■メーヤウ桐店■



桐店 桐店
メーヤウ桐店

[2010/12/29]・スープが飲み放題形式ではなくなりました。価格は変わらず315円です。

住所駐車場電話番号定休日営業時間
長野県松本市桐1-2-35(小松プラザ)(交通)店舗に併設0263-33-6504水曜11:30~15:00/17:00~21:00(L.O.20:30)
席数
2人×44人×3カウンター 2大テーブル10人×1
品名辛さ値段特徴
インド風イエローカリー★★★★信大前店と違い骨付き肉ではありません(骨付きの時もあるようですが)
インド風ブラックカリー★★★
タイ風レッドカリー★★★
タイ風グリーンカリー★★
スリランカ風ビーフカリー
ミャンマー風チキンカリー
ドライカリー
カントリーカリー
パンプキンカリー
パイナップルカリー
ハッシュドビーフ
ジュース(飲み放題)315円(バイキングとセットで1500円)
トムヤムクン315円(バイキングとセットで1500円)

 この店では1260円でカリーバイキングが楽しめます。(2008/11/7追記:以前の1050円からこの値段になりました)
平日11:30~14:30はランチタイムです。コーヒー・紅茶がサービスで付いてきます。

 噂に聞いた話ですが、桐店の店長は東京のメーヤウ信濃町店(2007/04/16追記:信濃町店で聞いた話から考えると、早稲田店かもしれません)に弟子入りして、のれん分けしてもらって松本に店を作ったとのことです。そして松本メーヤウの味は桐店店長が元々の東京メーヤウの味に手を加えてできた味、ということらしいです。
 その際に『色』でメニュー統一したため、松本メーヤウのカリーは東京とは違い、『色』で呼ばれている、とのこと。

 なお、上のメニューの全部が常時あるわけではありません。イエロー、レッド、グリーン、カントリー、ドライ、ハッシュドビーフあたりが固定です。ブラックは出現頻度が低めのようです(ただ私の運が悪いだけかもしれません)。
 バイキングというシステムの特性上、開店直後だと具が多く、時間が経つに連れて具が少なくなったりします(もちろん営業中にも補充されますが)。イエロー、ブラックなどの人気メニューはすぐルウだけになったりします。これはちょっと悲しいので、ちょっと早めの時間に行くのがおすすめです。しかし遅い時間に行くとよく煮込まれていておいしさアップ。ま、これも運ですね。
 2000年くらい?までは他にもトムヤム鍋、タイスキなどの魅惑的なメニューがあったのですが、無くなってしまいました。結局私も一度も食べたことはありませんでした。

 ここに来たら、ぜひトムヤムクンを飲んでみることをおすすめします。初めは「なんだこの味は!?」と思うかもしれませんが、そのうちきっと病みつきになります。でも一般的なタイ料理の店で出てくるようなトムヤムクンともまた違う味です。
 何より飲み放題なのがいい!
2010/12/29追記:トムヤムは飲み放題ではなくなりました。
注文すると素焼きの壺に入れられてやってきます。これ一つで5杯程度は飲める感じなので、量的には飲み放題の時と大して変わりないようです。むしろ複数人で飲めるようになったので便利になったかも。カップは店員に言えば複数貰えます。
ただ、煮込まれた方が好きだったという方には物足りなくなった味かも知れません。
桐店トムヤム壺



page written by yas8214 (yas.soraoto@gmail.com)