林道観光開発協会

出雲路・やまたのおろち

ひょんなことから出雲へ行くことになった。

とはいっても貧乏暇無しであったのでいろいろ模索した挙句、

「なあにー夜行高速バスで行けば寝ている間に松江だよ。」

ということで、夜行バスに行き着いたのである。

近所のとある人は、

「ずーっと座りっぱなしでしょー寝るときもーエコノミー症候群にならないように気をつけてねー」

「...!」

激励か、心配かよくわからない。

ネット予約しようと思ったら障害者は予約できないのを知った。仕方ないのでJRバスの窓口へ出向いて予約した。

その名も「ドリーム出雲号」何のこっちゃー!

松江まで行ってその後は...交通の便が悪そうなのでレンタカーを予約した。

さあーて、あとはその日を待つだけだ。

天候がぱっとしないのに気がついたのは、バスを降りてからのことであった。

天気予報では台風が発生したとの事。台風に向かっていたのであった。

レンタカーにはナビが付いていた。知らない土地でナビは大そう役に立った。

普段、「ふん、地図があればそんなもん要らネエさ」とうそぶいていた自分に大いに反省だ。

おかげで何とか目的地の雲南町まで無事にたどり着いた。

用事の済んだその後、「風呂へ入ってないナアー」と思った...そのとき、温泉の案内看板が!しばらく行くとまた別の看板があった。

食い物屋の少なさには閉口したが、温泉には喜んだ。

そこは「やまたのおろち湯」といった。

大蛇ならず、にゅるにゅるになった親父であった。

さあ、風呂へ入ったら腹が減った、やはり「出雲そば」に限る、とはいうものの店がない。

やっと見つけても閉店だった。ぐるぐる宍道湖はでかい、湖が見えなくなる頃松江の街に入ってしまった。

結局、駅前で「出雲そば定食」を食べたのだ。

夜、バスを待つ時間が長い、雨は強くなるばかりだ。

駅の構内でアナウンスが「JR各線は台風の接近によって運転取りやめで...」

「...」

バスは大丈夫か?

しかして、時間通りにバスは到着した。

やれやれ、ようよく寝ている間に家につけるのだと安心した親父であった。

HOME旅・番外