夜遅くまで仕事だったので、もうヘロヘロです。
長期休暇をとった後で言うのもなんですが、もう休みたいッス。 (T-T)

7月2日(晴れ時々曇り)
キタ ━━━ o>д<) ━━━ !!!

7月に入ると同時にガソリン価格がレギュラー1リットル=180円ですよ!
6月1日のざれごとで1リットル=170円って言ってますから、1ヶ月で1リットル=10円上がってます。
このペースで行ったら来月にはハイオク1リットル=200円ですよ。(室長の車はハイオク仕様なのだ)
マジ、あり得ないッス! (o>ロ<)o≪≪≪アリエネェェェェェェェェェェェェェェ!!

ところで話は変わりますが皆さん“一の宮”って知ってますか?
一宮(いちのみや)とは、ある地域の中(陸奥国とか下野国とかの令制国の中を指していることが多い)で最も社格の高いとされる神社のことです。(ただし同じ地域内に2つの一の宮が存在することもある)
で、実は宮城県の一の宮は塩竃神社なんですよ。
と言っても他県の人からすると何を言いたいのかわからないと思いますが、地元の僕にしてみればなんの変哲もない普通の神社って感覚だったから「陸奥国の一の宮は塩釜神社」って聞いたときはチョッとビックリでした。

で、突然何でそんなことを言い出したのと言うと、今日お天気が良かったので、ドライブがてら塩竃神社に「全国一の宮御朱印帳」を買いに行ったからなんです。
「御朱印帳」って言うのは、参拝に行った際に神社から頂くことの出来る印(通常有償)を押してもらう帳面です。。
「全国一の宮御朱印帳」はその名の通り、一の宮専用の帳面で、通常の「御朱印帳」が中が白紙の和紙だけになっているのと違い、最初のページに全国の一の宮の所在が書いてあります。
ちまみにゴールデンウィークに行った日光二荒山神社は下野国の一の宮、諏訪大社は信濃国の一の宮です。。
ところで、改めて塩竃神社に行って思いましたけど、塩竃神社って日光二荒山神社や諏訪大社にも負けないくらい立派な神社ですねぇ。
塩竃神社の方に「何をいまさら」と怒られそうだけど、日光二荒山神社や諏訪大社を見たからこそ、そう思いました。
皆さんも、何気にお参りしてる地元の一の宮に行って、再発見してみるのも良いのではないでしょうか。


6月26日(晴れ)
今朝、通勤の地下鉄で、スーツを着た氣志團みたいなヘアースタイルの兄さんがいきなり乗ってきました。 (゚∇゚ ;) オオォォ

ギチギチの満員電車なのに、その方の周りには一定の空間が出来てました。
いったい、どんな職業の方だったのかメッチャ気になりましたよ。 ( ̄-  ̄ )


6月15日(晴れ)
いやぁ、昨日の地震はスゴカッたですね。(> <;)
たまたま、車から降りようとしていたところで地震にあったので、目の前の宣伝用“のぼり旗”がはためいていたのを見て「うわ!凄いビル風だなあ」と、最初勘違いしてました。
まあ、車中で地震にあうのは中越沖地震で経験しましたので、すぐに地震だってのは気がついたんですけど、サスペンションが振動を吸収するせいで車内にいると咄嗟に地震と分からないですね。 (゚-゚*)(。。*) ウン

さて、車を降りて会社の中に入ったら、まずエレベーターが停止していて4階まで階段を上るハメに。 (゚□゚ マジーッ!!
さらに支店事務所に入ったら、同僚が「岩手南部が震度6だそうです」と不吉な一言。 (|||Д|||)
「あ〜、終わった。今日は一日中、緊急対応だよ。」と思ったら、案の定、通常業務は出来ませんでした。

そんな訳で、家に帰ってくるまでニュースを見る暇も無かったのですが、ニュースを見たらスゴイ地震だったんですね。
宮城県栗原市や岩手県奥州市では地形が完全に変わるほどの山崩れ。
まさに「大地の怒り」か「神の鉄槌」かといった感じですね。


6月11日(曇り時々晴れ)
今さっきまで、4km以上離れた「ユアテックスタジアム仙台」からベガルタ仙台への応援が聞こえていました。
メッチャ熱いですねベガルタのサポ。 (゚∇゚ ;) オオォォ

ところで話は変わりますがふと思ったことをいくつか。

その1
水野晴郎さんが亡くなりましたね。淀川さん、小森のおばちゃまに続いて水野さんが亡くなられ、何か一つの時代が終わった感がします。

その2
温泉の部屋「旧制松本高等学校」に行った際のコメントで『また聖地巡礼してしまいました』と書きましたが、その前に「いろは坂」に行ったのもやっぱり聖地巡礼なんですかね。
某公道バトル漫画の・・・。

その3
金髪くるくる縦ロール = お嬢様 と言う図式に全く違和感を覚えないのは、幼い頃に見た「エースを狙え」の「お蝶婦人」でインプリンティングされているからだろうか・・・。

その4
突然ローカルな話題になりますが「ファースト模型」って移転したんですか?
2〜3回、中野栄のあの場所を通ったのですが、常にシャッターが閉まっているので。

以上、今日は純度100%に“ざれごと”でした。


6月9日(晴れ)
昨日も今日も仕事です。 (;-_-) =3 フゥ

そう言えば、昨日会社に行く途中、S2000typeSに会いました。
ネット上で見ると大きく張ったアゴ(フロントエアダムのこと)が「どうかなぁ」って感じだったのですが、本物を見ると意外とイケテますね。 (゚-゚*)(。。*) ウン
室長のAP1(2000ccエンジン)では、結構、高回転でクラッチを繋ぐのですが、AP2(2200ccエンジン)では低回転のトルクが太くなっているので発進も滑らかな感じでした。

