トップ > 海理学 > 略号辞典

更新:2015年11月08日


海理学的略号辞典

自分用の備忘録です。コメントが不適切な場合はご連絡下さい。

A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z


A

ACCESS: Africa Centre for Climate and Earth Systems Science
『アフリカ気候地球システム科学センター』。
ACE: Aerosol Characterization Experiments
『エアロゾル特性観測計画』。
ACOM: Australian Community Ocean Model
ご利用は計画的に。
ACSYS: Arctic Climate System Study
『北極域気候システム研究』。WCRP のプロジェクトのひとつ。【アクシス】(02/11/16)
ADCP: Acoustic Doppler Current Profiler
『音響ドップラー流速分布計』。
ADEOS: Advanced Earth Observing Satellite
『地球観測プラットフォーム技術衛星』。名前が縁起悪かった。愛称は「みどり」。【アディオス】
ADEOS-II: Advanced Earth Observing Satellite-II
『環境観測技術衛星』。2002年12月14日に打上げられましたが…。愛称は「みどり2号」。(02/12/14)
AESTO: Advenced Earth Science and Technology Organization
財団法人『地球科学技術総合推進機構』。昔の ESTO。2010年03月末に解散しました。
AFES: AGCM for the Earth Simulator
CCSR/NIES AGCM を元に地球シミュレータ用に開発された大気大循環モデル。cf. CFES, OFES【エイフェス】(03/01/26)
AGU: American Geophysical Union
『アメリカ地球物理学連合』。
AIMS: Analysis, Interpretation, Modeling, and Synthesis
WOCE の現在のフェイズ。2002年まで。
AIMS: Australian Institute of Marine Science
『オーストラリア海洋科学研究所』。
ALACE: Autonomous Lagrangian Circulation Explorer
?
ALERA: AFES–LETKF Experimental Ensemble ReAnalysis
AFESLETKF を適用した実験的アンサンブル大気再解析。目指せ CLERA。【アレラ】
ALERA2: AFES–LETKF Experimental Ensemble ReAnalysis 2
ALERA の第2世代。いろいろ変わっています。
ALOS: Advanced Land Observing Satellite
『陸域観測技術衛星』。2006年01月24日に打上げられました。愛称は「だいち」。【エイロス】(06/01/29)
AMeDAS: Automated Meteorological Data Acquisition System
『地域気象観測システム』。ぐっすん、ちょっきん、ぱー。【アメダス】(01/10/30)
AMIP: Atmospheric Model Intercomparison Project
大気大循環モデルの相互比較プロジェクト。CMIP, OMIP, SMIPENSIP, STOIC も参照。【エイミップ】(02/02/23)
AMS: American Meteorological Society
『アメリカ気象学会』。
AMSR: Advanced Microwave Scanning Radiometer
『高性能マイクロ波放射計』。ADEOS-II に載る。【アムサー】
AOGS: Asia-Oceania Geosciences Society
『アジア・オセアニア地球科学会』。いつの間にこんなものが。(03/07/07)
AORI: Atmosphere and Ocean Research Institute
東京大学の『大気海洋研究所』。ORICCSR が統合して2010年04月に発足。
APCC: APEC Climate Center
『APEC 気候センター』。(06/12/24)
APDRC: Asia-Pacific Data-Research Center
『アジア太平洋データ研究センター』。IPRC の部局。(04/10/09)
APE: Aqua-Planet Experiment
『水惑星実験』。AGCM の相互比較プロジェクトの一つ。(03/05/16)
APHRODITE's Water Resources: Asian Precipitation—Highly-Resolved Observational Data Integration Towards Evaluation of the Water Resources
地球環境研究総合推進費による『アジアの水資源への温暖化影響評価のための日降水量グリッドデータの作成』プロジェクト。
ARGO: Array for Real-time Geostrophic Oceanography??
21世紀型海洋自働観測システム。“Japan ARGO” はミレニアム。【アルゴ】
ASLO: American Society of Limnology and Oceanography
『アメリカ陸水海洋学会』。(01/10/12)
ASUKA: Affiliated Surveys of the Kuroshio off Cape Ashizuri
『足摺岬沖黒潮共同観測』。親分は今脇先生。某アニメとは関係ないらしい。【アスカ】
ATOC: Acoustic Thermometry of Ocean Climate
関西弁対応のMac版は出ないのか?ってそれは ATOK(ベタですな)。
AVHRR: Advanced Very High Resolution Radiometer
『高性能超高分解能放射計』。
AVISO: Archiving, Validation and Interpretation of Satellites Oceanographic data
?
AVNIR: Advanced Visible and Near-Infrared Radiometer
『高性能可視近赤外放射計』。【アヴニール】

A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z

B

BAMS: Bulletin of the American Meteorological Society
AMS の bulletin(そのまま)。(03/01/25)
BEM: Boundary Element Method
『境界要素法』。cf. DEM, FEM(03/08/29)
BGM: Breeding of Growing Modes
NCEP のアンサンブル予報で用いられている手法。Toth and Kalnay (1993)(03/01/26)
BIO: Bedford Institute of Oceanography
カナダの『ベッドフォード海洋研究所』。(01/07/12)

