★DMMバナー★
月に寄りそう乙女の作法2 ダウンロード版
★TOP絵★ ★バナー★ ★WEB拍手★ ★アクセスカウンター★

jadeの小部屋 〜ライトノベルとPCゲーム(エロゲ/美少女ゲーム)のレビューサイト〜
★Illustration by 草月★

ライトノベルとPCゲームのレビューサイト
jadeの小部屋 〜ライトノベルとPCゲームのレビューサイト〜

リンクフリー/相互リンク募集中



Since: 04/07/2003
★コンテンツ★
はじめにプロフゲームレビューライトノベルレビュー等その他レビューTVアニメ情報発売スケジュールランキングCG置き場頂き物
★最新レビュー★Last updated:08/25/2013
★PCゲーム(エロゲ/美少女ゲーム)レビュー★
天色*アイルノーツグリザイアの楽園乙女理論とその周辺真剣で私に恋しなさい!A-2ChuSingura46+1
★ライトノベルレビュー★
魔法少女育成計画憑物語俺の妹がこんなに可愛いわけがない11まよチキ!1〜12悲鳴伝
最新のPCゲーム(エロゲ/美少女ゲーム)とライトノベルのレビューページへのショートカットです。それぞれ一番左の作品が最新のレビューとなっています。
★PCゲーム(エロゲ/美少女ゲーム)年間発売スケジュール★Last updated:07/31/2015
★2015年発売スケジュール★
1月発売2月発売3月発売4月発売5月発売6月発売7月発売8月発売9月発売10月発売11月発売12月発売
2007年1月以降のPCゲーム(エロゲ/美少女ゲーム)の発売スケジュールを掲載しています。パッケージ・メーカー名・評価も記載しています。
★レーベル別ライトノベル年間発売スケジュール★Last updated:07/16/2015
電撃文庫コバルト文庫角川スニーカー文庫富士見ファンタジア文庫スーパーダッシュ文庫MF文庫J
ファミ通文庫ガガガ文庫ルルル文庫GA文庫講談社BOXHJ文庫メディアワークス文庫一迅社文庫
一迅社文庫アイリスこのライトノベルがすごい!文庫星海社文庫星海社FICTIONS講談社ラノベ文庫
ヒーロー文庫オーバーラップ文庫MFブックスモンスター文庫ダッシュエックス文庫
オーバーラップノベルス
2002年1月以降のライトノベルの発売スケジュールを各レーベルごとに掲載しています。表紙・著者名・イラストレーター名・評価も記載しています。
★Amazon売上ランキング各種ベスト100★
PCゲーム一般ゲームアニメDVDアニソンサントラアダルトDVDフィギュア一般コミックライトノベル成年コミック
各カテゴリーごとのAmazon売上ベスト100のページへ別窓で飛びます。順位は1時間ごとに更新されています。
★最近のイチオシ★
対魔忍ユキカゼ2
「対魔忍ユキカゼ2」

「イブニクル」
ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った? Lv.7 (電撃文庫)
「ネトゲの嫁は女の子
じゃないと思った?Lv.7」
掟上今日子の推薦文
「掟上今日子の推薦文」
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。10.5 (ガガガ文庫)
「やはり俺の青春ラブコメは
まちがっている。10.5」
★Twitter★
★DMM美少女ゲーム売上ランキング★
★注目作品★
8月25日発売予定
ユリシーズ ジャンヌ・ダルクと錬金の騎士1 (ダッシュエックス文庫)
ユリシーズ
ジャンヌ・ダルクと錬金の騎士1

8月25日発売予定
ユリシーズ ジャンヌ・ダルクと錬金の騎士2 (ダッシュエックス文庫)
ユリシーズ
ジャンヌ・ダルクと錬金の騎士2

8月28日発売予定
ランス03 リーザス陥落【Amazon.co.jpオリジナル特典:描き下ろしマイクロファイバークロス付き】
ランス03
リーザス陥落

9月1日発売予定
六畳間の侵略者!? 20 ドラマCD付き特装版 (HJ文庫)
六畳間の侵略者!?20
ドラマCD付き特装版

9月18日発売予定
シュヴァルツェスマーケン 紅血の紋章
シュヴァルツェスマーケン
紅血の紋章

9月18日発売予定
聖騎士 Melty☆Lovers Web早期予約対応版【唯々月たすく描き下ろしミニ複製サイン色紙4枚セット/Amazon.co.jpオリジナル特典:A3マイクロファイバータオル付き】
聖騎士 Melty☆Lovers

9月25日発売予定
恋愛フェイズ 初回限定生産版【Amazon.co.jp限定オリジナル特典:録り下ろしドラマCD付き】
恋愛フェイズ

9月25日発売予定
サクラノ詩-櫻の森の上を舞う-【予約特典:
サクラノ詩
-櫻の森の上を舞う-

10月23日発売予定
果つることなき未来ヨリ【Amazon.co.jpオリジナル特典付き】
果つることなき未来ヨリ

11月27日発売予定
凍京NECRO<トウキョウ・ネクロ> 完全生産限定版【Amazon.co.jpオリジナル特典:minoa先生描き下ろしSDキャラクター缶バッヂ2種付】
凍京NECRO
<トウキョウ・ネクロ>
★PCゲーム発売リスト★
7月新作発売予定
7月10日(金)
・覗き見バイブレーション
・プレイクラブ 追加データ+スタジオ
・発情淫母

7月24日(金)
・紅い瞳に映るセカイ 初回版
・紅い瞳に映るセカイ ず〜っと真紅といっしょ!ぬいぐるみ同梱豪華限定版
・フェアリーテイル・レクイエム
・幻のディストピア
・ヤ・ク・ソ・ク☆ラブハーレム
・星空のバビロン
・痴漢王 〜淫国の創造者〜
・さくらにかげつ
・カスタムメイド3D II
・恥辱の制服
・教え子は魔法少女
・エッチでヘンタイ!ヤキモチお嬢様!!
・ソーサリージョーカーズ
・IZUMO スペシャルパック
・マジカルチェンジアリス

・人妻運輸・催眠NTR便 三者の物語 完全版
・ハピメア Wパック
・巨乳deキャンプ
・アンモライト セレクトパックvol.1
・ハイクオ 10th Best Collection SET
・JK放課後ラブ [DVD Edition]
・い・い・な・り 普及版
・サポありカノジョ
・淫烙の巫女NTR トータルパック
・巨乳な従姉妹にムラムラして無知をいいコトに最後までヤっちゃった!/エキゾチック!妹日記 [HB EDITION]
・常夏の孕ませ人妻アイランドへようこそ!
・人間家具の作り方/人間家電 [HB EDITION]
・彼女はオレからはなれない 新装版
・無職の中年親父が学園に潜入して巨乳J○共を堕としてやるぜフハハ/幼馴染の彼女と生意気な妹をビッチにしてやったフハハ [HB EDITION]

7月31日(金)
・やらせてっ!てぃーちゃー CHANGE
・淫らな魔法使いと救性主
・それでも妻を愛してる 廉価版
・濡れた制服
・らぶらぶプリンセス 初回限定版
・らぶらぶプリンセス Wらぶらぶセット
・姉と幼なじみは中がイイ!
・天魔少女レナ 抱き枕カバー付き豪華版

・天魔少女レナ 通常版
・爆乳女将
・小女ラムネ
・最果てのイマ -COMPLETE-
・BEST BUY “F&C” Canvas1・2パック
・BEST BUY “F&C” 天空のシンフォニア1・2パック
・戦極姫3 価格改定版
・戦極姫3 デラックス版
・息子の嫁を寝取ってみたワシ
・僕のフタナリ彼女!

・恋と選挙とチョコレート The Best
・蠱蝶の夢 廉価版
・父性ブレイクダウン
8月新作発売予定
8月14日(金)
・奪again
・ZeBRa 普及版
・イキスギアイドル
・JKビッチ三人娘! 特濃はめぱこダイアリー

8月21日(金)
・こいなかlovers
・こいなか completebox
・虐襲5 アニメエディション&エクストラ シナリオ パック
・虐襲5 エクストラ シナリオ

・人妻公然恥辱電車

8月28日(金)
・ランス03
・トラベリング スターズ
・PRIMAL×HEARTS2
・恋と魔法と管理人
・天気雨
・狂いの月
・×× of the Dead
・お姉さまは保健医 廉価版
・アヤカシ散華
・塔の下のエクセルキトゥス
・KISS×1000 昔、KISS部というサークルがありました 
・戦極姫6 遊戯強化版・壱
・妻色少女
・リベンジポルノ
・リバイブ
・ラッキースケベな俺の日常
・ディバインハート カレンSP シーズン1 フルパック
・せんせいあのね…
・おお勇者よ、イってしまうとは情けない!
・おしおき生意気ギャル
・ヤンデレ女神に愛され過ぎる性活
・催眠内偵
・1分の2恋ゴコロ
・せぶんぴ〜す!
・妹のセイイキ 抱き枕カバー付き豪華限定版
・妹のセイイキ 通常版
・完全時間停止
・聖奴隷学園 ERE
・JK調教学淫
・お母さんを孕ませて子供ができるまでヤッてみた僕
・嫁取り×下克上 完全版
・虚言少女
・獣耳魔法少女セリナ
・仮面バイザーBLACK/幸薄巨乳J○がインチキ占い
性法で堕ちるまで……。 [HB EDITION]
・巨乳J○バレーボール部員を神聖なコートでビッチ化してやるぜ フハハ/発育の良い巨乳J○姉妹をビッチ化してやるぜ フハハ [HB EDITION]
・堕姫2 普及版
・魔法戦士 Complete Disc4
・巫女さん☆れすきゅ〜!
★ライトノベル発売リスト★
7月新刊発売予定
★コバルト文庫★
7月1日(水)
・破妖の剣6 鬱金の暁闇24
・公主様のお約束! それはうっかり出逢うこと
・棘公爵の花嫁 賭けをしましょう、旦那様

★角川スニーカー文庫★
7月1日(水)
・艦隊これくしょん -艦これ- 瑞の海、鳳の空2
・CtG ─ゼロから育てる電脳少女─3
・終末なにしてますか?忙しいですか?救ってもらっていいですか? #03
・新妹魔王の契約者VIII
・城下町は今日も魔法事件であふれている
・天空監獄の魔術画廊II
・バケモノの子
・Hero and Daughter Lv1からはじめる勇者奪還作戦

★HJ文庫★
7月1日(水)
・成り上がり英雄譚
・ソード&ウィザーズ2
・グラウスタンディア皇国物語6

・百錬の覇王と聖約の戦乙女8

★講談社ラノベ文庫★
7月2日(木)
・銃皇無尽のファフニール\
・僕の文芸部にビッチがいるなんてありえない。4
・二線級ラブストーリー
・ラン・オーバー
・失楽ノア
・電波な女神のいる日常
・湯けむり温泉郷まほろばの非日常2
・うしろの席のヴァルキリー2
・魔王軍の軍師はじめました3