ところで、段々と暑くなってきましたね。
いかにも夏らしくなってきましたが、湿度も上がってきているので梅雨が近いのかなぁ、などと考えてしまう今日この頃です。 ( ̄-  ̄ )


6月1日(曇りのち晴れ)
とうとう6月になってしまいました。今日も僕は仕事です。

そういえば、6月に入ると同時にガソリン価格がまた上がりましたねぇ。
レギュラー1リットル=170円ですか。 …( ̄  ̄;)
会社の上席が1リットル=200円行くよと言っていましたが、冗談では無くなりそうな勢いです。 (> <;)コマッタ・・・

6月に入って変わったと言えばもう一つ、道路交通法が改正されて75歳以上のドライバーは「もみじマーク」を表示するのが義務化されましたね。
今日、石巻に行ったとき、三陸道ですれ違ったジャガーが「もみじマーク」を付けていたのですが、75歳過ぎてジャガーですか・・・。
何処のセレブが運転しているのかと気になってしまいましたよ。 (*゚O゚) アングリ

ところで話は全く変わりますが、昨日のニュースで博多湾で貨物船同士が衝突というのが出ていましたが、その中で〔「外国の貨物船と日本の貨物船が衝突している」と博多湾を航行中の複数の船から118番通報〕との一文がありました。
海難事故の緊急ダイヤルは118番なんですね、初めて知りました。


5月27日(晴れ)
あ〜、忙しい、忙しい、今月はメチャクチャ忙しいです。
最近、日が長くなってきたので、おとといの日曜日は明るいうちに帰れましたが、ほとんど毎日が日暮れ前には帰れない状態です。
疲れて帰ってくるので、更新する気力もないっスよ。 (;-_-) =3 フゥ

よくよく見たら、今月はこれが“ざれごと”の2回目なんですね。
先月までの更新ペースと比べるとエライ差ですな。 ( ̄-  ̄ )


5月11日(曇り時々雨)
いやぁ、久しぶりの更新ですねぇ。
とにかく何だか分からないけど忙しくて、何日かぶりに午後8時前に仕事から帰って来れたので、こうして更新してみました。

ゴールデンウィークは3〜5日に草津に行って来ました。
今回は概ね予定通りのところに行って来たのですが、帰りに関越自動車道の渋滞に巻き込まれて1ヶ所だけ予定の場所に行けませんでした。
それどころか、仙台に帰り着いたのは6日の午前1時で、その日はお昼まで寝ていて夕方から仕事と言うハードなスケジュールになってしましました。

7日以降も休みが無かったので、もう好い加減に休みたいです。 (T-T)


4月29日(晴れ)
今日は仕事で石巻に行ってきました。
帰りは三陸道を通ったのですが、偶然、山火事の現場にぶつかりました。

最初、三陸道の路肩にパトカーが止まっていたのと煙が見えたので、車が炎上しているのかと思いましたが、山火事が路肩までせまってきたので警察が監視に来ていたみたいです。
反対側の路肩に地区の消防も監視に来ていました。

煙の中を通過するとき、路肩からパチパチと何かが爆ぜる音が聞こえてましたから、相当近くまで火の手が来ていたようですね。
もうチョッと通過するのが遅かったら、通行出来なかったかもしれませんね。 ( ̄-  ̄ )


4月26日(晴れのち雨)
4WSのクレーン車が全部のタイヤを左に向けて路上駐車している姿はカッコイイ。 d(>∇< ) グッジョブ!!
いや、ふと思ったことを意味もなく言ってみたくなったんです。

4月25日(曇りのち晴れ)
「一目千本桜」で話していたエアクリーナーですが、今日、交換しました。
交換したら明らかに加速が良くなってビックリです。 (゚∇゚ ;) オオォォ
今の車はエアクリーナーなんて交換しなくても大丈夫とも聞きますが、ヤッパリ交換したほうは良いですね。 (゚-゚*)(。。*)うん

ところで、エアクリーナーを交換した後でコロナの湯(自分で言うのもなんだけど好きだね)に行ったら「持ち上げ祭り」なるものをやっていて、ゲームコーナーのUFOキャッチャーが通常の2倍持ち上がりやすくなっているとのことでしたので、久しぶりにUFOキャッチャーをやってみました。

ぐるっとUFOキャッチャーコーナーを見て回ったら、なんとデジカメのUFOキャッチャーがあったので早速GO!
さすが「持ち上げ祭り」だけあって、500円でGETに成功しました。(いやホントはもっと簡単にGETできたと思う。)
調子に乗って危なくハルヒのフィギュアも持ち上げるところでしたが、フィギュアを持ち上げたら、代わりに人としての大事な何かをどこかへ落としてしまいそうだったので止めました。 ( ̄-  ̄ )

この「UFOデジカメ」(室長命名、ちなみにUFOの形はしていない)、どこまで使えるのかゴールデンウィークの草津の旅で試してみたいと思います。


4月20日(曇りのち晴れ)
温泉研究室は緊急特番で一目千本桜をお送りしましたが如何でしたか。
浅虫温泉もまだまだ続きますので安心してください。

今日も良いお天気だったのでゴルフの打ちっぱなしに言った後、泉が岳スプリングバレーまでドライブに行きました。
北斜面のスプリングバレーは、まだ雪が所々に残っていますね。 ( ̄。 ̄)ホオ
天気が良いのでスプリングバレーの駐車場に車を止めて、読みかけのリチャード3世でも読破するかと思ったら、風が強くてそれどころではありませんでした。

その後、お昼を食べてからコロナの湯に行った(好きだね我ながら)のですが、今日は誕生祭だとかでメチャメチャ混んでいましたね。
ど〜でも良いけど、健美効炉で死んだように寝ていたお婆ちゃんがスゴク気になりました。(シャレにならないくらい死んだように寝てたんですよ。)


