林道観光開発協会

ブルーボネット

名古屋港にブルーボネットという庭園ができたそうだ。

ワイルドフラワーガーデンとも書いてあったが、ワイルドといえば野性?そのまま?いろいろイメージが膨らむ。

新し物好きな親父は、そこへ早速行ってみた。

名古屋港といっても港の入り口に近い場所に位置するブルーボネット。

とそのとき何と、名古屋港を遊覧する「金のシャチホコ」型の船が見えた、その名も金シャチ!

うほっつ!名古屋だぎゃー。

何でも、ここは中部電力が運営をやっているということ、ふーんなるほどね。

当然、入場料がいるわけだが障害者割引もあった。さらに付き添いも割引となる!

入り口脇には土産物屋、ハーブ関連の商品がずらりと並ぶ。どこかのご婦人団体、花より土産であった。

あまりのパワーに圧倒される親父であった。(決してそのような趣味があるわけでない)

店に赤福や、千なり、ういろうが置かれててないのがせめてもの救いである。

園内はワイルドとは言いがたく、手入れするのが大変だろうなアという印象。

まあ、そんなわけで一部野生化していた植物も事実ありましたナア。

変哲のない花畑であるけれど、ぐるりと一回りすれば適当な広さである。

また、二階にはちょっとしたギャラリーもある。

ワイルドではないが、団体観光客が多く群がるこの庭園、名古屋港の新たな観光名所でもあるだろう。

というよりも、あまりぱっとした観光自体が少ないのかもしれない。

戦国時代、織田信長にはじまり徳川家康などゆかりの地方でもあるという。

味噌カツやエビフリャーばかりが名古屋ではないが、いまいち何かが足りない?

そんな一日であったよ。

HOME旅・番外