★講談社BOX★
7月8日(水)
・アニメ<物語>シリーズ ヒロイン本 其ノ漆 ファイヤーシスターズ
★星海社文庫★
7月9日(木)
・NOeSIS 嘘を吐いた記憶の物語1
・NOeSIS 嘘を吐いた記憶の物語2
・RPF レッドドラゴン6 第六夜(上) 夢幻回廊
・RPF レッドドラゴン6 第六夜(下) 果ての果て
・大日本サムライガール1

・プラトニックチェーン(下)

★電撃文庫★
7月10日(金)
・折原臨也と、夕焼けを
・新約 とある魔術の禁書目録(13)
・ロウきゅーぶ!(15)
・WORLD END ECONOMiCAIII
・いでおろーぐ!2
・マンガの神様(2)
・竜は神代の導標となるか2
・ザ・ブレイカーIII
・課外活動サバイバルメソッド2
・鮮血のエルフ2
・たとえばラブとカミサマーデイズ。
・魔界貴族のなつやすみ
・聖剣のソードラビリンス
・彼女は遺伝子組み換え系

★このラノ文庫★
7月10日(金)
・スクールライブ・オンライン6
★星海社FICTIONS★
7月15日(水)
・ケイオスドラゴン 赤竜戦役1
・アリス・イン・カレイドスピア1

★GA文庫★
7月15日(水)
・踊る星降るレネシクル6 ドラマCD付き限定特装版
・踊る星降るレネシクル6
・イレギュラーズ・リベリオン1.
・騎士王候補の守護執事2

・セイクリッド・クロニクル
・神楽剣舞のエアリアル4
・ジンクスゲーム3
・ファタモルガーナの館 あなたの原典に至る物語W

★ガガガ文庫★
7月17日(金)
・飽くなき欲の秘蹟
・妹さえいればいい。2
・GJ部ういーくりー
・クロスワールド・アルケミカ
・犬と魔法のファンタジー
・不戦無敵の影殺師5

★富士見ファンタジア文庫★
7月18日(土)
・いつか世界を救うために
・おまえをオタクにしてやるから、俺をリア充にしてくれ!12
・女勇者が俺のクラスでぼっちになってる
・艦隊これくしょん 鶴翼の絆5
・空戦魔導士候補生の教官7
・グランクレスト戦記5
・ゲーマーズ!2
・金色の文字使い5
・ハイスクールD×D20
・ロクでなし魔術講師と禁忌教典4
・ロムニア帝国興亡記VI

★一迅社文庫★
7月18日(土)
・何かが深海からやってくる 8月の迷惑な侵略者たち
・土属性はダテじゃない!! 新たなる挑戦者たち
・妄想少女は魔法を使えない
・不遇職な俺とポンコツパーティーが罠とか作って無双する

★一迅社文庫アイリス★
7月18日(土)
・引きこもり魔女の結婚 祝福は黒衣の悪魔と幽霊城で
・第七帝国華やぎ隊 その娘、飢えた獣につき
・壊滅騎士団と捕らわれの乙女5
・砦の魔女 ある日、素敵な薬草畑を見つけまして
・王女殿下の憂鬱 ドSな魔法騎士と花嫁修業

★ダッシュエックス文庫★
7月24日(金)
・いらん子クエスト
・SとSの不埒な同盟
・クロニクル・レギオン3
・神鎧猟機ブリガンド3
・東京戦厄高校第72討伐班2
・ブラッディ・ウェポンズ2
・六花の勇者6

★MF文庫J★
7月24日(金)
・アブソリュート・デュオIX
・Classroom☆Crisis1
・Classroom☆Crisis あなざーくらいしす1
・星刻の竜騎士XIX
・精霊使いの剣舞14
・Digital Eden Attracts Humanity2
・ノーゲーム・ノーライフ7
・緋弾のアリアAAII
・再び始まる反救世譚2
・放課後のゲームフレンド、君のいた季節
・僕とドSと腐女子と脳筋2
・魔女殺しの英雄と裏切りの勇者

・魔弾の王と戦姫12

★MFブックス★
7月24日(金)
・甘く優しい世界で生きるには4
・やる気なし英雄譚4
・マギクラフト・マイスター6
・ドラグーン3
・先代勇者は隠居したい4

★ルルル文庫★
7月24日(金)
・失恋令嬢の意地悪な先生
・恋する公主と危険な子守り武官

★メディアワークス文庫★
7月25日(土)
・残念ねーちゃんの捜索願い
・星空のコンシェルジュ
・招き猫神社のテンテコ舞いな日々2
・女神搭載スマートフォンであなたの生活が劇的に変わる!
・ウチと白ばあちゃんと株の神様と
・ぼくたちのなつやすみ 過去と未来と、約束の秘密基地
・レッドスワンの星冠

★オーバーラップ文庫★
7月25日(土)
・IS<インフィニット・ストラトス>I
・最下位覇王の無双支配1
・異世界迷宮の最深部を目指そう4

★オーバーラップノベルス★
7月25日(土)
・NO FATIGUE@
★ヒーロー文庫★
7月29日(水)
・チート薬師の異世界旅4
・異世界で生きていく方法
・異世界食堂2
・最新のゲームは凄すぎだろ4

★ファミ通文庫★
7月30日(木)
・英雄失格
・賢者の孫
・猿渡さん家のラグナロク
・獣娘小隊にやる気なし司令官が着任しました。
・迷宮都市のアンティークショップ2
・モンスターハンター 氷雪無尽の獄狼竜
・テイルズ オブ ゼスティリア 下

★モンスター文庫★
7月30日(木)
・エルフ転生からのチート建国記@
・軍師は何でも知っているC
・神眼の勇者A
・ビルドエラーの盾僧侶B
8月新刊発売予定
★コバルト文庫★
7月31日(金)
・偽姫 乙女の選択と下剋上な猟犬たち
・嘘つきたちの輪舞
・ひきこもり姫と腹黒王子 vsヒミツの巫女と目の上のたんこぶ

★講談社ラノベ文庫★
7月31日(金)
・彼女がフラグをおられたら ここは修学旅行生に任せて、早く枕投げに行くのよ
・アウトブレイク・カンパニー 萌える侵略者13
・アルティメット・アンチヒーロー3
・東京アリスゴシック2
・契ってください魔王陛下。3
・アフターブラック
・イノセントレッド
・ウィークエンド・ドラゴン2
・ハロー・ワールド2

★角川スニーカー文庫★
8月1日(土)
・あれは超高率のモチャ子だよ!
・俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している11
・ガンダムビルドファイターズ1
・されど僕らの幕は上がる。Scene.1
・たま高社交ダンス部へようこそ
・保育の騎士とモンスター娘
・横浜ダンジョン

★HJ文庫★
8月1日(土)
・断罪官のデタラメな使い魔
・神話大戦ギルガメッシュナイトU
・戦うパン屋と機械じかけの看板娘2
・魔法剣士のエクストラ5
・黒き英雄の一撃無双6.
・姉ちゃんは中二病6

★電撃文庫★
8月8日(土)
・ソードアート・オンライン16
・魔法科高校の劣等生(17)
・ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?Lv.8

・ゼロから始める魔法の書IV
・未踏召喚://ブラッドサイン(3)
・なれる!SE13
・ひとつ海のパラスアテナ3
・運命に愛されてごめんなさい。(3)
・新フォーチュン・クエストII(6)
・堕天のシレンII
・バリアクラッカー
・激突のヘクセンナハトI
・美少女とは、斬る事と見つけたり

・ダスティー☆ヴァンパイアガール(1)
・聖剣士VSブラック企業
・東京ドラゴンストライク
・宇宙人の村へようこそ

★GA文庫★
8月15日(土)
・仮面魔女の解放戦記
・教導覇帝の完戦常勝譚
・幻葬神話のドレッドノート
・聖剣使いの禁呪詠唱13
・ハンドレッド8
・ハンドレッド8 ドラマCD付き限定特装版
・アルケミストの終焉創造術5
・世界の敵の超強撃!4
・天壌穿つ神魔の剣3
・路地裏バトルプリンセス3

★星海社FICTIONS★
8月17日(月)
・世界創造株式会社
★ガガガ文庫★
8月18日(火)
・芸人ディスティネーション3
・七星のスバル
・筺底のエルピス2
・フリック&ブレイク2
・魔法医師の診療記録
・我がヒーローのための絶対悪2

★富士見ファンタジア文庫★
8月20日(木)
・いづれ神話の放課後戦争
・OnlySenseOnline6
・軍オタが魔法世界に転生したら、現代兵器で軍隊ハーレムを作っちゃいました!?4
・災厄戦線のオーバーロード3
・神装都市の無刃聖機士2
・神槍の光姫と覇刃の従者
・スカイ・ワールド11
・対魔導学園35試験小隊11.
・デート・ア・ライブ アンコール4
・武に身を捧げて百と余年。エルフでやり直す武者修行5
・放浪勇者は金貨と踊る2
・まわせっ!課金戦乙女のヒルデさん

★ダッシュエックス文庫★
8月25日(火)
・カボチャ頭のランタン03
・サクラ×サク03
・精霊医は勇者の変態を癒せるのか!?
・テラフォーマーズ THE OUTER MISSIONU
・はてな☆イリュージョン3
・ユリシーズ ジャンヌ・ダルクと錬金の騎士1
・ユリシーズ ジャンヌ・ダルクと錬金の騎士2

★MF文庫J★
8月25日(火)
・明日、今日の君に逢えなくても
・異世界ならニートが働くと思った? エルフの姫を奴隷にして
・世界を支配させます。

・EX-PHAZER
・落ちてきた龍王と滅びゆく魔女の国VIII
・さて、異世界を攻略しようか。7
・七人の魔女と灰被りの空の御剣者
・チートな僕のアホの娘育成論2
・緋弾のアリアXXI
・僕は友達が少ない11
・魔剣の軍師と虹の兵団III
・魔法戦争XII

★MFブックス★
8月25日(火)
・ディンの紋章4
・詰みかけ転生領主の改革6
・無職転生7
・フェアリーテイル・クロニクル8

★オーバーラップ文庫★
8月25日(火)
・ワールド・ティーチャー 異世界式教育エージェント1
・異世界に転生したんだけど俺、天才って勘違いされてない?