A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z

C

CAEM: Center for Antarctic Environment Monitering
国立極地研究所 (NIPR) の『南極圏環境モニタリング研究センター』。(02/12/08)
CAOS: Center for Atmospheric and Oceanic Studies
東北大学理学研究科の『大気海洋変動観測研究センター』。
CCN: Cloud Condensation Nuclei
『雲凝結核』。(03/11/29)
CCSM: Community Climate System Model
= CAM + CSIM + CLM + POP + Coupler. (03/02/25)
CCSR: Center for Climate System Reseach
東京大学の『気候システム研究センター』。2005年03月、柏に移転しました。
CDEX: Center for Deep Earth Exploration
JAMSTEC の『地球深部探査センター』。(03/07/06)
CEOP: Coordinated Enhanced Observing Period
『統合強化観測期間』?【セオップ】(03/05/30)
CEReS: Center for Environmental Remote Sensing
千葉大学の『環境リモートセンシング研究センター』。【セレス】
CFC: Chlorofluorocarbon
『クロロフルオロカーボン』。フロン(フルオロカーボン)の一種。(03/12/07)
CFD: Computational Fluid Dynamics
『計算流体力学』あるいは『数値流体力学』。
CFES: CGCM for the Earth Simulator
AFESOFES を結合して地球シミュレータ用に開発された大気海洋結合モデル。【シーフェス】(04/06/06)
CFS: Climate Forecast System
NCEP の『気候予報システム』。(05/08/18)
CGAM: Centre for Global Atmospheric Modelling
NERC の『全球大気モデリングセンター??』。レディング大学にある?【シーガム】(03/08/14)
CGU: Canadian Geophysical Union
『カナダ地球物理学連合』。(03/05/06)
CHAMP: Challenging Minisatellite Payload
【チャンプ】
CHASER: CHemical AGCM for Study of atmospheric Environment and Radiative forcing
『全球光化学モデル』。【チェイサー】(02/11/25)
CliC: Climate and Cryosphere
『気候と雪氷圏』計画。【クリック】(05/02/06)
CLIVAR: Climate Variability and Predictability
WCRP のプロジェクトのひとつ。“GOALS”, “DecCen”, “ACC” の三本柱。【クライヴァー】
CMAP: CPC Merged Analysis of Precipitation
NCEPCPC による降水量の気候値データセット。【シーマップ】(03/02/16)
CMES: Center for Marine Environmental Studies
愛媛大学の『沿岸環境科学研究センター』。【シーメス】
CMIP: Coupled Model Intercomparison Project
大気海洋結合モデルの相互比較プロジェクト。AMIP, OMIP, SMIPENSIP, STOIC も参照。【シーミップ】(02/02/23)
COADS: Comprehensive Ocean-Atmosphere Data Set
『統合海洋大気データセット』。【コアズ】
COAMPS: Coupled Ocean/Atmospheric Mesoscale Prediction System
『海洋大気結合中規模予測システム』。(01/08/25)
COARE: Coupled Ocean–Atmospheric Response Experiment
『海洋大気結合応答実験』???
COCO: CCSR Ocean Component Model
CCSR が誇る海洋大循環モデル。カレー屋ではなくアイドルの方。【ココ】
COLA: Center for Ocean-Land-Atmosphere Studies
?
COMPASS-K: Comprehensive Ocean Modeling, Prediction, Analysis and Synthesis System in the Kuroshio region
気象研究所海洋研究部が誇る中・高緯度海洋データ同化システム。夏の風物詩。【コンパスケー】
CORE: Common Ocean-ice Reference Experiments
『共通海洋海氷標準実験』かな。CLIVAR の支援を受けているみたいです。【コア】
COSIM: Climate, Ocean and Sea Ice Modeling Project
LANL のモデル開発プロジェクト。(04/05/30)
COSPAR: Committee on Space Research
?
CPC: Climate Prediction Center
NCEP の『気候予測センター』。(03/02/16)
CREAMS: Circulation Research of the East Asian Marginal Seas
『東アジア縁辺海循環研究』。第4回の国際シンポジウムが2月に行われました。【クリームス】(01/07/12)
CReSS: Cloud Resolving Storm Simulator
科学技術振興調整費「高精度の地球変動予測のための並列ソフトウェア開発に関する研究」の一環。
CREST: Core Research for Evolutional Science and Technology
JST『戦略的創造研究推進事業』。昔の科学技術振興事業団『戦略的基礎研究推進事業』。【クレスト】
CRIEPI: Central Research Institute of Electric Power Industry
財団法人『電力中央研究所』。(02/11/14)
CRL: Communications Research Laboratory
独立行政法人『通信総合研究所』。(01/10/26)
CRM: Cloud Resolving Model
『雲分解モデル』。(03/07/06)
CSIRO: Commonwealth Scientific and Industrial Research Organization
『オーストラリア連邦科学産業研究機構』。
CSTP: Council for Science and Technology Policy
『総合科学技術会議』。(05/12/04)
C4MIP: Coupled Carbon Cycle Climate Model Intercomparison Project
『炭素循環気候結合モデル相互比較プロジェクト』。(03/06/08)

A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z

D

DAMÉE-NAB: Data Assimilation and Model Evaluation Experiments - North Atlantic Basin
『北大西洋海盆データ同化モデル評価実験』?(01/08/07)
DART: Data Assimilation Research Testbed
『データ同化研究テストベッド』。NCAR が開発・維持。
DEM: Distinct Element Method
『個別要素法』。cf. BEM, FEM(03/08/29)
DEMETER: Development of a European Multimodel Ensemble system for seasonal to inTERannual prediction
ECMWF のプロジェクト。
DIAS: Data Integration & Analysis System
『データ統合・解析システム』。国家基幹技術「海洋地球観測探査システム」の基幹要素のひとつ。
DOM: Dissolved Organic Matter
『溶存有機物』。踏み台にはならない。cf. POM(01/09/14)
DOME: Dynamics of Overflow Mixing and Entrainment
もうすぐ第1回のワークショップ。
DPRI: Disaster Prevention Research Institute
京都大学の『防災研究所』。
DORIS: Doppler Orbitography and Radiopositioning Integrated by Satellite
お偉いさんの奥さんの名前らしい。【ドリス】
DREAMS: Data assimilation Research of the East Asian Marine System
『東アジア海況予測システム』?【ドリームス】
DYNAMO: Dynamics of North Atlantic Models
高分解能モデルを使ったsimulationとassimilation。

