皇紀2663年2月27日

今日はお久の休み、天気もいいし(晴天)、空気も爽やか!
やっぱり、こういう日は暗く閉め切った部屋の中でひたすらおパソに向かうに限る!
いやいや、嘘、嘘、管理人、今日は
熊本動植物園で半日、サルにちょっかいを出していました。
日本猿って面白いですよ、本当。特に今の季節は元気いっぱいみたいです。
ここで一つ豆知識!

白サイって知っていますか?一般的に想像するようなただのサイです。
白くも何ともありません、ただの灰色です。

そこで疑問なのはなぜ灰サイと呼ばないかです。
初めてサイを発見して名付けた人は実は
口サイ(wide mouthed rhinoceros)と名付けました。
しかし、記録係が間違えて
口サイ(white mouthed rhinoceros)と記録して後々に「口」が省略されました。
こんな風にして名前が決まりました。
皆さんも次ぎ動物園に行った時にサイの口元を見てみましょう。広いですよ!

さて、合宿のお話です!
朝7:15分に熊本駅に集合!(遅刻者無し!常例では必ず数分遅れる人がいるのに)
無事に電車に全員乗る、そこから福岡駅へ、駅から乗り換えで直方駅へ!
直方駅からバスで内が磯バス停へ。
そこから徒歩で福智山へ向かう、はずが早速道がわからない。数分迷った後出発。
ダム工事をしている所を横切る、しかし、途中で工事のおじさんに止められ、ひき返す。
管理人的には強行突破をしたかったのですが、相手が
 銃器 重機を持っていたので断念。
くねくね道を登り一時間程度でダムへ到着、ダム本体はほぼ完成しているみたい。やっていた作業は植林とか。
ダムの深さは満水時で約170m、深いのか浅いのか自分にはわかりません。
感想としては真近にいくとデカイ!この時見えた福智山の山頂は霧がかかっていました。
ダムを通り過ぎると林道へ入る、杉、杉、杉、杉、檜、杉、状態!
降り返るとさっきはあんなに大きかったダムが小さく見える。これはきっとドラえもんがスモールライトを使ったに違いない!
道と川が併走する所に来た、これが7合目ぐらいまで続く、清流だ。
飯塚市のお友達に聞いた所、前々日まで雪が積っていたとの事、が前日の雨で溶けたらしく、残っていない。
途中で大塔の滝を見る。
塔との名前の割にはさい。
記念写真を撮る、誰かダイビングをしてくれると期待するも叶わず。
実際したらかなり困るけど・・・・
それからまた、山道を登り続ける。
そこで第一のハプニングが起こる。
我がサブリー(部長)がコンパスの北と南を勘違いしいた事が発覚!笑激だ!
「おいおい、おいおい、ちょっと待ってくれよ」
 残りの4人のメンバーが事前の打ち合わせも無く、中尾あきらに変身する。
これこそワンゲルの団結力、異心伝心と管理人、ひそかに感動する。
また道を登り続けて行くと烏の別れに到着、「烏なんかいないじゃないか」と管理人、一人で憤慨する。
進行方向右に進んで5分、たぬきの湧水の横を通る。
お約束、「タヌキなんかいないじゃないか」と管理人、憤慨する。
他のメンバーに無視される、しょっぱい・・・・・
荒宿荘が見える。
荒宿荘は3mX5mぐらい、ブロック作り、板張りの床だ。管理人にとっては初めての山小屋泊まりだ!
時間は3時半、予定より30分以上早く着いた。
寝床の準備をする。そして管理人はラジオ気象予報をつける準備をする。現在の気温は6℃、動かなくなると寒い。
気象をつける間に他の人はお食事の準備をする。
今日のおご飯は肉団子、春菊、大根などのちゃんこ鍋。その後残り汁にラーメンと粉末スープを加える。
ちゃんこ鍋の汁ととんこつが見事な不調和をとる。
でもこれもワンゲルの醍醐味、それなりに面白い味が楽しめた。
予定では9時就寝、でも寒いから8時ごろシュラフに入る。
その後、1時間ばかり話が弾む。
他人をいじり、いじられる。今回の犠牲者はおもによっすぃ〜さん。
怪談とかでいじめる。
みんなで一列に並んで寝ていたのですが、ランタンを消した直後に重役の午後(男)が突然
「部長(男)触ってくるなよ!」と言い出す。
周り爆笑、と同時に
疑惑誕生
9時ごろまで話し続ける、そしてみんな寝る。
ここで悲劇、朝飲んだエフェドリンの効果が続いている。眠れない。
一人で外に出て夜景を見る。結局この日、寝た時間は2時間程度。

時間は5時、携帯の目覚ましでみんなが起きる。
朝食の準備をする。今日はアサリクリームスパゲティーだ!
7人分を5人で食べる。
その後にココアを飲む。
仕度をして、山小屋を掃除して出発!
熊笹の間を縫って15分程度で福知山山頂に到着。景色が綺麗だ。微妙な雲海も見える。
記念写真を撮る。そして山を降り始める。降りて降りて降りつづける。
一時間後ぐらいにおっちゃんと出会う。この合宿で山に入ってから出会う初めての人だ!
おっちゃん、止まって突然話し始める。
話の途中で自分たちが違う道を通っている事が発覚!
ひき返すにも道が急、それにどうせ行き着く先は同じと言う事でそのまま進む。
また山道を進んで、降りる、降りる、降りる。そして白糸の滝にたどり着く。
こっちは糸の割には豪快、いい感じだ
マイナスイオンたっぷり!
それからあがの茶屋へ向かう。
そこで解散。茶屋で食事を取る。管理人はうどんを食べる。
今回の合宿はラーメン、スパゲティー、うどんと麺続き、でも飽きない。
それからバスで駅へ、駅から福岡駅へ、そこから熊本駅へ。

楽しい合宿でした。ちょっと寒かったけど。次の合宿は奄美です。
管理人はとても楽しみにしています。
ではまた次の日記までさよなら!