林道観光開発協会

朝明 あさけ、鈴鹿山脈へ


2005.8

夏休みも終わりだし、どっか行くか?

「行かない!」と、姉たち。「う-ん?」末っ子、「...」親父

朝明のあるあたりの山を遠望、峠を上がっていくと

末っ子、ちょうど小学生のデイキャンプは体調不良で参加できず、その代わりにというのが大義名分。

ということで父娘のエントリーとなる、といよりも管理人、結局自分が行きたかったのだ。

随分昔の記憶を辿って、東名阪四日市インターから国道477、そして306号へ、あとは標識をたど ればいい。

三重県民の森を右手に見てぐんぐん標高をあげる、といっても等高線2つぐらいかナ。

快適なのもつかの間、その後親子は悲劇に襲われる。

どんどんまっすぐ行ってしまった、気がつけば道は獣道に。バックしかない、冷や汗とはこのことだ。

小さなナビゲーターはよくやってくれた。散々迷った挙句、おかげで何とか目的地にたどり着いたのである。

道か川かわからない道を横切ってキャンプ場へ

駐車場からサイトまで無理矢理?車で進入、サバイバル?クロスカントリー?

青息吐息で管理塔へ、「あのー、予約しておいた○×ですが...」

「はあ...あったかいなア?」「まあ、空いてる場所でどうぞ」

「......」

...実はキャンプ場を間違えていたようであった。

案内してもらうが当然足場が悪い。

と...炊事場へ車横付けでできるというのもこの時期だからだろうか、なんともラッキーこの上ないことであ る。

今回お世話になった「朝明茶屋」さんのキャンプ場、子供会がちょうど来ていた。

メニューは拘りのパスタ、しかし以前に比べると腕(味)が落ちたと思う。それで真剣に研究しようかなんて考えたりするが「無駄!無駄!」と天の声がしてきそう。

蝉の声も圧倒的に「つくつくぼうし」になっていた、座ってゆっくりしている自分の周りで季節が動い ている。

「川へ行っていい?」「...お父さんのいける範囲でいいか?」「いいよ」

ガレ場の少ない場所を選んでいく、水は驚くほど冷たい。

もう20数年使っているコールマンのガスストーブ「425F」コンパクトツーバーナー。パワーハウ スツーバーナーよりずっと小さい。

現在は日本製は廃盤、カナダ製が現行、しかしリペア部品はまだ手に入る。

スカートだけ水で濡れた娘を連れたおっさんが行く。後に続くお姉ちゃん風の子は...全身ずぶぬ れ、泳いだようになっていた。

もう少し、ばしゃばしゃとやってやりたかったが、ここまで来ただけで十分かナ。

風が少し涼しいくらいに感じられる。

随分前、ここで寒くなるぐらいの季節、鍋宴会で乱舞した記憶がある。

朝明の河原でのひと時、これから下山する

朝明(あさけ) 三重県 鈴鹿山脈の中央に位置する朝明川流域の渓谷

我々が道具片付けの頃、サイトに来た家族連れがあった。今からキャンプするのだろう。

管理人に「お世話になりました」と「またきてくださいな」「はい」

また来ますよ、近いうち...ダロウね。

HOME最近のアウトドア