お便り
イタリアンエッセンス イタリアンエッセンス※
おもてなし テーブルクロスとおもてなし※
パルマの市場 おしゃべりコーナー
≪パルマの市場をご案内いたします≫※
知ってますか? おしゃべりコーナー
≪イタリア料理 知ってますか?≫
フォカッチャ レシピ集より
≪ジャガイモ入りフォカッチャ≫※
尾田 頼彦・・・ 尾田頼彦 ヴェルディのオペラが大好きなバスです。


パルマ駅近くにある 尾田家お薦めのサラミ屋さんです。
写真の上部にぶらさがっているのが 有名なパルマの生ハム。
店の中には ハムやサラミ、チーズが沢山並んでいます
こうした個人のお店は 全て計り売りです。
焼きたてパンもあり、生ハム入りのパニーノも作ってくれます。
ワイン、オリーブオイル、バルサミコ酢、リキュールとオリジナル
商品も沢山あり、オリジナルのバターも最高!
郊外には 親戚の経営するレストランもあります。


“Salumeria Verdi”の兄弟店、、
この店も美味しい物が沢山。≪高級お惣菜屋≫として有名で、
裏の厨房では 2店分の料理を作っています。
この店の生ハムは 店の主人と私の料理の先生でこの店の
相談役のピエロ氏が選んでいます。本場パルマの中でも
最高級の生ハムが並んでいます。生ハムとは 骨付きの
豚のモモにたっぷりと塩を塗り込み、ぶら下げて乾燥、熟成
させた物です。モモの内側、外側、真中、足先と微妙に
歯ざわり、塩加減が違い、パルマの人達は好みの部分を
切ってもらいます。私のお気に入りは 中心の柔らかく、
塩が薄く、口の中でとろけるところ、透きとおるような
ピンク色が懐かしいです。



日本では 知られていませんが、パルマはサラミでも有名です。
塩と粒コショウを加えただけの粗引きの豚肉を豚の腸に詰め
熟成させます。1mもある“フェリーノ”のサラミ、チョッと
太目の“ボスコ”のサラミ、生ハム作りの為に特別に
飼育された豚を使ったパルマのサラミは ナチュラルでとても
美味しいです。


イタリアのパンは 一般的に硬くしっかりした物が多く、
食事用には日本のような甘いパンはありません。
粉と塩と生イースト、水だけの素朴なパンが主流。
大きなパンを選んでもらって記念撮影しました。


ギアイア市場にある イタリア式の≪乾物、お惣菜屋さん≫。
アンチョビー、トマト他いろいろな缶詰、大小様々な
オリーブや、オイル漬けの野菜、乾燥ポルチーニ(きのこ)、
ジャムやコショウ、オレガノも計り売りで買えます。
写真の彼女のお母さんの“ドライトマトのオイル漬け”は私の
大好物です。


同じくギアイア市場のチーズ屋さん。
パルミジャーノ・レッジャーノチーズです。
37,8キロはあります。
お店には イタリア中から集まったチーズが並んでいます。
クリーム系のナチュラルチーズも種類がたくさん。
お値段も手頃で、気楽にいろいろなチーズを楽しめます。
Salumeria Verdi

これも パルミジャーノ・レッジャーノチーズです。
イタリアの食材のディスプレは とても美味しそうです。
パルマの人々は パルミジャーノが大好き。
パスタは勿論ミネストローネや茹で野菜にもパルミジャーノ。
ご婦人方は 1キロ、1.5キロと大きな塊で買って行きます。
写真の三角の塊が1キロ位です。


ヨーロッパを旅して いろいろな町の市場を訪ねました。
色とりどりの季節の果物や野菜の並ぶ八百屋の店先をのぞく
のも楽しいものです。
イタリアでは 野菜や果物の値段は1キロ単位で表示され、
美味しくて新鮮な野菜がとても安いです。


これは パルマ郊外の小さな町の日曜朝市で見つけた
ワインのガロン瓶です。
2月頃、前年の地ワインがガロン瓶で売り出されます。
この時季に1年分のワインを買って、家で瓶詰めするのは
お父さんの役目。新しいコルク栓で蓋をして、カンティーナ
(地下室)で保存します。
何となくとぼけて愛嬌のあるガロン瓶、今度見つけたら瓶だけ
ゆずって貰って部屋の飾りにしたいのですが・・・。


日曜日になると この小さな町の中心にある広場と周辺の
路地にギッシリと出店が並びます。流行の洋服から靴
バック、下着屋、小物、金物、雑貨屋、CD屋、花屋、植木屋、
勿論ハム、チーズ、魚屋、八百屋、何でもありです。
日曜日はお店が休みのイタリア。共働きの多いイタリアでは
日曜朝市は 市民の重要なショッピングセンターなのです。
暑い夏も、寒い冬も、家族連れで賑わいます。
生ハムや土地のサラミが美味しそうなお店を見つけました。


この町を通り過ぎると なだらかなパルマの丘陵地帯に入り
そのまま アペニン山脈へと続きます。日当たりの良い斜面は
牧草で覆われ、牛、馬、ヤギや羊が放牧されています。
山の上の農家の主人が売りに来た“自家製チーズと蜂蜜”。
自然の香りたっぷりです。


専用の大型車で来るチーズ屋さん。
車の側面を開けるとショーケースが現れ、パルミジャーノの
ような熟成したチーズからフレッシュなクリームチーズまで
何でもあり。車の外に並べられたパルミジャーノチーズの
量からも地元の人々のパルミジャーノ好きが伺われます。
この日の朝も 近郊の町や村からのお客さんで駐車場探しが
大変でした。
パルマの駅を出て、駅前広場を抜け、ヴェルディ通りをまっすぐに進むと
ピロータ宮殿の横に突き当たります。アーチを抜けるとそこは“平和広場”です。
オペラ作曲家G.ヴェルディの像のあるこの広場は パルマの人々の憩いの場。
水曜と土曜日の朝は このあたりで一番大きな朝市が立ちます。
広場の反対側には 由緒ある“パルマ王立歌劇場”があり、その路地を抜けると
パルマ川にかかる“ポンテ・ディ・メッツォ”(中央橋)、そしてその袂に活気溢れる
“ギアイア市場”があります。ローマ帝国時代からの長い歴史を持つこの広場、
是非 立ち寄っていただきたい所です。
alla Rocca
i salumi di Romani
alla Rocca
i salumi di Romani
Salumeria Verdi
ホームページへ戻る

ホームページへ戻る
イタリア料理 知ってますか?
ホームページへ
次ページへ