林道観光開発協会

濁河 木曽御嶽、裏の温泉


2005.8

最近、とんと山とご無沙汰だ。盆休みだというのに...

念仏のように「万博」、「万博」と人が言う、がやっぱり山、しかしてその実態は

信州の玄関口、木曽路は全て山の中、19号線は全て昔のままダ

濁河(にごりご) 岐阜県小坂町 御岳の北側に位置する

管理人の「雑記帳」になっている携帯電話、充電があっという間に切れるようになった。

「もしもし」 ピー 「もしもしもし」「おいおい」「何だこりゃ、切れた」 「...」

そんな訳でこの夏、携帯電話が替わった。

カメラの画素数が増えたが、200×400ぐらいで十分だと思う、このページの写真も格段の差になっているだろう。

さて...盆休みになった。連日暑い。

何故か、休みに入る前の会社での「福引?」いわゆるお中元の解体であるが、年々わびしくなっていくようだ。

当り?はずれも変わりないか?

「景気?相変わらずだねエ」「いいことないのかい?」

休みにいち早く突入した管理人は「山仲間」の親父に電話をすると

「では明朝6時に玄関へお迎えに」...話が早いな。

しかして、翌日はあいにくの天候、やはりどちらかが雨男ではないのか。

通り道?に寄った木曽駒山麓の林道にて 熊出没にゾー、昔は野宿したのに!

中央高速道を走っているうち雨は上がり、薄日がさした。よし、天気もってくれ、温泉だけは...

硫黄の香り、市営露天風呂というのは10数年前と変わらない、いや昔は町営だったね。

その名も「濁河温泉」本日のメインイベント。

濁河温泉市営露天風呂、屋根も一部ある

露天風呂だから当然屋根は無い(部分的にはある)。「何か冷てえナア」空を見上げると...雨だ。

何故か互いを責めるということはない。濁河を急いで発つ、開田村へ再び入る。

腹が減ったナア、昼飯でも...蕎麦屋は客一杯だ。すごい行列、蕎麦が伸びてしまうのではというくらいだ。

夏にコスモス、白樺並木、山だなあという実感

なあに蕎麦ばっかりが開田でない

...と、うそぶき「おまかせ定食」なるものを、これが実に美味、夏野菜の風味がとてもよかったです。

開田をあとにお約束の、ちょっと寄り道...で木曽駒ケ岳、駒ヶ根と反対の北ルートから攻める。

ゴルフ場、保養地を通り行き止まり。何故かダートのその先は...峠があった。

峠からの眺望、御岳が見えたら最高だが...

その名も「キビオ峠」

信州サンセットポイント100と書いてあった。霊峰御岳の頭に終始雲がかかっていたのが玉に瑕。

それより、途中で見たキャンプ場のすいている事といったら、ささやかな驚き。ブームが去ったんだなア、自然淘汰とはこのことか。

家に着くや否や、年代物燃料漏れコールマンの補修にかかった管理人の盆休みであった。

もちろんキャンプのため、冬になる前に行くんだよ「キャンプ、キャンプ」。

開田、御岳(見えなかったが)を後にして、そうねえ、毎年のように来てるって?

HOME最近のアウトドア