ライトノベル 魔法少女育成計画 レビュー

魔法少女育成計画 (このライトノベルがすごい! 文庫) タイトル 魔法少女育成計画
レーベル このライトノベルがすごい!文庫
著者 遠藤浅蜊
イラスト マルイノ
発売日 2012年06月08日
既刊/関連商品 既刊一覧関連商品一覧
評価


レビュー
「私は魔法少女じゃなくていい……ただの人殺しでかまわない」

脱落するのは、一週間に一人。
騙す、出し抜く、殺し合う。
魔法の力を得た少女たちの理不尽で無慈悲な生き残りゲーム!

大人気ソーシャルゲーム『魔法少女育成計画』は、数万人に一人の割合で本物の魔法少女を作り出す奇跡のゲームだった。
幸運にも魔法の力を得て、充実した日々 を送る少女たち。しかしある日、運営から「増えすぎた魔法少女を半分に減らす」という一方的な通告が届き、16人の魔法少女による苛烈で無慈悲なサバイバ ルレースが幕を開けた……。
第2回『このラノ』大賞・栗山千明賞受賞作家の遠藤浅蜊が贈る、マジカルサスペンスバトル!
(OHPより抜粋)

数万人に1人の割合で本物の魔法少女を作り出すソーシャルゲーム「魔法少女育成計画」によって魔法少女になった16人による生き残りを賭けたサバイバルレースを描いた作品。

可愛らしい挿絵からは想像もできない殺伐とした作風の魔法少女ものです。

運営から「増えすぎた魔法少女を半分に減らす」という一方的な通告を受けて、“毎週最下位の1人が魔法少女の資格を剥奪されるゲーム”が始まるんですが、最初の1人が脱落したところで「魔法少女の資格を剥奪された人間は死ぬ」って知らされる理不尽な展開から幕を開けます。

自らの意思で魔法少女になったわけでもないのに、突然生死にかかわるゲームに参加させられるという点を考えると、「魔法少女まどか☆マギカ」以上に残酷な話と言えますね。

本作の魔法少女は一人一つずつ魔法が使えるという設定なんですが、“手裏剣を投げれば百発百中”とか“どんなケガでもすぐ治る”という実戦向きの魔法もあれば、“困っている人の心の声が聞こえる”とか“他人の夢の中に入ることができる”なんていうまったく実戦向きじゃない魔法もあったりします。

中盤以降はガチで殺し合う展開になるのですが、メインキャラ(スノーホワイト)の魔法が実戦向きではないため無理ゲー感がハンパなく、本当に最後まで生き残れるのか手に汗握りながら読む羽目になりましたよ(苦笑

必ずしも魔法が強いキャラが勝ち残るとは限らず、ちょっとした油断を突かれたり策略に引っ掛かったりしてあっさり死んでしまうこともあるので、読んでいる方も気が抜けず、気が付けばどっぷりと物語にのめりこんでしまいました。

スタートの時点で16人もの魔法少女がいるので、読み始めた時はキャラ多すぎて覚えられないだろと思っていたんですが、それぞれが印象に残る死に方をするので読み終わる頃にはしっかり脳に刻み込まれるんですよね。
…死に様が(苦笑
個人的にはルーラさん(※ネタバレにつき反転)の死に様が一番印象に残りました。

あと個人的に面白いと思ったところは変身すると外見がまったくの別人になるところ。
しかも容姿だけじゃなく年齢、性別まで変わるので、中の人が39歳子持ちとかオタク系男子とかだったりするんですよね。
ある意味ストーリー以上に夢も希望もありませんよね(笑


最後に総評。
シナリオ、キャラともにトップレベルの出来。今年読んだラノベの中では1,2を争う作品ですね。
善悪問わず魔法少女たちを躊躇なく殺していくため、先の展開がまったく読めず、最後までページを捲る手が止められないんですよね。
イラストが凄く可愛らしいだけに残酷描写とのギャップが余計に衝撃をもたらしてくれます。

描写がエグイ分、ラノベにしては対象年齢が若干高めになりますが、「まどマギ」が好きだった人なら間違いなくハマると思います。


関連商品
魔法少女育成計画 restart (このライトノベルがすごい! 文庫)
魔法少女育成計画 restart (前)
魔法少女育成計画 restart(後) (このライトノベルがすごい!文庫)
魔法少女育成計画 restart (後)




TOPへLight Novelへ
ブログパーツ