今週の「刃牙道 BAKI-DOU」感想

前回 過去 どげせん エクゾスカル零 Gロボ 餓狼伝 疵面 みつどもえ blog 掲示板 Twitter リンク12 TOP

2015年8月27日(39号)
第4部 第74話「友人(ダチ)」 (1053回)

 よみがえった伝説の剣豪・宮本武蔵と、現代の達人・渋川剛気が遭遇したッ!
 この仕組まれた出会いは、どんな事件を生みだすのか。
 事件解決をするはずの警察、それもそのトップの警視総監・内海が仕組んでいるというのが罪深い。

 渋川さんは武蔵に気づかないフリをして背中を向けたままだ。
 武術家がわざと背中を見せる。
 これは誘っているな!
 もちろん、武蔵も誘われていると見破っているのだろうけど。

 いや、武蔵の興味はそこじゃなかった。
 達人・渋川の立ち姿に感心している。

(真中に一本――――――――
 しっかり通っとる……!


 体幹というか、重心の位置が良いのだろう。
 重心が安定している。
 それでいて、次の動きに素早く対応できる立ち姿かも。

 合気道は、究極的に自然や宇宙との一体感を得るらしい。
 脳内麻薬の出しすぎかも。
 もしくは禅などの東洋哲学による悟りの境地かもしれない。(史上最強の哲学入門 東洋の哲人たち
 悟りの境地って、武術の究極や、脳科学による意識の説明とそっくりで、もしかしたら同じ現象を違う言葉で説明しているんじゃないかと思えてしまう。

 とにかく、真ん中に一本ですよ。
 ゲバルが失敗した地球拳も、地球との一体感があったかもしれない。(範馬刃牙7巻 52話
 超垂直重心による地球投げとかも完成したりして。

 渋川先生が武蔵をムシしつづけるので、内海は武蔵を紹介する。
 このオッサン、平時に乱を持ちこむタイプかよ。
 だが、渋川さんもタヌキだ。
 笑顔で武蔵に挨拶する。

 まるで初対面のようにふるまっているが……
 渋川さんは烈海王と武蔵の試合を見ていた。
 試合後に控室にも来ていたし。(66話
 まさか、ボケたッ!?

 いやいや、達人は笑顔の時ほど恐ろしい。
 きっと笑顔の下に刃を忍ばせているのだろう。
 スキを見せたら すぐに襲いかかってきそうだ。

「いったい…………」
「どちらが強いのでしょう」


 内海が仕掛けたッ!
 けっきょく、この人も人間を戦わせて喜ぶタイプか。
 コイツが警視総監なんだから、恐ろしい。
 もしかして、地下闘技場が存続できているのは、内海の協力があったからかも?

 渋川さんは、やっぱり笑って流す。
 あやしい。
 なんか狙っていそうだ。
 まさか、となりの部屋に機関銃を装備した本部がひそんでいたりして。

「こうしてお会いできるだけで……」
「光栄の至り…」
「どうか握手をしてもらえませんか」


 西洋式の挨拶だッ!
 武蔵はよくワカっていないようだが、とにかく握手に応じた。
 両者が静かな緊張の中で、手を握る。
 握ったまま、動かない。
 なんだ? 握力勝負をしているのか?
 ではなく、武蔵が手を離せなくなったらしい。

 合気だッ!
 有名な技として、相手に手首を握らせて投げるというものがある。
 投げられるほうが握っているのだが、なぜか手を離せず投げられてしまうらしい。
 相手の動きをコントロールすることで可能というが、ここまで来ると武術というより妖術だ。

 渋川さんは握手のまま武蔵を崩す。
 そして、あおむけに倒した。
 投げたり、関節を極めるのではなく、崩して寝かせた!
 まるで赤子の手をひねるかのように簡単に倒す。

 烈海王は友人(ダチ)だ。
 勝負だからという理屈はワカるけど、割りきれない。
 というワケで倒れている武蔵にダメ押しで拳を叩きこむ達人であった。
 素手勝負で、得意の型に持ちこめば、現代の達人のほうが有利だ!
 次回につづく。


 渋川剛気は真剣勝負で左目を失った経験もある。
 そんなシビアな世界を経験している達人だから、友人の死もドライに受け止めるんじゃないかと思っていた。
 ところがどっこい、熱い友情をもっていたようだ。
 慎重で冷静な人だと思っていたけど、けっこう情熱的なんですね。

 武蔵に攻撃を加えるということは、反撃で斬られる覚悟をするってことだ。
 昔の武士はなめられたままじゃ、士道不覚悟で生きていけない商売だ。
 面子をつぶされたら、倍返ししないと世間体が悪い。
 本気を出す条件がそろった武蔵と戦うことになりそうだぞ。

 合気は武蔵の生きた戦国時代にはなかった技術なんだろうか?
 刀剣はあたりまえ、弓矢・鉄砲だってでてくる。
 そんな戦国時代には合気を磨いている余裕などなかったのかも。
 400年の時はムダじゃなかった。
 新しい技が開発されていたのだ。

 ただ、これで武蔵に勝てるとは思えない。
 武蔵も剣禅一致の境地に達している可能性がある男だ。
 殴られながら、究極の脱力で脱出するかもしれない。

 どっちにしても、武蔵の手が離れて自由に動けるようになったら、渋川ピンチだ。
 剣を持っていなくとも、武蔵は殺気の剣でイメージ斬りができる。
 殴っている渋川さんが有利に見えるけど、実は追い込まれているのかもしれない。

 渋川さんは本当に危険があるなら、その場に近づけない危険回避能力をもっている。
 自動車の自動ブレーキ機能より、ずっと高性能だ。
 その危険回避が働いていないっぽい。
 ならば、安全ってことだろうか?

