■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 【田舎で!情報起業】  創刊号 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

・田舎で暮らしたい      → かといって、生活していけるか不安

・会社勤めを辞めて独立したい → かといって、やっていけるか不安

・リスクの少ない起業をしたい → かといって、それなりにお金は儲けたい

という人達を応援する、田舎で情報起業家として独立する準備のための
メールマガジンです。

**********************************************************************

皆さん、こんにちは。

「情報起業@田舎研究会」発行のメルマガにご登録頂き、ありがとうございま
した。

当研究会の主旨等については、ホームページをご覧下さい。

 http://www.h5.dion.ne.jp/~manabi8/index2.html

それでは、さっそく今回の内容です。

======================================================================

今号の目次

1.ささやかな「情報起業家物語」
2.「情報起業家」になるには?
3.夢を阻む「今週のじゃまもの」
4.主観がいっぱい「今週の田舎情報」
5.おすすめコーナー
6.夢に向けて「今週の取り組み」
7.「情報起業@田舎研究会」から御礼

======================================================================

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

1.ささやかな「情報起業家物語」

このコーナーでは、ある若者「俺」が、さまざまな苦難に出会いながらも
「情報起業家」を目指す「ささやかな」サクセスストーリーを描きます。

----------------------------------------------------------------------

●出会い


俺が、情報起業家への道を歩み始めたのは、一冊の本との出会いだった。

今の会社の営業で、田町にある会社に行った時のことだ。

もう何回か会っている担当者、俺より1〜2歳上の人。

その人が、

「○○さん、この本読んでみたら、おもしろいよ。」

と、すすめてくれたのが、ピンクの表紙の本だった。

「あなたの会社が90日で儲かる!」

(うわ、何かいかがわしいなー。 たぶん読まないだろーなー。)

「あ、ありがとうございます。おもしろそうっすね。」


帰り道、

「読んどかないと、次行った時、困るしなー」

本屋に寄ってみた。ザーと見たが、見あたらない。

本屋の店員に、

「すいません、本を探しているんですけどー、

あなたの会社が90日なんとか、って本ありますか?」

「あー、フォレスト出版のやつですよね。」

(お、結構売れている本なのか?)

「えー、たぶんそうだと、ピンク色の本です。」

「やっぱりそうです。ちょっと待っててくださいね。」

本が来た。

前書きを読んでみた。

(いかがわしいなー、でも、まーおもしろそうだし、買ってみるか。)

買ってみた。


仕事が終わって、帰りの電車の中で読んだ。

一気に読んだ。

「興味のあるお客に手をあげさせる!?」
「設計図のある営業!?」
「お客の反応をコントロールできる!?」


今思えば、この本との出会いが、俺の「情報起業家」としての始まりだった。

(つづく)

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

2.「情報起業家」になるには?

「情報起業@田舎研究会」では、田舎で情報起業を実現するには、
下記のような「段階」が必要では?と考えています。

1)向いてる?
2)やりたい?
3)じゃ、ホームページを作ろう!
4)メールマガジンを発行しよう!
5)本の紹介料を得よう!
6)メルマガ読者を増やそう!
7)メルマガで広告収入を得よう!
8)情報商品を作ろう!
9)情報商品を売ろう!
10)本を出そう!
11)講演をしよう!
12)田舎で独立しよう!

このコーナーでは、それぞれの段階で、何をすべきか?どうやってやるのか?
を皆さんに紹介し、田舎で独立するための「準備」に役立てて頂こう
と考えています。

----------------------------------------------------------------------

今回は、1)向いてる? です。

● 1)向いてる?

皆さんは、「情報起業家」に向いているのでしょうか?

次の質問で、チェックしてみて下さい。


・情報を整理したり、単純化したりするのが好きか?
・人に教えるのが好きか?
・複雑なことを簡単に説明することができるか?
・人の生活の質を向上させるのに貢献することは自分にとって大切なことか?
・自分のことを問題の解決策を練りだすのが得意なアイデア人間だと思うか?
・書くことが好きか?
・あなたは優れたコミュニケーターか?
・読むことが好きか?

(ロバート・G・アレン著 今泉敦子訳 神田昌典監修
「ロバート・アレンの実践!億万長者入門」p70より抜粋)


当研究会では、これらの中でも、特に

・本を読むの好き?
・文章書くの苦にならない?