4月16日(晴れのち曇り)
今日はホントに暑かったですね。 ( ̄Д ̄;;
先週に引き続き病院(耳鼻咽喉科)に行った後、洗車したら汗だくになってしまいました。
午後からは半そでのポロシャツで出かけましたよ。

あんまり天気が良いから車の幌を上げてドライブに行きたくなったので「一目千本桜」(朽木白哉の卍解じゃないよ)を見に行くことにしました。
さすがにシーズン中だけあって、見事な満開でしたね。

そう言えば今日は幌を上げて走ってもクシャミが出ませんでしたね。
そろそろ花粉の季節も終わりに近づいているのでしょうか。 ( ̄-  ̄ )


4月9日(曇り)
(>o<;))((;>o<) ゴホゴホ
先週末から室長は咳が止まらなくて困っています。
何しろ話すたびに咳き込んでしまって、ろくに会話が出来ないくらいですから重症です。

と言うわけで、休みの今日は耳鼻咽喉科に行って来たのですが、近くの耳鼻咽喉科を知らなかったのでインターネットで検索して行ったら、いきなり流行っている病院がヒットしたらしく、診察受けるまでエライ待たされました。
まぁ、流行っている病院だから診察は丁寧で良かったんですけどね。 ( ̄-  ̄ )

病院に行った後すぐに、愛車「ブッラク疾風号」にポリマーコートをかけるため、いつもお願いしている「シオンコーポレーション」に行きました。
前にも書いたとおり、フロントバンパーを交換したので改めてコーティングして貰うためだったのですが、車を預けている間は不便なので代車を借りて移動です。
で、自分でもビックリだったのですが、マニュアルの軽自動車を借りたのに、何故か無意識にオートマチック車のように運転しようとするんですよ。
いつのまにか「ブッラク疾風号」以外は、マニュアル車と認めない(!?)体になってしまったのでしょうか。

実は、会社の車は全てオートマチックなのですが、僕が会社の車を運転するときはセミオートマのようにシフトチェンジしているんです。(D→2→L のようにシフトダウンしたり)
その癖がついてしまって、愛車以外はこの方法で運転してしまう見たいです。
ともあれ、暫らく運転したら慣れたので、間違わなくなりましたがね。 o(〃^▽^〃)o ♪

でも、仕上がった車を受け取って代車から乗り換えたら、代車のクラッチを切るタイミングを体が覚えてしまってて、暫らく「ブッラク疾風号」のクラッチを繋ぐときにガクガク言わせながら走ることになりましたが・・・。 (> <;)


4月5日(晴れ)
暖かいと言うより暑くなってきましたね。昼間はコートが要らなくなりました。
でも朝晩は寒いこともあるので、服装に悩む今日この頃です。

昨日は歩きで出かけたのですが、契約がまとまったので自分へのご褒美にコンビニでケーキを買って、食べながら会社に帰りました。
半分くらい食べたところで包装紙が邪魔になったので、めくったトタンに中身が地面に落ちました。 ( ̄ロ ̄lll) ガビーン
すぐさま頭の中をグルグルと考えが廻ります「3秒以内に拾えば食べれる」 「地面に接触した部分を取り除けば大丈夫だ」 「でも地面に落ちたもの食べて入院でもしたら笑いもんだ」などなど

で、結局は拾ってゴミ箱に捨てました。190円もしたのに・・・。 (> <;)ショック


4月1日(曇り時々晴れ)
今日は風が強かったですねぇ。 (> <;)マエガミエン
休みだったのでゴルフの打ちっぱなしに行ったのですが、強風のため防護ネットを下げていたので、使用できるクラブがアイアンのみに制限されていました。

ところで、時間差で来ましたよ筋肉痛
タイヤ交換の筋肉痛がここに来て効いてきました。
翌々日に筋肉痛が来るってことは、室長も若くないってことですかね。 …( ̄  ̄;)


3月31日(雪のち曇り)
うわ!ホントに雪降りましたね。 (゚д゚;) オォ!?

まあ、マイカー通勤じゃないから困りはしないんだけど、ヤッパリ仙台はお彼岸を過ぎてから1回は雪が降るんだよね。
明日からは、いよいよ4月ですから好い加減に暖かくなってほしいもんです。 (> <;)


3月30日(晴れ)
今日は午前中仕事だったんのですが、お天気が良かったのでダッシュで終わらせて、午後からタイヤを夏用に交換をしました。
室長は、車の前を上げるならセンタービーム、後ろを上げるならデフケースにフロアジャッキを当ててジャッキアップするのですが、タイヤ交換をしていて大変なことに気づきました。

実は最近、愛車「ブッラク疾風号」のフロントバンパーを ings のものにしたのですが、ローダウン用ジャッキを使用しているのにもかかわらず、ジャッキを車体下に入れることが出来なくなりました。 (゚□゚(゚□゚*)ナニーッ!!