A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z

E

ECCO: Estimating the Circulation and Climate of the Ocean
SIOJPL と MIT(と欧州の一部)の連合軍。こっちはゲリラ。【エコ】(01/08/07)
ECMWF: European Centre for Medium-Range Weather Forecasts
『ヨーロッパ中期天気予報センター』。
EDITORIA: Earth observation Data InTegration and fusiOn Research InitiAtive
東京大学の『地球観測データ統融合連携研究機構』。
EEZ: Exclusive Economic Zone
『排他的経済水域』。(03/07/11)
EGU: European Geosciences Union
『ヨーロッパ地球科学連合』。
EKF: Extended Kalman Filter
『拡張カルマンフィルタ』。
EMS: European Meteorological Society
『ヨーロッパ気象学会』。(03/05/06)
EMSEA: Environmental Monitoring from Space of East Asia
(01/10/27)
ENACT: Enhanced Ocean Data Assimilation and Climate Prediction
海洋データ同化と気候予測に関する欧州連合のプロジェクト。(03/04/06)
ENIAC: Electronic Numerical Integrator and Computer
世界最初のコンピュータ、らしい。【エニアック】(04/10/30)
EnKF: Ensemble Kalman Filter
『アンサンブルカルマンフィルタ』。
ENSIP: ENSO Simulation Intercomparison Project
大気海洋結合モデルによる ENSO シミュレーションの相互比較プロジェクト。Latif et al. (2001)AMIP, CMIP, OMIP, SMIPSTOIC も参照。(02/02/23)
ENSO: El Niño and Southern Oscilation
『エル・ニーニョと南方振動』。「大気と海洋の絡み合い。」【エンソ】
EOF: Empirical Orthogonal Function
『経験的直交関数』。
EORC: Earth Observation Research Center
JAXA の『地球観測研究センター』。
EPIC: Eastern Pacific Investigations of Climate
東部太平洋の何か。【エピック】
EPIC: Equatorial Processes Including Coupling
大気のだいぶ上の方の話。PowerBook1400 のコードネーム。【エピック】(01/08/07)
ESA: European Space Agency
『ヨーロッパ宇宙機関』。
ESC: Earth Simulator Center
JAMSTEC の『地球シミュレータセンター』。
ESC: East Sakhalin Current
『東樺太海流』。(02/12/22)
ESODAE: European Shelf seas Ocean Data Assimilation and forecast Experiment
『ヨーロッパ陸棚域海洋データ同化予報実験』??。GODAE に関連した欧州連合のプロジェクト。(01/09/21)
ESTO: Earth Science and Technology Organization
(社)資源協会の『地球科学技術推進機構』。今は AESTO に生まれ変わりました。【エスト】(02/11/14)

A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z

F

FASTEX: Fronts and Atlantic Storm-Track Experiment
【ファーステックス】
FDEPS: Fluid Dynamics in Earth and Planetary Sciences
ワークショップ『地球惑星科学における流体力学』。電脳な方々。
FEM: Finite Element Method
『有限要素法』。cf. BEM, DEM(03/08/29)
FIM: Flow-following finite-volume Icosahedral Model
NOAA の Earth System Research Laboratory が開発中の大気大循環モデル。
FLAME: Family of Atlantic Model Experiment
?
FMS: Flexible Modeling System
GFDL における大気・海洋・気候モデルのためのソフトウェアフレームワーク、らしい。(03/05/10)
FOAM: Forecasting Ocean-Atmosphere Model
Met.Office の海洋データ同化/予報システム。(01/09/21, 02/06/21)
FORSGC: Frontier Observational Research System for Global Change
『地球観測フロンティア研究システム』。2004年07月から IORGC に生まれ変わりました。(05/06/12)
FRA: Fisheries Research Agency
独立行政法人『水産総合研究センター』。(01/08/27)
FRAM: Fine Resolution Antarctic Model
?
FRCGC: Frontier Research Center for Global Change
JAMSTEC の『地球環境フロンティア研究センター』。(05/06/12)
FRSGC: Frontier Research System for Global Change
『地球フロンティア研究システム』。2004年07月から FRCGC に生まれ変わりました。(05/06/12)

A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z

G

GAME: GEWEX Asian Monsoon Experiment
『GEWEX アジアモンスーン実験』。【ゲーム】(01/07/12)
GCOM: Global Change Observation Mission
『地球環境変動観測ミッション』。
GCOS: Global Climate Observing System
『全球気候観測システム』。【ジーコス】
GEBCO: General Bathymetric Chart of the Oceans
『大洋水深総図』。【ゲブコ/ジェブコ】
GEO: Group on Earth Observations
『地球観測に関する作業部会』。【ジオ】
GEOSS: Global Earth Observation System of Systems
『全球地球観測システム』。【ジオス】
GEWEX: Global Energy and Water Cycle Experiment
『全球エネルギー水循環実験』。WCRP のプロジェクトのひとつ。
GFD: Geophysical Fluid Dynamics
『地球流体力学』。Pedlosky の教科書(旧ペドor青ペド)を指す場合もある。
GFDL: Geophysical Fluid Dynamics Laboratory
NOAA の『地球流体力学研究所』。プリンストン大学にある。
GHG: Greenhouse Gas
『温室効果気体』。
GIGOLO: Global Information on Gravity Over Land and Ocean
現在計画中の衛星重力ミッション。(02/11/16)
GLOBEC: Global Ocean Ecosystem Dynamics
『全球海洋生態系動態研究計画』。【グローベック】
GM: Garrett-Munk (spectrum)
Garrett and Munk (1972, 1975) の乱流スペクトルのこと。
GM: Gent-McWilliams (scheme)
Gent and McWilliams (1990) の渦輸送スキームのこと。
GMS: Geostationary Meteorological Satellite
『静止気象衛星』。愛称は「ひまわり」。(01/09/01)
GODAC: Global Oceanographic Data Center
名護市の『国際海洋環境情報センター』。JAMSTEC が運営する。【ゴーダック】(01/11/22作成, 02/01/31更新)
GODAE: Global Ocean Data Assimilation Experiment
『全球海洋データ同化実験』。2003年から本番が始まる。がんばれニッポン。【ゴダーエ】
GOOS: Global Ocean Observation System
『全球海洋観測システム』。【グース】
GOSAMOR: Global Ocean Salinity MonitORing
?
GOSAT: Greenhouse gases Observing SATellite
『温室効果ガス観測技術衛星』。2009年01月23日に打ち上げられました。愛称は「いぶき」。【ゴーサット】
GPM: Global Precipitation Measurement
『全球降水観測計画』。NASA, NASDA, CRL が中心となっている日米共同ミッション。(01/10/26)
GPS: Global Positioning System
『全球測位システム』。
GRACE: Gravity Recovery and Climate Experiment
重力を計る人工衛星。2002年2月27日打ち上げ予定。【グレイス】(更新: 01/11/28)
GrADS: Grid Analysis and Display System
この業界では有名なソフトウェア。【グラッズ】
GRL: Geophysical Research Letters
AGU が発行する学術雑誌。
GSMaP: Global Satellite Mapping of Precipitation
JST/CREST 研究領域「水の循環系モデリングと利用システム」研究課題「衛星による高精度高分解能全球降水マップの作成」による活動。(06/05/14)
GTS: Global Telecommunication System
『全球通信システム』?