という2つを重要視しています。

これらは、「情報起業家」にとって、必須の条件ではないかと考えている
からです。


現在活躍中の「情報起業家」の方々は、おしなべて「情報収集」にどん欲
です。また、多くは自分が得た情報を「文字情報」にして発信しています。

彼らは、情報を「本」「新聞」「雑誌」「メルマガ」「ホームページ」
「人から聞いた話」「観察の結果」「自らの経験」などから得ています。

その中でも、かれらは、「本」からの情報を重視しています。

「本」は、忙しい彼らにとって、他人の考え、経験から、短期間に効率的に
学ぶ有効な手段であるからです。

そして、「情報起業家」は、自分が得た情報を、自分なりの「切り口」で
「価値ある情報」とし、発信しています。発信する情報の形として多いのが、
「文字情報」です。かれらは、自らの「書籍」「メルマガ」「ホームページ」
などを通して、かれらの情報を人々に対して販売しています。


つまり、皆さんが、「本好き」で「文章書くのもそんなに苦にならない」
ということでしたら、「情報起業家」に「向いている」と言えます。

今、活躍中の「情報起業家」と同じ土俵に立つ可能性があると言うことです。


さあ、いかがでしょう?

皆さんは「情報起業家」に向いていますか?

「向いている」と感じた人は、次回「やりたい?」を見ていきましょう。

「向いていない」と感じた人は・・・向いていないんでしょうね。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

3.夢を阻む「今週のじゃまもの」

このコーナーでは、「田舎で情報起業家として独立しよう!」という
私たちの「夢」を阻むさまざまな「じゃまもの」をご紹介します。

----------------------------------------------------------------------


●両親から

代表者である私が、両親のいる実家に、子供を連れて帰った時のことです。

(2年後に、今の会社を辞めて、独立起業する旨は前から話してはいます。
 ただ、具体的に何をどうやってやるのかについては、話していません。)

私の妻と子供と一緒に、両親と買い物に出かけた時、町の商店街を車で
通り抜けました。

母:「やっぱり商売って難しいのよねー」
父:「この辺の店もみんな潰れたな」
母:「あそこのケーキ屋、夜逃げしたって」
父:「今の時代、しょーがないんだろーなー」

暗に、私に「独立なんかしなさんな。子供も生まれてこれから大変なんだし。
せっかく、いい給料もらってるんだから」と言っているように聞こえました。

(考えすぎかもしれませんが・・・)

私達の気持ちをなえさせる、こういう不景気な話って多いですよね。

私たち「情報起業@田舎研究会」のメンバーはこういう「じゃまもの」には
負けません。

「じゃー負けないためにどうしたら良いのか?」

については、今後のメルマガの中で、一緒に考えていきましょう。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

4.主観がいっぱい「今週の田舎情報」

このコーナーでは、「情報起業@田舎研究会」が得た「田舎に関する情報」を
主観たっぷりにお伝えします。

----------------------------------------------------------------------

●田舎の良いとこ・悪いとこ

九州は大分県玖珠郡出身のメンバーによる独断と偏見の

「田舎の良いとこ・悪いとこ」です。

○田舎の良いとこ

・空気がきれい
・空が広い(見上げても、電線がない。)
・渋滞がない
・人と人との間隔が長い

(言葉の意味は良く分からないのですが、東京のように人があふれていない、
肩と肩がぶつかり合うようなことがほとんどない、という意味のようです。)

×田舎の悪いとこ

・選択肢が少ない(学校、病院など、選べない。あるいは、遠くの町まで
         行かなくてはならない。)
・人付き合いが面倒(ほとんど知り合いなので、変なことが出来ない。)
・することがないので、セックスばかりしている(ほんとかな?)

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

5.おすすめコーナー

このコーナーでは、「情報起業@田舎研究会」のメンバーが選んだおすすめの
本、メルマガ、セミナーなどの情報をお伝えします。

田舎で情報起業の準備をする際の必須アイテムをご紹介します。

----------------------------------------------------------------------

●おすすめの本


「あなたの会社が90日で儲かる!」

ささやかな「情報起業家物語」で「俺」が出会い、情報起業への入り口と
なった本です。

見た目いかがわしいのですが、この本、そして神田昌典さんが情報起業家に
与えた影響は大きいと思います。

お客さんの感情を動かし購買に結びつける「感情マーケティング」。

通販で使われているダイレクト・レスポンス・マーケティング(DRM)を、
神田さん独自の「切り口」で、分かりやすく伝えている本です。

今、メルマガ、ホームページ、ファックスDM、チラシ、広告、あらゆるジャ
ンルで活用されている考え方です。

読みやすい本なので、あっという間に読めます。

この人のすごい所は、読んだ人をその気にさせ「自分もやってみよう!」と
思わせる所ではないかと思います。


「実践!億万長者入門」

これも、神田昌典さんが、監修をした本です。

当研究会代表の私は、この本で「情報起業家」という言葉に出会いました。

「情報起業家にとっての5つの輪」「じょうご」といった考え方は、

「なるほどー、確かに現役で活躍中の情報起業家は、これをやっているなー」

と、とても勉強になります。

分厚い本ですが、途中の不動産の章とかは、飛ばして読んでも良いと思います。

ネットワークマーケティングに関する説明もありますが、私には合わないと感
じました。

自分にとって必要と思われる部分を、何度も読むと良いと思います。


本についての更に詳しい情報は ↓

 (おすすめコーナーへ)

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

6.夢に向けて「今週の取り組み」

このコーナーでは、皆さんにこの1週間を振り返って頂きます。

「田舎で情報起業家として独立する」という夢の実現に向かって、
何をしたのか? 思い、考えるだけでなく、何か行動したのか?