・神器繰刻のアイオーン
・リーングラードの学び舎より2
・異世界混浴物語2
・フレイム王国興亡記4

★オーバーラップノベルス★
8月25日(火)
・神殺しの英雄と七つの誓約1
★ファミ通文庫★
8月29日(土)
・異世界ハーレムが俺に究極の選択を迫ってきた
・碓氷と彼女とロクサンの。
・吸血鬼になったキミは永遠の愛をはじめる(5)
・黒鋼の魔紋修復士13
・艦隊これくしょん 陽炎、抜錨します!6
・千年戦争アイギス 月下の花嫁III
・翠星のガルガンティア 続編小説 上
・謳えカナリア

★モンスター文庫★
8月30日(日)
・物理さんで無双してたらモテモテになりましたC
・モンスターのご主人様C
・勇者パーティーにかわいい子がいたので、告白してみた。B
★今日の萌え絵★過去ログ
2015年1月5日
羊委員長@東鳩
羊毛を刈られただけだから裸でもセーフ。

胸を張る凛@Fate
凛にしては大きい…これはパットの検査が必要ですわ。

羊唯@To LOVEる
これはハレンチですわ。
★最近の日記★過去ログ
2014年12月31日
前回の日記更新から7か月経過、気が付けば今年最後の日になってたよ…
結局日記の更新は年4回、萌え絵は月1程度の更新頻度、レビューに至っては去年1年1本も書かなかったという体たらく。唯一発売日リストの更新だけは毎週末できたのがせめてもの救いか。

そもそもサブカル系の趣味に割く時間が今年はほとんど取れなかったからなぁ。
アニメを観れたのは「ニセコイ」が最後だし、ラノベは去年まで毎年100冊以上読んでたのが今年はその半分程度、エロゲもシナリオ系のフルプライス作品を年間10本以上プレイしてきたのに今年はFDを入れても8本。
地味に同人RPGとか低価格の抜きゲーなんかはちょっとした息抜きにDMMでDLしてプレイしてたけどね(苦笑

要因はいくつかあるけど、アニメは忙しくてまとまった時間が取れなくなったこと、ラノベはなろう小説の読む作品が増えて比重がそちらに傾いたこと、エロゲは“購入→プレイ→高いうちに売却”のサイクルが取れなくなったため(一部の例外を除いて)評価待ちのスタンスになったこと、この辺りが主要な要因かな。

ちなみに去年プレイしたシナリオ系のエロゲは、「真剣で私に恋しなさい!A-3」「ランス9」「天秤のLa DEA。」「この大空に、翼をひろげて SNOW PRESENTS」「アストラエアの白き永遠」「真剣で私に恋しなさい!A-4」「ChuSingura46+1 武士の鼓動」「月に寄りそう乙女の作法2」
…あれ?振り返ってみたら評価待ちで買った作品が一本もない…だと?(汗

(閑話休題)

二次元的な要因はそんな感じ。
で、中の人的にはとにかく仕事が忙しかった、この一言に尽きますね。
大きなプロジェクトが佳境を迎えて例年以上に通常業務が忙しくなったうえ、平社員にも関わらず何故かワーキングチームの責任者にされるわ、同じ部署から退職者が3人出たうち2人の仕事を丸々引き継ぐ羽目になるわで、半期経過時点ですでに前年度の残業時間を超えてしまうという有様。

そんな忙しい状況下にありながら1月26日〜11月30日までの10か月間で資格試験を10個受けるという暴挙に出れば、そりゃ趣味に割く時間なんて捻出できるわけもないわなぁ(自嘲

とりあえず仕事の方はプロジェクトが8月辺りで落ち着くはずだし、資格試験も今年頑張ったおかげで来年は税理士試験(8月上旬)1本に絞れるので、夏休みくらいからは時間が取れるようになる…はず。
その辺りになれば更新頻度もおのずと上がる…はずなので、今しばらく生暖かい目で見ていただければ幸いです。

それでは今年一年ありがとうございました。来年もよろしくお願いします。
にゃ(・ω・)ノシ
2014年5月10日
味噌汁ぶちまけてパソコン壊れたり、資格試験当日に高熱出した上に迷子になって全力疾走する羽目になったり、親知らず抜いたら深夜に傷口開いて大量出血して布団がどす黒く染まったり、次から次へと仕事を押し付けられて気が付けば管理職がやるような仕事までやらされてたり、相変わらず不幸続きだったけど今ならわかる。
それらはすべてこの作品に出会うために神が与えた試練だったのだと!

知る人ぞ知る名作「陰湿オタクにイカれる妹(彼女)」のコンビ(武田弘光×OZ)が再びタッグを組みこの世に送り出した作品だけあって、アヘ顔+淫語+NTR好きにとっては珠玉の傑作だったわ。

本当は今日は
「ランス9 ヘルマン革命」について語ろうと思ってたんだけど、これをやった後じゃそんな気分になれないわ。
今の気分で語ろうとするとアヘ顔ピースなかなみのエロさについて1万字くらい語りかねないからな!

ちなみに今年はシナリオゲーはランスくらいしかやってないんだけど、DL版の抜きゲーは結構やってるんだよね。それこそ両手で数えきれないくらいにはねw
その中ではこのケダモノと「魔法少女静流」は特に素晴らしく、歴代トップ5に入るくらい良かったわ。ホントいい作品に巡り合えたわ。
こういうところで運を使うからプライベートで不幸に見舞われるんだろうなぁと思わないでもないけど後悔はしていない(キリッ
2014年4月1日
異世界召喚から戻ってきたら3月が終わっていた…だと?!

や、ホント今回は散々な召喚だったわ…
召喚者はテンプレな姫…と思いきや姫は姫でもオークプリンセスだし、種族の危機を救えとかそんな目的だと思ったら寝取られた一族のオスたちを取り返すために召喚したとか言われるし、とっとと依頼を果たして帰ろうと思って現場に行ったら大量の女騎士が「…くっ、殺せ」って言いながらオークにだいしゅきホールドしちゃってるし、中には明らかにお前女僧侶だろって奴が「女騎士はちんぽなんかに負けない」って言いながら嫌がるオークに跨って嬉々とした表情で腰振ってるし、もうなにこのカオスって状態。

色々な意味で手の施しようがなかったので、オークプリンセスに「“おんなきし”って名札を付けたスク水着て「…くっ、殺せ」って言ってれば寝取り返せるんじゃね?」って適当なアドバイスしたら見事に性交(誤字に非ず
その際のオークプリンセスの潮吹きで元の世界に戻ってきたら3月が終わってたとかもうね。
最低でも月に一度は更新しようと思ってたのになぁ…
まあ非常事態だったから仕方がないよね、うん。

……
………くっ、殺せ!
2014年2月28日
オレ、今週末の資格試験が終わったら「真剣で私に恋しなさい!A-3」「六畳間の侵略者!?15」を買うんだ(死亡フラグ

そんなわけで今日は日曜日の資格試験に備えて休暇を申請し、最後の悪あがきを行っています。
やはり前回の試験から1カ月しか間がないとちょっと厳しいよなぁ(苦笑

でもこの試験が終われば次の試験まで1カ月半空くので多少は余裕ができるはず(願望)なので去年のラノベ&エロゲのランキングとか作り…たいなぁと思っている所存。

でもその前に1番大好きなラノベ六畳間(祝アニメ化決定)の最新刊と、まじこいA-3を全力で楽しむけどね!
六畳間は一番好きなヒロインのキリハさんメイン回だし、まじこいはA-1のあずみシナリオの頃から気になっていた九鬼家の従者2人のシナリオが収録されているだけに超楽しみ♪

オレ、今週末の資格試験が終わったらじんちゅーちゃんといちゃいちゃするんだ(死亡フラグ
2014年1月29日
あけまんピー!!!
おめピー!!!
ございまんピー!!!



…しばらくお待ちください。


そんなわけで年が明けてから最初の更新と言うことで年初のご挨拶から入らせてもらいました。
途中音声が乱れて聞き取れなかった部分があるようですがご容赦ください。

さて、年末の更新時に転職活動始めますと書いてからもうすぐ1カ月経つわけですが、実はこの間まったく転職活動はしていません。
や、相変わらず人事に対しての不満は燻り続けてるのですが、年明けの部長面談の際に部長から色々と温かい言葉をかけていただいたので、今の部長の下で働いている間は我慢しようかと思いなおしました。

とはいえアホ人事のことだからこのタイミングで異動させるとかバカなことをやりかねないので、いつでも転職活動を始められるように今のうちに獲れる資格は獲っておこうと日々勉強に勤しんでいる次第。

ここ最近も9月、10月、11月、1月と短期間で試験を受けてきたのですが、今後は3月、4月、5月、6月、7月と月1ペースで受ける予定なので、当分更新ペースは上がらないかも(汗
7月までの試験に全て受かれば次は10月、4月、8月とスケジュールに多少の余裕ができるので何とか頑張りたいと思います(`・ω・´)

★拍手レス★
>いつもお世話になってます。これからも頑張ってください
最近頑張ってなくてごめんなさい(´;ω;`)
出来る限りは頑張りますので見捨てないで頂ければと思います(´・ω・`)
2013年12月31日
巷で人気の某艦隊ものをプレイし始めました。
…嘘は言っていない。

さて今日で2013年も最終日。
今年は公私ともに本当に酷い1年だった(遠い目
いいかげん会社(主に人事)に対する不信感が限界を突破したので、来年早々から転職活動を始めるつもり。
さすがに取ってつけたような理由で昇進見送られるのが3回も続けばそりゃ見限るわ。
これで職場での評価も低ければ仕方がないと思うけど、職場では逆にかなり評価してもらっているので仕事量は3人前、質的にも2〜3つくらい上の役職の仕事をしてる状況で直属の上司からもかわいそすぎるって同情される始末だからね(苦笑
てか、仕事内容を目の前で見てる部長が推薦出してるのに各人の仕事を把握していない人事が突き返すとか納得できるわけないだろと小一時間(r

そんなわけで忙しくなる前の最後のまとまった休暇ということでエロゲに励んでいる次第です。
上のオススメにある「魔法少女リィ」なんかは私好みで実に良かった。
システム面とか不満な部分もあるけど、15〜30時間程度遊べるわけだから、低価格(1500〜2000円)ということを考えれば十分満足できる内容だったわ。
やはり戦うヒロインものは素晴らしいね。触手最高。
次は触手に携われる仕事に就こう。

★拍手レス★
> 戦女神リメイク発売決定!!ここ何年か微妙な作品ばかりだったので期待してます!
最近のエロゲは微妙なものが多いので、過去の名作をリメイクした方が売れるような気がしますね…