A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z

H

HARIMAU: Hydrometeorological ARray for ISV-Monsoon AUtomonitoring
地球観測システム構築推進プラン (JEPP) の『海大陸レーダーネットワーク構築』。
HiGEM: High Resolution Global Environmental Modelling
『高解像度全球環境モデリング??』。イギリスのプロジェクト。【ハイジェム】(04/11/14)
HIM: Hallberg Isopycnal Model
GFDL の Hallberg さんが開発した等密度面座標系の海洋大循環モデル。
HOME: Hawaii Ocean-Mixing Experiment
『ハワイ海洋混合実験』?【ホーム】
HOPS: Harvard Ocean Prediction System
『ハーバード海洋予測システム』?【ホップス】
HPF: High Performance Fortran
“Ha*a-san Pretty Fan Club” の略という噂もある。(03/07/09)
HyARC: Hydrospheric Atmospheric Research Center
名古屋大学の『地球水循環研究センター』。【ハイアーク】
HYCOM: Hybrid Coordinate Ocean Model
z 座標系と等密度面座標系を組み合わせた海洋大循環モデル。【ハイコム】

A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z

I

IACS: International Association of Cryospheric Sciences
『国際雪氷圏科学協会』。
IAMAS: International Association of Meteorology and Atmospheric Sciences
『国際気象学大気科学協会』。【イアマス】(01/08/04)
IAPSO: International Association for Physical Sciences of the Oceans
『国際海洋物理科学協会』。“Indian, Atlantic, Pacific, and Southern Oceans” の略という噂もある。【イアプソ】
IARC: International Arctic Research Center
『国際北極圏研究センター』。アラスカ大学にある。【アイアーク】
ICA-RUS: Integrated Climate Assessment - Risks, Uncertainties and Society
環境研究総合推進費『地球規模の気候変動リスク管理戦略の構築に関する総合的研究』。【イカルス】
ICESat: Ice, Cloud, and land Elevation Satellite
NASA が打ち上げた人工衛星。【アイスサット】
ICOMP: Institute for Computational Mechanics in Propulsion
(02/04/25)
ICSU: International Council for Science
『国際科学会議』。
IES: Inverted Echo Sounder
『倒立音響測深器』。
IFREE: Institute for Frontier Research on Earth Evolution
JAMSTEC の『固体地球統合フロンティア研究システム』改め『地球内部変動研究センター』。【アイフリー】
IFREE: Institute for Research on Earth Evolution
JAMSTEC の『地球内部ダイナミクス領域』。2009年04月に発足。フロンティアがなくなりました。【アイフリー】
IGBP: International Geosphere-Biosphere Programme
『国際地球圏生物圏計画』。(04/10/27)
IGES: Institute for Global Environmental Strategies
財団法人『地球環境戦略研究機関』。
IGFA: International Group of Funding Agencies for Global Change Research
資金供与機関の国際グループだが、資金供与機関ではないそうです。【イグファ】
IGOS: Integrated Global Observing Strategy
『統合地球観測戦略』。【アイゴス】(01/11/02)
ILTS: Institute of Low Temperature Science
北海道大学の『低温科学研究所』。
IMBER: Integrated Marine Biogeochemistry and Ecosystem Research
『海洋生物地球化学生態系統合研究』。【インバー】
IOC: Intergovernmental Oceanographic Commission
UNESCO の『政府間海洋学委員会』。国際オリンピック委員会ではない。
IODP: Integrated Ocean Drilling Program
『統合国際深海掘削計画』。
IOM: Inverse Ocean Modeling
(03/02/25)
IORGC: Institute of Observational Research for Global Change
JAMSTEC の『地球環境観測研究センター』。(05/06/12)
IPCC: Intergovernmental Panel on Climate Change
『気候変化に関する政府間パネル』。(01/07/30)
IPRC: International Pacific Research Center
『国際太平洋研究センター』。ハワイ大学にある。ハワイ最速計算機の座を SQUARE のスタジオと争ってるらしい。(01/08/04)
IRIDeS: International Research Institute of Disaster Science
東北大学の『災害科学国際研究所』。2012年04月01日に設立。【イリディス】
ISCCP: International Satellite Cloud Climatology Project
雲です。よく知りませんが。【イスキップ】(05/02/27)
ISEE: Institute for Space–Earth Environmental Research
名古屋大学の『宇宙地球環境研究所』。
ITCZ: Intertropical Convergence Zone
『熱帯収束帯』。(03/01/26)
IUGG: International Union of Geodesy and Geophysics
『国際測地学地球物理学連合』。IAMASIAPSO などの7協会からなる。(04/01/18)