まぁ元々、ジャッキを車体下に入れてもレバーを上下できなかったので、タイヤをスロープに乗り上げて車体下のスペースを大きく取ってからジャッキアップしていましたから、上げる時は問題がなかったのです。

ところがタイヤを交換後に車をおろしたら、フロントリップがあたって車体の下からジャッキが取れなくなりました。

再度、タイヤをスロープに乗り上げてジャッキを引っ張り出したのですが・・・、う〜んヤッパリこうなったか。 …( ̄  ̄;)
実はフロントバンパー購入時に予想はしていたんだよね。 ヾ(>▽<)o アハハ

ところで、今日、夏タイヤに交換したのに明日は雪って本当ですか。(T_T)


3月20日(雨時々曇り)
☆彡(ノ^^)ノ Congratulations 19000hit ヘ(^^ヘ)☆彡

今見たら、ちょうど19000hitになってました。 皆様のご愛顧ありがとうございます。

そういえば今日、旅ちゃんねんるを見ていたらDr.コパが出ていて、農耕民族の日本人はと言えば“神社”“温泉”なのだと言っていました。
なんでも、農耕民族は春から畑で作物を作り、秋に収穫して、収穫後は自分を労うのに旅行に行って、まずは神社に参拝して収穫を感謝し、そのあと温泉に浸かって疲れを癒すんだとか。
ってことは、室長は立派に日本人、しかも農耕型日本人なんだね。 (o≧∇≦)o イエス!!
このホームページも日本人による日本人のための研究を行っている訳だ! (ノ゚ο゚)ノ オオォォォ

と言うわけで(?)今後とも当研究室を宜しくお願い致します。 (^ー゚)ノ♪


3月19日(晴れ)
∵ゞ(>д<)ハックシュン!

17日、18日とお天気が良かったからか、今日は花粉症が酷いです。 "(/へ\*)"
やっと風邪が治ったと思ったのに、今朝は自分のクシャミで起きました。

まだ風邪薬飲んでいるので花粉症の薬は飲めないし、もう今日はグダグダです。
かんでも、かんでも、かんでも、かんでも、かんでも、かんでも、かんでも、かんでも、かんでも、かんでも、かんでも、かんでも、かんでも、かんでも、かんでも、かんでも、全然鼻水が止まらないのでもう嫌気が差してます。 (>人<) チーン!!
って言うか鼻が擦り切れそうです。(T_T)


3月18日(晴れ)
(>o<;))((;>o<) ゴホゴホ

え〜、室長は15日の夜から風邪ひいてました。
石巻で会議している最中に寒気がして「これは風邪ひいたな」と思っていたのですが、案の定、熱がどんどん出てきて帰りの運転が大変でした。
何とか帰ってきたのですが、翌日も朝から外せない会議だったので無理して会議に出たら、てき面にやられてしまい月曜日は会社を休んで寝ることに。

大体、室長はこの時期にいつも風邪をひくのですが、今年もヤッパリひいてしましました。(どうも疲れが溜まっているところで気候が変動するかららしい) みなさんも体調には気をつけてくださいね。 ゞ( ̄∇ ̄;)


3月9日(晴れ)
今日は暖かくてお天気も良い日でしたね〜。o(〃^▽^〃)o ♪

段々と春らしくなってきていますが、春らしくなってくると“奴”が来るんでチョッと憂鬱でもあります。
そう、花粉症です。
すでに目がショボショボしてきている室長は、5日の水曜日に花粉症の注射を打ってきました。"(/へ\*)"
でも、今年はまだクシャミが酷くないので、本格的なシーズン到来は例年より遅い気がしますね。

ところで、今日は日頃の疲れが溜まっていたのか、殆ど寝てました。
春眠暁を覚えずってやつですな。 (。-ω-)zzz. . .

半分寝ながらデイトナ24時間耐久を見ていたんですが、GTクラスでマツダRX−8が優勝していましたね。
トリプルローターのRX−8だそうですが、GTクラスで市販車タイプのローターリー車が優勝するのは1993年のRX−7以来なんだそうです。
室長的にあんまりスポーティーなイメージの無いRX−8(乗っている方ごめんなさい)ですが、独特のローターリー音を響かせてバンクを駆け抜ける姿はカッコ良かったです。(^^)

そう言えば、このレースに勝つとスポンサーであるロレックスから時計が貰えるそうなんですが、普通のロレックスデイトナとは違うんですかね。
って言うか、ロレックスデイトナを貰えるのかも解りませんが。
番組の中では、2年連続で優勝したモントーヤが貰う2本目のロレックスは、去年と同じものなのか(時計に裏書される刻印は当然今年の刻印だろうが)が話題になっていました。


3月3日(晴れ)
あっと言う間に3月ですねぇ。まだ、あんまり暖かくないですけど。

昨日は午前中仕事して、午後から免許更新に運転免許センターに行ってきました。
なにを今更と言われそうですが、室長の免許は普通自動車から中型自動車になりました。
って言うか、いつの間にやら中型自動車なんてできてたんですね。チョッとビックリでした。

今日、会社の人と一緒の車に乗り合いで帰る時にこの話をしたら、「オートマ限定免許の人は更新すると如何なるんだろう?」って聞かれたので、「中型車(8t)限定の他にオートマチックに限るって書かれるんじゃない」って答えたんですが、ヤッパリそうなんですかね? ( ̄-  ̄ )


2月25日(晴れ時々雪)
寒いですね〜。
最近はあまりに寒くて朝起きてしまいます。 早く春にならないかな〜。 (;-_-) =3 サムイノアキタ

そう言えば暫らくカウンターを漢字表記にしていましたが、自分で言うのもナンなんですけど読めないですね。 o(〃^▽^〃)o アハハ♪
あれ、読める人いました?


2月20日(晴れのち雨)

涙キタ ━━━ (T∀T) ━━━ !!!


