林道観光開発協会

木曽三昧(一)

嗚呼、夕森 夕森から恵那山へ


2003.5

連休の風に 誘われ、山へ行きたくなった。

(本当に山が好きだねえ?)

毎日仕事の昼休みには散歩することにしているのだが、これもなかなか継続は難しい。

多少は歩くということに対するアレルギーは拮抗されているかナ。

夕森林道へ再び

何故か夕森へ、いや中央道からすぐで行きやすいというのが決定の何よりの理由かと思われる。

建設屋の友人と同行、といっても殆ど連れて行ってもらったという感じ。

いつものように上限まで車で行って、そこから徒歩、行き交うハイカーに挨拶を交わす。

とりあえず、銅光の滝まで行ってみよう。

滝で休憩、やはり大分歩くのは慣れてきたようだ。前回より随分調子がいいようだ。

まだ上まで行けそう

同行もいるので、今日は強気でさらに上まで進む。

実は初めてのことであった。

砂利が次第にがれた石になっていく。足下が悪くなってきたが、何とか進むという感じ。

木材の切り出し場のような広場へ出た、休憩だ。

道も険しくなってきたここら辺が限界かな、帰りがあるから。

携帯電話の電波、GPSもほぼ限界に達していた。

その辺が自分の体の限界でもあるか?

そういうことで下山、滝まで戻りまた一休み。

途中、山肌の崩壊が見えた、乱伐か?見事にはげていた。痛ましい、自然の厳しい姿だ。

そして下山、駐車場まで戻り、さて温泉か...待てよ、その前に腹ごしらえか。

まだ、夕森は終わらない...(恵那・神坂の項へ続く)

HOME最近のアウトドア