A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z

J

JAEA: Japan Atomic Energy Agency
独立行政法人『日本原子力研究開発機構』。2005年10月01日に発足。(05/10/02)
JAHMP: Japan-Hawaii Monitoring Program
【ジャーンプ】(01/08/19)
JAMA: Japan Automobile Manufacturers Association
社団法人『日本自動車工業会』。(04/07/18)
JAMSTEC: Japan Agency for Marine-Earth Science and Technology
独立行政法人『海洋研究開発機構』。2004年04月01日に発足。どこから Earth が湧いてきたんだか。【ジャムステック】
JARE: Japanese Antarctic Research Expedition
『南極観測隊』。第42次隊&第43次隊のみなさん、頑張ってください。
JAS: Journal of the Atmospheric Sciences
AMS が発行する学術雑誌。
JASMINE: Joint Air-Sea Monsoon INteraction Experiment
モンスーン関係の観測プロジェクトらしい。【ジャスミン】(02/11/20; 03/06/01)
JAXA: Japan Aerospace Exploration Agency
独立行政法人『宇宙航空研究開発機構』。2003年10月01日に発足。【ジャクサ】(03/06/01)
JCDAS: JMA Climat Data Assimilation System
『気象庁気候データ同化システム』。
JCG: Japan Coast Guard
国土交通省の『海上保安庁』。おっかない名前に変わりました。
JCOMM: Joint WMO-IOC Technical Commission for Oceanography and Marine Meteorology
『WMO/IOC合同海洋海上気象専門委員会』?
JCOPE: Japan Coastal Ocean Predictability Experiment
『日本沿海予測可能性実験』。地球フロンティアのプロジェクトの一つ。
JCSEPA: Japanese Cloud Seeding Experiment for Precipitation Augmentation
科学技術振興調整費による『渇水対策のための人工降雨・降雪に関する総合的研究』。村上ファンド。
JEPP: Japan EOS Promotion Program
海洋開発及地球科学技術調査研究促進費『地球観測システム構築推進プラン』。(06/05/13)
JGOFS: Joint Global Ocean Flux Study
『合同全球海洋フラックス国際共同研究』。
JGR: Journal of Geophysical Research
AGU が発行する学術雑誌。
JMA: Japan Meteorological Agency
国土交通省の『気象庁』。
JMP: Japan Metadata Profile
『日本版メタデータプロファイル』。
JNoVA: JMA Nonhydrostatic model based Variational data Assimilation system
JMA の非静力学モデルを用いた変分法データ同化システム。(03/02/06)
JO: Journal of Oceanography
日本海洋学会が発行する英文誌。
JODC: Japan Oceanographic Data Center
海上保安庁水路部が運営する『海洋データセンター』。
J-OFURO: Japanese Ocean Flux data sets with use of Remote Sensing Observations
衛星観測データを使ったフラックスのデータセット。熱海ネタ。【ジェイオフロ】
JpGU: Japan Geoscience Union
『日本地球惑星科学連合』。発足しました。
JPL: Jet Propulsion Laboratory
NASA の『ジェット推進研究所』。カリフォルニア工科大学にある。
JPO: Journal of Physical Oceanography
AMS が発行する学術雑誌。
JRA: Japan Racing Association
『日本中央競馬会』。
JRA-25: Japanese Re-Analysis 25 years
気象庁 (JMA) と電力中央研究所 (CRIEPI) を中心とした長期再解析プロジェクト。(02/11/16)
JSFO: Japanese Society of Fisheries Oceanography
『水産海洋学会』。(07/11/07)
JSFS: Japanese Society of Fisheries Science
社団法人『日本水産学会』。(07/11/07)
JSPS: Japan Society for the Promotion of Science
独立行政法人『日本学術振興会』。(02/02/07)
JST: Japan Science and Technology Agency
独立行政法人『科学技術振興機構』。(04/09/19)

A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z

K

KAIST: Korea Advanced Institute of Science and Technology
【カイスト】(02/02/19)
KaRIN: Ka-band Radar Interferometer
『Ka バンドレーダー干渉計』。SWOT に搭載される。【カリン】
KEEP: Kuroshio-Edge Exchange Processes
『黒潮與東海陸棚交換過程研究』らしい。
KESS: Kuroshio Extension System Study
ようやくファンドがついたらしい。【ケス】(Updated: 03/07/13)
KOP: Kuroshio Observational Program
観測フロンティアのプロジェクト。
KOPS: Korea Ocean Prediction System
(02/03/01)
KORDI: Korea Ocean Research and Development Institute
『韓国海洋研究所』。【コルディ】(01/07/12)
KPI: Kuroshio Position Index
潮位データを利用した、トカラ海峡における黒潮流軸位置の指標。Yamashiro and Kawabe (1996) が提唱。(01/08/08)
KPP: K-Profile Parameterization
Large, McWilliams, and Doney (1994) の混合層スキームのこと。PP がパワーアップした訳ではない。(03/01/26)

A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z

L

LAI: Leaf Area Index
『葉面積指数』。(04/02/22)
LANL: Los Alamos National Laboratory
アメリカ・エネルギー省の『ロスアラモス国立研究所』。カリフォルニア大学が運営。(04/05/30)
LDEO: Lamont-Doherty Earth Observatory
コロンビア大学の『ラモント・ドハティ地球観測所』。(03/04/26)
LES: Large Eddy Simulation
?
LETKF: Local Ensemble Transform Kalman Fitler
カルマンフィルタの一種。これから勉強します。
LOICZ: Land-Ocean Interactions in the Coastal Zone
『沿岸域における陸域海洋相互作用』プロジェクト。
LPS: Luyten-Pedlosky-Stommel
Luyten, Pedlosky, and Stommel (1983) の通気躍層理論のこと。