> 今年のエロゲは良いのがほとんどなかったなぁ。面白かったのChuSingura46+1とグリザイアと乙女理論くらいしかなかった。今までで最悪の不作年かも。
確かに今年は不作でしたね。
作品トータルの評価で良作以上の評価を出来るのは挙げられた3本と「ものべの -happy end-」くらいかな。
あとは作品全体で見れば中の上だけど「辻堂さんのバージンロード」の梓シナリオと「真剣で私に恋しなさい!A-1」のあずみシナリオは良かったと思います。

> ホワルバ2のアニメは7話で最終回でいいと思うんだ。それ以降はかずさがじわじわとなぶられるだけだし。
かずさが拷問され続ける中盤はつらかったけど、終盤は泥棒猫をンゴれたので個人的には満足でしたw

> 6年ぶりぐらいに来ましたがサイトがまだあるなんて……初エロ本としてゼロの者の単行本をここから買ったような記憶が……
おかえりなさい。このサイトは貴方達のような方々の故郷のような存在でありたいと思っています。現世に疲れた際にはお立ち寄りください。

> こんにちは。いつもみてます。東京レイブンズのアニメの1話を観て、これだ!と思って小説を全巻買い、読んで、またアニメで映像化を楽しんでます。2話の 最後の春虎の声なき叫びや、8話の冬司と春虎のバトルのシーンでは思わず泣きました。特に小説の9巻は本当に最初から最後までおもしろすぎて一気に読破し てしまいました。9巻のアニメ化が楽しみです。原作では夏目と北斗が好きだったのですが、アニメでは鈴鹿がとてもかわいいですね。jadeさんの言う通り 大天使鈴鹿様に改名すればいいと思います。10話放送後のアニメ公式ページのツイッター画像はみましたでしょうか?鈴鹿様が大変ご褒美なお言葉をおっしゃ られているので、良かったら見てみてください。それではこれからも頑張ってください。!
最近の東京レイヴンズは面白いですよね。
原作が神なので正直アニメ化は不安でしたが、序盤はともかく鈴鹿再登場以降は神懸ってるので毎週楽しみにしてます♪
鈴鹿可愛いよ鈴鹿(//∀//)
2013年11月17日
今日は「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語」を観てきました。
当初はBD発売まで待つつもりだったんですが、昨夜25時半〜26時の間に某泥棒猫のせいで膨れ上がった殺意の波動が静まらず、27時頃に衝動的に予約してしまったんですよね(苦笑

……
………
あの泥棒猫にはホント死んでほしいわ(
来週から泥棒猫の手によってかずさが拷問にかけられて嬲り殺しにされていくことになると思うと…
うがあああああああああああああああああああ泥棒猫死ねえええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええ!!!!!!!!!!!!
って気持ちになるのは仕方がないことじゃないですか、ね?(にっこり

ただでさえ最愛の八九寺を失って「これから俺は何を想って今後の人生を生きていけばいいんだろう…」と消沈してたところにクサレ泥棒猫のあの仕打ち。
絶対に許さない。いいか絶対にだ!(※ただしcoda雪菜トゥルーエンドの泥棒猫は除く

(閑話休題)

そんなわけでまどマギを観てきたわけですが、内容について詳しく話すことはガハラさんに固く禁じられているので、ネタバレにならない程度に各キャラについて感想を中心に書きたいと思います。

・まどか
1時間半くらい空気だった件。
ほむほむと抱きあって自分の想いを話すシーンでは涙腺決壊しかけたけど、そこ以外は正直お荷物感が否めなかった。

・ほむほむ
愛が重い…重すぎる…(ドンビキ
ストーカー気質というかヤンデレ気質というか…
途中で終わってれば悲劇のヒロインでいられたのに…

・マミさん
おっぱい揺れ過ぎ。
TVアニメ版以上におっぱいでかくなってないか?
魔法少女は成長しないはずなのに…これはもしやマミさんの理想が反映されたということなんだろうか?

・さやか
腋がエロイ。エロすぎる。
俺の中では今回の主人公。
実は結構好きだったことに今更になって気が付いた。
杏子とイチャついたり共闘したりするシーンでは不覚にも感極まって涙ぐんでしまった。

・杏子
腋がエロイ。太もももエロイ。
あと制服姿が案外似合ってて可愛かった。
ビジュアル的には一番好きやね。
公式でさやかとイチャついてくれるとは思っても見なかったので嬉しい誤算。

・キュゥべえ
喋らなければ可愛い。

・ベベ
お前はチーズやるから黙ってろ。

・上条きゅん
クズ。
仁美のウザさに今更ながら気付いてゲンナリしてそう。
自然消滅を狙ってる臭いがぷんぷんする。

・仁美
面倒くさい女。絶対に付き合いたくないタイプ。
卒業と同時に捨てられそうな気がする。

・早乙女先生
…誰かもらってあげてください。

・ストーリーについて
いかにもまどマギらしいストーリー展開で面白かった。
魔女の正体は意外でも何でもなかったけど、終盤の展開は想定の範囲外だったわ。
あそこでどんでん返しを起こさずに綺麗に終わっても十分良作以上の評価だったけど、続きがありそうな方向に持って行ってくれたので今後の展開が実に楽しみやね。
2時間中3回くらい涙ぐんだのは秘密。

と、まあ大体こんな感じ。
どんなに気に入った作品でも劇場版は普通にスルーするんだけど、この作品は観て良かったと心から思えたわ。
特にさや杏好きは絶対に観るべきだと思います。

★拍手レス★
> どの程度のネタバレを見たのかは分からないですが、それでもなお「ととの。」は、プレイする価値があると思います。 特にプログラム面のすごさは、シナリオ上のネタバレを受けていてなお、一見の価値があると思うくらい、作り込まれていますからね。
画像付きで最初から最後まで解説してるサイト見てしまったんで…
最近エロゲ熱が冷めてきてる中、楽しみが半減してるとわかっていながらプレイしたいとは正直思えんのですよ(´・ω・`)

> はじめまして。
Nice to meet you(・ω・)ノ

> 楽天優勝しましたね〜感慨深いです。
私も今年は楽天を応援してたので嬉しかったです。
シーズン無敗のマーさまで負けて逆王手をかけられながら美馬、則本が繋いで最後にマーさまで締めるとかマンガみたいな展開でめっちゃ熱かったですわ。

> ここ見てRe:ゼロはまってしまったw 私もなろう小説はまりそう(^ω^)
Re:ゼロ面白いですよね。
最初の方は主人公の設定がブレたり話がなかなか進まなかったりしてイラっとするところもありますが、難易度が跳ね上がる二章中盤以降からは人を惹きこむようになってくるんですよね。
なろう小説には他にも面白い作品が多いので、色々読み漁ってみると楽しいですよ。
2013年10月31日
前回の日記更新から早1ヶ月。
最早日記ではなく月記と呼ぶべき状態ですね(苦笑

この1カ月の近況ですが、エロゲはDL作品の抜きゲーをいくつかプレイした程度ですね。ただ今週末の三連休用にシナリオゲーを1本買ったので、それが面白ければレビューを書くかもしれません。

アニメは今期良作揃いなこともあり、私にしては珍しくリアルタイムで見ることが多かったりします。
リトバスR、物語シリーズ、キルラキル辺りの出来の良さは想定内でしたが、キャラデザを見た瞬間に地雷だと確信したホワルバ2が滅茶苦茶面白いのが嬉しい誤算。やはり丸戸さんがアニメに関わってくれてるのが大きいんでしょうね。
泥棒猫をディスりながらかずさの心情を想像してニヤニヤする時間は至福の一言ですわw

ラノベは電撃文庫を中心に十数冊読んだので大分ペースは戻ってきたかな。
この間、名作級の作品には出会えませんでしたが、良作クラスにはそこそこ当たってるのでそれなりに満足してるってところですかね。

ただ、それら以上にプライベートの時間を割いてるのがなろう小説だったりします。
作家の卵らしく荒削りな作品が多いけど、それだけに作者の熱を感じさせる作品も多く、ツボにハマるとグッとくるんですよね。
最近読んだ作品で面白かったのは「Re:ゼロから始める異世界生活」「盾の勇者の成り上がり」「魔法書を作る人」「詰みかけ転生領主の改革」「異世界転生騒動記」辺りかな。

その中でも1番好きなのは「Re:ゼロから始める異世界生活」。
拍手で薦められて読んでみたんですが、荒削りで欠点が多い(メインヒロインが空気だとかメインヒロインがいらない子だとかメインヒロインが真面目系クズだとか)ながらも要所要所の熱は凄まじく、人を惹きつける作品なんですよね。
よくある異世界チートものなんですが、主人公のチート能力が“死に戻り”だけしかなく、トライ&エラーを繰り返すことで詰んだ状況をひっくり返していくというストーリー。

主人公はスペックが低すぎるうえに性格的にも浅慮な面が見受けられるため、なかなかストーリーが進展せず序盤はやきもきすることも多いんですが、章が進むに連れてその問題は解決していくので、次第に物語に惹きこまれていくんですよね。
何より大きいのが準ヒロインのレムの存在。
マンガやアニメ、ラノベやエロゲなど、これまで様々な媒体で魅力的なキャラと出逢ってきましたが、その中でも10指に入ると断言できるくらい魅力的なキャラなんですよね。
一見、主人公を全肯定しているように見えながら、実は主人公の良いところしか見ていないんじゃないかと思わせる言動をするため、一つ間違えたら途端に色褪せて見える類のキャラという印象だったんですが、奇跡的なバランス感覚で数々のイベントを乗り切り、いつの間にか主人公にとってのダブルヒロインの位置に上り詰めるとともに私のハートまで射抜いてしまうのですから舌を巻くより他にないですよね(苦笑
特にレムがメインヒロインのポジションを担うことになる三章中盤〜三章ラストまでの展開は神(鬼)懸っていて、それまでの鬱々とした展開から一転してカタルシスを感じさせてくれるエピソードになっているので絶対にここまでは読んでもらいたいですね。

…って語っていたらいつの間にか日付が変わっていた件。
まだまだ語り足りないところではありますが今日のところはこのくらいで勘弁したるでー。

にゃ(・ω・)ノシ

★拍手レス★
> なろう小説面白いの多いですよねっ 私はRe:ゼロから始める異世界生活、永遠の戦士、破壊の御子 辺りがお気に入りです。まだ読んでない作品があれば是非読んでみてください。特にRe:ゼロは3章辺りまで読むと感情が揺さぶられすぎてヤバイですっ
Re:ゼロ薦めてくれてあざっしたー煤i>▽<)ノ
もしもあの作品と出逢えてなかったら…と考えたらゾッとしますわ。
貴方になら抱かれてもいい(*ノノ)キャッ