やっぱり泣かされてしまいました。
“CLANNAD”DVD第3巻は伊吹風子(いぶきふうこ)編、感動の完結です。

第3巻最初の話、第7話Aパートの冒頭、主人公の朋也(ともや)と渚(なぎさ:メインヒロインの一人)が風子の想いを公子(こうこ:風子の姉)に伝えるシーンから、もうイキナリ涙モードです。(ノ△・。)

つづく第8話、朋也の悪友 春原陽平(すのはらようへい)の「なぁ、風子ちゃんも何か言ってくれよ」のセリフから続くシーン、早苗さん(さなえ:渚の母親)の「おかえりなさい渚、岡崎さん、風子ちゃん」から続くシーンでまた泣かされました。
もう、この辺であきらめてハンカチ用意です。 (/_<)

風子編完結の第9話はもう感動でした。特にBパートはハンカチを用意していて良かったと思える展開で、朋也の「聞いてください公子さん」のセリフから続く展開は、もう (T_T)ダー って感じです。
まさか、あの「いやっほーぅ!岡崎最高ー!!」のシーンが、ここの伏線になっているとは思わなかった。

ところで、何となくですが朋也、渚、風子のやり取りって、“AIR”の柳也、裏葉、神奈備命をイメージさせるのは僕だけでしょうか。

予告編からすると次巻、第10話からは一ノ瀬ことみ(いちのせことみ)編がスタートするようですね。


2月17日(晴れ時々雪)
前回、ネットと音楽の話をしましたのが、今回は電脳の歌姫“初音ミク”のお話です。

「今更ですか」と言われそうですが、室長的には2007年に一番衝撃を受けたPC用ソフトです。
正直、“初音ミク”を知るまでDTMソフトなんて興味ありませんでしたし、DTMと言えばドイツツーリングカー選手権のことだと思ってましたから。(^^)

さて、その“初音ミク”ですが、簡単に言うとコンピューターに歌を唄わせるソフトで、リンクにあるとおりクリプトン・フューチャー・メディアが発売しています。
音階と歌詞の打ち込み次第で、とてもコンピューターボイスとは思えない歌を唄うスグレモノです。 (ノ゚ω゚)ノ*.スゲエ

ヤマハの音声合成エンジン『VOCALOID 2』を使用し、声を声優の「藤田 咲」が担当していることで、コンピューターボイスとは思えない唄を作り出すことに成功しているのだそうです。
ベース音声に本格派シンガーではなく声優さんを採用しているのは、「あまりに生々しくなってしまうのでは」との配慮からだとか。

また、日頃DTMに馴染みのない客層にもアピールするため、ソフトウェア自体に「未来のアイドル」をコンセプトに“初音ミク”と言うキャラクタ付けをしているのも特徴で、これらのコンセプトがウケてDTMソフトとしては異例の売り上げを記録しているのだとか。
まあ、室長が興味を持つくらいですからね。 (゚-゚*)(。。*) ウンウン

このソフトの波及効果は凄いものがあり、ニコニコ動画の投稿を中心に「隠れた才能」の発掘に寄与したと言われ、また『みくみくにしてあげる♪』など一部のオリジナル楽曲がカラオケ(JOYSOUNDらしい)に登場するなどしています。

室長的にお勧めの曲は

秋葉原で販促にも使用され、もはや“初音ミク”のイメージソングの感もある『みくみくにしてあげる♪【してやんよ】

これもカラオケに入っている曲のひとつ、前奏の「わ〜ん とぅ〜 すり〜 ふぉ〜」の掛け声が素敵な『恋スルVOC@LOID

やはり前奏がカッコイイ『ソラノカナタ

あたりですね。

他にも検索するとイッパイあるので、ぜひ聞いてみてください。 (^o^)/


2月6日(曇り)
先日“CLANNAD”の話をしましたが、オープニングを歌っている eufonius は北海道の菊地創(きくちはじめ)と福岡のriya(りや)がインターネット上で偶然知り合って意気投合、結成に至ったと言うチョッと変わった経歴のユニットなんですよ。

そう言えば、先日、あるラジオ番組で MONKEY MAJIK が、ネットでファイルのやり取りをして名古屋と打ち合わせをしているので、仙台で活動することでのハンディキャップは無いとの話をしていました。

ネットの発達で、音楽の世界では物理的な距離が障害では無くなってきているんですねぇ。 ( ̄。 ̄) ホォォ。


2月2日(晴れ)
今日、研究室を開いたらカウンターが18888だった。

なんか“末ひろがり〜!”って感じで、茶柱ゲット級の幸せを手に入れた感じだ。 (o≧∇≦)o イエス!!


2月1日(晴れ)
逝き国(ゆきぐに)

トンネルを抜けるとトンネルだった。

そのトンネルを抜けるとまた、トンネルだった。

そのまたトンネルを抜けるとまたまた、トンネルだった。

どこまでも どこまでも トンネル トンネル ずーっとトンネル。

私の人生。

トンネルを抜けるとトンネルだった。

〜 さよなら絶望先生 絶望詩集より 〜

なんて心にしみる詩だ・・・
って、そんな訳無いだろ! こんな詩が心にしみこんでたら手遅れな人だって。

1月30日(晴れ)
当研究室のBBS、現在の壁紙は“かぽ〜ん”と言う擬音になっていますが、このお風呂をイメージさせる「“かぽ〜ん”と言う擬音」は高橋留美子が作ったと言うのは本当なんでしょうかねぇ。 ( ̄-  ̄ )

ネット上でそう囁かれていて、あるホームページによるとらんま1/2が最初だとの事ですが、高橋留美子が本当に作ったのだとすると、それよりも前の作品であるうる星やつらの第11巻 〔PART11〕 忘年会じゃあ! で、ラムが作った銭湯のセットの擬音として「カポ〜ン コ〜ン」が登場しています。
うる星やつら第11巻の初版は1982年ですから、雑誌連載はこの少し前と思われます。
これよりも前に“かぽ〜ん”を使っている作品(漫画に限らないが)が無ければ、やはり高橋留美子が作ったことになるんでしょうねぇ。


1月27日(晴れ)
そう言えば先日、国内で初めてコンピューターウイルス作成者の逮捕がありましたね。
直接の逮捕容疑はアニメ画像を無断配信した著作権法違反だそうですが、アニメ画像にウイルスを潜ませてネット上に流していたとか。
使用されたアニメの名前を取って「クラナドウイルス」と呼ばれているらしいですね。

