PCゲーム(エロゲ/美少女ゲーム)レビュー 天色*アイルノーツ

天色*アイルノーツ【予約特典:複製色紙+ラフ画集+おかえりイチャラブCD】 タイトル 天色*アイルノーツ
メーカー ゆずソフト
ジャンル 青空に浮かぶ島で過ごすイチャラブ恋愛ADV
シナリオ 天宮りつ/鏡遊/紺野アスタ/J・さいろー
原画 こぶいち/むりりん/こもわた遙華(SD原画)
対応OS WINXP/Vista/7/8
ボイス 主人公以外フルボイス
定価 9,240円
発売日 2013年07月26日
関連商品 関連商品一覧


評価
シナリオ/システム/グラフィック/サウンド/キャラクター/総合65点


レビュー
「……ペットがいい。センセのペットでいたい。ダメかな?」

“鷺ノ森透”は悩んでいた。
大学を卒業し、教師として就職したものの、このまま教師を続けていくべきかどうか、を。
そんな迷いを持つ彼に、ある日一つの誘いが舞い込む。

それは青天の霹靂と呼ぶべきもので――あまりに唐突で、意外で、そして、予想外なもの。
新しい場所で、女学院の教師として働かないか、という誘いだった。
それ自体は、驚くようなことではないが……誘われた学院が建っているのは――なんと空の上!

“空に浮かぶ島−ライゼルグ”

そこは中世ヨーロッパを思わせる街並みで、
機械とは違うファンタジックな技術を用いて、
空想の世界にしかいなかった人種と人間が暮らす、

広大な青い空に佇む神秘的な島。

見知らぬどころか、まるでおとぎ話のような土地で、透の新たな物語が紡がれていく。

女の子ばかりの学院で、可憐な少女たちの相手を務める教師生活は一体どうなるのか?
今までに体験したことのない、空の上の物語が今始まる。
(OHPより抜粋)

空に浮かぶ島の女学院を舞台に教師と生徒が織り成す恋物語。

とある出来事により教師を辞めようと考えていた主人公・鷺ノ森透が、恩師の勧めで赴任したフェン・シクリッド女学院で同僚の教師や教え子たちと日々を過ごすうちに、次第に教師としての自信を取り戻し、また、それと時を同じくして一人の女性と恋に落ちていくというのがこの物語の主な流れになります。

攻略対象はヒロイン4人(シャーリィ・ウォリック、天霧夕音、白鹿愛莉、真咲・ガイヤール)、サブヒロイン2人(ティア・ホーエンヴェルフェン、火宮木乃香)の計6人。
これまでのゆずソフト作品同様、ヒロインたちはみんな可愛らしく誰から攻略するべきか頭を悩ませてくれます。

個人的に一番気に入ったのはセリアンスロープ(人狼)のハーフ・真咲。
周りに暴走するキャラが多く普段はツッコミ役を務めている精神年齢の高いキャラなんですが、個別ルートではちょっとしたことで尻尾を振るくらいデレッデレに懐いてくれるので、そのギャップによる破壊力が凄まじいんですよね。
ビジュアル的にも巨乳獣耳っ娘なので非常に可愛いですしね。

しかしながら、今作はキャラの可愛さこそ健在なものの、ゆずソフト作品のもう一つの売りであるシナリオの出来は正直イマイチなんですよね。
最近のエロゲは原画やグラフィックレベルの向上もあってヒロインが可愛いだけの作品なら毎月何本も出ているだけに、この程度のシナリオでは“ありきたりな萌えゲー”という評価しか出来ません。
ゆずソフトはシナリオとキャラが高いレベルで融合した作品を毎回出しており、本作に対する期待も高かっただけに失望も大きかったです。

シナリオの出来が悪かった要因はいくつかありますが、最大の失敗は主人公が教師、ヒロインが生徒という関係性に固執し過ぎたことではないでしょうか。
本来“教師と生徒の恋”は誰にも知られてはいけない禁断の関係であるから盛り上がるのであって、周囲の人間にあっさりバレた上に全面的に応援(あるいは黙認)されてしまってはまったく意味を成しません。
この設定の最大の目玉となるべき透の過去が明らかになるシャーリィルートはともかく、その他のルートにおいては堂々といちゃつけないというデメリットでしかなく、シナリオの自由度を縛る足枷以外の何物でもありませんよ。

そもそもファンタジー要素を多分に含んだ空に浮かぶ不思議な島を舞台にしているのだから、素直にこの舞台設定を活かす方に全力を注ぐべきだったのではないでしょうか。
どう考えてもありふれた教師と生徒の恋よりも、セリアンスロープやエルフといった異種族や彷徨人との恋に焦点を当てた方が興味を惹きつけられると思うのですが…
個別ルートの中で唯一生徒ではないティアルートが、サブヒロインにもかかわらずメインヒロインのシャーリィルートと遜色ない出来だっただけに余計にそう思いますね。

もう一つ私が物足りなさを感じた点は主人公に魅力が乏しいため三角関係的な雰囲気が一切発生しないことですね。
プレイヤーから見て魅力を感じないだけではなく、(フラグを立てない限りは)ヒロインたちの目から見ても人畜無害でからかい甲斐のある教師としか映らないため、選ばれなかったヒロインたちが嫉妬を抱いたり、自分の想いを押し殺したりするようなことが一切ないんですよね。
ストーリー重視の作品ならともかく、イチャラブメインの作品でそういう描写がまったくないのは正直物足りないですよ。
せっかく従妹の愛莉や被保護者の木乃香といった透にそういう感情を抱いていても不思議はないポジションのキャラがいるのだから、その設定を活かしたシナリオを1つくらい用意するべきだったのではないかと強く思いますね。

最後に総評。
本作を一言で評するなら、“設定の良さを無駄にしたもったいない作品”ですね。
可愛くて魅力的なヒロインたち、個性的で好感が持てる男性キャラたち、様々な可能性を感じさせるファンタジー要素を多分に含んだ設定などなど、ちょっと巧く料理すれば良作以上の作品なんて簡単に出来る素材だっただけに本当にもったいないですよね。
前2作、「のーぶる☆わーくす」「DRACU-RIOT!」の出来が素晴らしかっただけに、どうしてこうなったという思いでいっぱいです。
特にオススメできる要素はないので、このレーベルのコアなファンでもない限りはあえて手を出す必要性はないでしょう。


OPムービー


関連商品
天色*アイルノーツ キャラソン第一弾「step forward」/シャーリィ・ウォリック
天色*アイルノーツ
キャラソン第一弾「step forward」
シャーリィ・ウォリック
天色*アイルノーツ キャラソン第二弾「私だけの空」/天霧夕音
天色*アイルノーツ
キャラソン第二弾「私だけの空」
天霧夕音
天色*アイルノーツ キャラソン第三弾「アオゾラキャンバス」/白鹿愛莉
天色*アイルノーツ
キャラソン第三弾「アオゾラキャンバス」
白鹿愛莉
天色*アイルノーツ キャラソン第四弾「大好きなんだ」/真咲・ガイヤール
天色*アイルノーツ
キャラソン第四弾「大好きなんだ」
真咲・ガイヤール




TOPへPC Gameへ
ブログパーツ