A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z

M

MAHASRI: Monsoon Asian Hydro-Atmosphere Scientific Research and Prediction Initiative
『モンスーンアジア水文気候研究計画』。post-GAME の研究計画。吉祥天らしい。
MASINGAR: Model of Aerosol Species IN the Global AtmospheRe
MRI で開発されたエーロゾルの数値シミュレーションモデル (Tanaka et al., 2002)。
MATSIRO: Minimal Advanced Treatments of Surface Interaction and RunOff
NIES を中心に開発された SVAT モデル。マラガシ語では『美味しい』という意味らしい。【マツシロ】(03/06/12)
MERRA: Modern Era Retrospective-Analysis for Research and Application
NASA の再解析プロジェクト。【メラ】
MERSEA: Marine EnviRonment and Security for the European Area
海洋環境の現業的な監視と予報を目指す欧州のプロジェクト。 【メルシー】(02/11/16)
MEXT: Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology
『文部科学省』。英語にするとこんなに長い。【メクスト】(03/02/08)
MGDR: Merged Geophysical Data Record
PO.DAAC が配布している TOPEX/Poseidon のデータ。
MICOM: Miami Isopycnic Coordinate Ocean Model
等密度面座標系の海洋大循環モデル。【マイコム】
MIRC: Marine Information Research Center
(財)日本水路協会の『海洋情報研究センター』。所長は永田先生から友定先生に代わりました。【ミルク】(03/04/02)
MIROC: Model for Interdisciplinary Research On Climate
CCSR が誇る大気海洋結合モデル。夢は五十六億七千万年積分。【ミロク】
MISMO: Mirai Indian ocean cruise for the Study of the MJO-convection Onset (project)
JAMSTEC-IORGC の観測プロジェクト。航海日誌もある。【ミスモ】
MJO: Madden–Julian Oscilation
『マッデン・ジュリアン振動』。Madden and Julian (1971) が発見。「空気のようにどこにでもある。」
MLEF: Maximum Likelihood Ensemble Filter
『最尤アンサンブルフィルタ』。Zupanski (2005) が考案。旦那の方。
MOC: Meridional Overturning Circulation
『子午面循環』。【モック】
MOE: Ministry of the Environment
『環境省』。萌え。(04/09/20)
MOM: Modular Ocean Model
GFDL が誇る z 座標系の海洋大循環モデル。MOM 4 の β 版が公開中。OGCM の母。【モム】(02/11/16)
MPAS: Model for Prediction Across Scales
LANLNCAR が中心のモデル開発プロジェクト。
MPI: Max Planck Institute for Meteorology
ドイツの『マックス・プランク気象研究所』。
MPI: Message Passing Interface
並列処理アプリケーション用メッセージパッシングライブラリ、だそうです。京大・大型計算機センターの解説はこちら(01/12/01)
MRI: Meteorological Research Institute
気象庁の『気象研究所』。
MSJ: Meteorological Society of Japan
社団法人『日本気象学会』。

A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z

N

NAOJ: National Astronomical Observatory of Japan
自然科学研究機構 (NINS)『国立天文台』。(04/04/04)
NAREGI: National Research GRID Initiative
『超高速コンピューター網形成プロジェクト』。【ナレギ】
NASA: National Aeronautics and Space Administration
アメリカの『航空宇宙局』。大統領直属の独立組織。【ナサ】
NASDA: National Space Development Agency of Japan
『宇宙開発事業団』。イントネーションに気を付けて。【ナスダ】
NCAR: National Center for Atmospheric Research
アメリカの『大気研究センター』。【エヌカー】(01/10/03)
NCEP: National Centers for Environmental Prediction
NOAA の『環境予測センター』。【エヌセップ】
NCL: NCAR Command Language
NCAR 作のデータ解析・可視化用ライブラリ。
NEAR-GOOS: North-East Asian Regional GOOS
GOOS の regional 版。【ニアグース】
NEC: North Equatorial Current
『北赤道海流』。(02/12/22)
NEDO: New Energy and Industrial Technology Development Organization
独立行政法人『新エネルギー・産業技術総合開発機構』。
NEMO: Nucleus for European Modelling of the Ocean
欧州産の海洋モデル。【ネモ】
NEMURO: North Pacific Ecosystem Model for Understanding Regional Oceanography
北太平洋生態系モデル、らしい。【ネムロ】(01/08/27)
NERC: Natural Environment Research Council
イギリスの『自然環境研究会議』。(03/08/14)
NERSC: Nansen Envrionmental and Remote Sensing Center
ノルウェイの『ナンセン環境リモートセンシングセンター』。
NGDC: National Geophysical Data Center
NOAA の『地球データセンター』。
NHM: Non-Hydrostatic Model
『非静力学モデル』。(03/07/06)
NICAM: Nonhydrostatic ICosahedral Atmospheric Model
『非静力学正二十面体大気モデル』かな。【ニッカム/ナイカム】(06/12/03)
NICT: National Institute of Information and Communications Technology
独立行政法人『情報通信研究機構』。2004年04月に発足。(05/06/12)
NIED: National Research Institute for Earth Science and Disaster Prevention
独立行政法人『防災科学技術研究所』。(01/08/27)
NIES: National Institute for Environmental Studies
独立行政法人『国立環境研究所』。
NIFS: National Institute for Fusion Science
自然科学研究機構 (NINS)『核融合科学研究所』。(03/02/09)
NIHU: National Institutes fot the Humanities
大学共同利用機関法人『人間文化研究機構』。(04/04/04)
NIPR: National Institute of Polar Research
情報・システム研究機構 (ROIS)『国立極地研究所』。(04/04/04)
NINS: National Institutes of Natural Sciences
大学共同利用機関法人『自然科学研究機構』。(04/04/04)
NISTEP: National Institute of Science and Technology Policy
文部科学省の『科学技術政策研究所』。
NOAA: National Oceanic and Atmospheric Administration
アメリカ商務省の『海洋大気局』。【ノア】
NODC: National Oceanographic Data Center
NOAA の『海洋データセンター』。
NPACNFS: North Pacific Ocean Nowcast/Forecast System
アメリカ海軍研究所の現況解析/72時間予報システム。毎日更新。(01/07/17)
NPIW: North Pacific Intermediate Water
『北太平洋中層水』。
NSIPP: NASA Seasonal-to-Interannual Prediction Project
NASA の季節・経年予測プロジェクト。(03/04/27)
NWP: Numerical Weather Prediction
『数値天気予報』。(03/07/06)

A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z

O

OCCAM: Ocean Circulation and Climate Advanced Modelling Project
【オッカム】(01/07/16)
OCTS: Ocean Color and Temperature Scanner
『海色海温走査放射計』。
OFES: OGCM for the Earth Simulator
MOM 3 を元に地球シミュレータ用に最適化された海洋大循環モデル。cf. AFES, CFES【オーフェス】(03/01/26)
OGCM: Ocean General Circulation Model
『海洋大循環モデル』。
OI: Optimal Interpolation
『最適内挿法』。
OICE: Oyashio Intensive Observation Line off Cape Erimo
『襟裳岬沖親潮集中観測線』。SAGE の一環。【オイス】
OMIP: Oceam Model Intercomparison Project
海洋大循環モデルの相互比較プロジェクト。AMIP, CMIP, SMIPENSIP, STOIC も参照。【オーミップ】(01/07/16)
OPA: Océan PArallélisé
欧州系の OGCM。ORCA は全球計算用の設定らしい。(04/02/12)
ORI: Ocean Research Institute
東京大学の『海洋研究所』。
OSCAR: Ocean Surface Current Analyses - Real time
高度計と散乱計から求めた全球海面流速。【オスカー】
OSSE: Observing System Simulation Experiment
『観測システムシミュレーション実験』。(05/04/09)

