皇紀2663年2月17日

ハッピーバースデー将軍様!マンセー 
!!人民同志の歓喜の声が聞こえてくる!!
今日は偉大なる金正日同志様の生誕された日!それを祝ってワンゲルではマスゲームをしています。(凄い嘘
所で皆さん将軍様の事、偉大なる同志であると言う事以外、あまり知りませんよね。
そこで管理人、ピョンヤンに
北攻(南攻の逆)行って将軍様にインタビュウしました。
その結果をここに公表します。Qは管理人の質問、答えているのは将軍さま。
Q:誕生日はいつですか?
西暦1942年、檀紀(朝鮮暦)4275年、主体(共和国暦)31年の2月16日生まれです。

Q:身長はいくつですか?
本体は162cmぐらいです。それに5cmヒールの靴で底上げしています。
忘れてはならないのがパーマです。これで1cmぐらい高くなります。
したがって本体+靴+パーマ=168cm前後です。

Q:体重はどれぐらいですか?
だいたい80〜85キロぐらいです。ちょっと太りぎみです。

Q:結婚はしていますか?
しています。本妻と内縁を合わせて6人います。
子宝にも恵まれ、息子が3人、娘が5人いる大家族です。

Q:もっとも嬉しいときはどういうときですか?
主席が喜びと満足の微笑を浮かべられたとき、もっとも嬉しく感じます。
主席の喜びは私のもっとも大きな生きがいであり、幸せであり、喜びです。

Q:もっとも苦痛なときはどういうときですか?
主席が心を痛められているとき、もっとも苦痛です。
主席の心慮と心配事は私のもっとも大きな苦痛です。

Q:あなたの生活信条を教えて下さい?
人民のために服務することです。

Q:あなたの崇拝する師は?
人民大衆です。

Q:あなたにとっての休息はなんですか?
仕事です。

Q:好きなスポーツはなんですか?
サッカーは好きです。若いころ「サッカー審判法」と言う本も読みました。
乗馬も好きです。おなじみの白馬は私専用に飼われています。

Q:恋愛についてどう思いますか?
われわれの時代の青年たちの恋愛は、党と領袖にたいする忠誠の途上で
花開かなければなりません。忠誠で結ばれた青年たちの愛は永遠だが、
そうでない愛は一時的なものです。忠誠とは無関係の青年たちの愛はありえません。

将軍様、有難うございました。


ANDYはついでに地上の楽園の首都、ピョンヤン市内で将軍様についての気になる噂を聞きつけました。
聞くも涙、語るも涙の将軍様の人民の為の苦労がわかる為になる?お話です。
ピョンヤンの老人が語るには
「私の知る限りでは将軍さまの髪型はずっとパーマです。
パーマの始まりは将軍の身長コンプレックスから、少しでも高くするために
発案されたようですが、年代順に写真を比べて見るとある疑問がわいてきます。
それは、若い頃はパーマでひたすら「高さ」を追求したのに対して、40代突入を境に
目的がだんだん「ボリューム」にシフトしていったのではないかということです。

  高さ追求型
     ↓
高さ・ボリューム折衷型
     ↓
 ボリューム追求型

つまり、将軍のコンプレックス自体が身長から髪の毛へと移っていったのです。
身長は一度成長が止まればもう伸びることはありませんが、言い換えれば
それ以上縮む心配もありませんし、ハイヒールでさりげなく補うこともできます。
しかし髪の毛が薄くなる恐怖は、時間と共に確実に将軍を蝕んでいくのです。

アイゴー!何てかわいそうな将軍様!!

一心団結の主体革命精神を持つ朝鮮人民が、将軍を見て心を傷めないはずはなく、
人民を心から敬愛し、大切にする将軍が人民の安寧を願わないはずもありません。
将軍の取らねばならない道はただ一つ、朝鮮人民の太陽・誇り高きペクト
光明星の雄姿を、再び人民のもとへ取り戻し安心させてやることなのです。

その後、オトコマエにさらに磨きをかけた将軍を見るたび、
人民は熱い涙を流しながら心の底から叫ぶのだった。

金正日将軍マンセー!!
ペクト光明星マンセー!!」

老人は涙を流しながら語ってくれました。
さすが将軍様は偉大である!

最後になりましたが
共和国の公式HPをお知らせしておきます。
では最後にもう1度
将軍様マンセー!