【結び】ホームページのアクセスアップ


最後に、ホームページの「アクセスアップ」について見ていきます。

ホームページを作っても、見に来てくれる人がいなければ寂しいばかりですし、
お金も手に入りません。

そこで、「アクセスアップ」のための手を打つ必要が出てきます。

「アクセスアップ」の手段は、大きく2つです。

1)自分の力を使う

2)他人の力を借りる


1)自分の力を使うとは、リアルの世界で、なるべくホームページの紹介をす
る、ということです。

例えば、

・名刺、パンフ、封筒等、印刷物にアドレスを入れる
・メールの署名欄に、アドレスを入れる
・口頭で、色んな機会に紹介する。 などなど。

「一人ビジネス」の西田さんは、Yahooに「○○」と入力すると、トップに出ま
す、といった形で紹介しているそうです。確かに、http〜と紹介しても、
入力してくれる人は少ないでしょう。

(ちなみに「田舎で!情報起業」は、Yahooで「田舎起業」と入力すると、
トップに出てきます。)


2)他人の力を借りるとは、自分の力に、他の人の力を上乗せさせることです。

具体的には、

・検索エンジンに登録し、検索サイトの力を借りる。
・メルマガを発行し、メルマガ発行サイトの力を借りる。
・「楽天日記」で楽天コミュニティの力を借りる。
・雑誌、書籍に紹介されることで、マスコミの力を借りる。 などなど。


最初は、次の2つをやるべきでしょう。

(1)検索エンジンへの登録
(2)メルマガの発行

(ホームページが「待ち」の手段だとすれば、メルマガは「攻め」の手段です。
 「週末起業」の藤井さんの言葉。)

検索エンジンへの登録は、「一発太郎」を使えば、無料で、検索エンジンへの
登録をしてくれます。手続きをしてから、数週間かかる場合もあるようです。
気長に待ちましょう。

 「一発太郎」 http://ippatsu.net/TARO/

(最初は、面倒くさく感じると思いますが、大変なのは最初だけです。)


「認知度」が、高まってくれば、自然と「露出度」が高まり、他ホームページ、
メルマガで紹介されたり、雑誌、書籍で紹介されることもあるでしょう。
その結果、更に「認知度」が高まっていくでしょう。

一度アクセスアップに弾みがつけば、どんどん雪だるま式に、増えていくと思
います。

私は、まだアクセス数が、数千程度ですので、今後の活動を通して、アクセス
アップを図っていきます。

現時点では、メルマガの発行と、それに伴う登録者数の増加が、アクセスアッ
プに一番貢献してくれています。


ただ、皆さんご存知のように「アクセスアップ」は「手段」です。

私の場合、「目的」は「田舎で!情報起業」を実現するための

1)顧客候補との信頼関係作り
2)情報商品の販売

です。

これらの「目的」を達成する「手段」として、「アクセスアップ」を
とらえています。


つまり、ただ「アクセス数」を増やしても、それが目的達成に結びついて
いなければ、意味がない、ということです。

ホームページを訪れた相手に対して、何らかの行動を促す「仕掛け」が、
組み込まれて、初めて「アクセスアップ」が意味を持ってきます。

ですから、単純に「アクセスアップ」を目指すというよりも、まずは、
ホームページの内容を充実させることが、先決です。

アクセスしてきた人に、どんな道筋で、何をさせたいのか、をはっきりさせ、
それを反映したホームページを作ることが、まず必要です。


とは、いっても、今回のテーマは「アクセスアップ」です。

皆さんには、アクセスアップとして、取り組みやすい「検索エンジンへの登録」
と、「メルマガの発行」をおすすめします。

特にメルマガは「情報商品作り」「顧客候補作り」「アクセスアップ」と、
「一粒で何度もおいしい」(週末起業フォーラムの森さんの言葉)作戦です。

メルマガ発行については、次回からの「メールマガジンを発行しよう!」で
詳しく見ていきます。


次へ

目次のページへ