と言う訳で“CLANNAD”のお話です。(いや、たまたまタイムリーに「クラナドウイルス」事件があっただけなんだけど)
え〜、“CLANNAD”のDVD1巻、2巻と連続で見ましたが、来ましたね、“フルメタル・パニック? ふもっふ”バリの絶妙なコメディー満載で笑いの連続です。
まさか主人公の苗字が一文字違いなのを利用して「いやっほーぅ!岡崎最高ー!!」が来るとは思わなかった。 ヾ(⌒▽⌒ )ノ彡☆

このノリの良さは、まさに

「みんな!俺の人形劇で大いに笑ってくれ!! 」
『いやっほーぅ!国崎最高ー!!』
「Everybody say!!」
『国崎最高ー!!』
「Love&Peace!!」
『国崎最高ー!!』

と言った感じです。(わかる人はわかる)

ところで、今日の「行ってQ」は11人目がウクライナbPの美女じゃないか? ( ̄-  ̄ )


1月23日(晴れ時々雪)
昨日ネットを見ていたらツンデレカルタなるものが出ていました。( ̄△ ̄;)エッ・・?

内容はと言いますと、読み上げのセリフが入ったCDとカルタ札のセットになっていて、CD再生機のシャッフル機能を使用すればホントにカルタ取りが出来るスグレモノ(?)です。
で、どんな札があるのかと言うと、たとえば・・・

【す】 好きでこんな格好してるわけじゃないんだからね…あんたの前だけよ…もうバカァ…

【ら】 ラーメン伸びるわよ、はやく食べなさいよ!えっ?ふぅふぅしてくれ?ばかぁ

と言った感じです。
字面だけだとチョッとツンデレがどんな感じなのかわかりづらいですが、上のリンクをクリックするとサンプルボイスが聞けますので、是非聞いてみてください。僕は結構うけました。(^-^)d グッジョブ!

ところでツンデレカルタを見ていたら関連商品のリンクにヤンデレの女の子に死ぬほど愛されて眠れないCDと言うのがありました。

(・_・)  えっ・・・、ヤンデレ? ヤンキーでデレなのか?(会社の後輩にヤンデレの話をしたら同じことを最初に連想した)
でもそれってツンデレの一種じゃない?
と疑問に思ったのでwikiで調べてみるとヤンデレは、精神的に病んだ状態にありつつ他のキャラクターに愛情を表現する女の子をさすらしい。
と言う事はCDの内容は・・・

「やっぱり、あの女の臭いがする!お兄ちゃんの嘘つき!」

「だから、ちゃんとトドメをさしておいたよ? 心臓にも五寸釘を何本も、何本も、何本も、何本も、何本も、何本も、何本も、何本も!」

と言ったセリフが鬼気迫る感じで収録されてる・・・。Σ(|||▽||| ) ヤッパリ
このCDのサンプルボイスを聞いて、むかし友達が「幽霊は信じてないからホラー映画は怖くないけど、本当にありそうだからサイコサスペンスは怖い」と言っていたのを思い出した・・・。


1月21日(晴れ)
ここのところエライ寒いですねぇ。

ところで、このあいだ録り溜めしておいた“レマゲン鉄橋”(原題は The Bridge at Remagen )を見ました。
“レマゲン鉄橋”は第二次世界大戦末期のヨーロッパ、マーケットガーデン作戦の失敗により天然の要害ライン川を渡河することが出来なかった連合軍が、唯一無傷で残されたレマゲン町(ドイツ)に架かるルーデンドルフ鉄道橋をドイツ軍から奪取するお話です。
レマゲン鉄橋と言うとヤークトティーゲルが橋頭堡戦で活躍した話が有名なので、見るまで勘違いしていたのですがモノ凄い砲撃戦が行われた訳ではないんですね。
ドイツ側の鉄橋防衛部隊は少人数、しかも装甲車両は無いなかで、戦車で攻撃してくるアメリカ軍に頑強に抵抗したって言うのは意外でした。

余談ですが、この映画の鉄橋上の攻防で、ドイツ軍が橋を爆破するための点火線に直接点火を行うシーンは機動警察パトレイバー the Movieの箱舟全フロアのパージを行うシーンのモデルに、鉄橋を渡ってくるアメリカ軍兵士にMG42の斉射で対抗するシーンは機動警察パトレイバー 2 the Movieの海底トンネル攻防戦のモデルになっているそうです。


1月13日(晴れ)
今日も仕事でした。(T-T)

ところで、仕事の帰りに車の窓が汚れていたのでウインドウォッシャー液を出してワイパーをかけたら、窓が冷たすぎてウインドウォッシャー液が瞬時に凍りました。
どんだけ寒いんだよ今日は・・・。( ̄△ ̄;)


1月9日(晴れ)
今日、ゴルフの打ちっぱなしに行ったら、凄い形相でボールを叩いている(打っているというよりはこちらの表現が近いと思われる)人がいました。
(゚Д゚) ナンダ!?
会社で何か嫌な事でもあったのでしょうか?

