林道観光開発協会

蕎麦と木苺 開田高原


2003.8

子の夏休みに家族で山へ行きたい。

再び親父のわがままが出た。去年より今年の方が体が慣れてきた、そう思う親父だった。

木曽駒、駒ヶ根の町で散策?

かなり調べたが、ううむ...近場か?開田だろう。

あんたも好きねエ!

「...」

妻と交代で中央道のドライブ、思いの外早く着いた。

ホームページで見るとブルーベリー狩りの最終日だった。「やってますか?」「まだ、いいですよ」

その返事に心弾ませて行ったのだ。

また、ブルーベリー狩り?

いや、家族連れにはいい。のんびりできる。

「お父さん、ブルーベリーでお腹一杯!明日青い...が出そうだよ。」「...」

昼食は蕎麦、で行ったそば屋は超満員、時間?曜日?長蛇の列。

ほかへ行けば最後尾に並び直しだから、まあ、気楽に並ぼう、足の疲れるまで。

蕎麦祭り?

「祭り?それでか...」そんな会話が...「待ちましょう」そして食べた蕎麦は...普通。

そして開田の散策、町営の観光センターへ行った。

「蕎麦の実アイスクリーム」を食べた。

何でもかんでも蕎麦とつきゃーいいというもんじゃない...が、野外で食べると美味だ。

御岳バックに草原が続く、草原をわたる風が心地よい。

「泊まりたいネ...」しかし明日は3女のピアノ発表会だった。また今度...

日が暮れる頃帰路についた。

「また来ようね、開田高原へー」「そうだね−今度は温泉もね」

 

HOME最近のアウトドア