【らくらくお太鼓帯結び】

これは、お太鼓の形を先に作ってから、体に帯を巻きつける方法です。
結ばないぶん帯の傷みが少なく、体も窮屈でありません。


用意するもの 
洗濯バサミ4個・バインダークリップ1個・帯・帯締め・帯揚げ・帯枕



@帯を広げ、帯山を決め三角形にきれいに折ります。
名古屋帯は縫い留めがありもうそのような形になっています。

A@を上に折り返します。

B次に「手」の部分の長さを出します。
左に伸びていた手先を右へと持ってきて、
お太鼓部分から3aほど右へ出し、さらに折り返る手先の分を右へと出します。

 → 


C手先はこのままで、帯本体、お太鼓の折っていたところを下へ戻します。


D三角形の底辺の部分をバインダークリップで留めます。
名古屋帯になっている場合は特に留める必要はありません。

E次に帯枕に帯揚げを巻いたものを置き、
上に伸ばしてある帯を持ってきてこれからお太鼓の形を作っていきます。

  

F帯の垂れ線を胴体の下に合わせ、帯の模様がよくでるよう形づくりますが、
お太鼓の大きさは小さめの方が粋な仕上がりになります。

 → 

 

G右に伸びていた手先をお太鼓の中へ通します。


H帯締めを通し、お太鼓の形が崩れないように洗濯バサミで挟んで固定します。
左に伸びている帯の部分はこの時二重になっています。
 


Iこのあとは、帯枕の位置で帯を背中に乗せ、帯枕、帯揚げの紐を仮結びします。
背中に乗せる時の姿勢は、やや腰を前かがみにします。

Jお太鼓が固定されたら帯板をお腹の部分にあてながら
帯の手の部分をベルトのように胴体に巻きつけお太鼓の下へと回し込みます。

K帯締めを結び、手の線を合うように整え、
帯揚げ、帯枕をきっちりと結び直します。

L後に洗濯バサミを外して出来あがりです。



※もし、ゆるいかなと思ったら巻きこんだ手の部分とお太鼓を
それそれ逆方向に引っ張ると締まります。

和のれっすんトップへ