林道観光開発協会

親父軍団、当麻寺へ

当麻寺って知ってる?

ある日のことだ、コンチさん登場して唐突な質問 だ。

「たいま...知らない」

「何それ?どこにあるの?」と聞き返す。

「信貴山と、法隆寺の間にあるんだけど...」 →当麻寺ホーム ページへ

「斑鳩の中に?入るのかしら、それとも...」

「...静かで、庭園があって、のんびりと... できるよ。そこへツーリングに...」

「いいですねエ、のんびりとツーリングかア。」 「正直、当麻という寺を知らなかったんですよ、今まで...」

「當麻寺、か... 」

で...さっそくそのお寺へ、いざツーリングだ。

神社 仏閣、そんな趣の異なったツーリング企画ではメンバーが自ずと決まってくる。

性善説、性悪説

当麻寺に「二面石」というのがあって、人間の二面 性を表しているそうだ。

妙に宗教的になるが本来の人間はどっちだ。

人は生まれ、成長するにつれて汚いことを学習す る、反面道理もわきまえる。

<写真>当麻寺パンフレットより

現代では、道理をわきまえない人間が多い。

その人たち、本来は「善」であると信じたいが、あまりにも殺伐とした世の中で、みんな「悪」はかりじゃーないかと思ってしまう。

そんな自分もすぐにカッとなる、まだまだ成長が足 らぬナアと思う今日この頃であるが。

そんな佇まいの中、ここでは心洗われた一時があっ た。

  奈良歴史民族博物館

 

歴史を訪ねて、飛鳥へ...貴方も行ってみません か?

もう一度修学旅行してみましょう、きっと当時とものの見方が変わっているはず。

宗教ではなくて、いろんな物事をゆっくり考える。 無駄だろうがそんな時間が欲しいものだと思う。

Photo by Konchi

INDEX紀行、回想