> ぉー、Reゼロ気に入ってくださったみたいでオススメしてよかったです なろう小説で一番のお気に入り作品なので衝動的にコメしてしまいましたw レムの 可愛さは異常ですよねっ!そして(以下ネタバレのため略
レムが大天使いや鬼天使すぎて生きるのが辛いです。
いや、ホントあの子は奇跡みたいなキャラですね。
第1形態はそこそこ好きだったものの第2形態で一気に微妙なキャラになり下がったと思ってたのに第3形態で一気に化け過ぎですわ。
ifルートのレムも悪くはないんですが、やはりあの選択肢であっちを選んでくれたからこそレムは鬼天使になったと思えるので、このルートで幸せになってほしいと切に願います。間違ってもエm…ゲフンゴフン空気さんにだけは負けないで欲しいですわ。

> アニメホワルバ2 1話、2話視聴しました。思った以上の出来で大歓喜!!地雷なんて勝手に決めつけて切らなくて大正解でした。やっぱりアニメの食わず嫌いはよくないな。
かずさのキャラデザはやっぱり微妙なんですが、それを差し引いても神アニメですわ。学園祭のステージで最終回ということにしてくれないかなぁ。

> リトバスリフレイン2話視聴。姉御最高に可愛かった! いまだに来々谷アフターを望んでいる俺にはまさに最高だった。これでリフレインのエンディングが来々谷エンドならBD全部買うわ。つかホント来々谷アフターマジで作ってくれないかな。そしたら即予約するのに。
我々来ヶ谷派にとってはリトバスRは最高のご褒美ですよね。2話、3話は神すぎて涙が止まりませんでした(´;ω;`)

> 平凡では無いエロゲとして、「君と彼女と彼女の恋。」はどうでしょうか?ゲームであることを最大限に活用したシナリオは、一見の価値があると思いますよ。
実は一時期興味を持って買おうとした作品なんですが、うっかりネタバレ見ちゃったんですよね…しょんぼり(´・ω・`)
2013年9月28日
やっはろー!
ここ最近「小説家になろう」の小説を読み漁るのに夢中で気が付けば二週間ほど完全放置してました(・ω・)ゞポリポリ

近年「小説家になろう」から書籍化された「ログ・ホライズン」「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」などの作品が良作揃いだったので、一度腰を据えて掲載作品を読み漁ってみたいと思っていたんですよね。
ようやく試験も終わり落ち着いたので実行に移したところすっかりハマってしまいました(・ω・)ゞポリポリ
ランキング上位の作品と言えども玉石混合ではあるんですが、ランキング中位辺りの作品でも商業作品の水準レベルに達してる作品がゴロゴロ転がっているので、作品を漁る手が止められないんですよね(苦笑

個人的に特に気に入ってるのは「悪役令嬢後宮物語」「魔法使いの婚約者」「ヤンデレ系乙女ゲーの世界に転生してしまったようです」「謙虚、堅実をモットーに生きております!」「八男って、それはないでしょう!」辺りかな。
やはり中世恋愛ものとか健気系ヒロインものとかそんな系統の作品が好きみたいですわ(苦笑

とりあえずランキング上位の作品は大体読めたので今後は少しペースを落として、ここ最近放置していたこと(アニメ鑑賞やサイト更新など)に注力していきたいと思います。

★拍手レス★
> はがない9巻読了。夜空復活ってどこがだよ!地の底まで堕ちてるじゃねーか!というツッコミいれたのは私だけじゃなかったはず。メインヒロインの面影すらないし、ここからどう這い上がるんだろ?
主人公にぶっちゃけ重いってドンビキされてるメインヒロインって初めて見ましたよ(苦笑
夜空かわいそうです(´;ω;‘)

> 天色*アイルノーツはいまいちでしたね。やっぱり主人公を教師にしたのが間違いだったかと。どのシナリオも似たり寄ったりでしたし、あれなら主人公をただ の転校生にでもした方がまだ良かった気がします。何よりファンタジー設定がほとんどいかされてないのも不満でした。あのシナリオなら別にファンタジーじゃ なくてもって思いましたしね。
ゆずソフトにしては珍しくハズレでしたよね(苦笑
やはりシナリオって大事だなぁと改めて思った作品でした。

> あの花劇場版見に行こうと思ったけど無理だった。だって予告編見ただけで涙止まらなかったし。これで映画館行ったら確実に号泣する。
あの花は泣かせようとしているのが見え見えなあざとい演出にも関わらず「く、悔しい!泣いちゃう(ビクンビクン」ってなっちゃう稀有な作品ですからね。
さすがにこの年で人前で号泣するわけにはいかないのでBD待ちですかねぇ。

> 辻堂さんのバージンロードコンプしました。感想は辻堂さんとあずにゃんが可愛かった。それだけですかね。今回は辻堂さんも良かったけどやっぱあずにゃんが可愛かったですね。シナリオも思ったより楽しめましたし。前作キャラのアフターは肩透かしもいいとこでしたけど。
辻堂さんも可愛かったけど凹んだときのあずにゃんは可愛過ぎて死にたくなりますよね。久しぶりに保護欲がそそられる子だったと思います。
2013年8月25日
22日から1週間の夏休み中。
とはいえ自宅の平和を守る任務がある以上、長期間家を空けるわけにもいかず、自宅でラノベとエロゲを崩す日々を送っています。

今日までに消化した中では、ラノベでは「ログ・ホライズン」、エロゲ(抜きゲー)では「陰陽騎士トワコ 〜蛇神の淫魔調教〜 DL版」が良かったですね。

前者は「まおゆう」の橙乃ままれさんの作品で、オンラインゲームの世界に閉じ込められた主人公たちを描いた話。
少々乱暴な言い方をすれば、橙乃版ソードアート・オンラインって感じ?
まあ最初にダンジョンを踏破すればゲームクリアとなり解放されるという目的が明示されていたSAOに対して、本作は閉じ込められた原因も帰る方法も何一つわからない中、当面ゲームの世界で生きていくために経済や法体系を手探りで作っていくという流れなので、内容的には全然違うんですけどね。
ストーリーも凄い面白いんですが、それ以上にメインヒロインが中学生巫女と合法ロリ忍者ってところが素晴らしいと思います。

後者はエロゲメーカーLilithの作品で、処女ビッチな女子校生陰陽騎士のトワコが捜査中に悪の組織に捕まり調教されて堕とされちゃうって話。
このメーカーの作品は毎回毎回同じような内容なのでシナリオ的にはお察しなんですがとにかくエロイ!
いわゆる“んほぉ系”の抜きゲーなんですが、こういう系統が好きな人間のツボを心得ていて実用度は非常に高いんですよね。
特に主人公が堕ちるまでの描写が素晴らしく、序盤から中盤にかけてのシーンにおける理性と快楽の狭間で揺れるヒロインのモノローグは実に使えます。
Lilith作品は低価格(2千円台)でありながらエッチシーンは多い(ちなみに今回は17つ)のでコストパフォーマンスも優秀。
今晩のオカズが寂しい時には御用達の欲しいときには鉄板のメーカーです。

さて、前置きが長くなりましたが、ここからが本日の本題。
こちらの作品のレビューをどうぞー。


天色*アイルノーツ【予約特典:複製色紙+ラフ画集+おかえりイチャラブCD】
「天色*アイルノーツ」
「……ペットがいい。センセのペットでいたい。ダメかな?」

“鷺ノ森透”は悩んでいた。
大学を卒業し、教師として就職したものの、このまま教師を続けていくべきかどうか、を。
そんな迷いを持つ彼に、ある日一つの誘いが舞い込む。

それは青天の霹靂と呼ぶべきもので――あまりに唐突で、意外で、そして、予想外なもの。
新しい場所で、女学院の教師として働かないか、という誘いだった。
それ自体は、驚くようなことではないが……誘われた学院が建っているのは――なんと空の上!

“空に浮かぶ島−ライゼルグ”

そこは中世ヨーロッパを思わせる街並みで、
機械とは違うファンタジックな技術を用いて、
空想の世界にしかいなかった人種と人間が暮らす、

広大な青い空に佇む神秘的な島。

見知らぬどころか、まるでおとぎ話のような土地で、透の新たな物語が紡がれていく。

女の子ばかりの学院で、可憐な少女たちの相手を務める教師生活は一体どうなるのか?
今までに体験したことのない、空の上の物語が今始まる。
(OHPより抜粋)

空に浮かぶ島の女学院を舞台に教師と生徒が織り成す恋物語。

とある出来事により教師を辞めようと考えていた主人公・鷺ノ森透が、恩師の勧めで赴任したフェン・シクリッド女学院で同僚の教師や教え子たちと日々を過ごすうちに、次第に教師としての自信を取り戻し、また、それと時を同じくして一人の女性と恋に落ちていくというのがこの物語の主な流れになります。

攻略対象はヒロイン4人(シャーリィ・ウォリック、天霧夕音、白鹿愛莉、真咲・ガイヤール)、サブヒロイン2人(ティア・ホーエンヴェルフェン、火宮木乃香)の計6人。
これまでのゆずソフト作品同様、ヒロインたちはみんな可愛らしく誰から攻略するべきか頭を悩ませてくれます。

個人的に一番気に入ったのはセリアンスロープ(人狼)のハーフ・真咲。
周りに暴走するキャラが多く普段はツッコミ役を務めている精神年齢の高いキャラなんですが、個別ルートではちょっとしたことで尻尾を振るくらいデレッデレに懐いてくれるので、そのギャップによる破壊力が凄まじいんですよね。
ビジュアル的にも巨乳獣耳っ娘なので非常に可愛いですしね。

しかしながら、今作はキャラの可愛さこそ健在なものの、ゆずソフト作品のもう一つの売りであるシナリオの出来は正直イマイチなんですよね。
最近のエロゲは原画やグラフィックレベルの向上もあってヒロインが可愛いだけの作品なら毎月何本も出ているだけに、この程度のシナリオでは“ありきたりな萌えゲー”という評価しか出来ません。
ゆずソフトはシナリオとキャラが高いレベルで融合した作品を毎回出しており、本作に対する期待も高かっただけに失望も大きかったです。

シナリオの出来が悪かった要因はいくつかありますが、最大の失敗は主人公が教師、ヒロインが生徒という関係性に固執し過ぎたことではないでしょうか。
本来“教師と生徒の恋”は誰にも知られてはいけない禁断の関係であるから盛り上がるのであって、周囲の人間にあっさりバレた上に全面的に応援(あるいは黙認)されてしまってはまったく意味を成しません。
この設定の最大の目玉となるべき透の過去が明らかになるシャーリィルートはともかく、その他のルートにおいては堂々といちゃつけないというデメリットでしかなく、シナリオの自由度を縛る足枷以外の何物でもありませんよ。