ところで、打ちっぱなしに行った後、何年かぶりに歯医者に行きました。
年末に歯の詰め物が取れたのを放って置いたのですが、ヤッパリ噛み難いので再度詰めてもらうためです。
しかし歯医者ってなんど行っても嫌なものですね。サッパリ慣れません。(へ ̄|||| )


1月7日(晴れ)
今日雑誌を見ていたら、ウルトラセブンの劇中に登場する地球防衛軍特殊戦闘車両「ポインター」のデザインを取り入れたコンフォートバイク「TDF−PO−I ポインター」という自転車の記事が出ていました。
ご存知の方もいると思いますが、本物の「ポインター」がクライスラー社のインペリアルと言う車をベースにしているので、コンフォートバイク「TDF−PO−I ポインター」もクライスラー社製の自転車をベースにしていると言うコリようです。

なんでもウルトラセブン誕生40周年記念モデルだそうで、ライセンス契約の関係上クライスラーモデルでは今回限りの150台超限定生産モデルなのだとか。
興味のある方はご購入してみては? ちなみに1台59,800円(税込)だそうですよ。(^^)


1月6日(晴れ)
青年は旅のひと。
彼の道連れはふたつ。
手を触れずとも歩き出す、古ぼけた人形。
「力」を持つ者に課せられた、はるか遠い約束。

(T_T)涙ダー

と言うわけで前回“Kanon”のお話をしましたが、実はあまり泣かされたのでKanonを見た直後、勢いに乗って“AIR”も見てしまいました。

こちらはKeyが第2作目として2000年に発売したゲームが原作なのですが、泣きゲーと言われたらKanonよりAIRを思い浮かべる人も多いかもしれないくらいの名作です。
前スレでも書きましたが京都アニメーションによるKeyブランド作品のアニメ化はAIRが先になります。 AIRの好評を得て、Kanonの再アニメ化、そして現在放送中のCLANNADのアニメ化と言う流れに成っています。

さてさて、お話のほうなんですが簡単に言うと

さすらいの人形遣いの青年・国崎 往人(くにさき ゆきと)が、海辺の田舎町で偶然出会った少女達と紡ぐひと夏の物語。

と言う感じなのですが、大まかに以下の様な構成になっています。

第1話〜第7話ラスト:DREAM編
国崎 往人が、とある町で出会った神尾 観鈴(かみお みすず)、霧島 佳乃(きりしま かの)、遠野 美凪(とおの みなぎ)と織り成す物語。
第6話、遠野 美凪とみちる(いつも美凪と一緒にいる謎の女の子)の学校屋上でのシーンが泣けた。(T_T)

第7話ラスト〜第9話ラスト:SUMMER編
千年前の物語。神の使いとして崇められながらも囚われの身であった「翼人」神奈備命(かんなびのみこと)と彼女に仕えた衛士の柳也(りゅうや)、女官の裏葉(うらは)の物語。裏葉(うらは)の願い・想いが千年後に続く物語を紡いでいくことになる。
SUMMER編を見た後は、オープニング冒頭の The 1000th summer − の文字を見ただけで泣けた。(T_T)

第9話ラスト〜第12話:AIR編
再び現代が舞台となり、DREAM編の続きが物語られる。

特別編
原作ゲームで描かれていたSUMMER編の旅の道中の話で、神奈、柳也、裏葉のほのぼのとした日常の物語。でもSUMMER編のラストを先に見ているとスゴク胸が締め付けられる。

お話はだいたいこんな感じですが、美しい映像と音楽、特にギャルゲー(あるいはゲーム全般を含めても良いかも)屈指の美しさを誇るオープニング曲“鳥の詩”を含め場面場面での音楽が美しく、Keyの泣き要素は音楽で出来ていると評している人がいるほど。
見るものを引き付ける作品になっています。

なのですが、個人的にはAIRよりKanonの方が好きですね。( ̄-  ̄ )
理由はネット上でも良く語られていたラストにあります。泣けるんですけど、一言で言えば「そんなぁ・・・(T_T)」って感じでなんですよ。
これ以上言うとネタバレになるからAIR編のコメントもあっさりしているでしょ。

でも、面白くないわけではないですよ。何だかんだと言いながら再生機を持ってないのにAIRの「Blu−rayディスクBOX」買ってるし、しかもそれを見るためにPS3を後から買ってるしね。


1月2日(曇り時々雨)

(T_T)涙ダー

2007年の印象に残った番組の2つ目。というか泣かされた番組、またアニメですが“Kanon”のお話です。
正確には2006年〜2007年に放送された番組なので、2007年の番組じゃ無いんじゃねってツッコミが入りそうですが、Kanonには2007年に入ってからもDVD見て泣かされたので良いんです。
って言うか卑怯ですよ、この泣かせ度は。 o><)oモォォォォ〜ッ!!

原作は、もはや一部の方々には説明不要でしょう、Keyが1999年に発売した伝説的ゲームです。(たぶん、そう言っても過言じゃないでしょう)
Kanonにより泣きゲーと言うジャンルが確立したと言われています。

さて、そんなKanonですが、実は1度、2002年に東映アニメーションによってアニメ化されています。
しかしながら、今回はAIR(Keyブランドの第2作目のゲーム、Kanonは第1作目)のアニメ化で好評を得た京都アニメーションによるアニメ化です。
東映アニメーション版は見たことなのでわかりませんが、京都アニメーション版は凄いですね、元のゲームが女の子1人ずつしか攻略できない(水瀬名雪ENDの時には、月宮あゆはさよならを告げに来るとか)マルチエンディング方式を取っているのに対し、アニメではお話の展開が破綻しないで女の子全員のENDが見れるよう脚本を絶妙につなげています。(ま、話のつなげ方には賛否両論あるようですが)
しかも、Keyの“泣き”のツボはしっかり押さえてあるので、もうホント泣かされますよ。(T-T)

さて、お話のほうなんですが簡単に言うと

家庭の事情により北国の町にある従姉妹の家に居候する事になった高校生『相沢祐一(あいざわゆういち)』と、その町で出会う少女たちとの物語。彼女たちとの交流の中で、思い出せなかった幼い頃の記憶を取り戻していく・・・

と言う感じなのですが、大まかに以下の様な構成になっています。

第1話〜第6話:序章
ゲームで言うところの共通ルート。

第7話〜第10話:沢渡 真琴(さわたり まこと)編
第10話、丘の上で語られる祐一のモノローグはボロ泣きさせられました。(T_T)