 渋川さんは、危険を察知してもそのまま進んじゃう人だしな。
 今回も、危険と知りながら、あえて来たのかも。
 というか、渋川さんって危険を感じても止まったことないんだよな。
 なんのための予知なんだか。

 それとも、武蔵が実力を隠して渋川センサーを狂わせたのだろうか?
 あと、最近 本部さんが強いところをアピールしているので、なにが強いのか理解(わか)らなくなっているのかも。


------
・おまけ 新刊情報
刃牙道(7): 少年チャンピオン・コミックス 7/8に刃牙道 6巻が発売される!
宮本武蔵vs.烈海王の試合は武器解禁で容赦が無い。
武蔵の本気が炸裂するのか!?
6巻は54話から62話までッ!

バキ外伝 疵面−スカーフェイス−(6)(チャンピオンREDコミックス) 6年の長き沈黙をへてバキ外伝疵面6巻が発売だ!
レックスの強さの秘密が、ついに明らかになるかもしれないし、ならないかもしれない!
グランドマスターも、ついに本気を出すぞ!

真・餓狼伝 6 (少年チャンピオン・コミックス) 真・餓狼伝6巻が発売された!
真なる餓狼の伝記もこれで最後だ。せまる丹水流の闇に、丹波親子は対抗できるのかッ!?
最終巻は47話から!

みつどもえ 14 (少年チャンピオン・コミックス) 月間ペースでみつどもえ14巻が久しぶりに発売だ。
カラー16ページで出血大サービスだ! いろんな意味で。
14巻は251卵性から269卵性まで!

獅子の門 鬼神編 (カッパ・ノベルス) 獅子の門 鬼神編が発売される!
ついに完結!
羽柴彦六と久我重明の死闘があるらしいぞ!
なんか主人公の少年たちの名前があまり出てないけど、完結なのにそれでイイのか?

バキ外伝 拳刃(1) (チャンピオンREDコミックス) バキ外伝拳刃1巻が発売だ!
若き日の愚地独歩がやっちゃイケないような技で暴れる!
基本的に必殺だから敵は再起不能だぞ。教育的に良くないから秘密だ!

バキどもえ(2) (少年チャンピオン・コミックス) 板垣先生公認の刃牙パロ『バキどもえ 2巻』が、発売だ!
梢江いじりは止まらず、漢キャラは萌え化が止まらない!
刃牙は生きのこれるのか!?

謝男(3) (ニチブンコミックス) 土下座・新伝説『謝男(シャーマン)3巻』が発売される。
土下座の男・拝にたいし、謝らない女が登場する! この勝負、どこに転がる!?
3巻は11話から。

ジャイアントロボ(5)~バベルの籠城~ (チャンピオンREDコミックス) ジャイアントロボの最終章「バベルの籠城」5巻が発売だ!
我が身を犠牲にした最終奥義が炸裂しまくる。キャラ消費が激しすぎなんですけど!

エクゾスカル零 5 (チャンピオンREDコミックス) エクゾスカル零 5巻』が発売される。
ついにメデューサ計画の全容が語られる。
長い回想の先に出てくるのは、あの男だ! いや、女?

エクゾスカル零(3) (チャンピオンREDコミックス)
開花のススメ(1) (チャンピオンREDコミックス)
守るべき者のいない未来で正義執行者はいかに生きるべきなのか?『エクゾスカル零 3巻』が、発売される!
新ヒロイン初夜六花の登場により状況が大きくかわっていく。
発売日は8月20日です。収録は第十四歌から。

それと、外伝的作品『開花のススメ 1巻』も同時発売です。

新・餓狼伝 巻ノ二 拳神皇帝編 (FUTABA NOVELS) 原作『新・餓狼伝 巻ノ二 拳神皇帝編』が9/21に発売される。
長田が久しぶりに登場し戦う。
そして丹波文七も驚天動地の大失態プレイから立ち直って(?)リングに帰ってきた。
相手はジャイアント馬場的ポジションのカイザー武藤だ。丹波は勝てるのか?
感想書きました。「新・餓狼伝 巻ノ二 拳神皇帝編」感想


前回 過去 どげせん エクゾスカル零 Gロボ 餓狼伝 疵面 みつどもえ 日記 掲示板 Twitter リンク12 TOP

管理人:とら  連絡先(E-mail):E-Mail
【特定電子メール法に基づく表示】広告メール、迷惑メールの送信はお断りします

和書
コミック

 チャンピオン 
ジャンプ
マガジン
サンデー
RED
 板垣恵介 
夢枕獏
山口貴由

DVD
アニメ
CD
 ゲーム 
DS
PSP
Wii
PS3
360
PS2
PCゲーム
 PCギャルゲー 
フィギュア
パソコン
テレビ
メディア
家電
サプリメント
板垣恵介の激闘達人烈伝 板垣恵介の格闘士烈伝
駿河城御前試合 獅子の門 雲竜編 (カッパ・ノベルス)