一緒に、立ち止まって振り返ってみましょう。

----------------------------------------------------------------------

●今週の取り組み

「情報起業@田舎研究会」代表の私は、なんと言っても、このメルマガ創刊号
を書き上げたことと、ホームページを立ち上げたことが、夢の実現に向けての
「今週の取り組み」でした。

会社での仕事も忙しかったので、たいしたもんだ、と自分をほめてあげようと
思います。

よくやったぞ! えらい! パチパチパチ!

さて、皆さんは、今週、夢の実現に向けて何をしましたか?

どんなささいなことでも結構です。

ちょっとスクロールをやめて、考えてみてください。


(こういう自分を振り返る時間って、意外と少ないですから、ちょっとだけ
 考えてみてください。








あったら、自分をほめてあげましょう。

えらい! たいしたもんだ! パチパチパチ!



他にも、何かありましたよね。



少なくとも、この「情報起業@田舎研究会」のホームページを知り、メルマガ
「田舎で!情報起業」創刊号を読みましたよね。

メルマガを取る、というのは受身の行動と感じられるかもしれませんが、実は
積極的に情報を収集しようとする能動的な行動ともいえます。

夢の実現に向けて、一緒に準備をしていきましょう!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

7.「情報起業@田舎研究会」から御礼


今回、創刊号を発行するにあたり、たくさんの方からご支援を頂きました。

実は、代表者である私が購読して「これは!」と思えるメルマガ発行者の方に
相互広告のお願いもさせて頂きました。

10人の方にお願いし、下記5名の方から、ご快諾を頂きました。

この場を借りて、御礼申し上げます。

実は、この5名の方には、共通のキーワードがあります。
それが何だか考えながら見て頂けると幸いです。

(いや〜、今回の「創刊前の相互広告」も色々勉強になりました。
 また、後日「メルマガ読者を増やそう!」のコーナーで、この時のことを
 お伝えします。)

----------------------------------------------------------------------

◎「情報起業@田舎研究会」おすすめのメルマガ 5誌


●三好凛佳さん 「ビジネスファッション構築講座」

◆―――――◆◇◆ビジネスファッション構築講座◆◇◆―――――◆

     とりあえず「スーツ」で…なんて思っていませんか? 
ビジネスにおけるファッションは、あなたを伝えるプレゼンテーションツール
   あなたが思っている以上に、人は見かけで判断しています。
元デザイナーが「できる男」になるためのイメージ・アップのヒントを伝授し
ます。

 購読してみる!→ http://www.mag2.com/m/0000094801.htm

◆◇―――――――――――◆◇◆―――――――――――◇◆

(三好さんのメルマガを読む度「お、大丈夫か?」と自分の身だしなみを
 チェックしてしまいます。情報起業家にとって外見も大事ですからね。)
----------------------------------------------------------------------

●鈴木鉄也さん 「気づきの日記」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★『ちょっとの気づきであなたが変わる・仕事が変わる』
             著者:鈴木 鉄也(こう書房 1,200円)★
────────────────────────────
 「駐車場のどこに車をとめたか、いつも忘れてしまう」
 「男性客はあまりショッピングカートを使わない」
    ……こんな「気づき」からあなたはなにを見つけられますか?

 メルマガ「気づきの日記」が本になったこと、ご存じですか?
 大切なことを教えてくれた「気づきの魔法」。小さな「気づき」はどこ
 にでもあります。
 詳しくはこちら→ http://www.big21.net/honno.htm 
 マガジン紹介→ http://www.mag2.com/m/0000090160.htm
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(私は、元々鈴木さんのメルマガに憧れて、メルマガ発行を始めました。
 本も買いました。メルマガが本になる。う〜ん私達の夢の一つですね。)
----------------------------------------------------------------------

●ことのは塾 山梨 栄司さん「”売り上げが上がる文章”の書き方・使い方」

「魅力的な文章であれば、あなたの商品をお客さんに選んでもらうことが
 できるのです。」

「魅力的な文章がお客さんを連れてくる、ということはあり得るのです。」
(発行者談)

じゃー、どうやれば「魅力的な文章」が書けるようになるのか?