A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z

P

PACON: Pacific Congress on Marine Science and Technology???
(01/12/30)
PALACE: Profiling Autonomous Lagrangian Circulation Explorer
(01/07/07)
PANSY: Program of the Antarctic Syowa MST/IS Radar
『南極昭和基地大型大気レーダー計画』。(04/11/28)【パンジー】
PAR: Photosynthetically Active Radiation
『光合成有効放射』。(04/02/22)
PICES: North Pacific Marine Science Organization
『北太平洋海洋科学機関』。【パイシス】
PMEL: Pacific Marine Environmental Laboratory
NOAA の『太平洋海洋環境研究所』。
POCM: Parallel Ocean Climate Model
WOCE の標準(?)モデル。何て読むのか教えて下さい。
PO.DAAC: Physical Oceanography Distributed Active Archive Center
JPL が運営するデータセンター。
POGO: Partnership for Observation of the Global Oceans
『全球海洋観測なんとか』。
POM: Princeton Ocean Model
σ 座標系、自由表面の海洋大循環モデル。愛媛のまじめなジュース【ポム】
POM: Particulate Organic Matter
『粒子状有機物』。cf. DOM(01/09/14)
POP: Parallel Ocean Program
ロスアラモス国立研究所で開発中の海洋大循環モデル。OGCMの父。【ポップ】
PORSEC: Pan Ocean Remote Sensing Conference
微妙に名前が変わりました。【ポーセック】
PP: Pacanowski-Philander
Pacanowski and Philander (1981) の鉛直混合スキームのこと。(03/01/26)
PPP: Polar Prediction Project New!
『極域予測計画』。
PRISM: Programme for Integrated Earth System Modeling
気候研究に関するヨーロッパのプロジェクト。【プリズム】(03/07/05)
PSI: Parametric Subharmonic Instability
『内部波の代表的な三波共鳴相互作用のひとつ』だそうです(丹羽さんの研究紹介)。周波数が半分になります。

A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z

Q

QBO: Quasi-Biennial Oscillation
『準二年周期振動』。赤道下部成層圏の東西風などが周期約二年で振動する現象のこと。(03/07/06)
QCD: Quantum Chromodynamics
『量子色力学』。(04/07/18)
QUICKEST: Quadratic Upstream Interpolation for Convective Kinematics with Estimated Streaming Terms
高精度のトレーサー移流スキーム。Leonard et al. (1979)。【クイッケスト】

A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z

R

RAISE: Rangelands Atmosphere-Hydrosphere-Biosphere Interaction Study Experiment in Northeastern Asia
CREST による『北東アジア植生変遷域の水循環と生物・大気圏の相互作用の解明』。【レイズ】(03/02/09)
RAMS: Regional Atmospheric Modeling System
領域大気モデル。羊らしい。【ラムス】(03/02/09)
RASC: Radio Science Center for Space and Atmospere
京都大学の『宙空電波科学研究センター』。【ラスク】
RECCA: Research Program on Climate Change Adaptation
文部科学省『気候変動適応研究推進プログラム』。【レッカ】
RIAM: Research Institute for Applied Mechanics
九州大学の『応用力学研究所』。【リアム】
RIGC: Research Institute for Global Change
JAMSTEC の『地球環境変動領域』。IORGCFRCGC が統合して2009年04月に発足。
RIHN: Research Institute for Humanity and Nature
人間文化研究機構 (NIHU)『総合地球環境学研究所』。(04/04/04)
RIMS: Research Institute of Mathematical Sciences
京都大学の『数理解析研究所』。(04/08/22)
RISH: Research Institute of Sustanable Humanosphere
京都大学の『生存圏研究所』。(04/04/04)
RIST: Research Organization for Information Science and Technology
財団法人『高度情報科学技術研究機構』。【リスト】
RITE: Research Institute of Innovative Technology for the Earth
財団法人『地球環境産業技術研究機構』。【ライト】(04/09/20)
RMS: Royal Meteorological Society
イギリスの『王立気象学会』。(01/12/18)
ROIS: Research Organization of Information and Systems
大学共同利用機関法人『情報・システム研究機構』。(04/04/10)
ROMS: Regional Ocean Modeling System
σ 座標系の海洋モデルらしい。cf. TOMS(04/12/05)