そもそもファンタジー要素を多分に含んだ空に浮かぶ不思議な島を舞台にしているのだから、素直にこの舞台設定を活かす方に全力を注ぐべきだったのではないでしょうか。
どう考えてもありふれた教師と生徒の恋よりも、セリアンスロープやエルフといった異種族や彷徨人との恋に焦点を当てた方が興味を惹きつけられると思うのですが…
個別ルートの中で唯一生徒ではないティアルートが、サブヒロインにもかかわらずメインヒロインのシャーリィルートと遜色ない出来だっただけに余計にそう思いますね。

もう一つ私が物足りなさを感じた点は主人公に魅力が乏しいため三角関係的な雰囲気が一切発生しないことですね。
プレイヤーから見て魅力を感じないだけではなく、(フラグを立てない限りは)ヒロインたちの目から見ても人畜無害でからかい甲斐のある教師としか映らないため、選ばれなかったヒロインたちが嫉妬を抱いたり、自分の想いを押し殺したりするようなことが一切ないんですよね。
ストーリー重視の作品ならともかく、イチャラブメインの作品でそういう描写がまったくないのは正直物足りないですよ。
せっかく従妹の愛莉や被保護者の木乃香といった透にそういう感情を抱いていても不思議はないポジションのキャラがいるのだから、その設定を活かしたシナリオを1つくらい用意するべきだったのではないかと強く思いますね。

評価はシナリオC+、キャラS、総合65点。
本作を一言で評するなら、“設定の良さを無駄にしたもったいない作品”ですね。
可愛くて魅力的なヒロインたち、個性的で好感が持てる男性キャラたち、様々な可能性を感じさせるファンタジー要素を多分に含んだ設定などなど、ちょっと巧く料理すれば良作以上の作品なんて簡単に出来る素材だっただけに本当にもったいないですよね。
前2作、「のーぶる☆わーくす」「DRACU-RIOT!」の出来が素晴らしかっただけに、どうしてこうなったという思いでいっぱいです。
特にオススメできる要素はないので、このレーベルのコアなファンでもない限りはあえて手を出す必要性はないでしょう。
2013年8月16日
とりあえず仕事もひと段落して定時で帰れるようになった今日この頃。
来月にはまた資格試験があるのである程度は勉強に時間を取らざるを得ないんですが、それでも繁忙期に比べれば遥かに時間が取れるのでこの機会に積んでいたラノベを崩している次第です。

で、先月末から今月にかけて結構な数を読んでいるんですが、中でも素晴らしかったのは「とある飛空士への誓約3」
戦争ものらしく絶望的な状況に陥ることが多々あるんですが、ご都合主義な展開に走らないところがこの飛空士シリーズのいいところで、今回も例によって幼なじみキャラのミオが酷い目に遭います。
や、ホントラストに用意されているミオのセリフとモノローグは涙なしでは見られませんよね。冗談抜きでマジ泣きさせられましたもん。
前巻に続き、最高評価のSを付けちゃいました。

ちなみに他に今年S評価を付けた作品は「東京レイヴンズ9」「聖剣の刀鍛冶15」「六畳間の侵略者!?13」だけ(だったはず?)ですから、どれだけこのシリーズを買っているかはおわかりになるかと思います。
マイナーとメジャーの間に位置するガガガ文庫の作品だけにまだ未読の方もいるかと思いますが、飛空士シリーズは心に残る名作なのでぜひぜひ手にとって見てください。

さて、前置きが長くなってしまいましたが本日の本題に参りましょう。
こちらの作品のレビューをどうぞー。


グリザイアの楽園
「グリザイアの楽園」
<関連レビュー>
グリザイアの果実
グリザイアの迷宮
「でも、わたしにとって貴方は唯一無二の主人です。極端な話をすれば、わたしは貴方が居なければ呼吸をする許可すら誰に求めていいのかわかりません…責任を他人に押し付けるという生き方を恐れずに言葉にするのであれば、わたしをそういう女にしたのは貴方です!そんな貴方が!マヌケにも敵の手に落ちたとあれば!持ちうる技能の全てを駆使して救出に当たるのが道理というものではありませんか!?」

──ずっと変わらないと思っていた学園生活。
皆と同じ方角を向き、同じ足並みで歩んでいると、いつしか感じ始める錯覚。
このまま皆と同じ道を行けば、同じ場所にたどり着けると信じてしまう。
そしてふと気付いてしまう。
人の数だけ歩んできた道があるように、人生に同じ道などないのだということに。

──麻子、俺、もう5人救ったぜ?
だから、もういいよな…?俺、もう死んでも…いいんだよな…?
わかってる、たとえ誰かを救っても、俺の過去はなかったことにはならない。
それでも、笑って死ぬって、こういうことなんだろう?

もう会えないかも知れない。
それでもずっと、思い出は胸にある。
だがこの世の中、そんな言葉だけで満足するほど可愛らしい女ばかりではない。

それは、一人の少年が実感した、たった一つの真実──
(OHPより抜粋)

雄二とヒース・オスロの因縁に決着がつくグリザイアシリーズ三部作完結編。

本作は、グリザイアシリーズ三部作の完結編となる本編「ブランエールの種」、本編エピローグを描いた「楽園アフター」、美浜学園創立から雄二が転入するまでを描いた「Prologe De La GRIZAIA」、ミリエラやギャレット大佐、JBなどのサブキャラたちとのIFエッチを収録した「デイブ教授の抜きまくりChannel」の4つのコンテンツから成ります。

以下、各コンテンツごとに簡単な内容と感想を書いていこうと思います。

・ブランエールの種
グリザイアシリーズ完結編となる本エピソードは「グリザイアの迷宮」ラストの直後から始まり、前半部分ではヒロインたちによる雄二救出劇、後半部分では雄二とヒース・オスロの対決が描かれることになります。

第一部の「グリザイアの果実」で雄二に救われる存在だったヒロインたちが、今度は逆に雄二を救う立場になるという構図からは彼女たちの成長が如実に感じられ、本シリーズのファンとしては実に感慨深いですね。
雄二が巻き込まれた事件には国家規模の思惑が絡んでいることは明らかで、自分たちの手に余ることはわかりきっているにもかかわらず、それでも雄二を救いに行くことを選ぶヒロインたちの覚悟には強く胸を打たれました。
特に学園を後にする4人の後ろ姿を描いたイベントCGは鳥肌もののかっこよさ
…まあそのかっこよさも一足遅れてきた誰かさんのせいで色々と台無しになってしまいましたが(苦笑

中盤以降は、タナトスをはじめ、ダニエル、ミリエラ、J大尉など、これまでのシリーズで登場したキャラたちが雄二とヒロインたちに手を貸すことになるんですが、この辺りのオールスターキャスト総出演な展開はシリーズ完結編に相応しいですよね。特にヤブイヌ小隊のメンバーたちの登場には胸が熱くなりました。

もちろんヒロインたちも脇役たちに負けてはいません。
テロリストをねじ伏せる幸の戦闘力、常識外れの正確さを誇る蒔菜の狙撃、走り屋顔負けの天音のドライビングテクニック、国家の暗部すら覗きこむ由美子の情報収集能力、そしてトラックから落ちても大丈夫なみちるの耐久力(笑)など、それぞれの特性をいかんなく発揮して大活躍を見せてくれます。
冷静に考えれば、いくらスペックが高いとはいえ一介の女子校生たちが国家の秘密機関やテロリストを相手取り、真正面から雄二を奪還するという展開は荒唐無稽にもほどがあるんですが、果実の頃から少しずつとんでも展開への耐性を付けられてきたファンにとってはこんなものは最早常識の範疇でまったく気になりません。
正直クライマックスの雄二VSヒース・オスロよりも楽しめました。

今回のエピソードを一言で表すなら
“みちる大勝利”
これに尽きますね。

ヒロインの5人を筆頭に数多の女性キャラたちが雄二に想いを寄せる中、今回のみちるはバカゆえの行動力でことごとくおいしいところを持っていくんですよね。
どう見てもメインヒロインです、本当にありがとうございました。

や、みちるはバカで的外れな言動ばかり目立ち非常にウザイキャラなんですが、ここぞというところでは絶対に外さないので憎めないんですよね。
このエピソードでも弱音を吐いた蒔菜を叱咤するところとか、雄二を最終決戦に送り出すときのあの行動とか、印象に残る場面での活躍が多く、元からみちるのことが大好きな私的にも大勝利という感じでした(笑

ヒロイン以外ではタナトスも好きですね
あのふざけたおもちゃみたいな義手とか実に彼女らしくて一周回って可愛いですよね。淡々とした口調でありながら言動がエキセントリックなところはギャップ萌えを感じさせ、気が付けば彼女の一挙手一投足をワクワクしながら見つめている自分がいました。

最後にシナリオについてですが、序盤こそなかなか進展しない展開に退屈を覚えましたが、中盤以降はコミカルとシリアスが高いレベルで融合した素晴らしいストーリーが最後まで続き、シリーズ完結編に相応しい好シナリオだったと思います。


・楽園アフター
タイトルの通り、本編のエピローグを描いたシナリオとなっています。
シナリオの性質上、中身について触れるとすべからくネタバレに繋がってしまうので、ここではあえて言及しません。

あえて一言言うなら、このエピソードも本編同様
“みちる大勝利”
だったということですね(笑

色々な意味でグダグダな結末ですが、それもまた彼ら彼女ららしいので、このシリーズの幕引きとしてはこれ以上ないものだったと個人的には思います。


・Prologe De La GRIZAIA
美浜学園創立から雄二が転校してくるまでの期間を由美子視点で描いたグリザイアシリーズのプロローグというべきエピソードになります。

最初は生徒が由美子1人の状態から始まり、シナリオが進むごとに天音→みちる→蒔菜→幸の順に1人ずつ加入していくことになります。
各々が持つ問題に一応の目途がつき学園に馴染み始めたところで新たなメンバーが加入していくという流れのため、一人一人の内面が丁寧に描かれているのが嬉しいですね。
このエピソードのおかげで、なぜ由美子が雄二に対してあそこまで頑なに敵意を向けていたのか、その理由がよくわかりました。

既知のエピソードが多い分インパクトは薄いため、シナリオに過度な期待を持つのは禁物ですが、みちるが幸のご主人様になるまでの経緯や、みちるが由美子に頭が上がらなくなった理由など、みちる好き必見のエピソードが見れただけに個人的には楽しめました。


