本文へスキップ

障害児基礎教育研究会へようこそ!





   障害のある人への適切な教育のあり方を、教材教具の開発・工夫を通して
   実践的に明らかにします。

ギャラリー



 春の足音が聞こえてますね。定例会(事例に基づく協議会)は3月4日です。どなたでも参加できます。また、午前中は教材教具を使った指導実践や教材製作も行ないます。こちらも見学・参加自由です。教材製作は、木材や接着剤等はありますがその他の材料はご持参ください。
製作風景はこちら。(1) (2)



水口浚著。1995年ジェムコ出版、全154頁、1500円。本研究会のバイブルです。画像をクリックすると目次を見ることができます。ご希望の方は幹事に連絡するか、定例会でお申し込み下さい

基礎教材一覧

     あると助かる基礎教材一覧をご紹介!

information   平成28年度教材工夫展(沖縄大会)写真集      お知らせ

3月定例会
3月4日の定例会(283回)は千葉県立市川特別支援学校の漆畑先生のご発表です。今回は、14:00-15:00に幹事会を行ないますので、幹事の方はご留意願います。
個別指導・教材製作
10:00-の個別指導、11:00-の教材製作も行ないます。
教材教具とは
生前に水口先生が語った、教材教具についてのお話です。初心に帰って読んでみましょう。「考える力を培う教材教具」  「教材教具の工夫」
年間予定
筑波大附属大塚特別支援学校での定例会の年間予定  ふかしぎ倶楽部の年間予定
お知らせ
賛助会員を募集しています。研究会には出られなくても、毎月のお知らせと研究紀要が欲しい方は、1口2000円でご登録ください。 振込先は「規約」参照。
会員の方へ
研究紀要第23集、大塚特別支援学校に在庫あります。欲しい方は幹事まで。



筑波大付属大塚特別支援学校
根本文雄
nemonemo@
otsuka-s.tsukuba.ac.jp
 
規 約(28年度版)
 幹 事

2017.2.27 更新

イギリス視察報告