林道観光開発協会

南アルプスで温泉 伊那谷・大鹿村へ


2003.8

「最近どうしてる?」久々に友へ電話してみた。

「子供も親父とは遊んでくれなくなった、まして山なんか...」

「そうか、どこの家でも同じようなものだなア」

ということであっというまに話は決まった。決まったというのは夏の予定だ。

温泉でも行きますか?

「ゴールデンウイークの二の舞ではいかん」

というのは、連休は露天風呂のある温泉まで行ったが温泉に入れなかったのだ。

一応電話で確認ぐらいしておこう。どうせ行くならイメージに残る小渋温泉の露天風呂だ...営業中 だった。

露天風呂へ行こう!

そして伊那谷へ、中央道松川インター迄ひた走り一路大鹿へ。随分前の記憶を辿り、なんとかたどり着けた。

小渋温泉の赤石荘へ向かう。ひなびた温泉、 露天風呂、雄大な景色は変わらずそこに。

小渋温泉の赤石荘へ向かう 駐車場にて

おにぎりセット

昼食にそういうのがあった。それは、おにぎり、朴葉味噌、蕎麦というとりあわせ

素朴な味が美味だった。

昼食後に持参のノンアルコールビールを飲む。これからの時代はこれに限るよなんちゃって。

「ここまで行ったら、ついでに南アルプス林道までどう?」

「勘弁してくれ、行きたいのはやまやまだが、時間が...また次に行こう。」

「お互い、年を考えよう。明日も働かにゃならん」

不動滝

考えることは同じだったが、時間が、体力がなかった。

とはいうものの、中央道松川インター付近に滝があるというので何故か寄ってみること にした。

その名も「不動滝」、イメージがふくらむが。懲りない中年!

駐車場から土産物、休憩スポットを過ぎ少し歩いて滝に着いた。

かなりの水しぶきだ、カメラのレンズが曇ってくる。心地よい水しぶきに時を忘 れる。

登りより下りの方が確実に足にこたえる。

どこからかバーベキューの匂いがしてきた...道ばたがBBQサイトに早変わりしている。

ううむ、香りが腹にたまりませんな。

南アルプスの絶景、空気を堪能した夏の日であった。

HOME最近のアウ トドア