そのヒントがつまっています。

知識・経験を価値あるノウハウとして、主に「文字情報」として販売しようと
している私達「情報起業家」にとっては、必読のメルマガだと思います。

”売り上げが上がる文章”の書き方・使い方
http://www.b-side-live.com/mail-magazine.htm

(ちなみに、山梨さんは「田舎?」の静岡でのビジネスの楽しさ、難しさに
 ついても色々教えてくれました。また次の機会に皆さんにご報告します。)
----------------------------------------------------------------------

●とっさん 「作家になっちゃえ!」

一介のサラリーマンのとっさんが、メルマガ「しあわせお父さん」発行や
自費小冊子作成などを通じて得たノウハウや豊かさへのヒントを「あなた」と
分かち合います。そしてベストセラー出版を目指す生のドキュメント!

http://www.mag2.com/m/0000116786.htm

(とっさんは、このメルマガ以外にも、いくつか小冊子を販売しています。
 私も買いました。とても良いです。勇気付けられます。)
----------------------------------------------------------------------

●山本 哲也さん 「本を出して失敗する人・儲かる人」

最近ビジネス書・実用書が発行ブームですが知らないうちに損してませんか?
ある人は数億円儲け、またある人は、数百万円もお金を払っていたりします。

失敗しない本の出し方や、ベストセラーをとれなくても儲ける方法が分かる
メルマガ、「本を出して失敗する人・儲かる人」。
ご購読は → http://www.ochanomiz.com/mailmag/1.html

(ビジネス本の書き方・売り方には、一定の方法論がある、とのことです。
 これは知らないと損するタイプの情報ですね。)
----------------------------------------------------------------------

さて、この5名の方に共通するキーワードが何か分かりましたか?

そうです!正解は、この5名の方は皆「情報起業家」であるということです。

自分の知識・経験を、整理・体系化し、他者に役立つノウハウとして提供し、
対価を得る。

その人にとっては、当たり前のことも、他の人から見れば、お金を出してでも
知りたい情報である。

こういったことを体現している、私達「情報起業家」候補にとって、目標と
すべき方々です。

じゃー、この5名の方が、どうやってご自身の知識・経験を「価値ある情報」
として、提供しているのか? それは、皆さん自身がメルマガに登録して
体感してみて下さい。


●三好凛佳さん 「ビジネスファッション構築講座」

 http://www.mag2.com/m/0000094801.htm

●鈴木鉄也さん 「気づきの日記」

 http://www.mag2.com/m/0000090160.htm

●ことのは塾 山梨 栄司さん「”売り上げが上がる文章”の書き方・使い方」

 http://www.b-side-live.com/mail-magazine.htm

●とっさん 「作家になっちゃえ!」

 http://www.mag2.com/m/0000116786.htm

●山本 哲也さん 「本を出して失敗する人・儲かる人」

 http://www.ochanomiz.com/mailmag/1.html
 

以上5名の方々は「情報起業@田舎研究会」の設立にご協力下さいました。

本当にどうもありがとうございました。
これからもご支援の程よろしくお願いします。

**********************************************************************

◎編集後記

最後まで、読んで頂きありがとうございました。

創刊号、いかがだったでしょうか?

「田舎で情報起業家として独立し、知的で豊かな生活を送りたい」と
考えている、皆さんのお役に立つ情報を提供できていたでしょうか?

・ここんところは良かったよ。おもしろかった。役に立つ。
・ここは、もっとこうした方がいいよ。
・こういうことが知りたいなー。調べてみてよ。

などといったことや、

・感じたこと、思ったこと、気づいたこと、勉強になったこと、伝えたいこと

何でも結構ですので、良かったらメールを下さい。

 宛先:「情報起業@田舎研究会」代表者 ma-san@r9.dion.ne.jp

「情報起業@田舎研究会」のメンバー一同、首をながーくして、皆さんからの
メールを待っています。


あ、ちなみに、このメルマガをとっているあなたは、すでに、

「情報起業@田舎研究会」のメンバーですからね。(勝手にすいません。)

今のところメンバー(読者)は、643名です。


みんなで、夢の実現に向かって進んでいきましょう。

そして、日本を、地方から元気に(どっかの標語みたいですが)

更に良くしていきましょう!


**********************************************************************
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

発行者:「情報起業@田舎研究会」代表者  ma-san@r9.dion.ne.jp
ホームページ: http://www.h5.dion.ne.jp/~manabi8/index2.html
登録・解除:上記ホームページ又は各メルマガ発行サイトからお願いします。
発行サイト:「まぐまぐ」「めろんぱん」「melma!」です。

転送はご自由にどうぞ。ただ、その際は全文を改変せずにお願いします。

Copyright(C)2003 All rights reserved by I cube:
Institute of Infopreneur @ INAKA

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

戻る