A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z

S

SAGE: Sub-Arctic Gyre Experiment
科学技術振興調整費による『北太平洋亜寒帯循環と気候変動に関する国際共同研究』。【セイジ】
SATREPS: Science and Technology Research Partnership for Sustainable Development
JICA–JST『地球規模課題対応国際科学技術協力事業』。
SCJ: Science Council of Japan
『日本学術会議』。(05/12/17)
SCOR: Scientific Committee on Oceanic Research
『海洋研究科学委員会』。
SEEDS: Subarctic ocean Enrichment and Ecosystem Dynamics Study
(01/10/16)
SELIS: Study Consortium for Earth-Life Interactive System
名古屋大学の『地球生命圏研究機構』。
SIO: Scripps Institution of Oceanography
カリフォルニア大学サンディエゴ校の『スクリプス海洋研究所』。
SMAP: Soil Moisture Active and Passive (mission)
NASA が計画している人工衛星観測ミッション。
SMIP: Seasonal Prediction Model Intercomparison Project
季節予報の相互比較プロジェクト。AMIP, CMIP, OMIPENSIP, STOIC も参照。(03/04/10)
SMOS: Soil Moisture and Ocean Salinity
ESA が打上げ予定の人工衛星。土壌水分と海面塩分が計測できるらしい。
SODA: Simple Ocean Data Assimilation
方法 Carton et al. (2000a) と結果 Carton et al. (2000b)【ソーダ】
SODA: Studies on Optimum Design for ARGO
科学技術振興調整費による『21世紀型海洋自働観測システムの最適設計に関する調査』。COLA に対抗したらしい。
SOFA: System for Ocean Forecasting and Analysis
最適内挿法によるデータ同化のFORTRANコード。学術目的にはフリーでダウンロード可。現在のバージョンは2.7。(02/02/21)
SOLAS: Surface Ocean Lower Atmosphere Study
海洋と大気の生物地球化学的・物理学的相互作用に関する国際プロジェクト。(03/03/01)
SOR: Successive Over Relaxation
緩和法の一種。(03/03/01)
SPARC: Stratospheric Processes And their Role in Climate
『成層圏力学過程とその気候における役割』。WCRP のプロジェクトのひとつ。【スパーク】
SPEEDI: System for Prediction of Environmental Emergency Dose Information
【スピーディ】(01/10/08)
SSH: Sea Surface Height
『海面高度』。(02/01/10)
SSM/I: Special Sensor Microwave/Imager
?
SSS: Sea Surface Salinity
『海面塩分』。(02/01/10)
SST: Sea Surface Temperature
『海面水温』。(02/01/10)
STOIC: Study of Tropical Oceans In Coupled models
大気海洋結合モデルにおける熱帯海洋の相互比較プロジェクト。AMIP, CMIP, OMIP, SMIPENSIP も参照。【ストイック】(02/02/23)
SVAT: Soil-Vegetation-Atmosphere Transfer (model)
『土壌-植生-大気??』。日本じゃあ二番目だ。【スヴァット】(03/07/06)
SVD: Singular Value Decomposition
『特異値分解』。
SWOT: Surface Water Ocean Topography
NASA が打上げ予定の人工衛星ミッション。KaRIN を搭載。【スウォット】
SYNOP: Synoptic Ocean Prediction Experiment
?

A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z

T

TAIGA: Trans-crustal Advection and In-situ reaction of Global sub-seafloor Aquifer
科学研究費補助金 新学術領域研究(研究領域提案型)『海底下の大河:地球規模の海洋地殻中の移流と生物地球化学作用』。【タイガ】
TAMC: Tangent linear and Adjoint Model Compiler
『正接線形・随伴モデルコンパイラ』。こいつが受け付けてくれるようにソースを書き換えるのがたいへんらしい。【タムク】(02/11/29)
TAO: Tropical Atmosphere Ocean Project
?【タオ】
TDS: Tokyo Disney Sea
『東京ディズニーシー』。いちおう海ってことで…。(01/11/28)
THORPEX: THe Observing System Research and Predictability EXperiment
『観測システム研究・予測可能性実験』。WWRP のプロジェクトのひとつ。【ソーペックス】
TOGA: Tropical Ocean and Global Atmosphere Program
『熱帯海洋と全球大気のなんやらかんやら』。WCRP のプロジェクトのひとつ。【トガ】
TOLEX: Tokyo-Ogasawara Line Experiment
【トレックス】(01/08/19)
TOMS: Terrain-following Ocean Modeling System
σ 座標系の海洋モデルらしい。cf. ROMS(04/12/05)
TOPAZ: Towards an Operational Prediction system for the North Atlantic European coastal Zones
NERSC の現業海況予測を目指したプロジェクト。HYCOM を使用。
T-PARC: THORPEX Pacific Asian Regional Campaign
THORPEX 太平洋アジア地域観測計画』。
TRIP: Total Runoff Integrating Pathways
河川流路網データ。【トリップ】(05/01/23)
TRITON: Triangle Trans-Ocean buoy network
水平線の終わりにあるブイネットワーク。盗られとん。【トライトン】
TRMM: Tropical Rainfall Measuring Mission
『熱帯降雨観測衛星』。延命嘆願書への賛同署名にご協力を【トリム】

A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z

U

UNESCO: United Nations Educational, Scientific and Cultural Organization
『国連教育科学文化機関』。【ユネスコ】(01/11/03)
UTOPIA: Uniformly Third-Order Polynomial Interpolation Algorithm
QUICKEST を多次元に拡張した高精度のトレーサー移流スキーム。Leonard et al. (1993, 1994)。「人生を噛み締めろ。」【ユートピア】(03/01/26)

A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z

V

VAMOS: Variability of the Americal Monsoon Systems
アメリカモンスーンの何か、らしい。
VAPOR: Visualization and Analysis Platform for Ocean, otmosphere, and solar Researchers
可視化と解析のためのプラットフォーム、だそうです。(06/04/23)
VOCALS: VAMOS Ocean–Cloud–Atmosphere–Land Study
『VAMOS 海洋雲大気陸面研究』。
VOS: Voluntary Observing Ship
『篤志観測船』。(01/08/08)

A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z

W

WBC: Western Boundary Current
『西岸境界流』。世界ボクシング評議会ではない。World Baseball Classic でもない。(01/12/08, 06/02/12更新)
WCRP: World Climate Research Programme
『世界気候研究計画』。WCP のサブプログラムのひとつ。ACSYS, CLIVAR, GEWEX, SPARC, TOGA, WOCE などが含まれる。日本版情報ページ
WHO: World Health Organization
『世界保健機関』。
WHOI: Woods Hole Oceanographic Institution
『ウッズホール海洋研究所』。
WISHE: Wind-Induced Surface Heat Exchange
これから勉強します。(03/10/19)
WMO: World Meteorological Organization
『世界気象機関』。
WOCE: World Ocean Circulation Experiment
『世界海洋循環実験』。WCRP のプロジェクトのひとつ。観測のフェイズは終了して、今は AIMS【ウォース】
WWRP: World Weather Research Programme
『世界気象研究計画』。

A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z

X

XBT: expendable bathythermograph
『投棄式水温計』。

A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z

Y

YES: Yokohama Institute for Earth Sciences
JAMSTEC の『横浜研究所』。
YMC: Year of the Maritime Continent New!
『海大陸年』。
YOPP: Year of Polar Prediction New!
PPP の『極域予測年』。

A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z

Others

4DDA: 4-Dimensional Data Assimilation
『4次元データ同化』。“Data Accusation” では決してない。

A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z