医者がすすめる専門病院

医者がすすめる専門病院 北海道
  「北海道」(A5判・400頁)

 北海道・東北291人の専門医が「重い病気になった時に自らがかかる病院」のアンケートに回答。 集計の結果、基準票をクリアして選出されたのは北海道内の155病院、384科。
 それを35のジャンルに分類して、それぞれの科の「特色」「症例数・治療・成績」「医療設備」「外来診療」等を収録。
 がんの治療成績である5年生存率、心臓手術では手術死亡率も収録。治療成績を初めて公開した話題の本。
 選ばれた592科の医療姿勢を問うために「セカンドオピニオン受入れ」「主治医指名」「執刀医指名」「初診予約」の可否(○×△)  について徹底調査。
 (10年5月末発売)
 
医者がすすめる専門病院 神奈川県
  「神奈川県〜全面改訂最新版」(528頁)

 関東地区651人の専門医が「重い病気になった時に自らがかかる病院」のアンケートに回答。 集計の結果、基準票をクリアして選出されたのは神奈川県内の183病院、592科。
 それを38のジャンルに分類して、それぞれの科の「特色」「症例数・治療・成績」「医療設備」「外来診療」等を収録。
 がんの治療成績である5年生存率、心臓手術では手術死亡率も収録。治療成績を初めて公開した話題の本。
 選ばれた592科の医療姿勢を問うために「セカンドオピニオン受入れ」「主治医指名」「執刀医指名」「初診予約」の可否(○×△)  について徹底調査。
 (09年6月末発売)
 
医者がすすめる専門病院 東京都
  「東京都(全面改訂版)2009〜12」(680頁)

 関東地区651人の専門医が「重い病気になった時に自らがかかる病院」のアンケートに回答。 集計の結果、基準票をクリアして選出されたのは東京都内の230病院、826科。
 それを38のジャンルに分類して、それぞれの科の「特色」「症例数・治療・成績」「医療設備」「外来診療」等を収録。
 がんの治療成績である5年生存率、心臓手術では手術死亡率も収録。治療成績を初めて公開した話題の本。
 選ばれた826科の医療姿勢を問うために「セカンドオピニオン受入れ」「主治医指名」「執刀医指名」「初診予約」の可否(○×△)  について徹底調査。
 (09年1月発売)
 
医者がすすめる専門病院 東海版
  「東海版(愛知・岐阜・三重・静岡)」(644頁)

 東海4県296人の専門医が「重い病気になった時に自らがかかる病院」のアンケートに回答。 集計の結果、基準票をクリアして選出されたのは愛知・岐阜・三重・静岡県内の232病院、868科。
 それを38のジャンルに分類して、それぞれの科の「特色」「症例数・治療・成績」「医療設備」「外来診療」等を収録。
 がんの治療成績である5年生存率、心臓手術では手術死亡率も収録。治療成績を初めて公開した話題の本。
 選ばれた868科の医療姿勢を問うために「カルテ開示」「セカンドオピニオン受入れ・データ貸出」「新薬より大幅に安いジェネリック(G)薬の 処方」の可否について徹底調査。
(08年7月発売)
 

医者がすすめる専門病院 大阪・奈良・和歌山版(全面改訂)
  「大阪・奈良・和歌山(全面改訂)」(630頁)

 関西6府県470人(大阪・奈良・和歌山県内の244人)の専門医が「重い病気になった時に自らがかかる病院」のアンケートに回答。 集計の結果、基準票をクリアして選出されたのは大阪・奈良・和歌山県内の196病院、679科。
 それを38のジャンルに分類して、それぞれの科の「特色」「症例数・治療・成績」「医療設備」「外来診療」等を収録。
 がんの治療成績である5年生存率、心臓手術では手術死亡率も収録。治療成績を初めて公開した話題の本。
 選ばれた679科の医療姿勢を問うために「カルテ開示」「セカンドオピニオン受入れ・データ貸出」「新薬より大幅に安いジェネリック(G)薬の 処方」の可否について徹底調査。
(07年7月発売)
 
本書の利用方法・アンケート回答医師
内容(目次・本文抜粋)
戻る