・デイブ教授の抜きまくりChannel
サブキャラたちとのIFエッチを収録したおまけコンテンツ。
今回エッチシーンが用意されているのは、ミリエラ、キアラ、ギャレット大佐、JB、千鶴、雄二母、バスケ部メンバー(×2)の8シーン。
今回は個人的に思い入れのあるキャラが少ない上に雄二母およびバスケ部メンバーとのエッチはショタ雄二を逆レイプする痛々しい内容のため実用性には欠けますね。強いて言えばお尻が大きなキアラがそこそこ使えるくらいかな。
ショタ逆レイプ属性というマニアックな属性持ちの人にとっては大歓喜かもしれませんが、正統派の変態さんには少々ハードルが高いかもしれません。
正直、ヒロイン5人+タナトスとのエッチシーンが用意されている「楽園アフター」の方が実用性は高いと断言できます。
ドンビキするくらいアグレッシブに求めてくるビッチ天音は慣れるとかなり使えるのでオススメです。


評価はシナリオA、キャラS+、総合85点。
グリザイアシリーズ三部作を締めくくるに相応しい素晴らしいエピソードでしたね。
発売前からかなり期待していただけにハードルは高めに設定していたのですが、難なくそのハードルを飛び越えてくれました。少なくとも過去2作を楽しめた人なら間違いなく楽しめる内容だったと思います。
個人的にはみちるがメインヒロインを演じていたことがたまらなく嬉しかったです(笑
2013年8月9日
連日の猛暑にすっかり体調を崩してしまい、仕事がしんどい今日この頃。
いいかげん扇風機だけじゃ乗りきれないっす(´;ω;`)

日記に書くほどのネタは特にないのでとっとと本題に入りましょう。
本日はこちらの作品のレビューをどうぞー。


乙女理論とその周辺~Ecole de Paris~ -Limited Edition-
「乙女理論とその周辺
-Ecole de Paris-」
<関連レビュー>
月に寄りそう乙女の作法
「だが己の立場すら危険に晒し、それでも俺と兄妹であることを訴え続けたおまえたちを見て、感動を覚えずにいられるほど、この心は腐ってはいない。おまえたちに感謝しよう。詫びは言わない、礼だけだ。それがおまえたちの兄として出来る、最大限の俺の誇りだ」

主人公『大蔵遊星』は、日本の財界を代表する“華麗なる一族”大蔵家の末端に、望まれぬ子として生を受けた。
長じて人並みの夢と希望を手に入れた遊星は、性別を偽り「桜小路ルナ」に仕えることで、大蔵家という自らを閉じこめる籠を脱して夢の一端に触れることができた。
しかし些細なミスで掴んだ夢の端は崩れおち、居場所をなくした遊星は、兄に拾われて再び籠の中の鳥となった。

遊星の妹「大蔵里想奈」は、大蔵家の嫡子と正妻の間に生まれ、愛の上に愛を重ねて大切に育てられた。
何一つ不自由なく育てられた里想奈だが、幾重にも重ねられた両親の愛は、やがて固まり歪な繭となって、さなぎになる前の彼女を包みこんだ。
里想奈が気付いた頃には、その繭は自力で破れなくなってしまった。居心地の良い繭の中で抵抗する気力を奪われ、里想奈は外へ出ることを捨てた。

――ある日、彼らの兄は試みとして、籠の中へ繭を放りこんだ。

里想奈は外の世界に憧れて、兄に尋ねた。「私は繭の外へ出られますか」
遊星は繭を啄き、その殻を嘴で壊せることに気が付いた。「出られるよ」
安全だった籠と繭を捨て、遊星と里想奈は微笑みあいながら同じ言葉を口にした。「二人なら旅立てる」――

「フィリア女学院日本校」へ通えなくなった遊星のため、里想奈は「パリ本校」への留学を提案する。
遊星は再び庶民の娘「小倉朝日」となり、りそなに仕えるメイドとして、服飾専修機関へ通うこととなった。

パリには新しい少女たちとの出逢いがあった。
純粋な心に卓越的な才能を持ちあわせる「メリル」。
その主人であり、明るく親切に二人を迎える「ブリュエット」。
同級生の「リリアーヌ」や、個性的な留学生の「ディートリンデ」。そしてそれぞれの従者たち。

新しい国で様々な出会いを経験し、遊星兄妹の主従としての生活が始まった。
遊星=朝日は自らの夢を追い、りそなは自立するための勇気を求める。
しかし全てが前途洋々に進むはずもなく、新天地の厳しさ、二人を逃がした兄、さらには大蔵家の追跡が襲いかかる。

果たしてお互いの願いを支えあいながら、遊星兄妹は学院生活を送ることができるのか?

――花の都を蝶が舞う――
(OHPより抜粋)


2012年に発売され人気を博した「月に寄りそう乙女の作法」のバッドエンド──八千代に女装がバレて桜屋敷を追い出されたあと衣遠に保護された朝日(遊星)のその後を描いた物語。

前作ではルナのメイド“小倉朝日”としてフィリア女学院日本校に通っていた遊星ですが、本作では再び“小倉朝日”に扮してりそなのメイドとしてフィリア女学院パリ本校へ通うことになります。

今回のヒロインは大蔵里想奈(りそな)、メリル・リンチ、ブリュエット・ニコレット・プランケット(エッテ)の3人。
ただし、エッテについてはエンディングこそ用意されているものの、内容自体は他のノーマルエンド(衣遠&駿我、ディートリンデ)のストーリーを踏襲した短めのシナリオになっており、ヒロインとしてカウントするのは苦しい気がします。
実際3人の個別ルート攻略までの所要時間はエッテが約1時間半程度、メリルが約3時間、りそなが約6時間となっており、実質的にはりそながメインヒロイン、メリルがサブヒロイン、エッテはその他大勢の一人というポジションと言えますね。

各個別ルート攻略までの所要時間からわかるように、シナリオによって開示される情報(とりわけ大蔵家関係)に大きな差があるので、物語を楽しむためには情報が少ない順──エッテ→衣遠&駿我orディートリンデ(順不同)→メリル→りそなの順にプレイすることを推奨します。
基本的には物語の大部分の真相が明らかになるりそなシナリオさえ最後に持ってくれば、それ以外のシナリオは前後しても問題ないんですが、個別ルートの短いエッテは最初に持ってこないと大部分をスキップで飛ばせてしまい味気なく感じるので、上記の順が理想だと個人的には思います。


シナリオ的にはりそなシナリオの出来が飛びぬけて良かったですね。
口ばかり達者な引きこもりの少女が次々に起こるイベントを乗り越えるたびに少しずつ強さを身に付けていき、名家である大蔵家に相応しい女性へ成長していく姿は非常に眩しく映りました。
中でも三方向からの悪意によって完全に詰んだ状態からの大逆転劇が描かれる終盤以降の展開は熱いの一言。その転換点となる公園のシーンでは、この乙女シリーズの真のヒロインが誰かということを改めて思い知らされましたね。

もちろん単にシナリオだけではなく、りそな自身にとってもこのシーンは重要な転換点となっています。
最愛の下の兄(遊星)と幸せになるためには“繭”に籠ったままでは絶対に叶わないことを身を持って知り、りそなが“繭”を破る意志を固めた起点となるわけですから心に残らないわけがありません。
正直、ここに至るまでのりそなはヒロインとしてはどこか物足りなさが感じられ、他のシナリオでこそ存在感が生きる名脇役タイプに過ぎなかったんですよね。
しかしながら、これ以降のりそなは次第に一人の女性としても魅力的に映るようになり、最後にはルナたちと肩を並べても恥ずかしくない本当の意味でのヒロインになれたと感じました。

各ヒロインのシナリオに評価を付けるなら、りそながS、メリルがA+、エッテがBといった感じかな。
続編という位置付けにもかかわらず、シナリオ全体の出来は本編を上回っているように感じられました。
りそなシナリオが長いので全体のボリューム的には十分なものがあるのですが、魅力的なキャラが多い割に攻略できるヒロインが少ない点はやや物足りなく感じますね。
ヒロインの3人以外にもリリアーヌ、華花、ディートリンデ、ヴァレリア、アパートの住人A,B、駿我、衣遠などなど、ヒロインとしての魅力を持ったキャラが大勢いただけに、もう1人くらい個別ルートを用意して欲しかったと個人的には思いますね。


キャラ的にはヒロインのりそなやメリルを筆頭に魅力的なキャラばかりなんですが、一番魅力的なキャラを挙げるならやはり主人公の朝日になるでしょう。
性格が天使なこともさることながら、男の娘にもかかわらずビジュアル的にも非常に可愛い点は強みですよね。
当然ながらエッチシーンではヒロイン以上に朝日が可愛く描かれており、ヒロインたちの痴態そっちのけで朝日の気持ちよさを耐える表情に目を奪われてしまいました。
エッテに脅迫逆レイプまがいのプレイでお尻を開発されたり、りそなにメイド服たくしあげプレイを強要されたり、もうどっちがヒロイン何だかわかりませんよね(笑
朝日が可愛過ぎて生きるのが辛いです。

朝日以外で気に入ったキャラを挙げるなら、新規キャラではメリル、華花、ヴァレリア、リリアーヌ、駿我、アンソニー辺り、前作から引き続き登場するキャラでは衣遠、ルナの二人ですね。
中でもルナさまの存在感は別格で、登場シーンこそ短いものの印象度という点では全キャラ中1,2を争うほど。
いやもうあのタイミングで登場するとか反則にもほどがあるでしょ!そりゃ大蔵兄妹も号泣するわ!
もう少しだけ朝日と再会するタイミングが早ければ、ルナルートに分岐してたんじゃないかと思ったのは私だけではないでしょう。


評価はシナリオA+、キャラS+、総合90点。
本編のバッドエンド後の物語だけにプレイ前の期待度はさして高くなかったのですが、蓋を開けて見れば本編以上に中身が詰まったシナリオで大満足♪
大蔵家の秘密が明らかになるりそなシナリオは本編以上に面白かったですし、今回新たに登場したキャラたちについても非常に魅力的なキャラばかりだったので、文句のつけようがありません。
ここまで個別ルートのないキャラの中でも魅力的なキャラが多く、八千代や華花、ヴァレリアといった従者組は是非とも攻略したいと思えるので、更なる乙女シリーズの続編が出ることを期待したいと思います。

★拍手レス★
> はがない…実写化?!
肉が篠崎愛じゃない時点でノーサンキュー。

> 乙女理論とその周辺コンプしました。前作同様楽しめました。特にりそなルートは素晴らしかった。メリルも良かったですがりそなほどではなかったですね。それでも彼女が天使だったのは間違いないですが。エッテは非常に微妙でコンプした後だと余計にそう思いましたね。あと兄エンド思わず爆笑した。つか普通に続 きが気になるし。作品全体で見ると良作、りそなルートだけなら名作って感じですかね。個人的には前作より今作の方が好きかな。最後にやっぱりルナ様は圧倒的に格が違った。
ほぼ同意。
ホントこのシリーズはヒロイン朝日、主人公ルナ様、ツンデレ枠衣遠兄さまって感じですよねw
天使ことメリルは朝日の正体を知った時のリアクションが可愛かったと思います。
★ランキングサイト★