第11話〜第15話:川澄 舞(かわすみ まい)編
第15話も泣けるんだけど、第14話の倉田佐祐理(くらた さゆり、舞の親友)が自分の過去を話したあと、今の生活をパッヘルベルのカノンに重ねて話をするシーンが泣けた。(T_T)

第16話〜第18話:美坂 栞(みさか しおり)編
第16話のラストは美坂 香里(みさか かおり)にもらい泣きです。(T_T)
第18話の噴水のシーン、そんなセリフ言われたら祐一じゃなくても言葉に詰まるよ、もう涙もでません。( ̄Д ̄°)

第19話〜第22話:水瀬 名雪(みなせ なゆき)編
このあたり、あゆの話も混ざってます。ゲームでもそうだけど、ほんわかキャラの名雪の話ではボロ泣きってところは無いかな。

第23話〜第24話:月宮 あゆ(つきみや あゆ)編
第23話、あゆの「それではボクの最後のお願いです。祐一くん・・・」のセリフから続くシーンはやっぱり泣ける。(T_T)

まあ、だいたいこんな感じなんですが、基本的にKanonは出会いと救済の物語なので、泣けるんですが悲劇にはなっていません。
特に京都アニメーション版では、ゲームでわかり辛かった 川澄 舞 END が整理されてわかり易くなったこと、それぞれの女の子の後日談が丁寧に描かれている(特にあゆ)のでゲームを攻略したことがある人も一見の価値があるとおもいます。

話は変わりますが、現在、TBS系BS−iでは京都アニメーションによるKeyブランドゲームのアニメ化3作目“CLANNAD”が放送中ですね。
実は既に、こちらもDVDの第1巻が手元にあるのですが、忙しくてまだ見ていないんですよ。


1月1日(曇り時々雪)
皆様、2008年あけましておめでとうございます。
2007年は結構テレビを見る機会が多くて色んな番組を見たのですが、その中から印象に残ったものをご紹介します。
まずは「おお振り」こと「おおきく振りかぶって」です。

原作は“樋口アサ”の漫画で、TBS系や衛星放送でアニメが全25話放送されました。
物語の舞台となってる埼玉県立西浦高校は、樋口アサの母校「埼玉県立浦和西高等学校」がモデルになっているのですが、アニメの第1話で主人公が校門をくぐる場面が実際の校門を正確に再現されていたことから、同校の2008年版学校案内に使用されたことでも話題になりましたね。
(埼玉県立浦和西高等学校は、他に“エースをねらえ!”の「県立西高校」のモデルにもなっている)

さて、肝心のお話のほうですが、簡単に言うと主人公・三橋 廉(みはし れん、ポジションはピッチャー)を軸に選手達の心の成長を描いています。
って書くといかにもありがちなスポーツアニメな感じですが、「おお振り」では登場人物たち(西浦ナインだけでなく対戦校の選手達も)の心の動きが非常に丁寧に描かれています。
そのせいもあってなのですが劇中では登場人物の人物像が良く描かれているんですけど、とにかくね、殆どのキャラが「まっすぐ」なのが良いんですよね。
西浦ナインは言うに及ばず相手校の選手も色んな考え方を持っているのだけど、共通して「野球が好き」で努力していると言う点が、この作品を非常に味わい深いものにしています。( ̄-  ̄ )

各話とも、とても話が面白いのですが、僕的に作中で特に好きな場面が2つ。

1つ目は【第3話:練習試合】での場面。中学時代のトラウマを引きずっているピッチャー三橋のために、三橋の中学時代のチームメイトがいる私立美星学園と練習試合をしたときのこと。
モモカン(野球部監督の百枝まりあの渾名。ちなみに女性。)が、この試合に勝って初めて三橋がチームの一員になると前置きした後に「みんな!三橋君が欲しい?!」と全員に問いかけた瞬間、間髪入れずに阿部(ポジションはキャッチャー)が「欲しい!」って叫ぶ場面。
この場面の前で「努力している三橋に報いてやりたい」と阿部が決意したことを受けてのことなのですが、阿部の真っ直ぐな気持ちが良く現れていてとても好きな場面です。

2つ目は【第24話:決着】での場面。夏の甲子園出場経験のある強豪、桐青高校との対戦。9回裏、桐青の攻撃で、しかもバッターは4番と言う状況。
プレッシャーで投げられなくなる三橋に野手全員が声をかけるのですが、最後にキャプテン花井(この時のポジションはライト)が「三橋!後のことは任せてお前の一番良い球投げろ!お前の投げる球なら誰も文句はねぇから!」と外野から声をかける場面。花井の一言に野手全員が「おお!」と相槌をうつのですが、この場面、後の展開も含めて何度見てもジ〜ンときますね。

上の2つの場面でも良く出ているのですが、勝つために努力を重ね、重ねた努力を無駄にしないために一生懸命に頑張る。そのひたむきさがスゴク胸を打ちます。
そして各話を見終わったあとでエンディング「メダカが見た虹」(第1クールED、第2クールは「ありがとう」)の歌詞「小さな喜びもいつか 宝物と笑って言えるかな 強さも優しさもなくて この足は震えたままでも」がとても胸にしみるンですよね。

ところで話は変わりますが、泉コロナの健美効炉の岩塩の部屋に寝ていると“新巻鮭”になった気になるのは僕だけでしょうか。( ̄-  ̄ )





[2007年の戯言]

[2005年の戯言]

[2006年の戯言]

[2004年上半期の戯言]

[2004年下半期の戯言]

[2003年上半期の戯言]

[2003年下半期の戯言]

[2002年の戯言]