若柳公子 日本舞踊教室 SHIBUYA CAT STREET
日本舞踊TOP What's NEW Practice Profile Contact

専門師範生制度


 正派若柳会の発展の為、当会の師範資格を得た者が、
一段上の技芸の向上を目的とした「専門師範生制度」が平成15年に設けられました。

○目   的 正派若柳流の将来を担う舞踊家を育て、正派若柳流の発展に必要な人材を育成する事を目的とする。
○応募資格 師範会員以上、性別、年齢は問わない
○審   査 第一次審査(素踊り)第二次審査(衣裳付)とあり、第一次審査の合格者が第二次審査を受験し、合格した者を専門師範生とする。
  第一次実技審査 下記のA選択曲より1曲、B選択曲より1曲を選択し素踊り(小道具使用)にて全曲踊る。
第二次実技審査 第一次審査に合格したものは、A・Bの内より指定された1曲を衣裳付にて全曲踊る。
○実技演目 A選択曲  「道成寺」「浅妻船」「鷺娘」「子守」「晒女」「文売り」
B選択曲  「越後獅子」「傀儡師」「流星」「供奴」「まかしょ」「大原女」「浦島」

私が受験した第一回専門師範試験では3人が合格しました。

私は一次試験では 「文売り」 「傀儡師」を二次試験では 「鷺娘」を踊り合格しました。

  

   本番での舞台写真及びビデオ撮影禁止の為楽屋にて・・・
   第二次審査 長唄「鷺娘」です。日本橋劇場2003.11.27撮影

プロフィールにもどる
    
 
こんな方が習い始めています お稽古のシステム お忙しい方のためにアルバム | リンク集