林道観光開発協会

鈴鹿川上流 加太の川


2002.8

伊勢から、甲賀の国へ、気がつけば京の都だ。なんていうのは昔のこと、今は東海道、車が走る、走る。

ここは関、関所があったから関なのだろうか、峠になっているから関なのか、関だ。

昔の記憶を辿ってみた、加太の川へ行こう。国道1号線を関宿あたりから曲がってと...

やはり、いい加減な記憶のため、うろうろ道に迷う、とその時だ、真新しい駐車場があった。

最近出来たんだろう、路駐は危険だからナ。

車を停めて、河原へ歩く。これが意外と大変だった、砂の上、歩きにくいのだが、リハビリになるか...

「ここでバーべキューが出来るんだ...」と、その矢先いい匂いが...もうやってるわ、たまりませんなア。

いいにおいに思わず腹の虫が鳴く。景色、遊びよりも大人は食欲といったところか。

子供はといえば、川を見るなりまっしぐら...気をつけて、危ないぞ。

花より団子

子供は川遊びみに夢中だ。少し川へ行ってみる。

なにやら仕掛けを作って魚を捕りたいらしい。でも、おまえたちに捕まるようなアホな魚は...いた。

子供たちの成長は目の当たりに、驚くばかりだ。

実は加太川と思っていたのは鈴鹿川上流であったようだ。これぞ怪我の功名というやつだ、間違っても穴場だった。

鈴鹿と言えば、レース観戦なんかはとんとご無沙汰であることだよ。

もし、ここへまた来る機会があれば間違えずに加太川に川遊びに行かなくっちゃ。

なんだかんだで、夏の一日が終わっていく。

HOME最近のアウトドア