■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 【田舎で!情報起業】 号外版   2005年1月16日(旧暦十二月七日)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

・田舎で暮らしたい      → かといって、生活していけるか不安

・会社勤めを辞めて独立したい → かといって、やっていけるか不安

・リスクの少ない起業をしたい → かといって、それなりにお金は儲けたい

という人達を応援する、田舎で情報起業家として独立する準備のための
メールマガジンです。

**********************************************************************

「情報商材への不信感」



「情報起業@田舎研究会」メンバーの皆さん、おはようございます。

突然ですが、号外版です。


前回のメルマガ「情報商材を作って売ろう!」に、こんなメールを頂戴しました。


======================================================================

●S様


「情報起業@田舎研究会」代表者 田舎っぽさま

メルマガ読者のSと申します。
基本的に情報商材に懐疑的な者です。

今回の本文中の

・情報商材を作って売るには、実績がいる。
・成功者以外は、作ってはいけない。
・先行者には勝てない。
・有名な人でないと売れない。
・「目からウロコ」のノウハウを提供しないといけない。

この「心の壁」を越えることが、情報商材を「作って売ろう!」とした場合、
まず必要になります。



のところですが、これは「心の壁」ではないと思います。
実際にそのレベルのものにならないのであればやってはいけないと思うのです。

もっとも、先駆者で成功者と呼ばれている人たちもたかが知れています。
きわめて狭い世界で持ち上げられているだけのように感じます。

このようなサイトが増えると大変いいと思います。
http://www.inforeview.net/

また、2chの経営板のインフォプレナー系のスレは、掲示板特有の表現の
問題はありますが、けっこうポイントをついています。
実際に買って中身を知っているので、共感できるところが多数あります。
50万以上その手の商材につぎ込む前に、批判系を知ることができていたら
と思わずにはいられません。

2005年は、情報商材はもっと盛り上がるかもしれませんが、
真にホンモノだけが残るようになるといいなと思います。


----------------------------------------------------------------------


私からは、こんな返信をしました。


●田舎っぽ


Sさま

メールありがとうございます。
いつもメルマガを読んで頂きありがとうございます。


> このようなサイトが増えると大変いいと思います。
> http://www.inforeview.net/

貴重な情報ありがとうございます!

(お恥ずかしい話ですが、こちらのサイトの存在は知りませんでした。
レビューの数が多く、非常に参考になりますね。)



> のところですが、これは「心の壁」ではないと思います。
> 実際にそのレベルのものにならないのであればやってはいけないと思うのです。


確かにそうかもしれませんね。

特に買う方の立場で考えれば、「実績があり」「目からウロコのノウハウ」で
ないと、買う意味がないかもしれませんね。



これはあくまで私見ですが、今までの情報商材の「売られ方」にも
問題があったのでは、と思います。

・過度に期待させる文章
・高い価格
・アフターフォローの不備 等

そのため、「買って損した」と思われる場合もあったのではないでしょうか。



メルマガ「田舎で!情報起業」の読者の多くは、情報起業家「候補」です。
つまり、これから「情報商材」を作っていく方々です。

その方々にとって、「実績」「目からウロコのノウハウ」にこだわると、
次の一歩が踏み出せません。

(少なくとも、私はそうです。)

そのため、今回は「まず乗り越えるのは心の壁」という表現を使いました。



もし「実績」「目からウロコのノウハウ」がなければ、
売る際に、その旨を伝え、過度の期待を抱かせないということも出来ます。

今までは、「実績」「ノウハウ」もないのに、さもあるかのように
売っていたところに問題があったのではと思います。

(そうしないと売れない、という意見もありますが)


そうした売り方が、「情報起業家」第一期生の売り方だとすれば、
私達、第二期生は、ちがった売り方を志向できればと思っています。



そのためにも、情報商材を実際に買われた方や、先輩起業家のケースから学び、
今後、お客さんに不信感や不満感を抱かせないようにしていく必要があります。


そこで、Sさんに、もしよろしければ教えていただきたいのですが、


> 基本的に情報商材に懐疑的な者です。


・情報商材に「懐疑的」になったのは何故ですか?

・どんな点に不満感をもたれたのですか?

・不信感をもたれたのは?


お忙しいとは存じますが、よろしければ教えてください。


「真にホンモノだけが残るように」するためにも、
Sさんのご経験やお知恵を貸してください。

よろしくお願いします。


----------------------------------------------------------------------

と、このやりとりは続いていくのですが、その前に

皆さんのご経験とお知恵を、拝借できませんでしょうか?


3つだけ質問をさせてください。




1.情報商材を「買って損した」と思ったことは? それは何故?

(商材の詳細はお書き頂かなくても結構です。)


2.情報商材を「買ってよかった」と思ったことは? それは何故?



3.これからの情報商材に「期待すること」は? それは何故?

(こんな情報商材があったらいい。こんな売り方をしたらいい。など)



----------------------------------------------------------------------


お忙しいとは存じますが、皆さんからのメールをお待ちしております。


宛先:「情報起業@田舎研究会」代表 田舎っぽ ma-san@r9.dion.ne.jp


(上記アドレスにご送信いただくか、このメルマガへのご返信でも結構です。)



皆さんから頂戴した意見をまとめて、号外版としてご紹介します。

(匿名をご希望の方は、その旨お書き添えください。)


Sさんとのその後のやりとり、私自身の「今後の情報商材」に対する考え方
なども、号外版でお伝えします。


メンバーの皆さん、ご協力のほどよろしくお願いします。



(恐れ入りますが、私が1月17日から19日まで、泊りがけのセミナーなので、
 頂戴したメールへの返信が遅れるかもしれません。ご了承ください。)


======================================================================


号外版、最後まで読んで頂きありがとうございました。


情報発信することで、情報は入ってきます。


今回のSさんからのメールも、前回のメルマガで情報発信したからこそ、
入ってきた情報です。


メンバーの皆さんからの情報発信、お待ちしております。


----------------------------------------------------------------------


1.情報商材を「買って損した」と思ったことは? それは何故?

(商材の詳細はお書き頂かなくても結構です。)


2.情報商材を「買ってよかった」と思ったことは? それは何故?



3.これからの情報商材に「期待すること」は? それは何故?

(こんな情報商材があったらいい。こんな売り方をしたらいい。など)


----------------------------------------------------------------------

宛先:「情報起業@田舎研究会」代表 田舎っぽ ma-san@r9.dion.ne.jp

(上記アドレスにご送信いただくか、このメルマガへのご返信でも結構です。)

よろしくお願いします。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

発行者:「情報起業@田舎研究会」代表者 田舎っぽ ma-san@r9.dion.ne.jp

「田舎で!情報起業」: http://www.h5.dion.ne.jp/~manabi8/index2.html
「楽天日記」    : http://plaza.rakuten.co.jp/inaka8/diary/
「仲間達」     : http://www.shinki-kaitaku.com/merumaga.html

解除・登録変更:

「まぐまぐ」 http://www.mag2.com/m/0000120217.htm
「melma!」 http://search.melma.com/cgi-bin/search.pl?query=m00101933
「めろんぱん」
    http://www.melonpan.net/melonpa/mag-detail.php?mag_id=005459

転送はご自由にどうぞ。ただ、その際は全文を改変せずにお願いします。

Copyright(C)2003-2004 All rights reserved by I cube:
Institute of Infopreneur @ INAKA

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

戻る