林道観光開発協会

湯の山 天下の銘泉


2002.6

ある日、友人に電話をした。

「たまにはどこか連れて行ってくれよ、最近子供も遊んでくれない...そうか君もか...」

友人は釣りに行こうという、しかし温泉の話をしたら即、実行となった。

彼は登山家である、といっても管理人は本格的な登山をしたことがない。

接点といえば野外で宴会をしたり、雑魚釣りにいったりということだが、彼のおかげで変な秘境?など教わったりすることができる。

前回の猿投山で味をしめた、自分でも日帰りで行けると思う。

 

大 虎

今回は日帰りであることを強調しておいた。

彼の自宅へ行くと家庭農園の手入れをしていた。行きは管理人の運転、帰りは彼の運転という予定になっていたが...

風呂上がりに彼は、「少し飲んで良いかなア...」

「...ああ」

彼はいつの間にか虎になっていた、結果は言うまでもない。

最近、日帰り入浴の出来る温泉がめっきり多くなったような気がする。

景気が悪く客足が遠のいているということもあるのだろうか、皆必死の様相を呈している。

昼食と温泉がセット、はたまた昼宴会付き格安といろいろある。

訪問したのは公営の施設だったが、結構人出が多かった。おっと、来年まで休日は予約が一杯だ。

休日のため前夜に泊まった人が多いのだろう。

 

海鮮焼

なかでも海鮮焼き、エビや貝のバーベキューだが、たまらない匂いを発していた。

うらめしそうな我々の視線をよそに、酔っぱらいたちは散々ご馳走を食い散らかして帰っていった。

私はビールの代わりにコーヒーだったが、戸外では格別に美味なものだ。

ううむ、ご馳走の残骸が妙に気になるのは何故だろう?

岩風呂

風呂は天然岩を使ってある、お湯の吹き出し口が展望の良い外側であった。

やや滑りやすい、温泉であればヌルヌルしているのは当たり前か。半露天風呂という感じか、伊勢湾の展望が素晴らしい、今度はアルプスだな...

人間、この世に生きるということはとかく義理と人情の板挟み...ゆっくりつかればいい、何事も温泉で洗い流してさっぱりとダ。

HOME最近のアウトドア