全ての順位を見る
アクセスランキング
全てのアクセスを見る
★巡回サイト★
★ゲーム系サイト★
・07th Expansion
・Eternity Space ゲーム館
・MANIAC+
・Neutral
・ORANGE GIRL
・Piece Of Key Heart
・Take it easy!!
・「アンダーカヴァー」2
・エロゲー好きのおすすめエロゲー紹介サイト
・かめのこおらの休憩所
・戯言邸
・人類絶滅計画推進委員会
・ティターンズの作戦会議室
・東方で紅く萌える家
・閉鎖空間・弐式
・稀神大社
・メビウスプロジェクト
・れいんどっぐ

★イラスト系サイト★
・10mo's web
・23.4ド
・40010Prototype
・5年目の放課後
・640km/h over
・732回転
・Active Mover
・AI Love Network
・Air Style
・AKACIA
・AKUA☆BIRD
・Allegro Mistic
・A/O LABORATORY
・Aquilno on WEB
・arbitrary and biased view
・ARESTICA CHANNEL
・ARI-COM
・Aroma Terrace
・ArtifactBEHOLDER
・A wild tulip
・AZU-LITE
・Azuma Yuki Official Website
・BANDIT
・BARANABE
・Bitter Sweets Website
・Black Scarecrow
・Blueberry jam
・CAFE-CAT-CAFE
・CalmCradle
・catfoodDXおかわり。
・CAT'S CAFE
・Chekoro
・Cherry*pepper
・CHIKO2MANIAX
・cocottoウェブサイト
・COLORFUL BLOG
・COSMIC COMIC
・CRAZY CLOVER CLUB
・CROSSROAD
・CUBE TYPE
・Deep Slow
・dewdrop
・Digital Underground
・dismaless
・DRAGON PANDA
・Earl-dom
・EASYGAME
・Echo View
・EFR
・ETC×ETC
・Expensive Noise
・Fancy-Free
・Fatalpulse
・FlyingCat
・for Fools
・fourthcape
・Fountain's Square blog
・FREE STYLE MUSEUM
・GALAXY STYLE
・GUNP.JP
・Happy Ending Story
・Hard Flogs
・†Heaven Stairs†
・HIGUMAXブログ
・Hi+uS
・HOBBY HEARTS
・HONEY DROP
・Holy Spirit
・Hot Spice
・H's-Room
・imoWORKS
・INFINITY DRIVE
・is-savant
・itotin's HP
・Jekyll and Hyde
・K
・kanemasita
・KNIGHTS
・KONOMIX
・kotaro's Box
・kusukusu7
・Lapis Lazuli
・LOVESAVER
・Lucky Cat
・Luna Phase
・luv/lab
・MASULAO MAXIMUM
・Medical Berry
・MilkCandy
・Monkey4
・moon light
・NeverLand
・Nilspanker
・N,s Apple web
・NtyPe
・Orange Tea Room
・OVERALL QUARTER
・pacco
・paco's room
・panda's vision
・Pendola
・Petite Cerisier
・PINK CANDY
・*pinkish berry*
・Pi.Pi.Pi
・PLASTIC IMAGE
・Popcorn Lamp
・Pure-style
・QPchick
・RAID SLASH
・RAKUKINE
・RAMBLE's HP
・RASPBERRY
・reaL
・Resemble Blue 的なもの
・RoseGray Society
・R-Type Nirvana’Homepage
・RUBBISH選別隊
・SecretAngel
・S-FORCE
・ShiBoo!
・Shooting Star
・Six Alchemy
・Snow Rain
・Studio Blue Mage
・TAROTS
・T-FILE
・Tear Drop
・tenderness.
・toki doki
・traumatize
・TRICK or TREAT
・TTT
・Tドリーム(仮)
・UA CATS
・UGCのホームページ
・UNPLANNED PLOT
・Violet Wave
・water wheel blog
・Website まひる亭
・WHITE GARDEN
・WNB MARK
・Zombie Dogs
・あぅ詰め
・蒼月雑記
・赤の7号
・アキアカネ
・アクアドロップ
・あさひあげ
・あずまや松風
・油屋
・行脚堂
・池々轟々
・いつか見上げた、あの青空の下で…
・イニシャルG
・うたたね
・うつらうららか
・梅の実画報
・裏FMO
・うろんなページ
・エフキチ
・おしゃれどろぼう
・面舵いっぱいいっぱい
・面影商会
・おもちゃ箱
・オレガノ・チキン
・俺家
・怪奇日蝕web
・海通信
・風見神宮
・カタミチキップ
・かわいそうな子
・甘泉少女
・カンソラ
・君と僕の歌う詩
・鬼武致
・きりんのちさと
・グググググ
・くぢらろじっく
・倉楽屋
・くらすけ倉庫
・幻想の麓
・原典皆既
・幸田部屋
・コゲちゃモゲちゅ
・ゴス屋(仮)
・子猫猫像
・コマイズム
・こめどころ
・さわーえりあ
・シガタケ画像展示館『画展』
・しす虎。
・漆黒のバゼラード
・しとらすいーと。
・しましまおぱんちゅ
・少年×少女
・しょんぼり部隊。
・ジンガイマキョウ
・据えZEN
・晴天ひなた
・セリオとさんぽ
・爽月華
・空のカテドラル
・たかのん大国
・だじゃれ絵描き
・黄昏の街
・堕天
・たまらんち
・チキチキTurboR
・竹馬園
・茶柱企画
・チャリンコ狐
・つくさんのやりたい放題
・翼
・でんしめ
・転々
・天々風々
・桃幻食研
・とこ夏にこな雪
・とりあえず(仮)
・トヲルのあなBlog
・なうしの
・なけなしうぃずだむ
・和
・なに気分や
・なま搾り
・なみなみ爆弾
・なるみーにょの森+
・ニシヘ、ヒガシヘ
・偽MIDI泥の会
・にのこや
・ニリツハイハン
・ねこうさプリン
・ねこねこはうス
・猫のぱらいそ with そよ風組み
・ネコマミレの描きなぐり
・灰色ユートピア
・爆天堂
・バクバクバク
・ハチャ
・白花雨&ぐりーんぺっぱーのお部屋
・八卦電影城
・ハニーデップ
・ハネゴヤ
・はねろく
・ぱらのいあ
・ハルモニア*
・はんなま
・ぱんのみみ
・ピーチボーイリバーサイド
・ひかげ倉庫
・ヒゲナシ
・備前式ロロップ
・ひなたのまど
・ぴにゃたぱ〜てぃ
・日々の暇に
・日々、平穏
・昼の月と夜に咲く花と
・貧困貧
・ぷちえご!
・不定期日記 Republic
・( 凸)< ブブーン、ドドドーゥ !!
・プラスチックガール
・ぷらちな
・ヘルフレグランス
・ベンジャミン
・方円軒
・ぽこぽこ
・☆海館
・星屑の欠片
・ホーミングのアレな日記
・ぽんぽんお
・舞子海岸迄五分
・毎度馬鹿馬鹿しい小話を一席
・魔法新撰組
・美月亭
・むげん@WORKS
・霧笛堂画廊
・ムーントレイス
・桃猿の雄叫び
・焼けぷりんていこく
・焼けました?
・柳ノ室
・悠久機関車
・妖精さんの隠れ家
・妖精漫画社
・ヨツクロ

・りくる〜と
・りみっとぶれいく
・ワカラン
・惑星のかけら
・わつき屋
・んでもって

★テキスト系サイト★
・Bebopの妄想研究所
・Celestial Symphony
・cryle style
・DENY EVERYTHING
・DJみかん解体新書・改訂版。
・FiRSTRoN
・Ich denke
・Ich vermisse Sie
・K-DIARY
・KingStraight
・Last-Quarter,net
・North Book City
・PURE GOLD
・SNOWLY SUMMER
・SNOW MOUSSE
・St.AQUARIUS
・TWO Y'S
・オトノナイセカイ
・ギリギリマイマイ
・草の館
・くらきんち
・グレイブの村
・時雨堂
・好き好き大好きっ
・駿河電力/スク水.jp
・世界を革命する力を
・だーくぱれす。
・司和泉の戯言。
・てきとうなもの
・刻の大陸
・のべまてぃっく
・拝啓、弥生より…。
・箱庭●弐
・ぱにぷんの館
・日向の夢
・フラン☆Skin
・ブロックさん忍法帖
・マサオの部屋
・睦月堂工房
・楽画喜堂
・陸戦型ダンボール箱

★2ちゃんまとめ系サイト★
・2chスポーツニュースナビ
・ハムスター速報 2ろぐ
・ぷん太のにゅーす
・みんなの暇つぶし

★素材系サイト★
・I.S.W
★アニメ系サイト★
・放蕩オペラハウス
★競馬系サイト★
・JRA
・nankankeiba.com
・netkeiba.com
・TAKE A CHANCE!
・UMA-JIN.net
・熱い競馬漫画
・競馬実況web
・小島茂之厩舎の本音
・地方競馬情報サイト
・頂上庵
・馬券日記オケラセラ
・よく稼ぎ、よく遊べ!

★ゲームメーカーOHP★
・age
・AQUAPLUS
・CIRCUS
・F&C
・FLAT
・Flying Shine
・KEY
・Leaf
・light
・Lump of Sugar
・minori
・MOON STONE
・Navel
・Nitro+
・propeller
・PULLTOP
・RUNE
・Studio MebiuS
・TYPE-MOON
・Xuse
・あかべぇそふとつぅ
・戯画
・キャラメルBOX
・ケロQ
・工画堂スタジオ
・ねこねこソフト
・ぱれっと
・フロントウイング

★検索系サイト★
・CG Pocket
・CLEAR
・CODE NAVI
・Creaters Navi
・Cyberあまてらす
・ErogameScape
・Eroge RSS Checker
・Game Leader
・Game of serch
・Gamers Relaxation Site
・GC Seek
・GO Search Engin
・HAMMER×HAMMER
・JPS Search
・MEGURI-NET
・Nitro Navi
・Surfersparadise
・くりーむうぇる
・ゲーム完全攻略への道!
・ゲーム攻略リンク広場
・ゲーム派ドットコム
・ゲームマニアサーチ
・駄文同盟.com
・ちよナビ
・ドラ・デ・ステーション
・投げサーチ
・ぴあすねっとNAVI
・萌えナビゲーション
・萌えるネットサーフィン
★参加・応援サイト★
しょんぼり。



[Previous / Next]

Follow me on Twitter
mixi